王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻
文献名2第2篇 千態万様
文献名3第9章 大逆転〔620〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ平助親子は家に戻ってきたが、平助は手桶に水を汲んで運ぶ途中にこけて倒れてしまう。お節はあわてて天の数歌を歌い、平助は息を吹き返した。
平助は、美しい神界を旅していたところを、お節の声に呼び戻されたのだという。それより平助は発熱して、半月ほどして帰らぬ人となった。
それよりお節も悲しみのあまり具合が悪くなり、伏せってしまう。お楢は真名井ケ原に参詣して助けを求めようと比治山を登っていくと、黒姫が立ちはだかり、お楢の窮状につけこんで、ウラナイ教の祈祷を承諾させてしまう。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年04月22日(旧03月26日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm1709
本文の文字数4512
本文のヒット件数全 1 件/豊国姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  比沼の真名井ケ原に現はれ給ふ豊国姫の瑞の宝座に詣でたる平助親子三人は、珍の聖地を踏みしめて心も勇み、意気揚々と帰り来る。雪積む道を苦にもせず、杖を曳きつつ漸う荒屋の門口に着きにけり。
平助『お蔭で無事に下向が出来た。サアサアお楢、早うお湯を沸かしてくれ、足でも洗つて悠くり休まうぢやないか』
お節『イエイエ、お爺さま、妾が湯を沸かします。お婆アさま、何卒お休み下さいませ』
お楢『イヤイヤ、お前は永らく彼の様な暗い穴の中に閉ぢ籠められて居つたのだから、火を焚いて目が悪くなるといかぬ、此婆が焚きますから、サアサア親爺どの、水を汲みて下され』
お節『お爺さま、妾が水を汲みます、何卒お休み下さい』
平助『イヤイヤお前は身体が弱つてる、此爺が汲みてやるから湯が沸く迄、マアマアゆつくりして居るがよい』
 爺は撥釣瓶を覚束なげに何回も右左にブリンブリンと振り廻し漸う半分ばかり汲み上げ、汲み上げては手桶に移し又汲み上げては手桶に移し、
『サアサアお楢、水が汲めた、早う沸かしてくれ、アーア年が寄ると水も碌に汲めはせないワ』
お楢『老ては子に従へと云ふ事がある、何でお節に汲ましなさらぬのぢや、それだからお前は何時も我が強いと言ふのぢや、若し腰の骨でも折つたら如何なさる、お前の難儀許りぢや無い、婆もお節も総体の難儀ぢやないか』
平助『エー八釜しう云ふない、何程年が寄つても水位は提げえでかい』
と手桶に一杯盛つた水を、ヨロヨロと提げ乍ら、庭の滑石に滑つてスツテンドウと仰向にひつくり覆り、
『アイタヽ、ウンウン』
と呻つたきり庭の真中に打つ倒れける。お楢、お節は驚き、気も狂乱し、爺の頭部足部に走り寄り、
お楢『お爺さま、オーイオーイ、気をつけなさいのう』
 お節も、
『お爺さまお爺さま』
と泣き猛る。
お楢『アーア、如何しても此奴はいかぬ、サアサアお節、もう斯うなつては神様をお願するより仕方がない、お前は三五教とやらの歌を知つてるさうぢや、何卒早く歌つて爺さまの息を吹き返して下され』
お節『ハイハイ、承知致しました、お婆さま早くお爺さまに気を注けて下さい、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、百、千、万』
と三四回繰返せば、平助は漸く呼吸を吹き返し、
『アーア、えらい事ぢやつた、天は青く山も野も緑の色を帯び、種々の美しい花は処狭きまで咲き匂ひ、何とも云へぬ美しい大鳥小鳥は涼しい声を出して、常世の春を歌ひ、其辺処一面の花莚、何とも云へぬ綺麗な綺麗な田圃道を進み行くと、向ふの方に何とも云へぬ立派な三重の塔が見えた。其塔は上から下まで黄金作り、それに日輪様がキラキラと輝いて何とも云へぬ爽快な思ひに充され、一時も早く其処へ行き度い様な気がして杖を力に一生懸命に駆出すと、遠い遠い後の山より幽に聞ゆるお楢の声、続いて可愛らしいお節の声がフツと耳に這入つたので、アヽ折角コンナ綺麗な処に来て居るのに何故馬鹿娘が俺を呼び止めるのか、アヽ情ない奴ぢや、然し乍ら久し振りで会うた娘、何時もならば頑張つて呼び止めた位に後戻りする平助ぢやないが、あまり娘が可愛い声で悲し相に呼ぶものだから、フツと立ち止まり聞いて居れば、誰だか知らぬが俺の年を一つ二つ三と数へ出し、終には百千万と呼びて居る。アヽ俺は見慣れぬ結構な処へ来て居るが、之はヒヨツとしたら神界を旅行してゐるのではあるまいか、まだまだ七十や、そこいらで神界へ来るのぢやない、百千万の年を現界で苦労せなくてはコンナ結構な処へは来られぬのぢやと思ふ刹那に気がつけば、水だらけの庭に打つ倒れて居つたのか、アヽ情ない情ない、コンナ事なら後戻りをせなかつた方が良かつたに、又娑婆で一息苦労をせにやならぬかいな』
お楢『コレコレ親爺どの、それやお前何を云ふのだい、二世も三世も先の世かけても誓うた夫婦の仲、此婆一人を娑婆に残して置いて、お前ばつかり極楽へ行つて済むのかいなア』
平助『アヽさうだつたな、あまり結構な処でお前の事は何時の間にやら念頭を去つて居たよ、然し乍ら目をまはして夢を見て居つたのだ、夢物語を捉へてさう真剣に怒つて貰うては困るぢや無いか、ア、お節か、何卒二人寄つて俺の身体を介抱して寝床を敷いて休まして呉れ、何だか腰の具合が変だから』
 お楢、お節は涙乍ら寝床を拵へ足の掃除もそこそこに平助を抱へて床に休ませたるが、それより平助は発熱し毎日日にち囈言を云ひ半月ばかり経て遂に帰幽したりける。お楢、お節は死骸に取り着き号泣し漸く野辺の送りも済ませ其後二人は日課の様に朝昼晩と三回常磐木の枝を折つては供へ水を持ち搬びて亡き人の霊を慰めて居たり。お楢婆アは爺に先立たれ、娘のお節を力に面白からぬ月日を送り居たりけり。
 然るにお節は平助の帰幽した頃より身体益々痩衰へ又もや床にべつたり着き囈言さへ言ふ様になりければ、婆は堪まり兼ね一生懸命に真名井ケ原に跣参詣を初め彼の比治山峠を登りつめると例の黒姫が白壁の様に皺苦茶顔をコテコテ塗り立て花を欺く妙齢の照子、清子の二人と共に前方に立ち塞がり、
黒姫『これこれ、お婆さま、お前は此間此処を通つた親子三人連れの婆さまぢやないか。又しても又しても素盞嗚尊の悪神の教を迷信して真名井山へ詣るのだな』
お楢『ハイハイ左様で御座います、力と頼む親爺どのは神様に詣つて帰るが早いか庭で打ち倒けて、それが原因となり夜昼苦しみた揚句、到頭あの世の人となつて仕舞ひました、オーン、オンオン』
と泣き崩れる。黒姫はニヤリと笑ひ、
『さうぢやろさうぢやろ、アンナ処へ俺の親切を無にして詣るものだから、瑞の霊の悪神に大切な生命をとられて仕舞うたのぢや。ようまアお前胸に手を当てて考へて見なさい、神様へ詣るのは倒けて死ぬのが目的ぢやあるまい、千年も万年も長生して孫から曾孫、玄孫まで生みて、百年も二百年も長生出来る様に詣るのぢやないか、それに何の事ぢや、神様に詣つて帰るなりウンと、畳の上ならまだしもだが庭の真ン中に糞蛙を打つ付けた様にフン伸びて、おまけに水迄被つて寂滅する様な信心が何になるかいな、それぢやから彼れ程俺が親切に止めたのぢや、土台お前の親爺は屁の様な名でも仲々我が強いから罰は覿面ぢや。愚図々々して居るとお前の娘まで生命をとられ、終にはお前も死ンで仕舞ふぞや、メソメソと何程泣いたつて後の後悔先に立たずぢや、エーもう死ンだ爺は仕方が無いとして、お前丈けなりと長生するやうに綺麗薩張と改心して、三五教の神を河へでも流し、結構な結構なウラナイ教の誠の艮の金神様をお祭りなされ、何時迄も頑張つて居るとド偉い事が出来ますぜ、大方お前の娘も青い顔して居つたが、今頃は三つ児が痺疳を病みた様にヒーヒー云うて朝から晩まで、ひしつて居るだらう』
お楢『ハイハイ仰しやる通り爺さまと云ひ、大切の孫娘は何だか知らぬが日に日に身体は痩る、日向に氷が溶ける様に息の音まで細つて行きます。私も親爺どのに先立たれ、力と思ふ孫娘は何時死ぬやら分らぬ様な大病に罹り、其上耳は遠くなり腰は曲り、足は碌に動きませぬ。アヽコンナ事なら親爺どのと一緒に死ンだがましぢやつたと、昨夕も一人そつと墓へ参り「親爺どの、何卒私も早う呼びに来て下さい、浮世が嫌になつた、お前と一緒にあの世で暮したいから」と一生懸命に頼みて居りましたら、死ンでも正念があると見えまして、親爺の姿が墓の中からポツと現はれ「お前は女房のお楢か、能う云うて呉れた、ソンナラ俺が之から冥途へ連れて行つてやらう」と嫌らしい顔して云ひました。私も俄に死ぬのが嫌になり「今度の今度の其今度、十年二十年三十年、百年経つた其上に迎ひに来て下され」と吃驚して倒けつ転びつ吾家へ帰つて見れば、娘のお節が何だか知らぬが青彦々々と夢中になつて嫌らしい声を出して居ります。親爺どのの墓では青い火に蒼い面を見せられ生命からがら逃げて来れば、一人の娘は熱に浮かされて青彦々々と夢中になつて呻いて居る、如何して之が堪りませうかいな、アーン、アンアン、ウーン、ウンウン』
と泣き崩れ居る。
黒姫『何、お前の娘のお節が青彦々々と呼びて居るか、それは偉いものぢや、お前は俺の言ふ事を聞いてウラナイ教になりなさい、そしたら娘の病気は千に一も助かるかも知れませぬよ、お前も死に度い死に度いと云つても、サア今となれば矢張死ぬのが嫌だらう、千年も万年も長生の出来るウラナイ教の神様を信心しなさい、之から俺がお前の宅へ行つて、三五教の神様が祭つてあれば放り出し、ウラナイ教の大神様を祭つて上げよう』
お楢『イエイエ、まだ三五教の神様は祭つて御座いませぬ、娘のお節が助けられたと云ふので信心をして居るので御座います、恰度幸ひお前さまが来て祭つて下されば娘の病気は癒るだらうし、俺も長生が出来ませうから、一時も早く頼みますわいな、ウン、ウン、ウン(泣声)』
黒姫『よしよし祭つては上げるが、さう軽々しう結構な神様だから、荷物を持ち運ぶ様にはいけませぬ、マアお節どのにも篤り云ひ聞かし、三五教を思ひ断らした其上で祭つて上げ様かい、サアサ之より早く比沼の真名井の瑞の宝座とやらを拝みて来なさい、さうして又帰つて庭に大の字になつて……オホヽヽヽ』
お楢『イエイエ如何して如何して、貴女のお話を聞いた上は誰が真名井等へ詣りませうか、あの時にも俺はお前さまの話を聞いて耳を傾け改心しかけて居つたのだが、昔気質の親爺どのなり娘のお節が聞かぬものだから仕方なしに詣りました、あの時貴女の仰しやる通りにして置けば宜かつたのに、親爺どのも取り返しのならぬ下手をしたものぢやわいな、アーン、アンアン』
黒姫『サア婆さま、決心がきまつたら仕方がない、俺が特別待遇で出張してあげよう、お前は余程型の良いお方ぢや、俺に直接来て貰うと云ふ様な事は滅多に無いぞえ』
お楢『ハイハイ、お勿体ない、有難う御座います、お蔭様でお節の病気も本復致しませう、何分宜しくお頼み申します』
黒姫『アーア、生神様になると忙しいものだ、たつた一人の娘でも皆天地の神の分霊に違ひはない、一視同仁、至仁至愛の心を出して助けて上げようかい、サアサア照さま、清さま、お前も一緒に跟いて来るのだよ、これこれお楢さま、嬉しいかい』
お楢『ハイハイ、有難う御座います、ソンナラ之から私が御案内致しませう』
黒姫『よしよし行つてあげよう、お前は余つ程幸福者ぢや、もう之で真名井山を思ひ切つたぢやらうな』
お楢『ヘイヘイ、誰が真名井山なぞへ参りますものか』
と先に立つて行く。黒姫はしすましたりと北叟笑み乍ら二人の娘を伴ひ丹波村の婆が伏屋を指して意気揚々と進み行く。
(大正一一・四・二二 旧三・二六 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki