王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻
文献名2第3篇 光明の魁よみ(新仮名遣い)こうみょうのさきがけ
文献名3第16章 盲亀の浮木〔816〕よみ(新仮名遣い)もうきのふぼく
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ三五教軍のためにいったんは退けられたセールス姫、シャーカルタン、トロレンスらの一派は、三派同盟を作って泰安城に攻め寄せた。泰安城はひとたまりもなく落城し、カールス王をはじめ重臣らは捕らえられ、牢獄につながれて責め苦を受けることになった。セールス姫は泰安城の女王となり、魔軍を率いて今度は三五教の拠点を奪おうと、軍勢を率いて玉藻山の湖水近くまで攻め寄せた。マリヤス姫はユリコ姫に命じて、鏡で敵軍を照らさせた。敵軍はたちまち眼くらみ心がおののいて将棋倒しに倒れてしまった。敵将のセウルスチン、サアルボース、ホーロケースらは命からがら逃げてしまった。その場に倒れて苦しんでいる敵兵たちに向かって、マリヤス姫は宣伝歌を歌った。兵卒たちは「惟神霊幸倍坐世」を幾度となく唱えると、目を開いて立つことができた。兵卒たちはマリヤス姫の前にひざまづき、三五教軍に帰順して泰安城の言霊戦に従軍することになった。泰安城にて、八千代姫、照代姫の鏡に照らされた敵軍の両翼は、眼を奪われてたちまち降伏した。マリヤス姫は日楯と月鉾を率いて城の正面から攻めかけ、セールス姫に対して赤・白の宝玉を射照らせた。セールス姫はたちまち金毛九尾の悪狐の正体を表し、雲を起こしてどこかへ逃げてしまった。マリヤス姫は泰安城を守り、八千代姫らに聖地を守らせると、日楯と月鉾は牢獄につながれた人々の救出に向かった。カールス王をはじめ、ヤーチン姫、真道彦命、そして重臣たちは二人の手によって救い出され、泰安城に戻っていった。カールス王は真道彦命の息子たちに救い出されて感謝の念を表し前非を悔いた。泰安城に戻ると、セールス姫軍の兵卒らは、まだ鏡の威徳に打たれて盲目のまま倒れ苦しんでいた。カールス王がこの有様を尋ねると、日楯は琉球で授けられた神宝の威徳と言霊戦の様子を物語った。日楯は倒れている敵軍の兵卒に向かって、言霊歌を宣し与え、懺悔を呼びかけた。数万の兵卒たちはたちまち目を開き、一同の前に感謝の涙を流して帰順した。日楯は兵卒たちに三五教の道を説き聞かせておのおの家に帰らせた。そして自らは王をはじめ、重臣たちと泰安城に入って行った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月09日(旧06月17日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年8月10日 愛善世界社版193頁 八幡書店版第5輯 423頁 修補版 校定版200頁 普及版89頁 初版 ページ備考
OBC rm2816
本文の文字数5196
本文のヒット件数全 1 件/三五教の大神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  一旦三五教の真道彦の神軍の為に潰走し、各地に潜伏して、捲土重来の時機を伺ひゐたるシヤーカルタン、トロレンス、セールス姫、サアルボース、ホーロケース、セウルスチン、タールス、ツーレンス、ナンダールス、ビヤセールの一派は三角同盟軍を作つて泰安城に夜陰に乗じ、鬨を作つて攻めかけ、石火矢を放ち、さしも堅固なる金城鉄壁も、一夜さの内に脆くも陥り、カールス王を始めテールスタン、ホールサース、ホーレンス、ユートピヤール、ツーレンス、シーリンス、エール、ハーレヤール、オーイツク、ヒユーズ、アンデーヤール、ニユージエール、ハール、カントン、マルチル、ウラール、キングス、トーマス、マーシヤール、ヤールス姫、カーネール姫の大将株を始め悉く捕虜となり、淡渓の上流なるカールス王が一旦陣取ゐたる岩窟城の暗き牢獄に残らず繋がれ、日夜の苛酷なる責苦に苦めらるることとなつて了つた。
 一旦取返されたる泰安城は、セールス姫を女王と仰ぎ、シヤーカルタン、トロレンスは左守、右守の神となり、サアルボース、ホーロケース、セウルスチンは各重要の職に就き、再び新高山以北の地の政権を掌握し、勢に乗じて三五教の聖地日月潭を始め、国魂神の祭りたる宮殿を占領し、バラモン教の勢力を樹立せむと、セウルスチンを将となし、サアルボース、ホーロケースは副将となり、数万の軍卒を率ゐ、アーリス山を、旗鼓堂々として乗越え、今や玉藻の湖水の間近くまで押寄せて来た。
 茲に玉藻山の聖地よりは、マリヤス姫を神軍の将となし、日楯、月鉾、ユリコ姫、テーリン姫、照代姫、八千代姫は僅の従者と共に、此大軍に向つて、言霊戦を開始すべく立向うた。敵の先鋒隊と三五軍の一隊とは玉藻湖の畔で出会し、セウルスチンの率ゆる数多の軍卒は、少数の敵と侮りて、マリヤス姫の小部隊に向つて、竹槍の穂先を揃へ、獅子奮迅の勢にて吶喊し来る物凄さ。マリヤス姫は直にユリコ姫に命を降し、大蛇の鏡を取出さしめ、寄せ来る猛卒に向つて射照らさしめた。ユリコ姫の取出したる鏡は忽ち強度の光輝を発し、敵軍は一人も残らず、眼眩み、心戦き、脆くも一戦をも交へずして、其場に将棋倒しとなつて倒れて了つた。
 セウルスチンは鏡の威徳に眼眩み、生命カラガラ部下に助けられ、何処ともなく遁走して了つた。大将セウルスチンの此見苦しき戦敗を見て、左右の副将サアルボース、ホーロケースは軍容を紊し、吾れ先にと泰安城指して、一目散に退却して了つた。
 先鋒隊として此処に進みたる猛卒は、殆ど五六千人に及んで居た。一人も残らず目を失ひ、処狭き迄に打倒れて呻吟しつつ、手探り、足探りに逃げ行かむとしては、谷に顛落し、互に衝突して混乱を極め、其惨状目も当られぬ計りであつた。マリヤス姫は直ちに言霊を以て彼等を帰順せしめむと、声も涼しく宣伝歌を歌ひ出したり。
『神が表に現はれて  善と悪とを立分ける
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直せ  朝日は照る共曇る共
 月は盈つ共虧くる共  仮令大地は沈む共
 セールス姫の軍勢は  如何に勢猛く共
 仮令幾万攻め来共  誠の神の御教を
 守りて立てる三五の  神の軍は悉く
 寄せ来る敵を打払ふ  心の眼を失ひし
 セウルスチンを始めとし  セールス姫の率ゐたる
 百の軍は悉く  心の眼のみならず
 肉の眼を失ひて  玉藻の湖畔に呻吟し
 のた打まはる憐れさよ  誠の神は世を救ふ
 吾はマリヤス姫の神  セウルスチンの軍人
 吾言霊を聞き分けて  誠一つの三五の
 神の教に立返れ  正義に刃向ふ刃なし
 神は吾等と倶に有り  汝の身にも神ゐます
 一時も早く真心に  なりて前非を大神の
 御前に悔いよ諸人よ  人は素より神の御子
 神に受けたる其身魂  研けば元に復るなり
 あが言霊の曲耳に  通ひし者は逸早く
 三五教の大神の  尊き御名を謹みて
 褒めよ称へよ神の御子  神の誠に通ひなば
 汝の眼忽ちに  月日の如く明らけく
 万の物を眺め得む  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と歌ひ終るや、数千の目を失ひたる軍卒は叶はぬ時の神頼み………と云ふ様な按配式で、一生懸命に両手を合せ、声を揃へて、
『惟神霊幸倍坐世』
と幾回となく、繰返し繰返し奏上した。其声は四辺の山岳も動揺するかと計り思はれた。暫くにして目を失ひたる敵の将卒は、残らず目を開き、マリヤス姫其他の神軍に向つて跪づき、感謝の涙を滝の如く流し乍ら帰順の意を表し遂には三五軍に従ひ、泰安城の言霊戦に従軍する事となつた。
 マリヤス姫、日楯、月鉾は、偉大なる言霊の力を今更の如く喜び且つ驚き乍ら、俄に数千人の味方を得て、十曜の神旗を秋風に翻し、旗鼓堂々として泰安城に立向ふ事となつた。
 二男五女の神将を先頭に、数千の帰順者を引き連れ、泰安城の間近く押寄するや、サアルボース、ホーロケースは複横陣を張つて、防戦に努めた。此時八千代姫は右翼のサアルボースの軍に向つて、大蛇の鏡を射照らし、照代姫はホーロケースの左翼軍に向つて、同じく大蛇の鏡を差向け射照らせば、又もや一人も残らず盲目となり、ホーロケース、サアルボース迄も、眼くらみて其場に平伏し、独りも残らず帰順を表した。
 されどマリヤス姫は両軍の平伏する間を目も呉れず、直に表門に向ひ、城中に日楯、月鉾を従へ、深く進み入り、セールス姫其他の侍臣等に向つて、赤、白の宝玉を差出し、之れを射照らせば、セールス姫は忽ち金毛九尾の悪狐と還元し、其他の侍臣等は残らず、悪鬼、悪狐となつて、雲を起し、何処ともなく、中空に煙の如く消えて了つた。
 これよりマリヤス姫は城内に止まり、照代姫、八千代姫、ユリコ姫、テーリン姫と共に玉藻の湖畔にて帰順したる兵士と共に、警固の任に当り、日楯、月鉾をして淡渓の上流なる岩窟の牢獄に遣はし、カールス王を始め、ヤーチン姫、真道彦命を救ふべく出張を命じた。
 日、月の兄弟は帰順せし兵士を四五百人計り引率れ、岩窟の牢獄指して進み入り、数十の番卒を片つ端より玉の威徳に帰順せしめ、自ら牢獄内に入りて、先づ第一にカールス王を救ひ出だした。カールス王は髭蓬々と長く延び、色青ざめ、身体骨立して、恰も死人の如く、見るも憐れな姿となつてゐた。日楯、月鉾は此態を見て、同情の念に堪へ難く、吾父を先に幽閉したる憎きカールス王として、今迄怨み居たりし心もどこへやら消え失せ、只同情の涙にくるるのみであつた。
 カールス王は真道彦命の二人の子に救はれ、一層其慈愛深き兄弟の心に感じ、固く二人の手を握つて涕泣感謝に時を遷した。カールス王は漸くにして、潔く口を開き、
カールス『汝は日楯、月鉾の両人に非ざるか。汝が父の真道彦命は壮健なりや』
と問ひかけた。二人は口を揃へて、
両人『ハイ、吾父はあなたに幽閉されてより、未だ此牢獄に呻吟致し居る様子で御座います』
カールス『早く汝の父を救ひ出せよ』
 二人は此言葉に此場を離れ、彼方此方と牢屋の外を巡り乍ら、
両人『日楯、月鉾の兄弟、父の真道彦命を救はむ為に参り候。願はくは在処を知らせ玉へ……』
と呼ばはつた。此声にヤーチン姫は間近の獄室より、細き手をさし出し乍ら、
ヤーチン姫『ヤアそなたは日、月の兄弟、能くマア救ひに来て下さつた。真道彦命様は此隣室におゐで遊ばします。どうぞ早く救ひ出して上げて下さい』
 二人は父の在処の分りたると、ヤーチン姫の声とを聞きて、且喜び且驚き乍ら、直に牢獄の錠を捩切り、ヤーチン姫を救ひ出し、次に父の牢獄の戸をねぢ開け、進み入つて見れば、悲しや、真道彦命は痩衰へ、呼吸さへも碌に通つて居ない様な瀕死の状態に陥つてゐた。二人は父の手足に取り付き、あたりを憚らず、嬉しさと悲しさに号泣するのであつた。此声幽かに真道彦命の耳に通じけむ、やつれ果てたる身を起して、力なげに目を見開き、
真道彦『アヽそなたは日楯、月鉾の両人、能くマアどうして此処へ来られたか。……アヽやつぱり、夢ではあるまいか』
と不思議相に兄弟の顔を見つめてゐる。兄弟は、
両人『父上様、決して夢でも現でも御座いませぬ。……実は斯様々々の訳……』
と有りし次第を、こまごまと物語つた。真道彦はこれを聞いて、俄に元気づき、旱天の草木が雨に会ひたる如く、顔の色さへ俄に冴えて来た。それよりカールス王、ヤーチン姫、真道彦命は日楯保護の下に、泰安城に一先づ入城する事となり、数百の軍卒に送られて、此牢獄を立去つた。
 月鉾はテールスタン、ホーレンスを始め、其他のカースル王に仕へ居たる重臣共を、悉く牢獄より救ひ出し、泰安城指して帰り行く。
 日楯はカールス王、ヤーチン姫、真道彦命を守つて、漸く泰安城の馬場近くになつた。ホーロケース、サアルボースの軍勢は大蛇の鏡に照らされて目を失つたまま、四つ這ひとなつて、蟻のたかつた様に馬場を這ひ廻つてゐる。カールス王は此態を見て、不審に堪へず、
カールス『彼は何者なりや』
と日楯に尋ねた。日楯は直ちに、
『ハイ、彼はセールス姫の家来にして、ホーロケース、サアルボースの部下の軍卒で御座います。向陽山の大蛇の鏡の威徳に照らされて盲目となり、進退谷まつて、あの通り盲目の儘、暗路に迷うてゐる亡者共で御座います。吾々は向陽山の常楠仙人より賜はりたる赤色の玉を以て、折伏の剣に応用し、弟月鉾は白色の玉を以て摂受の剣に応用し、数万の敵を彼の如く、一人も残さず、神の威徳に降服させ、セールス姫は金毛九尾の悪狐と正体を露はし、空中高く姿を消しました。実に稀代の神宝で御座います。此神宝さへあらば、カールス王が泰安城にあつて、世を治め玉ふは実に易々たる事業で御座います』
と玉、鏡の効用を略物語つた。王を始めヤーチン姫、真道彦命は首を傾け、此話を感に打たれて聞いて居る。
 茲に日楯は数万の盲軍に向つて言霊歌を宣り与へた。其歌、
『神が表に現はれて  善と悪とを立別る
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直せ  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  仮令大地は沈むとも
 誠一つの言霊の  珍の力は世を救ふ
 神は吾等と倶にあり  人は神の子神の宮
 神の心に叶ひなば  仮令数万の曲津神
 鬨を作つて一散に  勢猛く攻め来とも
 いかで恐れむ敷島の  神の恵は忽ちに
 吾身の上に降りまし  直に開く胸の暗
 玉や鏡は非ずとも  心の玉を研きあげ
 神の賜ひし胸中の  真澄の鏡を照らしなば
 今見る如く曲神は  一人も残らず神力に
 恐れて大地に平伏し  神の御前に帰順して
 産の心に立帰り  心の盲も忽ちに
 開けて肉の眼さへ  月日の如く照り渡る
 あゝ惟神々々  神の御稜威を目のあたり
 カールス王やヤーチン姫の  珍の命の御前に
 只今明かし奉る  あゝ諸人よ諸人よ
 汝が心に潜みたる  醜の曲霊を追ひ出し
 神より受けし真心の  直日の霊に立返り
 国治立大神の  守り玉ひし三五の
 誠の道に従ひて  怪しき心を立て直せ
 あゝ惟神々々  あが言霊の一息に
 咫尺も弁ぜぬ盲目の  悩みは忽ち晴れ渡り
 真如の月は汝等が  心の海に輝かむ
 朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 仮令大地は沈むとも  神の御前に二心
 必ず起す事勿れ  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と声も涼しく歌ひ了るや、今迄大地に盲目となつて呻吟しゐたる数万の軍勢は、一斉に目を開き、四人の前に両手を合せ、天津神の降臨かと感謝の涙に咽びつつ、心の底より帰順するのであつた。
 日楯は一同に向つて、三五の道の教を細々と説き諭し、各々一先づ家路に帰らしめ、カールス王其他と共に泰安城の奥殿に悠々として進み入るのであつた。
(大正一一・八・九 旧六・一七 松村真澄録)
(昭和一〇・六・八 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki