王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻
文献名2第3篇 鬼ケ城山
文献名3第13章 紫姫〔624〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ岩窟に入ると五六人の手下たちがいたが、加米彦の一喝で慌て出す。しかし手下の中の丹州という男が理屈をこねて加米彦に食ってかかる。
しかし丹州は実は自分は玉彦という者で、豊国姫命の命で小鬼となってバラモン教に潜入していた、という。そして、丹州はバラモン教の他の手下らを手なずけて、紫姫の二人の僕かくまっていた。衣に猪の血をつけて荒鷹・鬼鷹の目をごまかしていたのである。
丹州は二人の僕を他の手下に連れてこさせた。そして丹州は一行を鬼ケ城の方へ案内するが、三嶽山の山頂に出たところで一行は突風に煽られてしまう。
丹州が手なずけていた荒鷹・鬼鷹の手下らは、吹き飛ばされてしまった。雲の中から大蛇が舌を出して一行に襲い掛かるが、加米彦の言霊の発射で雲の中に逃げていく。
風はぴたりと止み、一同は天津祝詞と宣伝歌を唱和して、山伝いに鬼ケ城へと進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年04月23日(旧03月27日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm1713
本文の文字数4411
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  細い暗い穴を腰を屈めて二三十間進んで行くと、其処に明りのさした稍広き隧道が前方に貫通し居たり。
紫姫『サア之から天井も高う御座います、何卒お腰を伸ばしてお歩き下さいませ、此巌窟は長さ三丁許り縦横十文字に隧道が穿たれ、処々に四角い岩窟の室が御座います。荒鷹、鬼鷹の居ります場所は特に広く築いてあります』
加米彦『ヤア益々鬼の奴、洒落た事をやつて居よる哩、鬼ケ城へ行つて不在中で安心な様なものだが、若しひよつと愚図々々して居ると中途に帰つて来よつて、あの細い入口をピツタリ塞ぎよるか但は青松葉でも燻べられたら、それこそ大変だ、良い加減に探険したら斯様な危険地帯は退却するに限る、ナア音彦さま』
音彦『さうだなア、一方口を塞がれては袋の鼠も同然だ』
紫姫『イエイエ御心配下さいますな、二ケ所も三ケ所も非常口が開いて居ます、妾は能く承知して居りますから御安心して下さい』
加米彦『アヽさうですか、それなら安心だ』
と紫姫の後につき大手を振つて大股にフン張り行く。
加米彦『ヤア小鬼共が沢山寝て居よるワ。オイオイ、小鬼の奴、起きぬかい、三五教の宣伝使悦子姫一行の御臨検だ、サアサア之から簡閲点呼の始まり』
 五六人の男吃驚して起き上り、
『何方さまか知りませぬが生憎御大将は御不在、一向お構ひ出来ませぬ、何卒悠々とお休み下さいませ』
加米彦『休めと云はいでも休みてやる、然し乍ら貴様達は何の為に留守番を致して居るのぢや、鬼の上前を越す音彦や、加米彦がノソノソと奥深く進入し、此岩窟は最早陥落より外に道なき悲境に立ち到つて居るのに、大将の留守を窺ひ、秘蔵の酒に喰ひ酔ひ、鱶の様に愚助八兵衛と前後も知らず寝て居るとは不届き至極な代物だ、サア此加米彦が目に留まつた以上は容赦は致さぬ、鬼鷹、荒鷹の両人になり代り、今日只今より暇を遣はす、何へなりと勝手に出て行け』
小鬼『オイ丹州、金州、源州、遠州、播州、大変だぞ、只今限り免職だとえ』
丹州『それだから酒は飲むな、酒を飲んだら縮尻ると何時も云うとるのだ、俺もウラナイ教の黒姫の児分になつて二三年随いて廻つて居つたが、三五教には随分偉い豪傑が居つて神変不思議の術を使ひ、ドンナ処へでも生命構はずに出て来ると云ふ事を云つて居つたが、本当に油断のならぬ三五教ぢや、三五教は穴が無いのでコンナ鬼の穴まで探して取りに来るのだらうなア』
加米彦『コレコレ丹州とやら、何を申す、神妙に此方の申す通り退却致さぬか』
丹州『お前は三五教の宣伝使ぢやないか、ドンナ悪神でも悪人でも鬼でも餓鬼でも虫族までも助けると云ふお役だらう、仮令吾々は鬼の乾児になつて居つても、元は天地の大神様の結構な御分霊、指一本でも触へるなら触へて見なさい、天則違反の大罪で根の国、底の国へ真逆様に落されますぞえ』
加米彦『アハヽヽヽ、此奴、仲々理屈を云ひよる哩、オイ丹州、貴様は何処の出生ぢや』
丹州『俺かい、俺は云はいでも定つた事ぢや、国の生れだよ』
加米彦『国と云つても沢山あるぢやないか、何処の国だ』
丹州『エー、頭脳の悪い男だなア、ソンナ事で宣伝使が勤まるか、丹波の国に居て国の生れと云へば丹波に定つて居るではないか』
加米彦『アハヽヽヽ、そうして丹波の何処だ』
丹州『丹波の三嶽山ぢや』
加米彦『三嶽山は定つて居る、何と云ふ村の何と云ふ者から生れたのだ』
丹州『生れた処の村が分つたり、親が判る様なら誰がコンナ鬼の乾児になつて居るものかい、お前も余程訳の分らぬ事を云ふものぢやな』
音彦『サアサア加米彦、早く探険と出掛け様ぢやないか、愚図々々して居ると大将株が帰つて来よるかも知れないぞ』
加米彦『大将株の帰つて来るのを待つて居るのだ、盗賊の親方の居らぬ奴サン許りの処へ出て来て威張る訳にも往かぬ、張合が抜けて困つて居るのだ』
丹州『モシモシ加米サンとやら、御心配なさいますな。最前此丹州が鬼ケ城の方へ向けて合図をして置きました、たつた今雲霞の如き勇将猛卒を引率し、鬼熊別の御大将、旗鼓堂々と此方に向つて攻めて来ますよ、マアお前さまも暫時の生命だ、ゆつくりと法螺でも吹いて刹那心を楽しみなさい』
加米彦『ハツハヽヽヽ、何を吐しよるのだい、仮令悪神の千匹や万匹、やつて来た処で、三五教独特の神霊発射によつて忽ち消滅さしてやるのだ、一時も早く攻め寄せて来ないかいなア、アヽ待ち遠しいワイ』
丹州『アハヽヽヽ、力は何うだか知らぬが随分吹きますな』
加米彦『きまつた事だよ、二百十日と綽名を取つた加米彦だ、まごまごして居ると、俺の鼻息で貴様等の木端鬼共を中天へ捲き上げるぞ』
丹州『実の処私は真名井ケ原に現れました玉彦と申すもの、あまり悪神が跋扈するので豊国姫様の御命令を受け、小鬼と身を窶し、此岩窟に紛れ込み悪魔の状勢を探つて居たもので御座いますよ、紫姫様のお伴になつた二人の僕は、私の計企で或処に大切にして隠して置きました、やがてお目に掛けませう』
紫姫『ホー、其方は何と仰有る、あの僕を隠して置いたとな、ソンナラ何故二人の着物は血塗泥になつて居つたのですか、其理由を聞かして下さい』
丹州『アハヽヽヽ、それは此丹州が計企に依つて猪を獲つた其血で着物を染め、荒鷹、鬼鷹の大将に「此通り嬲殺しに致しました」と云つて見せたのだ、お疑ひとあらば今お目に掛けませう』
紫姫『何卒一時も早く会はして下さい』
丹州『オイ、皆の奴、何時も俺が云うて聞かしてある通り、何も彼も、服従するだらうなア』
 甲乙丙丁、一度に頭を下げ、
『ハイハイ、承知致しました』
丹州『ヨシヨシ、それでこそ俺の家来だ、サア金州、遠州の両人、二人をこれへ連れて来い』
『畏まりました』
と金、遠の二人は急いで岩窟の彼方に姿を隠したるが、暫時ありて二人の男を伴ひ来り、
『サア親方、二人のお客さまを御案内して参りました』
紫姫『ヤアお前は鹿に馬、能うマア無事に居て下さつたナア』
 鹿、馬一度に両手をつき嬉し涙に暮れて居る。
悦子姫『コレコレ丹州様とやら、其方は一目見た時から変つたお方ぢやと思つて居ましたが、豊国姫の神様の御命令で御越しになつたとは、それは真実で御座いますか』
丹州『ハイハイ、真実も真実、ずつと正真正銘の真実で御座います』
加米彦『悦子姫さま、音彦さま、何だか勢込ンで岩窟の探険と出て来るは来たものの、暗がりで屁を踏ンだ様な話ですな。もうコンナ処は張合がないから何処か抜け道を教へて貰つて、崎嶇たる山道を跋渉し鬼ケ城へ向つたら何うでせう、三五教には退却の二字は無いから元来た道に引き返す事もならず、何処の抜け穴でも見付かつたら脱出するのですなア』
丹州『此岩窟には三ケ所も抜け穴があります、一方は鬼ケ城へ行く道、一方は大江山へ行く道、一方は谷へ水を汲みに行く抜け穴、何方へ御案内を致しませうか』
加米彦『同じ事なら鬼ケ城の方へ案内して下さい』
丹州『承知致しました』
と先に立ちドンと突き当つた岩石を片手でグイと押す途端にガラリと開いた。見れば三嶽の山頂、四方八方見晴らしのよき場所なりける。
加米彦『サアもう大丈夫だ、皆さま此風景を眺めて一休み致しませうか、紫姫さまも如何です、一緒にお伴致しませう、此様な岩窟に何時迄も蟄居して居ても何の楽しみもありますまい、貴女のお好きな音彦さまと、ね……』
紫姫『ホヽヽヽ』
と袖で顔を隠し俯向く。
 一同は山上の風景佳き処に腰打ち下ろし四方を眺め雑談に耽る。折しも西南の天に当り一塊の黒雲現はれ、見る見る拡大して満天墨を流せし如く四方暗黒に包まれ咫尺を弁ぜざるに立ち至りぬ。身をきる許りの寒風、岩石を飛ばし、樹木も倒れよと許り吹きつけ来る。金州、源州、遠州、播州の四人は『アツ』と云つたきり風に吹き捲くられて暗の谷底へ姿を隠したり。
音彦『ヤア大変な事になつて来たワイ、八岐の大蛇が襲来し相な形勢が現はれたぞ。紫姫さま、私が手を握つてあげませう、愚図々々して居ると吹き散らされて了ひますよ。ヤ、加米彦、お前は悦子姫さまの保護の任に当れ、丹州、お前は御苦労だが一人で随いて来て呉れ』
丹州『ハイハイ、委細承知致しました、然し乍ら、もう暫時此処に休息しなさつたら如何です、之から先は大変な断崖絶壁、暗がりに踏み外したら大変です』
加米彦『何、構うものかい、何うなるも斯うなるも神様の思召だ。之ばかしの風に屁古垂れて宣伝使が勤まるか』
丹州『偉い馬力ですな、然し足許が分りますか』
加米彦『それや一寸分らないよ、足に目が無いからなア』
 黒雲は左右に別れてヌツと現はれた巨大の竜体、中央に半身を現はし大口を開き五人の頭上にブラ下り、一丈ばかりの紅い舌を出して舐かかる。
加米彦『ヤア、やりよつたな、面白い面白い、オイ八岐の大蛇、貴様の十八番はそれ位なものか、それ位の事で吾々観客は「やんや」と云はないぞ、もちつと変つた放れ業をやらないか、一二三四五六七八九十百千万』
と言霊の発射に大蛇の姿はおひおひ縮小し遂には雲に全身を没し終りける。
加米彦『アハヽヽヽ、加米彦さまの言霊の発射は見事なものだ、ナア音彦さま、此神力には流石の悦子姫さまも御感服遊ばすだらう』
悦子姫『ホヽヽヽ、加米サン、何故折角出て来た大蛇を去なして了つたの、捕擒に出来なかつたの』
加米彦『エ、荷物の多いのにあの様な嵩の高い、不恰好の奴を荷物にした処が棒にもならず、杖にもならず、帯には短し襷にや長し、邪魔になるから助けてやりました。アハヽヽ、東西々々、只今の芸当お目に留まりますれば次なる芸当お目に掛けます』
音彦『アハヽヽヽ、陽気な男だな、序にモ一つ立派な手品を見せて貰はうかい』
加米彦『八釜しう云ふない、今大蛇の奴が楽屋で厚化粧の最中だ、暫らく待つて下さい、今度は素敵滅法界の代物をお目にぶら下げます』
 風はピタリと止み、満天の黒雲はさらりと霽渡り、日光は晃々と輝き始めたり。
加米彦『サアサア天の岩戸開きと御座い、皆さまお目に留まりますれば拍手喝采の代りに天津祝詞を奏上して下さい』
 茲に悦子姫、音彦、加米彦、紫姫、丹州、鹿公、馬公の一同は、西天に向ひ両手を合せ天津祝詞を奏上し宣伝歌を謡ひ終つて、一行潔く南を指して山伝ひ、雲表に聳ゆる鬼ケ城を目蒐けて進み行く。
(大正一一・四・二三 旧三・二七 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki