王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻
文献名2第1篇 高砂の島よみ(新仮名遣い)たかさごのしま
文献名3第1章 カールス王〔801〕よみ(新仮名遣い)かーるすおう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高砂島の胞衣となる台湾島は、全島一の高山・新高山の北麓に、花森彦の子孫であるカールス王が鎮まる都が古くから建設されていた。花森彦の子の兄弟のうち、兄であるアークス王の子がカールスである。弟のエーリスの子がヤーチン姫である。カールスとヤーチン姫は、互いに夫婦たるべしと思いあっていた。高国別と、悪神の化身・玉手姫の間に生まれたサアルボースとホーロケースの兄弟は、アークス王に仕えながら暴政を敷いていた。アークス王が玉手姫の怨霊によって死去した後、カールスが王位を継いだ。数多の群臣は、ヤーチン姫を妃にしようとしたが、サアルボースは自分の娘・セールス姫を王妃となして権力を握ろうと画策していた。ヤーチン姫は妃となるべく新造の館に移ったが、そのとたんに病気に伏せってしまった。あるとき、セールス姫がヤーチン姫の見舞いに訪れると、病床のヤーチン姫は逆上して、ヤーチン姫を邪神と罵って襲い掛かり、乱暴をなした。その後もヤーチン姫の病気ははかばかしくなかった。ヤーチン姫の看病をする侍女のユリコ姫の前に、金狐が女神の姿で現れて、姫を毒殺すべく毒薬を与える等の怪事があった。ユリコ姫の機転によって毒薬は見破られたが、ヤーチン姫の侍臣・キールスタンは、アークス王がバラモン教を奨励したことが原因であろうと、三五教の大神と国魂神・竜世姫を奉斎することを提案した。ユリコ姫は賛成し、両人は三五教の大神と竜世姫に祈願した。するとヤーチン姫の病気は快方に向かい、四五日で全快した。これより、ヤーチン姫は三五教を信奉することになった。一方、セールス姫は館に帰ると、狂乱したヤーチン姫に乱暴したことを、父・サアルボースの司・タールスに物語った。タールスは、セールス姫の侍女のマリヤス姫にもその有様を問い詰めた。マリヤス姫は日ごろのセールス姫の暴虐ぶりに愛想をつかしていたので、今回のことも天の戒めと思っていた。また、このことがヤーチン姫に害を及ぼすことになるかもしれないと思い、返答をためらっていた。セールス姫は怒って、マリヤス姫に自分がされたよりも酷い乱暴をなすと、自分がされた行いはこのとおりだ、とタールスに告げ、父に報告するようにと命じた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月06日(旧06月14日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年8月10日 愛善世界社版9頁 八幡書店版第5輯 355頁 修補版 校定版9頁 普及版3頁 初版 ページ備考
OBC rm2801
本文の文字数5051
本文のヒット件数全 2 件/三五教の大神=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  千早振る遠き神代の其昔  国治立大神は
 豊葦原の瑞穂国を  堅磐常磐に治めむと
 心を尽し身を尽し  綾と錦の機を織る
 其糸口の竜世姫  永遠に鎮まる此島は
 神の御稜威も高砂島の  胞衣となり出でし台湾島
 清く正しき真道彦  神の子孫は今も猶
 栄え栄えて新高の  山のあなたの神聖地
 清鮮の波を湛へし日月潭の  湖面を見下ろす玉藻山
 国治立大神や  瑞の御霊の神霊を
 斎き祀りて高砂の  島の老若男女をば
 三五教の大道に  導き救ふぞ健気なる。
 全島第一の大高山、新高山の北麓に花森彦命の子孫、カールス王の鎮まる都が古くより建設され居たり。
 花森彦命の子にアークス、エーリスの二人があつた。兄のアークスは花森彦の後を襲うて国王となり、アークス姫と夫婦の間にカールス王を生んだ。弟のエーリス夫婦の間に生れたるをヤーチン姫と云ふ。ヤーチン姫は性質温厚篤実にして、容色衆に優れ、高砂島の花と謳はれ、将来はカールス王の后たるべしと自らも信じ、国人も之を認めて居た。カールス王も亦ヤーチン姫の吾妃となるべき者たることを、堅く心中に期待して居た。
 時に高国別、玉手姫の間に生れたるサアルボース、ホーロケースの二人の、心善からざる兄弟ありき。玉手姫は悪神の化身たりし事は、「霊主体従」寅の巻の物語に於て示したる通りである。其水火より生れたるサアルボース、ホーロケースの二人の心魂は恰も猛獣毒蛇の如く、アークス王の部下に仕へて暴政を全島に布き、民の怨恨を買ひ、国家は益々攪乱紛糾して収拾す可らざる情勢となり居たり。
 然るにアークス王は或時新高山の淡渓に清遊を試みたる際、玉手姫の怨霊に憑依されて、誤つて渓流に陥り上天した。茲に於て其子カールス王をして其後を継がしむる事となつた。就てはエーリスの娘ヤーチン姫を容れて妃となさむと、数多の群臣は全力を尽して奔走し居たりける。
 然るにアークス王の上天後はサアルボース、ホーロケースの勢益々烈しく、あわよくばカールス王を排除し自ら其位置に直らむと、計画して居た。サアルボース、ホーロケースの勢力は旭日昇天の如く、カールス王を殆ど眼中に置かざるの概があつた。されど天使花森彦命の子孫たるカールス王を排除するは、国民全体の反感を買ひ、暴虐無道の譏を受けむことを恐れて、表面はカールス王の臣となり、之を敬遠し居たり。カールス王は唯単に名義を存するのみ。其宮殿も其生活もサアルボース兄弟に比べて、実に比較にもならぬ程の質素さなりける。
 時にカールス王の従妹に当るヤーチン姫を妃となす事は、国民一般の熱望する所であり、且つアークス王の旧臣は残らず婚儀の成立を希望して居た。サアルボースは自分の娘セールス姫を王妃となし、ヤーチン姫を何とかして却け、自らカールス王の外戚となりて、完全に政権を左右せむ事を企画してゐたのである。ヤーチン姫の身辺の危険は実に風前の灯火に均しかりける。
 アークス王の上天後は其長子カールス王を立てて、万機を総裁せしむる事とし、ヤーチン姫を一日も早く王妃の位地に据ゑむことを謀り、別殿を造り、ヤーチン姫にユリコ姫を従へ、キールスタンをしてヤーチン姫の守護職となさしめた。然るにヤーチン姫は新造の館に移りてより、俄に急病を発し苦悩甚しく、呻吟の声遠近に聞ゆる計りなり。
 サアルボースの娘セールス姫はマリヤス姫を従へてヤーチン姫の病床を見舞ひけるに、ヤーチン姫はセールス姫を見るより忽ち目を釣り上げ髪を逆立て、恰も狂乱の如く荒れ狂ひ、セールス姫に飛び掛つて、矢庭に髻を掴み痩こけたる病躯をも顧みず、室内を引摺り廻し、
ヤーチン姫『汝は吾れを悩ます金狐の邪神、一刻も早く此場を立去れツ』
とわめき狂ふ。キールスタンはヤーチン姫の荒れ狂ふを背後より抱きとめ、且セールス姫に対し言葉を低うして、其無礼を謝し、従臣のホールをしてセールス姫主従をサアルボースの館へ送り帰らしめたり。
 セールス姫の立帰りし後のヤーチン姫は精神稍鎮静したりと見えて、スヤスヤと眠に就いた。されど時々『玉手姫々々々』と連呼し、其度毎に発熱苦悶の状益々烈しく、身体の肉は日に削るが如く痩衰へ、見る影もなき状態に陥りぬ。
 此時カールス王はヤーチン姫の重病と聞き、病床を見舞ふべく、テーレンス、ハルマーズの重臣を従へヤーチン姫の館に到り、痩せ衰へて見る影もなき姫の姿に呆れ果て、日頃の恋愛の心も漸く薄らぎ来たりぬ。されどエールスの娘にして、切つても切れぬ従妹の間柄、如何にもしてヤーチン姫の病気を回復せしめ、元の美はしき容貌となつて吾妃となし、永く偕老同穴を契らむと心の奥深く希求し居たりける。テーレンス、ハルマーズは一生懸命淡渓の畔に出でて水垢離を取り、ヤーチン姫の病気全快を祈願しける。
 ユリコ姫はヤーチン姫の枕頭に侍し、看護に余念なかりし折しも、夜中堅き戸締りを風の如くに押開けて入り来る一人の美人、数多の侍女を伴ひ、此場に現はれ、眉間より金色の光を放ち、ユリコ姫に向つて言ふ。
『妾は新高山を守護致す高照姫命なり。ヤーチン姫の病気危篤と聞きて、座視するに忍びず、姫が生命を救はむものと、起死回生の薬を持参したり。一刻も早く之を飲ませよ』
と言ひつつ、紫色の木瓜をユリコ姫に与へ、烟の如く立去りにけり。ユリコ姫は合点行かず、木瓜の一部を割いて狆の子に与へたるに、狆は尻を振り頭を振り、一口に呑み込みしと思ふ間もなく、忽ち室内を前後左右に狂ひまはり、七転八倒、黒血を吐き悲鳴をあげて其場に殪れける。
ユリコ姫『今の女神は如何なる魔神なりしか。ヤーチン姫様を毒殺せむと企みたるセールス姫の間者ならめ』
と且つは驚き、且つは怒り、直に新高山の南方に立昇る雲気を目標に、汗みどろになつて祈願をこらしけり。忽ち身体動揺して帰神となり、今の高照姫と称する女神は、金狐の化身にして、セールス姫の副守護神なることを口走り、初めて女神の正体を感知したり。ヤーチン姫は衰弱甚しく、殆ど虫の息となり居たるが、キールスタンは此場に慌だしく走せ来り、
キールスタン『ユリコ姫さま、姫様には御異状は御座りませぬか。只今此館より怪しき光現はれしと見る間に、悪狐の姿現はれ、暗に紛れて山上高く駆去りました。私は之を見るより取る物も取り敢ず、姫の身辺に異状なきやと、急ぎ御伺ひに参りまして御座います』
ユリコ姫『ハイ、あなたの御推量にたがはず、怪しき女が突然現はれ、姫様の病気本復致す様に此木瓜を与へよと渡して、直様立帰へりました。どうも腑に落ちませぬので、狆の子に木瓜の一片を切り取り与ふれば、狆は忽ち苦悶の結果、黒血を吐いて斃れまして御座います』
キールスタン『油断のならぬ悪神の仕業……すべて台湾島は高砂島の胞衣と昔の神代より定められ、竜世姫命国魂神として、御守護遊ばす以上は、竜世姫命を丁重に奉斎し、敬神の大道を再興致し候はば、妖怪変化の災は、忽ち払拭する事で御座りませう。アークス王の不慮の御上天も全く国魂神をおろそかにし、バラモンの教を国内に奨励したる神の戒めで御座いませう。カールス王は兎も角も、ヤーチン姫様の御居間丈なりと、三五教の大神を祀り、竜世姫の国魂神を奉斎致さば、初めて御安泰に渡らせられ、流石の難病も必ず本復遊ばす事と考へるのです』
ユリコ姫『キールスタン様いい所へ心付かれました。妾も貴方の御意見通り、国魂の神を祀るべき事は承知致して居りまするが、何を言うても、此国はバラモン教の教を以て政治の助けとなしあれば、三五教の神を念ずる事、世間に現はれなば、如何なる戒めに遭ふやも計り難く、実は内々にて妾一人信仰を致して居りました。然らばあなたと妾と心を協せ、竜世姫命の御前に御祈願致しませう』
 キールスタンは嬉しげに打諾き、両人声を潜めて、
三五教の大神、殊更に国魂神竜世姫命、守り給へ幸はひ玉へ』
と祈願を凝らしけるに、不思議にもヤーチン姫の病気は刻々と快く、四五日を経て元の如くに全快したりけり。
 これよりヤーチン姫は俄に三五教を信ずる事となり、三人密かに館の一方に斎壇を設けて日夜祈願をこらしつつありける。
    ○
 セールス姫はマリヤス姫を従へ、髪ふり乱し、顔色青ざめ父の館に慌しく立帰り、奥の間に駆入り、大声をあげ泣き倒れ居たり。
 サアルボースの館の司タールスは、セールス姫の悲しげなる声を聞きつけ、恐る恐る其居間に駆つけて、両手をつき頭を下げ、
タールス『恐れ乍ら姫様に御伺ひ致します。あなた様はヤーチン姫の館へおこし遊ばし、御帰りになるや否や、俄に変りし御様子、如何なる事が出来致しましたか、どうぞ包まず隠さず私まで仰せ付けられ下さいませ。あなたの御為ならば、仮令此タールス、身命を抛つても御無念を晴らし、御希望を叶へまゐらす覚悟で御座います』
 セールス姫は漸々に顔をあげ、鬢の縺れ毛を撫で上げ乍ら、半巾にて涙を拭ひ、声もきれぎれに、
セールス『タールス、よく聞いて呉れた。妾は終生拭ふ可らざる侮辱を受け、且九死一生の虐待に遭ひました。アヽ残念や、口惜や』
と声を限りに其場に泣き伏しぬ。
タールス『モシ御姫様、泣いて許り居られましては、一向訳が分かりませぬ。どうぞ詳しく御示し願ひます』
セールス『委細はマリヤス姫に聞いておくれ。余り残念さと恐ろしさに心も顛倒し、言ふ事が出来ませぬ』
と又もや泣き倒れる。
タールス『マリヤス姫さま、あなたは姫様の御供をしてヤーチン姫の館へ御出でになつた以上は、一切の様子残らず御存じの筈、一伍一什包まず隠さず、言つて下さい。此方にもそれに対する覚悟をせなくてはなりませぬから』
マリヤス『ハイ』
と言つた限り、言ひ渋つて居る。マリヤス姫はセールス姫の侍女なれ共、平素よりセールス姫の嫉妬と猜疑と悪虐無道の行為とに愛想を尽かして居た。されど主人の事なれば、無理に戒め諭す訳にも行かず、今迄幾度か命を賭して諫言せしことあれ共、いつも馬耳東風に聞き流して居た。今回のヤーチン姫に打擲されしは、全く天の戒め玉ふ所と深く心中に感謝して居た位であるから、其実状をタールスに物語りし結果ヤーチン姫の如何なる災厄に陥り玉ふやも計り難しと、躊躇して居たのである。
 タールスはマリヤス姫に向つて、短兵急に訊問の矢を放つた。マリヤス姫は僅かに小声で、
『ヤーチン姫様は御病気の勢にて、セールス姫様の御肉体に少し許り御手をかけられました。さり乍らヤーチン姫様はカールス王の御従妹、セールス姫様は臣下の御身の上、仮令如何なる事を遊ばしても彼是申上げる訳のものでは御座いませぬ。妾は此事許りは申上げる事は出来ませぬ。セールス姫様に、後でゆるゆる御聞き遊ばせ』
 セールス姫は、矢庭に起ち上り、眼光凄じく夜叉の如き勢にて、マリヤス姫の髻をひつ掴み室内を引摺り廻し、身体所構はず、打つ、蹴る、殴る、殆ど息の根も絶えむ許りに打擲した。そしてセールス姫は声を荒らげ、
『不忠不義のマリヤス姫、臣下の身分として、主人より如何なる乱暴を加へらるる共、一言も申上げられないと言つたであらう。「我身を抓つて人の痛さを知れ」と云ふ事を覚えて居るか。妾がヤーチン姫より被つた虐待は此通りだ。……タールス、妾がなす業をよつく覚えて居れよ。此通りなりしぞ』
と又もやマリヤス姫の髻を掴んで室内を引摺りまはし、頭髪は房の如くに肉のついた儘、血に染つてむしり取られた。マリヤス姫は苦みをこらへ、セールス姫のなすが儘に任してゐた。最早虫の息となつて了つた。セールス姫は心地よげにニタリと笑ひ、
『イヤ、タールス、汝は此由御父上、叔父上の前に報告されよ』
 タールスは『ハイ』と答へて、慌しく此場を立ち去つた。
(大正一一・八・六 旧六・一四 松村真澄録)
(昭和一〇・六・五 旧五・五 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki