王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第25巻 洋万里 子の巻
文献名2第2篇 自由活動
文献名3第8章 奇の巌窟〔754〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ清公はチャンキーと共にクシの滝壺の傍らに庵を結んで禊に励んでいた。地恩郷参拝から帰ってきた郷人たちは、清公に感謝して国魂の宮を修繕して礼拝を怠らなかった。ヒルの郷の黒雲邪気は晴れて、元の楽園となった。
清公は大蛇、悪魔までも神の道に救おうと、宣伝の旅に出た。チャンキーとモンキーに加えて郷人のアイルとテーナを共に加え、セーラン山を登っていった。炎天の山道を進んで行き、玉野ケ原というやや平坦な場所に着いた。そこは黄金の砂が大地一面に敷き詰められた気分の良い地点であった。
はるか前方から猛獣の群れがやってくる気配があった。清公は天津祝詞を唱えようとしたが、舌がこわばって言霊を使用することができなくなってしまった。五人は懸命に心のうちに暗祈黙祷すると、一柱の白狐が現れて五人を森の方の一つの細長い岩窟に招いた。
五人は神恩に感謝した。やがて猛獣の足音が聞こえてきた。岩窟の口から、長い白い毛をもった巨大な狒々が覗き込んだ。清公はようやく言霊が出るようになったので、天津祝詞を奏上した。
しかし狒々はかまわず岩窟の奥に入ってくる。岩窟の奥まで追い詰められ、狒々は清公の手を取って招き、岩窟から引き出してしまった。しかし岩窟を出てみると、そこに居たのは猛獣ではなく、狒々や猩々の群れであった。
五人が天津祝詞を一生懸命に奏上すると、数百の狒々と猩々は面白おかしく踊り始めた。巨大な狒々は、口から猛烈な炎や冷気を五人に吹きかけた。五人はもはや息も切れようというときに、狒々の姿は巨大な白玉となり、狒々たちも無数の玉となって舞い上がり、姿を消してしまった。
後に岩窟の周りには芳香が漂い、微妙の音楽が聞こえてきた。これより五人は心魂がとみに清まり、奥地へと進んでスワの湖のほとりの竜神の宮の祠に到達し、祝詞を奏上した。その夜は祠の前で世を明かした。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年07月08日(旧閏05月14日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm2508
本文の文字数2092
本文のヒット件数全 0 件/海=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  清公はチヤンキーと共にクシの滝壺の傍に俄造りの庵を結び、日夜に天津祝詞を奏上し、側の谷川に身を浄め、一月ばかり此処に滞在する事となつた。
 モンキーに導かれて地恩城に参上りたる飯依別其他の一同は、無事参拝を終へて再びヒルの郷に帰り来り、クシの滝壺に参上りて清公に厚く感謝し、それより国魂の宮の修繕を行ひ、恭敬礼拝怠らず、遂にヒルの郷は黒雲妖邪の気、全く霽れて再び元の楽園となり、飯依別は祖先の業を大切に、心身を清めて昼夜懈怠なく真澄の宮に奉仕する事となつた。
 モンキーは郷人と共に、再び此地に現れ来り、地恩城に於けるスマートボールの伝言を清公、チヤンキーに伝へた。二人はスマートボールの親切に感謝し、郷人の乞ひを容れてアイル(愛蔵)、テーナ(貞七)の二人を供人となし、セーラン山を攀登り、数多の人々を始め大蛇其他の悪魔を神の道に言霊もて救はむと、炎天の山道を危険を冒して、一行五人進み行く。
 芭蕉の実を時々採つて飢を凌ぎ乍ら、連日連夜、苔の褥に岩枕、星の蒲団を被りて夜を明かしつつ、終に稍平坦なる玉野ケ原と云ふ、黄金の砂の大地一面に敷き詰められたる如き、気分良き地点に進む事を得た。
 足も焼きつく様な砂金の原を一行五人は木蔭を求め汗を拭きつつ進み行く。遥の前方より幾百とも限りなき猛獣の群、百雷の轟く如き咆哮を立て、此方に向つて突進し来る。清公は此一隊に向つて天津祝詞を奏上し言向け和さむと両手を組み、……高天……と言はむとすれど一二言発せしのみ、舌硬ばり言霊を使用する事の不可能なるを感じ、稍不安の念につつまれてゐる。怪しき猛獣の影は、おひおひと近付き来り、その足音さへも耳に入る様になつた。一行五人は生きたる心地もなく、心の裡にて一生懸命に暗祈黙祷する折しも、忽然として一柱の白狐、五人が前に現はれ、前脚を上げて招き乍ら森林の方に進み行く。五人は其後に従ひ、漸くにして一つの細長き岩窟に導かれ、天の与へと喜び勇み、窟内に残らず姿を隠し、坑口に向つて両手を合せ、神恩を感謝する折しも、以前の唸り声は刻々と迫り来り、猛獣の足音幾百ともなく聞えて、長き白毛を頭部と顔部に生じたる巨大なる狒々、真赤な顔にて穴の口を覗き唸つて居る。其声の凄じさ、身も竦む計りである。されど白狐出現に力を得たる清公始め五人は、茲に初めて言霊の使用を神界より赦されたりと見え、喉元より綱を以て声の玉を引出す如き心地して、スラスラと涼しく潔く天津祝詞を宣り始めた。
 坑口を覗き居たりし大怪物は、此声に驚き消え去るかと思ひきや、それと反対に坑内深く進み来る嫌らしさ。五人は祝詞を奏上し乍ら、此岩穴の終点迄逃げて行く。異様の怪物は益々迫り来る。一方口の逃げ道なき此穴に徳利攻めに遭うた一行は、決心の臍を固めて天の数歌を汗タラタラと流し乍ら奏上して居る。怪物は清公の前に近寄り来り、毛だらけの手を差し出し清公に握手を求めた。清公は恐々ながら其手を差し出す。怪物は感謝の表情を示し『ウーウー』と唸り乍ら、手を引いて坑口さして出でて行く。清公は半ば危み乍ら、怪物の強き手に握られたる腕を振り放すだけの力も無く片手に四人の男を手招きし乍ら、前を向き後を顧みなどして、到頭坑外に引出されて仕舞つた。坑外に出でて見れば、猛獣に非ずして、狒々、猩々の一隊、此岩坑の前に両手を合せ呼吸を揃へて『ウワア ウワア』と唸る声、天地も揺ぐばかりなり。
 勝れて身体長大なる全身白毛の猩々は、奈良の大仏の坐つた如く左の手を膝に置き、右の手にて中空を指さし、ニコニコと笑を湛へ五人を睥睨して居る。清公以下五人声を揃へて天津祝詞を一生懸命に奏上するや、祝詞につれて数百の狒々猩々は手拍子、足拍子を揃へ、面白げに踊り狂ふ。
 此中の頭目と見えし大狒々はツト座を起ち、清公の一行に向つて、口より霧を白烟の如く濛々と吹き出し全身を包む。五人は白烟に包まれ稍不安の念に駆られ、声を限りに天の数歌を唱へ出す。大狒々の口よりは亦もや猛烈なる焔を吹き出し、五人を一度に焼き尽さむとする其熱さ苦しさ。一同は撓まず屈せず生命限り連続して奏上する。続いて大狒々の口より冷たき滝水を吐き出し、一同の身体を川溺りの如く湿ほし、五人は寒さに顫へる迄に水に浸され乍ら声を限りに神言を奏上し、最早息も絶れむと思ふ途端に天地も割るる許りの音響聞え、さしも熱帯の大樹も根底より吹き飛ばさむ許りの烈風吹き来ると見る間に、大狒々の姿は巨大なる白玉となり、其他数百の狒々は、各大小無数の玉と変じ、風の随々中空に舞ひ上り其姿を隠しける。忽ちにして怪しき音響はピタリと止まり風は俄に静まりて岩坑の辺には得も言はれぬ芳香薫じ、微妙の音楽聞えて尾の上を渡る松風の音、殊更に涼しき感を一同の胸に与へたり。
 是より五人は心魂頓に清まり、夜を日についで奥へ奥へと進み行き、終にスワの湖の辺なる竜神の宮の祠に無事到着し、例の如く祝詞を奏上し、息を休め、其夜は此祠の前に明かす事とはなりぬ。
(大正一一・七・八 旧閏五・一四 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki