王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻
文献名2第2篇 暗黒の叫よみ(新仮名遣い)あんこくのさけび
文献名3第11章 木茄子〔811〕よみ(新仮名遣い)きなすび
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ一方、日楯ら三人はアーリス山を下り、テルナの渓谷に着いた。三人は飢えと疲れから、谷に生える木茄子を見つけてむしり食べると、その場に熟睡してしまった。この木茄子は、テルナの里人が、バラモン教の祭典に際して供物に捧げようと保存しておいたものであった。祭典にあわせて木茄子を取りに来た里人たちは、木茄子がひとつも残っておらず、巡礼姿の三人の男女が傍らで寝ているのを見て驚き、酋長を呼んだ。里人は三人を起こして、神饌の木茄子を食べてしまったことを責め立てた。酋長がやってくると、バラモンの神に大罪を犯した者は、生贄にするのだと言い渡した。しかしユリコ姫に相好を崩し、自分の妻になれば命は助けてやる、と言い出した。ユリコ姫の助命嘆願に、酋長は、日楯と月鉾が烈火をくぐり、剣を渡り、釘の足駄を履いて裸で茨の叢をくぐれば赦してやる、と言い渡した。酋長と里人たちは、三人を促して祭典の場所に連れて行った。そして日楯と月鉾を燃え上がる火の中に投げ込んだ。二人は天の数歌を唱えると、猛火の中を少しも火傷をせずに巡って戻ってきた。二人の神力に、里人たちは肝をつぶした。一方ユリコ姫は酋長の俄妻として美々しく飾り立てられて、酋長と並んで祭壇に立たされたが、どこからともなく一塊の火光が来て爆発し、酋長は空中に巻き上げられた。里人たちは驚いて逃げる者、腰を抜かす者など混乱している。ユリコ姫は美々しい衣装を火中に投げ捨てると、日楯、月鉾とともに祭壇の前に立って、感謝祈願の祝詞を唱えると宣伝歌を歌い始めた。祈り終わると、酋長は礼服を着飾って三人の前にひざまづき、生き神に対して数々の無礼を加えたことを陳謝した。そして大自在天の怒りの火光で中空に巻き上げられた後、国魂神・竜世姫の守りによって助かったことを明かした。三人は酋長をはじめ里人たちに三五教の教理を説き諭し、数日後に送られてキールの港に着いた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月08日(旧06月16日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年8月10日 愛善世界社版125頁 八幡書店版第5輯 398頁 修補版 校定版128頁 普及版60頁 初版 ページ備考
OBC rm2811
本文の文字数5196
本文のヒット件数全 1 件/アーリス山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日楯、月鉾、ユリコ姫の三人は、人目を避けて峰伝ひに、アーリス山より須安の山脈を渡り、石の枕に青雲の夜具を被ぶり、幾夜を明かし乍ら、漸くにしてテルナの渓谷に辿り着いた。時しも日は山に隠れ、黄昏間近くなつて来た。茲一日二日の山中の旅行は、峰の尾の上のみを伝つて居たので、思はしき木の実もなく、食料に窮し、空腹に苦み、歩行も自由ならず、喉は渇き水は無く、弱り切つて居た。
 此時遥の谷間に黄昏の暗を縫うて、一塊の火光が瞬いて居る。三人は其火光に力を得、疲れた足を引ずり乍ら進んで行く。火光を中心に数多の厭らしき面構の毛武者男幾十人となく赤裸の儘、何事か大声に笑ひさざめいて居た。
 三人は木蔭に身を横たへ、暫し谷水に喉をうるほし、息を休めて居る折柄、サツと吹き来る谷風に揺られて三人の頭に障つたものがある。月鉾は思はず手を頭上にあげた途端に手に触つたのは、水の滴るような木茄子であつた。三人は天の与へと喜び勇んで矢庭に木茄子をむしり、腹を拵へた。長途の疲れに腹は太り、俄に眠気を催し、三人共其場に他愛もなく熟睡して了つた。
 今日はテルナの里のバラモン教の大祭日にして、数多の里人集まり、夜祭りをなさむと、種々準備の相談をして居る最中であつた。今日の祭典に奉らむと、此里に只一本よりなき木茄子を、今迄一個もむしり取らず、大切に保存して居た。それを三人の者に残らずむしり取つて喰はれて了つたのである。愈祭典の時刻となり、四五の里人は白衣を着し、大麻を打振り、バラモン教の神歌を称へ乍ら、大切なる木茄子をむしり取り、供物にせむと来て見れば、大切なる木茄子は何者にか盗み取られ、一個も枝に留まつて居ない。一同は驚き乍ら、あたりを透かし見れば、雷の如き鼾をかいて三人の男女が傍に寝て居る。
 里人は忽ち大騒ぎをなし、松明を点じ来り、よくよく見れば、一人の男木茄子を片手に持ち、半分許りかぢつた儘、熟睡してゐる。
甲『オイオイ皆の連中、大変な奴が出て来やがつて、神饌用の木茄子を、皆取つて食ひ、腹をふくらせ、平気でグウグウ寝てゐやがるぢやないか、怪しからぬ奴だ。……オイ誰か一時も早く此由を、テルナの酋長様に報告して来い。さうせなくては俺達が取つて食た様に疑はれ、酋長よりどんなお目玉を食ふか分らないぞ』
 其中の一人は『オイ』と答へて、韋駄天走りに、群集の集まる斎場に向つて酋長に報告すべく走り去つた。
 甲は杖の先にて三人の頭をコンコンと打ち乍ら、
甲『コラツ、大それた大盗人奴、早く起きぬか』
と呶鳴りつけた。三人は驚いて起きあがり四辺を見れば、松明を持つた四五人の男、傍には白衣を着けた男と共に、鬼の様な顔に団栗眼を剥き出し、唇をビリビリ震はせ乍ら睨みつけてゐる。
日楯『何人ならば……吾々三人の頭を、失礼千万にも…杖の先にて打叩くとは何事ぞ』
と言はせも果てず、甲は毛だらけの腕を伸ばし、日楯の首筋をグツと握つた。日楯は首の千切れる様な痛さに顔色青ざめ、唇まで紫色にして苦んで居る。大の男は声を荒らげ、
大男『其方共は大方三五教の宣伝使であらう。今日はバラモン大神の大祭日、里人が大切に致して今日の祭典の供物にせうと守つて居た、木茄子を残らず取り食ひ、此聖場に於て不行儀千万にも寝さらばひ、大胆不敵の其方等の振舞、待つて居れ、今に酋長様が此場に御越しになるから、何分の御沙汰があるであらう』
と云ひ了つて、日楯の首を握つた手を放した。日楯は余りの痛さに物をも言はず、其儘大地に獅噛ついて苦痛を怺へてゐた。月鉾は一同に向ひ丁寧に両手をつき、
月鉾『吾々三人は決して三五教の宣伝使では御座いませぬ。バラモン教の聖場を巡拝致す巡礼で御座います。馴ぬ途とて山奥にふみ迷ひ、空腹に苦みつつありし所、谷間に当つて一点の火光を認め、それを便りに此処まで出て参り、休息致して居る際、フト木茄子が頭に触り、左様な大切な物とは知らず、別に盗むと云ふ心もなく、頂戴致しました。誠に申訳のない事で御座います。どうぞ酋長様に宜しく御執成しを願ひます』
甲『今日はバラモン教の大祭日で、人間の犠牲を献らねばならぬ大切な日である。され共人命を損するは如何にも残酷だと、酋長様が大神に御願遊ばし、此谷間に一本よりない木茄子を、人間の代りとして大神様に献りますから、人身御供丈は御許し下されと御願ひになり、それから此果物は神様の御物として、里人は指をもさへず、大切に夜廻りをつけて守つて居たのだ。それを汝等三人ムザムザと取食うた以上は、仕方がない、其方の腹中にはまだ幾分か残つて居るであらう。直に腹をかき切つて木茄子をゑぐり出し、汝の体を贄として神に献り、神の怒りを解かねばならぬ。皆の者共、其覚悟を致したがよからうぞ』
月鉾『それは又大変な事で御座いますなア。併し神は人を助くるが神の心、人間の命を取り、或は贄を献らせて喜ぶ様な神は誠の神ではありますまい。吾々は及ばず乍ら其神に向つて、一つ訓戒を与へて見ませう』
甲『ナニ、馬鹿な事を申すか。神様に対して、人間が訓戒を与へるなどとは、不届き千万な申条、左様な事を申すと、神の怒りにふれて、此テルナの里は果実稔らず、暴風雨大洪水の為に苦しまねばならぬ。いよいよ以て差赦し難き痴者』
と言ひ乍ら、力に任せて杖を振上げ、三人の背骨の折れる程敲きつけた。
 暫くあつて、テルナの里の酋長ゼームスは四五の従者に鋭利なる青竜刀を持たせ乍ら、此場に現はれ来り、三人の姿を見て、声も荒らかに云ふ。
ゼームス『其方は大切なる果物を取喰ひし大罪人、此儘にては差赦し難し。汝等三人、これより神の贄とし、神の怒りを和らげなくてはならぬ。サア覚悟を致せよ』
と言ひ渡した。ユリコ姫は両手を合せ、ゼームスの前ににじり寄り、悲しさうな顔をあげて涙を流し、
ユリコ姫『何卒、知らず知らずの不都合なれば、どうぞ此度は御見逃しを願ひます』
と頼んだ。ゼームスはユリコ姫の顔を一目見るより、忽ち顔色をやはらげ、
ゼームス『赦し難き罪人なれ共、汝は吾妻となる事を承諾するに於ては、汝の生命丈は助けてやらう。どうぢや…有難いか』
と稍砕けた相好し乍ら、ユリコ姫の顔を覗き込んだ。
ユリコ姫『どうぞ、妾のみならず、二人の男も生命許りは助けて下さいませ。それさへ御承諾下さらば、如何なるあなたの要求にも応じまする』
酋長『イヤ、さうはならぬ。如何しても一人丈は生命を取つて、贄に致さねばならぬ。此中に汝の夫があるであらう。其方に免じて、夫だけは助けてやらう』
日楯『ゼームスとやら、吾々は仮令木の実を知らず知らず取喰ひたればとて、汝等如きに命を取らるる理由が何処にある。生命取るなら勝手に取つて見よ』
 ゼームス大口をあけて、
『アハヽヽヽ』
と高笑ひし乍ら、
ゼームス『汝、いかに神力あればとて、僅に二人や三人、此大勢の中に囲まれ乍ら、如何ともする事は能ふまじ。神妙に其方は覚悟をきはめて贄となれ』
ユリコ姫『もしもし酋長様、あれは妾の夫で御座います。さうしてモウ一人は吾夫の弟で御座います。妾は如何なる事でも承はりませう。其代りどうぞ二人の命を御助け下さいませ』
ゼームス『あゝ仕方がない。可愛い其方の申す事、無下に断る訳にも行こまい。然らば生命丈は助けてやらう。バラモン教の、今日は大祭日、両人共烈火の中を渡り、剣の橋を越え、釘の足駄を履き、赤裸となつて茨の叢を潜れ。これがバラモン教の第一の神に対する謝罪の途である。生命を取らるる事を思へば易い事である。吾々は斯様な行は年中行事として、別に辛しとも思つて居ない。其方も巡礼ならば、これ位の修業は堪へられるであらう』
 両人一度に、
『承知致しました。生命さへ助けて頂けるならば、どんな行でも…喜んで致しませう』
ゼームス『最早祭典の時期も迫つた。サア早く此方へ来れ。さうして裸、跣足の儘、烈火の中を渡り、神の怒りを解くがよからう』
と三人の前後を大勢に警固させ乍ら、斎場に導いた。
 斎場に到り見れば、数多の果物小山の如く神前に飾られ、前方の広庭には山の如き枯柴を積み、これに火を放てば炎々として燃えあがる其凄じさ。二人は大勢の者に投げ込まれて、火中に止むを得ず飛び込んだ。一生懸命に天の数歌を唱へつつ、猛火の中を少しも火傷もせず、幾度となく巡つて元の所に帰つて来た。一同は其神力に肝を潰し、二人の顔を眺めてゐる。
 ユリコ姫は酋長の俄妻として美々しき衣裳を与へられ、酋長と相並んで斎壇に立つた。忽ち何処よりともなく、一塊の火光飛び来つて此場に爆発し、ゼームスの身体は、中空に捲きあげられて了つた。一同はこれに肝を潰し、右往左往に逃げ惑ひ、或は腰を抜かし、顔の色さへ紫色になつて半死半生の態に呻吟して居るものもあつた。
 ユリコ姫は美々しき衣裳を矢庭に脱ぎ捨て直ちに火中に投じ、日楯、月鉾と共に三人祭壇の前に立ち、感謝祈願の祝詞を奏上し、宣伝歌を歌ひ始めたり。
ユリコ姫『朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 仮令大地は沈む共  誠の力は世を救ふ
 神が表に現はれて  善と悪とを立別る
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直せ  天が下なる民草は
 何れも貴き神の御子  力の弱き人の身は
 いなで過ちあらざらめ  誠を知らぬバラモンの
 神の司のゼームスや  それに従ふ者共の
 暗き心のいぢらしさ  尊き人の命を取り
 神の御前に贄を  献るとは何の事
 果して神が贄を  望むとすればバラモンの
 大国彦は曲津神  かかる怪しき御教を
 高砂島に布き拡め  国魂神の竜世姫
 外所になしたる天罰は  忽ち其身に酬い来て
 猛火の中を打渡り  茨の叢に投げ込まれ
 剣を渡り釘の下駄  穿ちて神の御前に
 重き罪をば詫乍ら  楽しき此世を苦みて
 暮す世人の憐れさよ  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましまして  仁慈無限の三五の
 神の教の拡まりて  怪しき教を逸早く
 海の彼方に追払ひ  至治太平の神の代を
 築かせ玉へ天津神  国津神達八百万
 竜世の姫の御前に  三五教の神司
 天に輝く日月の  名を負ひ玉ひし吾夫の
 日楯の神や月鉾の  尊き教に国人を
 一人も残さず服従はせ  暗黒無道の世の中を
 天国浄土と化せしめよ  あゝ惟神々々
 御霊の幸を賜へかし』
と祈り終つた。何時の間にやら、中天に捲き上げられたる酋長のゼームスは、礼服を着飾り、四五の従者と共に、珍らしき果物を持ち来り、三人の前に恭しく捧げ、
ゼームス『私は最前のゼームスと申す此里の酋長で御座います。尊きあなた方等に対し、御無礼な事を申上げました。勿体なくも生神様に対し、吾々如き賤しき者の女房になれとか、火渡りをせよとか、いろいろの難題を申上げました無礼の罪、何卒御赦し下さいませ。これも全くバラモン教の掟を遵奉致しての言葉で御座いました。只済まなかつたのは尊き女神様に対し、女房になれと申上げた事のみは、バラモン教の方から申しても大なる罪悪で御座います。其為、大自在天様の御怒りに触れ、天より戒めの大火弾を投げつけられ、私は其途端に中空に捲あげられ、最早命は無きものと覚悟致して居りましたが、国魂神竜世姫様とやらの、厚き御守りに依つて大切なる生命を救はれ、且ついろいろの訓戒をうけました。それ故取る物も取敢ず、あなた様に御詫を申上げむと参りました。どうぞ此杖にて、私の身体を所かまはず、腹のいえる迄打据ゑ下さいますれば、罪の一部は贖へられるものと心得ます。どうぞ宜しく御願ひ致します』
と熱涙を流し、真心より頼み入るのであつた。逃げ散つた数多の里人は、追々と集まり来り、何れも一つの負傷もなきに、不審の思ひをし乍ら、酋長の此態を見て、一同は三人に向ひ手を合し、神の如く尊敬の意を表し、合掌して拝み倒して居る。
 三人は三五教の教理を諄々と説き諭し酋長以下数十人に守られて数日の後、漸くキールの港に着いた。
(大正一一・八・八 旧六・一六 松村真澄録)
(昭和一〇・六・八 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki