王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻
文献名2余白歌
文献名3余白歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm298801
本文の文字数1416
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 お松十六  赤い帯して  飛び歩行き
   夏の炎天に  蜻蛉採る
お松十七  いそいそと  赤いたすきで御飯たく
   人の顔見りや  赤い顔
お松十八  真赤な心  胸を躍らす
   鏡見る  庭の落葉に涙する〈序(初)〉

駒止めて暫し眺めむ丸山の
    尾の上に清き望月の影〈端書(初)〉
鷹依姫が詐術をもつて得し玉を
    科戸の風の神に奪られし〈第2章(三)〉
村肝の心いらちて千万里の
    国の果まで迷ふ玉探し〈第2章(三)〉
国人をうまく詐り黄金の
    玉を出させて逃げ去りしかな〈第3章(三)〉
踏み迷ふ人を照らして秋月は
    雲に乗りつつ西にかたぶく〈第4章(初)〉
嗚呼神と称ふる声に夢醒めて
    立出でて見れば月はかたむく〈第4章(初)〉
西へ行く思ひは誰もあるものを
    見捨てて入るな大空の月〈第4章(初)〉
鼻高き高姫司も池の神の
    雄猛びに会ひて慄ひ戦けり〈第8章(三)〉
何処までも自我のみを高潮し
    神の怒りに会ひて慄へり〈第8章(三)〉
咲くとても手折る人なし松の花
    葉末の露の恵みしらずに〈第10章(三)〉
池水にうつりて咲ける梅の花
    手折るは瑞の御魂のみなり〈第10章(三)〉
高姫は懸橋御殿に侵入し
    支離滅裂の狂偽を説くなり〈第10章(三)〉
日の出姫の神現れまして狂盲なる
    鼻高姫をいましめ給ひし〈第11章(三)〉
高姫の改心なるもの中々に
    あてにならねど可愛くもあり〈第12章(三)〉
荒野原さかしき山を打ちこえて
    神の御為と巡ぐる高姫〈第12章(三)〉
鷹依姫竜国別が遭難の
    話に高姫至誠を現はす〈第14章(三)〉

吾は深山のほととぎす
姿かくして朝夕に
山より高く海よりも
深き御教の蘊奥を
人に知らさず宣り叫ぶ
八千八度の迫害も
かくれて忍ぶ血の涙
されども吾は神に在り〈第16章(再)〉

改心の記念のためと高姫は
    天祥山の滝に打たれし〈第16章(三)〉
改心しまた慢神を繰りかへす
    鼻高姫の面白きかな〈第16章(三)〉
名に高き地名人名読み込みて
    この巻末を飾る旅かな〈第20章(三)〉

(一) 筑紫のはてや    みちのおく
   海山河野      へだつとも
   神国御魂は     変はりなく
   尽くせやつくせ   道のため
(二) 螢の光り     窓の雪
   ふみ読む月日    重ねつつ
   いつしか年も    すぎの戸を
   あけてぞ今朝は   別れゆく
(三)とまるも行くも   君のため
   つくせよつくせ   道のため
   道のためなら    君のため
   きみのためなら   人のため〈巻末(初)〉
(初は初版、再は再版、三は三版の略)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki