王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総説よみ(新仮名遣い)そうせつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ本巻は秘露の国アラシカ山麓のウラル教の宣伝使の娘エリナの家に、国依別の宣伝使が四五日間滞在したこと、楓別命のヒルの神館に進む途上大地震に出会い紅井姫の危難を救ったこと、ウラル教のブール一派を帰順させてエスを救い出したこと。紅井姫とエリナをエスに一任して安彦・宗彦の二人を伴ってブラジル峠の谷間を越え、シーズン川において秋山別・モリスの二人の命を救ったこと、屏風山脈の最高峰・帽子ケ岳で言依別に邂逅したこと。両者は協力してアマゾン河および時雨ノ森の邪神を言向け和し、鷹依姫一行と高姫一行を救う策源地と定めたことまでを口述した、珍しい古代の物語である。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所湯ケ島温泉 筆録者 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年9月15日 愛善世界社版3頁 八幡書店版第6輯 42頁 修補版 校定版3頁 普及版1頁 初版 ページ備考
OBC rm310002
本文の文字数369
本文のヒット件数全 1 件/秘露の国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  本巻は秘露の国アラシカ山麓のウラル教の宣伝使の娘エリナの家に、国依別の宣伝使が四五日間滞在の上、楓別命のヒルの神館に進む途上、大地震に出会ひ、紅井姫の危難を救ひたる事より、ウラル教の日暮シ山の岩窟に於て、ブール一派を帰順せしめ、エスの危難を救ひ、それより紅井姫、エリナをエスに一任しおき、安彦、宗彦の二人を伴ひ、ブラジル峠の谷間を越え、シーズン川に於て、秋山別、モリスの二人の生命を救ひ、屏風山脈の最高地、帽子ケ岳に登り、言依別に邂逅し、茲に両雄は協心戮力、アマゾン川及び時雨ノ森の邪神を言向け和せ、鷹依姫の一行を始め高姫一行を救ふ策源地と定めたる所まで口述せる、珍らしき古代の物語であります。
  大正十一年八月二十日(旧六月二十八日)
      於湯ケ島温泉
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki