王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻
文献名2第5篇 清泉霊沼
文献名3第18章 神格化〔800〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ清彦と清子姫、照彦と照子姫は常楠が待っている木の洞窟に戻った。常楠は二人が妻を連れて無事に戻ってきたことを非常に喜んだ。
常楠は自分の血筋を明かし、これまでの人生を物語る歌を歌って、息子夫婦の婚姻を喜び、祝福した。そして、もはや心に残すところはないと歌うと、この国を永遠に守るためにハーリス山の山人に加わると宣言した。
常楠は歌い終わると天の数歌を歌い、合掌した。すると全身はたちまち真っ白になって姿は煙のように消えてしまった。兄弟夫婦は驚いて木の洞窟を走り出て父の名を呼び、突然の別れを嘆き悲しんだ。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年07月28日(旧06月05日) 口述場所 筆録者谷村真友 校正日 校正場所
OBC rm2718
本文の文字数2954
本文のヒット件数全 1 件/木花姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  清彦、清子姫、照彦、照子姫の二夫婦は茲に芽出度結婚の式を挙げた。槻の洞穴に在る父の常楠に報告し、且つ親子の杯を結ぶべく此岩窟を立出で、エム、セムの二人を初め四五の従者と共に鰐魚の船に身を委せ、さしもに広き琉球沼を渡つて茫々たる草野を分け、辛うじて其日の夕間暮、常楠が洞穴の館に辿り着いた。
 常楠は四五の土人と共に祭壇の前に、清彦、照彦の幸福を祈りつつ、言依別一行の海上無事を祈る真最中であつた。二人の兄弟は二人の美はしき新妻を伴ひ、数多の供人を従へ意気揚々として茲に帰つて来た。常楠は一心不乱になつて祈願に余念がなかつた。兄弟夫婦は其傍に端坐して感謝祈願の言葉を奏上した。常楠は祝詞の奏上を了り後振り返り見れば、清彦、照彦は容色端麗なる二人の美女と共に行儀よく坐つて居た。
清彦『父上様、只今無事に帰りました』
照彦『嘸お待兼で御座いましたでせう』
常楠『ヤア思うたよりは早く帰つて来て下さつた。ヤアお前は此間此処を立去つた清子姫、照子姫の二人ではなかつたか。縦から見ても横から見ても瓜二つ、寸分違はぬ綺麗な女、どうして御座つたか。此常楠も気が気でならなかつた。マアマア無事で何よりもお目出度い』
清子姫『貴方が噂に高き常楠の御父上で御座いますか。妾は清彦さまの女房になりました。どうぞ末永く可愛がつて下さいませ』
照子姫『妾は照彦さまの妻で御座います。お父様、初めて……否再びお目に懸ります。好くも御無事で居て下さいました。どうぞ末永く我子として愛して下さいませ。何分不束な者で御座いますれば、お構ひなくお叱り下さいまして、幾久しく御召使ひの程をお願申します』
 常楠は涙を浮べ乍ら、
常彦『アヽ二人共好く言つて下さつた。此常楠も是にて最早心残りは在りませぬ。夫婦仲好くどうぞ神業を完全にお務め下さい』
 清子姫と照子姫は「ハツ」と計りに首を下げ、嬉しさと懐さの涙に暮れて居る。常楠は祝意を表し且つ自分の素性を明かす可く、銀扇を拡げて老の身にも似ず、声爽かに歌ひ始めた。
常楠『千早振る古き神代の其昔  神の都のエルサレム
 国治立大神の  いや永久に鎮まりて
 世を知食す其砌  遠津御祖の国彦が
 妻国姫と諸共に  神の御祭り麻柱て
 仕へ奉りし甲斐もなく  醜の建びの強くして
 子孫は四方に散乱し  吾が父母の玉彦や
 玉姫二人は自転倒の  島に姿を隠しつつ
 我れを生して何処ともなく  清き姿を隠し給ひぬ
 親に離れし雛鳥の  寄る辺渚の常楠は
 自転倒島を遠近と  巡り巡つて紀の国に
 細き煙を立て乍ら  情なき浮世を送る折
 天の岩戸の大変に  逢ひしが如く親と子は
 世の荒浪に吹き捲られて  分れ分れに世を送る
 頃しもあれや先つ年  尊き神の計らひに
 絡み合ひたる親子の対面  秋彦、駒彦始めとし
 心の色も清彦や  照彦四人に巡り会ひ
 尽きぬ縁を喜びつ  月日を送る其中に
 熊野の滝の禊場に  三五教の若彦と
 心清むる折もあれ  木花姫のあれまして
 常楠、若彦両人は  琉と球との神宝の
 いや永久に隠されし  秘密の国の琉球島
 竜の腮の宝玉を  受取りまして言依別の
 瑞の命に献ぜよと  言葉厳かに宣り給ふ
 其神勅を畏みて  汐の八百路を打渡り
 雨に浴し風に梳づり  大海原の潮をかぶり
 浪に呑まれ漸々に  琉と球との此島に
 上りて見れば昔より  人跡絶えし深山路の
 谷間に清き玉の海  老錆果てし常楠も
 玉の勢若彦と  日毎夜毎に上り来て
 天津祝詞を奏上し  大竜別や大竜姫の
 珍の命を言向けて  琉と球との宝玉を
 三五教の言依別に  奉らんと村肝の
 心定めし竜神の  胸も開けし時もあれ
 浪路をわけて渡り来る  言依別の大教主
 国依別と諸共に  仮りの宿りと定めたる
 此洞穴に現れまして  此処に四人の神司
 ハーリス山の谷間を  心いそいそ進みつつ
 竜の腮の宝玉を  恙も無しに手に入れて
 帰り来れる嬉しさよ  伜の清彦、照彦は
 如何なる神の引合せか  我れの住家を訪ね来て
 清子の姫や照子姫  四人は早くも仮の家に
 来り居ませる不思議さよ  言依別の大教主
 国依別を伴ひて  浪路を渡り高砂の
 島に出でんと宣らせつつ  此常楠が浪の上
 伴ひ来りし若彦に  琉と球との宝玉を
 持たせて遥かに自転倒の  島に帰させ給ひつつ
 此常楠を琉球の  島の守り神と神定め
 伜清彦、照彦を  左守右守の神として
 波を渡りて出で玉ふ  清彦、照彦両人は
 清子の姫や照子姫  此処に目出度く妹と背の
 契を結び永久に  此浮島を守らんと
 思ひし事も水の泡  清子の姫や照子姫
 闇に紛れて何処となく  姿隠させ玉ひしより
 清彦、照彦両人が  心の中の苦しさは
 如何ならんと父母の  我苦しみは一入ぞ
 天と地との神々に  朝な夕なに真心を
 籠めて祈りし甲斐ありて  今日は嬉しき清子姫
 照子の姫の若嫁に  巡り会うたる嬉しさよ
 あゝ惟神々々  御霊幸倍ましまして
 夫婦の仲は睦まじく  千代も八千代も永久に
 鴛鴦の契の何時迄も  変らであれやどこ迄も
 常磐の松の色深く  褪せずにあれや夫婦仲
 最早此世に残りなし  我はこれよりハーリスの
 山の尾の上を乗り越えて  此神島を永久に
 守らん為めに万代も  命永らへ山人の
 群に加はり長となり  世を永久に守りなん
 汝清彦、清子姫  光洽き照子姫
 心も清く照彦と  弥永久に何時迄も
 南の島に出でまして  神の御業に仕へかし
 朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 仮令大地は沈むとも  我の身魂の此島に
 止まる限り心安の  浦安国と幸はひて
 神の恵の露の雨  堅磐常磐に降らせなん
 最早此世に残りなし  孰もサラバ』と言ふより早く
 天の数歌歌ひ上げ  合掌するや常楠は
 全身忽ち雪の如く  真白になりて木の丸殿の入口を
 一足二足跨げ出しと思ふ間に  忽ち姿は白煙
 磯吹く風の音高く  空に聞ゆる計りなり
 兄弟夫婦は驚いて  木の丸殿を走り出で
 空を仰いで手を合せ  父よ父よと呼ぶ声も
 吹き来る風に遮られ  尋ぬる由も泣く計り
 天を仰ぎ地に伏して  親子の果敢なき此別れ
 嘆き居るこそ哀れなれ  あゝ惟神々々
 御霊幸倍ましませよ。
(大正一一・七・二八 旧六・五 谷村真友録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki