王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻
文献名2第2篇 蓮華台上よみ(新仮名遣い)れんげだいじょう
文献名3第8章 虎の嘯〔773〕よみ(新仮名遣い)とらのうそぶき
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ続いて杢助が立ち歌った。神伊弉諾大神の裳裾から生まれた時置師神が自分の来歴であることを明かし、その後、鉄彦の僕・時公となり、石凝姥宣伝使がコーカス山から魔神を追い払った神業に参加したことを歌った。その後神素盞嗚大神の命を受けて自転倒島に渡り、樵の杢助となって時を待ち、妻のお杉との間に初稚姫をもうけたことを明かした。そして娘が遥か遠くの竜宮島に赴いて、見事に麻邇の宝珠の神業を成功させたことに対して、神素盞嗚大神と国武彦神への感謝を述べ立てた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年07月18日(旧閏05月24日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年6月5日 愛善世界社版118頁 八幡書店版第5輯 186頁 修補版 校定版131頁 普及版43頁 初版 ページ備考
OBC rm2608
本文の文字数1575
本文のヒット件数全 3 件/神素盞嗚=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  杢助は立ち上り銀扇を拡げて自ら歌ひ自ら舞うて見せた。
『天教山に天降ります  神伊弉諾大神の
 御裳の身魂と生れたる  魔神を攘ふ時置師
 アルタイ嶺の山麓に  人子の司鉄彦が
 僕の神の時公と  姿を窶し石凝姥の
 伊都の命の宣伝使  三五教を開かむと
 荒野ケ原を打ち渉り  進み進みてコーカスの
 深山を包む黒雲を  伊吹払ひに吹き払ひ
 瑞の御霊の側近く  仕へまつりし吾身魂
 神素盞嗚大神の  御言密かに蒙りて
 自転倒島に打ち渡り  心の色も丹波の
 湯谷ケ峠の山麓に  樵夫となりて身をひそめ
 妻のお杉を娶りつつ  神の御水火の幸はひて
 初稚姫の御誕生  蝶よ花よと育て上げ
 五歳となりし秋の空  妻の命は世を去りて
 後に残りし父と娘の  此世を果敢なむ折柄に
 灯火を目当に訪ね来る  三五教の宣伝使
 玉治別の神司  愈ここに杢助は
 神の大道に躍り入り  高春山にアルプスの
 教を樹つる神柱  鷹依姫を言向けて
 綾の聖地に参向し  再度山の山麓に
 教の館を築き上げ  生田の森の側近く
 稚姫君の生身魂  斎きまつりて御教を
 遠き近きに開きつつ  神の教を聞きしより
 再度山を立ち出でて  綾の聖地に参上り
 父娘が尽す神の道  あゝ惟神々々
 御霊幸はへましまして  年端も行かぬ初稚の
 姫の命は玉能姫  玉治別と諸共に
 万里の波濤を乗り越えて  竜宮島に打ち渡り
 玉依姫の常久に  鎮まりいます諏訪の湖
 竜の宮居に参詣で  麻邇の宝珠を賜はりて
 梅子の姫に献り  黄金の烏に乗せられて
 雲井の空を音高く  渡りて帰る由良港
 人子の司秋山彦の  貴の命の庭園に
 一行十人恙なく  降り来ませる尊さよ
 梅子の姫の一行が  麻邇の宝珠を携へて
 帰り来ますと聞きしより  心の駒は勇み立ち
 言依別に従ひて  此処に漸く来て見れば
 思ひ掛けなき瑞御霊  神素盞嗚大御神
 国武彦大御神  聖顔殊に麗しく
 現はれ給ふ嬉しさよ  それのみならず朝夕に
 心に掛けて其無事を  祈りまつりし吾娘
 初稚姫は殊更に  玉の顔にこやかに
 勇み給へる嬉しさよ  あゝ惟神々々
 三つの御玉は常久に  神のまにまに納まりて
 神政成就の基礎を  築き給ひし其上に
 厳の御霊と称ふべき  竜宮城の麻邇宝珠
 又もや聖地に集まりて  光を放つ其上は
 神の仕組は弥広に  弥永久に動きなく
 現はれ給ふ目のあたり  神が表に現はれて
 善と悪とを立て別ける  此世を造りし神直日
 心も広き大直日  只何事も人の世は
 直日に見直せ聞き直せ  身の過ちは宣り直す
 三五教の神の道  深き心を汲み取りて
 三つの御玉に村肝の  心の玉を抜かれつつ
 憂身を窶す玉探し  秋の御空に天津日の
 光り輝き給ふ如  栄え進むは目のあたり
 仁慈無限の瑞御霊  神素盞嗚大御神
 国武彦大神の  御前に杢助慴伏して
 慎み敬ひ願ぎまつる  あゝ惟神々々
 御霊幸はへましませよ』
と歌ひ終つて旧の座についた。
(大正一一・七・一八 旧閏五・二四 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki