王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第30巻 海洋万里 巳の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総説よみ(新仮名遣い)そうせつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ本巻は、神素盞嗚尊の八乙女の一人・末子姫が、侍女の捨子姫と共に高砂島に漂着し、智利山峠を越えて戌亥の池の竜を済度し、バラモン教の石熊という教主の危難を救い、カールという怪しい男に出合って供となし、さらにアルゼンチンの辰巳の池の竜を解脱せしめ、ウヅの都の松若彦の館に入る経緯が語られます。また三五教の教主言依別命が国依別の宣伝使と共にテルとヒルの国境においてウラル教の信徒を救い、言依別命がウヅの都へ出立した後、国依別はヒルの都の楓別命の館に向かおうとした途上で、ウラル教の手下に襲われ、アラシカ峠でエリナという女に出会います。こうした経緯の中に、苦集滅道の理を平易に説いた物語です。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月14日(旧06月22日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年9月15日 愛善世界社版3頁 八幡書店版第5輯 574頁 修補版 校定版3頁 普及版1頁 初版 ページ備考
OBC rm300003
本文の文字数420
本文のヒット件数全 2 件/ウラル教=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  本巻は主として、神素盞嗚尊の生み給へる、八乙女の中の一人末子姫が、侍女の捨子姫と共に高砂嶋へ漂着し、智利山峠を越え、途中戌亥の池の竜を済度し、バラモン教の石熊といふ教主の危難を救ひ、又カールと言ふ怪しき男に出会ひ、カールを伴人と為し、アルゼンチンの辰巳の池の竜を解脱せしめ、ウヅの都の松若彦の出迎へを受け、数多の国人に迎へられて入城したる物語を始め、三五教の教主言依別命、国依別の宣伝使と共に高砂嶋に安着され、テルとヒルの国境三倉山の渓谷に於てウラル教の信徒を死より救ひ、言依別命はウヅの都へ出立し、国依別はヒルの都楓別命の神館へ行かむとする途上、ウラル教の教主ブールの部下が襲来し、日暮シ川の丸木橋の畔に於て衝突したる後、アラシカ峠の上にてエリナと言ふ若き女に出会ひたる等、苦集滅道の理を平易に説いた物語であります。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki