王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻
文献名2第1篇 弥仙の神山
文献名3第3章 神命〔631〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ豊彦・豊姫らの家を出て、山を半分ほど登ったところで日が暮れて暗闇となってきた。一行は枯れ草の混じった禿げた芝生の上に横になって寝についた。
猿の声、大蛇の這うような音、虎狼が唸るような怪声が聞こえてくる。大木が折れるような岩石が崩壊するような凄まじい物音で加米彦は目を覚ました。
加米彦は恐ろしさに夏彦を起こそうとするが、夏彦はこんなことは山の中ではよくあることだと、取り合わない。夏彦はまたいびきをかいて寝てしまったので、加米彦は三人の間に寝て、夜が明けるのを待っていた。
春の夜は早く明けて、一行は朝の禊と拝を行った。そして朝食の後に山を登ると、ほどなくして頂上に達した。
加米彦は絶景を嘆賞していたが、悦子姫は山頂のご神前に暗祈黙祷していた。しばらくして、悦子姫は神勅が下ったので先に行く、と言い残してさっさと山を下ってしまった。
加米彦は慌てて後を追っていく。音彦と夏彦はゆうゆうとご神前に祝詞を上げてからくだり、山の五合目ほどで加米彦に追いついた。
一行は綾の聖地を指して宣伝歌を歌いながら進んで行く。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年04月24日(旧03月28日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm1803
本文の文字数4103
本文のヒット件数全 3 件/海=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  賤が伏家を後にして、悦子姫の一行は、胸突坂をテクテクと、梯子登りに登り行く。日は西山に傾きて、昼さへ暗き深山を、黒く色彩る群烏、塒尋ねて右左、ガアガアガアと舞ひ狂ふ、見上ぐる空に鷹鳶、羽一文字に展開し、悠々迫らず空中を征服せる態度を示し居る。
加米彦『ヤアこれは大変、大切な一張羅の宣伝使服に鳶の奴、糞をかけよつた。実に糞懣の至りだ。オイ鳶の奴、不都合千万、一先づ此方へ引き戻せ、天地の道理を説き諭して呉れうぞ』
夏彦『アハヽヽヽ、ウフヽヽヽ』
音彦『何とか言はねば虫の納まらぬ男だなア、何程人間が偉いと云うても、空中を自由自在に翺翔するだけの神力は無いから、黙つて泣き寝入るが利巧だなア』
加米彦『エヽ忌々しい、音彦さま迄が鳶の応援をしたり、水臭い人だ。糞忌々しい、アヽ臭い九歳の十八歳だ』
音彦『大変其辺が暗くなつて来たぢやないか、道で紛失しないやうに、二尺位距離を保つて行く事にしよう』
加米彦『何程暗くつても、苦楽を共にする吾々宣伝使だ、かういふ時には加米彦には大変都合がよい哩、無形に見ると云ふ天眼通が開けて御座らぬノダ。オイ夏彦、俺の腰を捉まへて来るのだぞ、貴様は体が小さいから、ひよつとすると蕗の葉の下にでもなると、分らぬやうになるからなア』
夏彦『お前、それでもエロー体が動揺して居るぢやないか、何れ歩行すれば全身は動揺するものだが、お前の動揺振はチト変だぞ、慄うとるのぢやないかな』
加米彦『何うでもよいワ、確りと俺の腰を捉まへて居るのだ、放しちやならぬぞ』
夏彦『ハヽヽヽヽ、随分負けぬ気な男だなア、怖いのだらう』
加米彦『こわいともこわいとも、踵の皮が大変硬い哩』
音彦『悦子姫さま、かう闇の帳がピタリと降りては仕方が無いぢや御座いませぬか、夜になると目の見えない人間は不自由ですなア』
悦子姫『何処か適当な場所で夜を明かしませうか、最早山も半分ばかり登つたやうですが、どうせ今日参拝を済まして帰る訳には行きますまいから』
加米彦『アヽ目の見えぬ人間は気の毒なものだ、盲千人の世の中とはよくも云つたものだ。目明き一人の加米彦も仕方が無いワ、交際に此処で御輿を下さうかい』
夏彦『オイ加米彦、何を云ふのだ、実際目が見えるのか』
加米彦『見えるとも見えるとも、目の見えぬ奴は盲ぢやないか』
夏彦『ハヽア此奴は四つ足身魂だな、暗がりで目の見える奴は狐、狸、鼬か猫か、又違うたら虎、熊、狼と云ふ代物だ。オイ四足先生、今日は十分威張るとよい哩、何処ぞ其辺に兎でも居つたら探して丸喰ひなとして来い』
加米彦『誰だつて目は見えるが、それや火を点すか、夜が明けた上のこつた、アハヽヽヽ』
夏彦『大分四足が徹へたと見える哩、ソンナラもう四足の称号だけは只今限り、特別の仁慈をもつて解除してやらうかい』
加米彦『大きに憚りさま、今は他人ぢや、放つて置いてくれ、又御親類になつたら宜敷うお願ひ申します、オホヽヽヽ』
悦子姫『モシモシ加米彦さま、夏彦さま、さう喧しう仰有ると此お山にはだいじやが沢山居ますから、些とおとなしうなされませや』
加米彦『ハイハイ、何が来たつてだいじや御座いませぬ、元来が豪胆不敵な性質、長の先生、千匹や万匹束になつてお出になつても、些ともおろちい事はありませぬ哩』
音彦『エヽ喧しい哩、沈黙々々』
 茲に四人は去年の名残の枯草の交つた、中年増の頭髪のやうな芝生の上に、右腹を下に足を曲げ体をさの字形につがねて静かに寝につきたり。
 梢を伝ふ猿の群、幾百とも知らず、前後左右にキヤツキヤツと亡国的の啼声を出して淋しさを添へてゐる。風も吹かぬにザアザアと大蛇の草野を渡るやうな声、虎狼の唸るやうな怪声、遠近に聞え来たり、大木を捻折る音、大岩石の一度に崩壊する如き凄じき物音に加米彦は目を覚まし、小声になつて夏彦の耳に口を寄せ、
『オイ、なゝ夏、夏、夏彦ヤイ』
 歯、カチカチカチ、
『オヽ起きぬかい、あの音、きゝ聞きよつたか』
夏彦『喧しう云ふない、悦子姫様の安眠の妨害になるぞ、貴様コンナ深山に来たら是位の事はありがちだよ、キヤアキヤア云うて女でも締め殺すやうな声のするのは、あれや猿の群だ、ザアザアと音のするのは大蛇隊の大活動の音だ、オンオンオンと唸つて居るのはあれや狼や熊の先生がいきつて居るのだよ、木の枝が裂けるやうな音がしたり、岩石が崩壊したりするやうな声が聞えるのは鼻高の悪戯だ、惟神霊幸倍坐世を口の中で唱へて早く寝ぬかい』
加米彦『寝と云つたつて、コンナ気味の悪い処で安眠も出来ぬぢやないか』
夏彦『お前は罪障の深い罪の重い代物とみえる哩、梟鳥は夜分になると噪いで昼はコンモリとした木の枝に小さくなつて大きな眼を剥いて慄うて居るが、お前はそれと正反対な昼になると滅多矢鱈に噪ぎ廻し、夜になると蛭に塩を呑ませたやうに、百足に唾を吐きかけたやうに弱つて仕舞ふのだな、強弱のハーモニイが取れぬ男だ。マアマア俺の体にでも喰ひついて慄ひもつて寝るがよい哩』
加米彦『頼む頼む、併しながらコンナ事を、音彦や悦子姫さまに云うて呉れては困るよ、極秘にしてお前の腹へ仕舞つて置いて呉れ』
夏彦『ヨシヨシ、承知した、その代り余り昼になつて無茶苦茶に噪ぐと素破抜くからさう覚悟して居れ、何と云つても鎌の柄を俺が握つて、切れる方をお前が掴みて居るやうなものだからなア、アハヽヽヽ』
加米彦『ソンナ大きな声で笑ふない、安眠の妨害になるぞ、サアサア寝よう』
 夏彦は早くも高鼾をかいてゐる。加米彦は三人の中央に挟まつて夜の明くるのを今や遅しと待つて居る。怪しの声は間断なく、且つ時々刻々に強烈に聞え来る。
 春の夜は明け易く、闇の帳はいつしか空に捲くり上げられた。百鳥の声は噪がしく囀り初めたり。それと同時に今迄の巨声怪音はピタリと止まりぬ。加米彦は又もや元気回復し、
『アヽ春の夜と云ふものは短いものだな、今其処に倒けたと思へばもう夜が明けよつた。サアサア音彦さま、目を開けて手水でも使つて登山しませうか、もうこれだけぐつすり寝たら昼の疲れもやすまつたでせう。私も潰れる程よく寝て仕舞ひました』
夏彦『オヽ本当に皆よく寝ましたな、併しこの中に〆て一人不寝番を務めて呉れた忠実なお方がありますよ、悦子姫さま、どうぞ論功行賞に漏れないやうに頼みますぜ』
加米彦『ウンさうさう、雀の奴に、烏の奴、寝る時にチウチウガアガア云うて居つた。矢張吾々のために不寝番を務めて呉れたと見え、相変らずチウチウカアカアと忠勤振を発揮して御座る。ひとりや二とりや、三羽や四羽の鳥ぢやない、何千とも知れぬ程の鳥ぢや』
夏彦『ヘン誰も聞くものがないのにやもめの行水ぢやないが、一人湯取る哩、ハヽヽヽ』
悦子姫『弥、新しい光明が頂けました。サアサア幸ひ此処に湧いて居る清水で手水を使つて、神様に祝詞を奏上しませう』
と傍の清水に口を嗽ぎ手を洗ふ。三人も影の形に従ふ如く同じ事を繰返したり。祝詞の奏上も無事に済み、四人は腰の皮包より焼き飯を出して手軽く朝餉をすまし、悦子姫の先頭にて頂上目蒐けて行進。間もなく頂上に達したり。
 年経りたる老樹の茂みを透かして田辺のはキラキラ光り、船の白帆は右往左往にまたたき居たり。
加米彦『何と云ふ絶景でせう、悦子姫さま、音彦さま、暫く汗が乾く迄御輿を下して呼吸を調へ、其後に御祈念にかかりませうか』
と皆まで云はず、どつかと腰を下し足を投げ出し、膝頭を揉み居る。悦子姫は徐々と神前に進み、何事か頻りに暗祈黙祷しつつありき。
加米彦『遠く瞳を放てば千山万嶽重畳として際限無く、各自にその容姿を誇り顔に、特徴を発揮して居る哩。近きは青く、或はコバルト色に山容を飾り、紺碧のは眼下に輝き、天は薄雲の衣を脱ぎ、奥の奥の其奥迄地金を現はして居る。其中心に名物男の加米彦が大の字になつて、宇宙の森羅万象を睥睨して居る。此場の光景は恰も一幅の宇宙大活人画のやうだ。天は広々として際限なく、は洋々として極まりなし、燕雀何ぞ大鵬の志を知らむ。エイ、燕の奴、小雀の餓鬼、喧しい哩、些と沈黙を守らないか、安眠の、オツトドツコイ悦子姫様が暗祈黙祷の妨害になるぞ』
音彦『コラコラ加米彦、お前こそ妨害になる、些と言霊を慎まぬか』
加米彦『ハイハイ早速言霊の停電を命じます』
悦子姫『サアサア皆さま下向致しませう』
加米彦『モシモシ、一寸待つて下さい、折角苦労艱難をして頂上を突き止め、祝詞も上げずお祈りもせぬ先に下向されては、何しに此処迄やつて来たのか訳が分りませぬ、どうぞ暫くの間御猶予を願ひます』
悦子姫『妾は今重大なる御神勅が下りました、一刻も猶予をする事が出来ませぬ、一足お先に女の足弱、下向致します。貴方方は悠くり祝詞を上げ、後から追ひついて下さい、アリヨウス』
加米彦『エヽ仕方がない、肝腎の女王に見限られては浮かぶ瀬がない。何事も簡単を尊ぶ世の中ぢや、繁文縟礼的の祝詞は略しまして、道々祝詞を奏上しながら下向致しませう、時間の経済上一挙両得だ』
と周章狼狽き悦子姫の後を追うて、口に祝詞を称へながら、下り坂を地響きさせつつ駈け下る。
 音彦、夏彦は悠々と天津祝詞を奏上し神言を上げ、恭しく再拝拍手の式を終へ下向の途につく。
 山の五合目辺りにて一行の足は揃ひたり。これより、加米彦は先頭に立ち綾の聖地を指して宣伝歌を謡ひながら進み行く。
(大正一一・四・二四 旧三・二八 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki