王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻
文献名2第5篇 千里彷徨
文献名3第19章 竹生島〔765〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ駒彦は、高姫が欲に目が眩んで東助館でなぶられ、また杢助館でも騙されてまんまと竹生島へと追いやられた様を歌に歌った。
そして、騙されたと知った高姫が聖地に戻ってきたら、国依別や秋彦と面倒を起こすことが今から思いやられる、と旅の見送りの歌を歌って両人の門出を見送った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年07月12日(旧閏05月18日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm2519
本文の文字数1843
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 『金剛不壊の如意宝珠  黄金の玉や紫の
 珍の宝に魂を  抜かれて胸もどきどきと
 浪高姫や黒姫が  高山彦と諸共に
 高山低山野の末や  河の中迄村胆の
 心を配り気を配り  探して見れど影さへも
 見えぬみたまの苦しさに  又も竜宮を後にして
 現界幽界の瀬戸の海  命を的に淡路島
 洲本の郷に名も高き  東助館に立ち向ひ
 虻蜂取らずの問答に  やつさもつさと時移し
 争ふ折しも女房の  お百合の方にうまうまと
 揺り落されて荒浪の  打ち寄せ来る汀より
 又もや船を操りて  再度山のふもとなる
 生田の森に着きにける  高姫黒姫始めとし
 高山彦は黒ン坊の  アール、エースを随へて
 教の館に来て見れば  夕陽西に傾きて
 烏の声も悲しげに  塒求むる宵の口
 門に佇み戸を叩き  モウシモウシと訪へば
 中より聞ゆる婆の声  訝かしさよと高姫は
 戸の隙間より打ち覗き  老婆の声の持主は
 的切男と判明し  お前の声は駒彦か
 馬鹿にするのも程がある  早く開けと打ち叩く
 是非に及ばず駒彦は  中よりガラリと戸を開けて
 俄に作るおチヨボ口  揉手しながら腰屈め
 優しき女の作り声  高姫さまや御一同
 ようまアお越し下さつた  サアサアお入りなされませ
 私の体は駒彦ぢや  俄に体が変になり
 慄ひ出したる折もあれ  黒姫さまの霊が来て
 重い体を自由自在  婆さまの声を出しました
 続いて憑つた玉能姫  以前に変る淑やかな
 惚れ惚れするよな涼し声  我と我が手に惚ました
 高姫司は横柄に  然らば御免と云ひ捨てて
 高山彦や黒姫を  伴ひ一間に座を占める
 国依別や秋彦は  こりや耐らぬと奥の間へ
 一時逃れに身を隠し  火鉢を前に長煙管
 松葉の粉煙草吸ひながら  カンと叩いた煙管の音に
 高姫一行耳を立て  つかつか奥へ進み入る
 こりや大変と両人は  杢助司の真似をして
 ごろりと転けて足を上げ  チウチウ クウクウ キウキウと
 天井の鼠の真似をする  此処へ高姫やつて来て
 ほんに可愛や両人は  霊肉共に四足に
 なつて仕舞うたか神様に  お詫申して助けむと
 日の出神の生宮が  竜宮の乙姫諸共に
 ウンとばかりに霊をかけ  天津祝詞を宣りつれば
 国依別は起き上り  坐つた儘の神懸り
 ドスンドスンと飛び上り  座敷の中にて餅を搗く
 鹿公迄が同じよに  猿の人真似飛び上り
 餅と団子を搗き交ぜて  高姫司を相手取り
 手持無沙汰な顔をして  団子理窟を捏ね廻し
 嘘から生れた大天狗  たうとう真実の鼻高に
 しられて仕舞ひ両人は  引くに引かれぬ当惑の
 締木にかかつた可笑しさよ  駒彦様子を窺へば
 真面目な顔で高姫や  高山彦や黒姫が
 押問答のいがみ合ひ  吹き出す許り思はれて
 臍茶を沸す苦しさに  外の景色を眺めやり
 可笑しさ紜らす窓の口  セツパ詰つた国依別は
 たうとう天狗になり済まし  高姫司をチヨロまかし
 近江の国の竹生島  瑞の御魂の聖場へ
 高山彦も黒姫も  やつて仕舞うた御手際に
 駒彦胸を撫で下し  生田の森の留守番を
 仰せつけられました故  確り後を守ります
 国依別や秋彦の  三五教の宣伝使
 何卒御無事でお達者で  綾の高天に恙なく
 早く安着遊ばせよ  孰れ高姫一行は
 綾の聖地に帰りませう  その時こそは国依別と
 高姫さまの争の  立派な花が咲くであろ
 今から思ひやられます  あゝ惟神々々
 御霊幸倍ましまして  国依別や秋彦に
 敗北を取らして下さるな  三五教の大神の
 宇都の御前に駒彦が  心を正し身を正し
 慎み敬ひ願ぎまつる』
と別れの祝歌を歌つて両人が聖地へ参向の首途を見送るのであつた。あゝ惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・七・一二 旧閏五・一八 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki