王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻
文献名2第3篇 鬼ケ城山よみ(新仮名遣い)おにがじょうざん
文献名3第12章 花と花〔623〕よみ(新仮名遣い)はなとはな
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-04-30 15:17:43
あらすじ悦子姫は、音彦と加米彦を供として三嶽山に差し掛かった。そこで、谷川で血にまみれた衣をすすぐ一人の美しい女がいた。音彦が話を聞くと、女は真名井ケ原へ参詣の途中、鬼雲彦の一味である荒鷹・鬼鷹によって、二人の僕と共にさらわれてきたのだ、という。僕の二人は、バラモン教の手下によって殺され、その供養の為に衣を洗っているのだ、と明かした。女は紫姫と名乗った。加米彦は、心当たりがある様子を見せるが、滑稽なことを言ってごまかす。その様子に紫姫は一行に心を許して行く。悦子姫ら一行は、荒鷹・鬼鷹らを言向け和すために、一味の隠れ家に案内するように、と提案する。ちょうど荒鷹・鬼鷹は不在で、手下たちだけが留守を守っているというので、紫姫に付いて岩窟に向かう。加米彦は一味の掘った落とし穴に落ちてしまうが、悦子姫と紫姫が縄梯子を編んで助け出し、一行は岩窟に乗り込んでいく。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年04月23日(旧03月27日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年1月10日 愛善世界社版185頁 八幡書店版第3輯 592頁 修補版 校定版191頁 普及版82頁 初版 ページ備考
OBC rm1712
本文の文字数6134
本文のヒット件数全 3 件/神素盞嗚=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  メソポタミヤの瑞穂国  世界の楽土と聞えたる
 顕恩郷を振りすてて  自転倒島に逃げ来り
 醜の曲津の大江山  山寨を構へて神国を
 蹂躙せむと千万に  心を尽す鬼雲彦は
 神素盞嗚の大神に  仕へまつれる鬼武彦に
 逐ひ退はれて中空を  翔つて伊吹の山の辺に
 雲を霞と逃げ散れど  鬼雲彦が力と頼む
 剛力無双の曲司  名も怖ろしき鬼熊別は
 八岐大蛇の醜の霊に操られ  荒鷹鬼鷹諸共に
 大江の山の峰つづき  鬼ケ城にと第二の砦を構へ
 時を計らひ捲土重来の  秘策を凝らし
 一挙に聖地に攻め寄せて  神素盞嗚の大神や
 国武彦の大神の  神政成就の経綸地
 桶伏山の蓮華台  続いて四尾の神山を
 力限りに占領せむと  心を砕くぞ果無けれ。
 三五教の宣伝使、悦子姫は音彦、加米彦を伴ひ真名井ケ原を後にして三嶽山に差かかる。時しもあれや谷川に、血に塗れたる衣を濯ぐ一人の美人、三人の姿を眺めて呆れ顔、
音彦『モシモシ悦子姫様、此深山幽谷に見らるる如き妙齢の美人唯一人、血に塗れたる衣を洗ひ、吾々の姿を眺めて何か思案顔、これには深き様子のある事で御座いませう。一つあの女を引捉まへて詰問して見ませうか』
悦子姫『何を云うても人里離れし此谷川、合点の行かぬ事である。貴方御苦労だが柔なしくあの女に聞いて見て下さい』
音彦『承知致しました、加米彦、お前は悦子姫様と此処に待つて居て呉れ、俺は此谷川を渡つて怪しの女に一つ質問をやつて見る、大抵この山の様子も分らうから』
と云ふより早く裾をからげ谷川を向岸へ渡つた。
音彦『コレヤコレヤ、人里離れしこの深山幽谷に浦若き女の一人、血に塗れたる衣服を洗濯致し居るは如何なる理由あつてか、定めて此辺には悪神の巣窟があつて、人を取り喰うと察せらるる、サアつぶさに委細を物語れよ』
 女は涙をはらはらと流しながら、
『ハイ私は都の女で御座います、大江山の鬼雲彦が一味の悪神、荒鷹、鬼鷹の両人が、真名井ケ原の神様へ二人の僕を従へ参詣の途中、言葉巧に計略をもつて妾主従を連れ来り、二人の下僕は種々と苦役を命ぜられ、身体疲労の結果、もはや手足も動けなくなりまして、苦しみ悶える所を、慈悲も情も荒鷹鬼鷹の両人の指揮の下に、寄つて集つて二人の下僕を嬲殺し、手足をもぎ取り、真裸となし土中に埋めましたさうです。さうして妾は情ない荒鷹、鬼鷹両人に虐げられ、あるにあられぬ悲しい月日を送つて居ります。今日は幸ひ両人鬼ケ城の鬼熊別が大将の許に召されて参りました。後には四五の下僕共、二人の留守を幸ひお酒を呑ませ酔はして置いて、下僕二人が着衣を探し求め、此谷水に洗ひ清め天日に乾し、これを夜具に造り替へて、せめては下僕の遺物と彼が菩提を弔うため、妾が肌身につけ其霊を慰めやらむと今此処に、隙を窺ひ洗濯に参りました』
と、ワツと許りに泣き入りぬ。音彦は両手を組み太息を吐きながら、
『嗚呼飽迄も悪逆無道の大自在天、バラモン教の奴輩の惨虐さ』
と音彦は涙を腮辺にハラハラと流し、黙念としてうつむき居る。
女『貴方様は何れの方かは存じませぬが、一寸お見受け申せば力の強さうな御姿、美しき御婦人を連れて何れへお越し遊ばしますか。此三嶽山は、大江山の峰続き、鬼ケ城との中心点に聳立つ、恐ろしき魔の山で御座います。これから先には沢山の魔神が棲みて居りますれば、これより先は剣呑千万、どうぞ此場よりお引き返し下さいませ、又妾の如き憂目にお遇ひなされてはお気の毒で御座います』
 音彦は目をしばたたきながら、
『オヽお女中、御親切に能く云うて下さいました。併しながら吾々は、人を助ける神の取次、如何なる悪魔も言向け和さねばならぬ神界の使命を帯びて参つたもの、仮令如何なる鬼大蛇、魔神の襲来致すとも、一歩たりとも退却致す事は出来ませぬ。どうぞ荒鷹、鬼鷹の住家へ御案内下さいませ』
女『左様では御座いませうが貴方等は一行三人、一方は数限りのない悪魔の集団、何程貴方が英雄豪傑でも多数と少数、勝敗の数は戦はずして分つて居ります。サアサアどうぞ早くお帰り遊ばせ』
音彦『御親切に有難う御座います。併しながら先刻承はれば貴方は都の女と仰せられましたが、何と云ふお方で御座います』
女『ハイ、名を聞かれては恥かしう御座いますが、妾は紫姫と申す不恙な女で御座います』
 谷川の向より加米彦、大きな声で、
『オーイオーイ、音彦、美人を捉へて何を愚図々々云つて居るのだ。吾々を待たして置いて密約締結でもやつて居るのか、ソンナ陽気な場合ぢやないぞ、コンナ谷底でいちやつく奴があるか、好い加減に談判を切り上げて敵情を大本営に報告しないか、悦子姫女王様が顔色を変へて御機嫌斜なりだ。アハヽヽヽ』
 悦子姫は聞き咎め、
『これこれ加米彦さま、悦子姫の御機嫌斜なりとは何を仰有る』
加米彦『アア済みませぬ、私の言葉は意味深長に聞えたでせう、どうぞ見直し聞直して下さいませ、時の興に乗じつい洒落気になつて音彦に揶揄て見たのですよ。谷川の此方には花を欺く悦子姫様、そして加米彦の配合、川の対岸には妙齢のナイス、音彦の大丈夫、谷を隔てて一対の若夫婦然とした此光景、絵にあるやうなスタイルぢやありませぬか。樹木の間に雪はチラチラと残り、淙々たる渓流は琴を弾じ、幽邃閑雅の深谷川、上手な画工にでも写生させたら随分立派なものが出来ませう、アハヽヽヽ』
悦子姫『加米彦さま、此処は最も危険区域ですよ、些と緊張しなさらぬか』
加米彦『柔能く剛を制す、剛中柔あり柔中剛あり、敵地に臨んで悠々閑々綽々として余裕を存するは、ヒーロー豪傑の心事で御座る、アハヽヽヽ』
 川向ふより音彦、
『オーイオーイ加米彦、悦子姫様のお伴をして此地へ渡つて来い、耳よりの話がある』
加米彦『ヨシヨシ、悦子姫さま、サア参りませう、此深い谷川、貴方は御婦人の身、お困りでせう、何なら加米彦の背に被負つて下さい』
悦子姫『御親切に有難う御座います、併し乍ら加米彦さま、自分の事は自分で処置をつけねばならぬぢやありませぬか、神様の教には必ず人を杖につくなと御座います』
加米彦『其お言葉は尤もながら何だか案じられてなりませぬ、然らばお手を取つて上げませう、サア参りませう』
と裾をからげ、谷川に下りたちぬ。
悦子姫『加米彦さま、妾が貴方の手を引いて上げませう、大変な危険な激流で御座いますから』
と互に友の危難を気遣ふ殊勝さ。
加米彦『アア有難い有難い、この谷川が無くば悦子姫様と握手したり提携したりすると云ふ事は出来ない、南無谷川大明神』
悦子姫『ホヽヽヽ、冗談も好い加減になされませ』
加米彦『冗談から暇が出る、瓢箪から駒が出る、三嶽山から古今無双のナイスが現はれる、大江山から鬼が出る、鬼ケ城から大蛇が出る、私の口から涎が出る、余り嬉しうて涙が出る、アハヽヽヽ』
悦子姫『ホヽヽヽ、これこれ加米彦さま確りしなさらぬか、辷つたら大変ぢやありませぬか』
加米彦『辷つても転げても構ひますものか、貴女と私と此谷川で悦びて転こンで寝転ンで辷り込ンで心中したら一寸乙でせう、美男と美人の心中物語、いつの世にか稗田の阿礼の二代目が現はれて、霊界物語に此ローマンスを針小棒大に書き立て、名を竹帛に垂れ末代の語り草にして呉れるかも知れませぬよ、アハヽヽヽ』
悦子姫『加米彦さま、何うやらお蔭で無難に渡つて来ました』
加米彦『アヽ割りとは狭い川だ、貴女と一緒に握手提携して歩くなら、仮令河幅が三里あつても五里あつても、少しも、遠いとは思ひませぬワ』
悦子姫『ホヽヽヽ、加米さま、好い加減に惚気て置きなさい』
とポンと叩く。加米、首をすくめ目を細うし、舌を一寸出して、
『ヤア占めた占めた、お出たな、もつともつと叩いて下さいな』
悦子姫『アヽ加米さまの好かぬたらしいお方、ホヽヽヽ』
音彦『オーイオーイ、加米彦、何だか知らぬが御機嫌斜ならずだなア、要領を得たのか、密約は成立したか』
悦子姫『ホヽヽヽ』
加米彦『何、条約不成立不得要領だ』
音彦『不得要領の中に要領を得るのが戦術家の智略だ、アハヽヽヽ』
紫姫『ホヽヽヽ、貴方等は気楽なお方ですねえ、最前からの皆様のお話で私の心の憂愁も何処へやら煙散霧消して仕舞ひましたワ』
 悦子姫、加米彦は漸く二人の前に辿り着きぬ。
音彦『モシモシ悦子姫様、此お方は紫姫と云つて都の方ぢやさうです、二人の下僕を従へ真名井ケ原へ参詣の途中、荒鷹、鬼鷹両人に誘拐され、二人の下僕が嬲殺しに遇はされたさうです、気の毒ぢやありませぬか』
悦子姫『………』
加米彦『ナニ、二人の下僕が嬲殺しに遇つたと、ヨシ俺にも考へがある、サア音彦、其荒鷹鬼鷹と云ふ奴、これから一つ鬼ケ城を征伐の門出の血祭にしやうではないか、モシモシ紫姫様、長らくお目に懸りませぬ、御機嫌宜敷う、誠に御無沙汰を致しまして』
紫姫『貴方は何方で御座いましたか、記憶に浮かびませぬ』
加米彦『アヽさうでした、初めてお目にぶら下つたのですよ、私の若い時のスヰートハートしたナイスに、何処やら能く似まして御座るものだから、つい考へ違ひを致しました、アハヽヽヽ』
音彦『ワハヽヽヽ』
紫姫『ホヽヽヽヽ』
 紫姫、初めてニタリと笑ふ。
音彦『紫姫さま、貴女の囚はれて居る巌窟に案内して下さい、これから行つて悪神の奴、片つ端から粉砕して呉れませう、ヤア面白い面白い、腕が鳴つて耐らないワ、この握り拳のやり所が無い、サア早く案内して下さいナ』
紫姫『ヤアそれはお見合せ遊ばせ、大変で御座いますよ、ならう事なら妾も一緒に連れて逃げて下さいませぬか』
加米彦『エヽ気の弱い事を仰有るな、吾々は神素盞嗚大神の御守護がある、必ず必ず御心配なさいますな、サア案内して下さい、悦子姫さま、音彦殿、サア往きませう』
紫姫『左様なら妾が御案内致します、荊棘茂る難路で御座います、残ンの雪も溜つて居りますれば足許に気をつけて下さいや』
と先に立つ。一行は雪の坂道辿つて紫姫の後について行く。紫姫に導かれ二三丁羊腸の小道を辿り行く。前方に見上る許りの大岩石広く左右に二三丁許り展開し居たり。
 紫姫は中央の岩石を指し、
『皆様、あの巌の下に巨大なる穴が開いて居ります、今日は荒鷹、鬼鷹の大将株は鬼ケ城に参りまして不在で御座います。四五人の小鬼共は皆酒に酔ひ潰れて寝みて居りますから大丈夫、御安心して下さいませ』
加米彦『ヤア思惑とは洒落た事を悪神の奴やつて居る哩、山又山に包まれたこの高山の幽谷、難攻不落の金城鉄壁とは此事だ。遉は悪神だけあつて好い地利を選ンだものだ。一卒道に当れば万軍進む能はずと云ふ要害堅固の絶所だなア』
と首を傾け呆れて舌を捲いて居る。
音彦『よく感心する男だなア、加米さま気に入つたかな』
加米彦『気に入るの入らないのつて、いやもうずつと気に入りました、風景と云ひ要害と云ひ天下の珍だ、サアサア往きませう、巌窟の探険も退屈ざましに面白からう』
と先に立つて走り出すを、紫姫は手を挙げて、
『モシモシ貴方、妾が御案内致しませう、其処には深い深い陥穽が御座います、滅多矢鱈にお出なさつては剣呑で御座いますから』
 加米彦は耳にもかけず巌窟目蒐けて一目散に駆出したるが、忽ちドサツと音して陥穽に落ち込みにける。
紫姫『アヽ大変大変、皆様どうぞ助けて上げて下さいませ』
音彦『慌者だなア、仕方が無い』
と走り行かむとするを紫姫は、
『モシモシ慌て下さるな、沢山の陥穽、妾が御案内致します、後からついて来て下さい』
音彦『アヽさうかなア、何処迄も注意周到なものだ、ソンナラ先頭を頼みませう、悦子姫様、失礼ながらお先に参ります、私の足跡を踏みて来て下さい、危険ですから』
悦子姫『ハイ有難う』
 加米彦は二三丈もある深い陥穽に落ち込みしが、幸ひ少しの怪我もなく井戸の底に突立ちながら、
『ヤア悪神の奴、エライ事をしよつた。紫姫とやら、彼奴は鬼熊別一味の奴に相違ない、愚図々々して居ると悦子姫さまも音彦も同じやうに、空中滑走井底着陸とやられるか知れやしないぞ、かうして井底に佇立して居る頭の上から岩石でも落されやうものなら、それこそお耐り小坊子が無いワイ、嗚呼縮尻たりな縮尻たりな、三五教は穴が無くて安心だが、今の世の中はどこもかも穴だらけだ。穴怖ろしの娑婆世界』
と呟き居たりしが、足許の水溜りにパツと写つた悦子姫の顔、
加米彦『ヤア又出やがつたな、彼の谷川を渡る時、悦子姫さまに揶揄つたものだから、紫姫の奴、加米彦は悦子姫に現を抜かしてゐると早合点しよつて、井の底に姫の顔を現はしよつたのだな、どつこい其手は喰はぬぞ、総て悪神は色をもつて、男子を死地に陥入るると聞く、オイ化物、悦子姫の姿を見せた処で其手に乗るものかい、道心堅固の三五教の加米彦だ、馬鹿にするない』
 頭上から悦子姫は、
『モシモシ加米彦さま大変なお危ない事で御座いました。お怪我は御座いませぬか』
加米彦『ヤア悦子姫さまか、ようマア無事で陥穽へもはまらないで居て下さつた。音彦さまはどうなりました。御無事ですかなア』
悦子姫『ハイ有難う、此処に紫姫さまと来て居られます、貴方をお助けしやうと思つて綱を編みて居るところで御座います、暫くお待ち下さいませ』
加米彦『ヤア有難う、神の救ひの御綱、此神は此人と思うて綱をかけたら放さぬぞよと云ふ御神勅の実現だナア。アヽ惟神霊幸倍坐世』
 音彦、紫姫の二人は手早く縄梯子を編み、吊り下ろせば、加米彦は、
『ヤア有難い』
と手を合しゐる。
音彦『サア加米彦さま、この綱に確り掴まつた。三人が力を合して釣り上げませう、一二三』
と三人一度に手繰り上げたり。
加米彦『アヽ有難う、お蔭で命が助かりました。井戸い目に遇うところだつた、アヽハヽヽ』
紫姫『加米様とやら、お怪我が無くてお目出度う御座います。サアこれから巌窟に参りませう』
と先に立ち細い穴を潜り入る。一行も続いて巌窟に姿を隠しける。
(大正一一・四・二三 旧三・二七 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki