王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第31巻 洋万里 午の巻
文献名2第3篇 千里万行
文献名3第15章 丸木橋〔881〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ国依別は丸木橋に近づくと、安彦と宗彦に気合を入れ、自ら鶯のような女性の声色で宣伝歌を歌いだした。
その歌は、紅井姫もエリナも国依別に振られたように見せかけ、それぞれ秋山別、モリスに惚れて追ってきたかのように歌っていた。秋山別とモリスは、紅井姫とエリナが自分たちに惚れていたのだと思い込んでしまった。
三人は丸木橋を渡りきると、念入りにも森の木の皮に、紅井姫とエリナから秋山別とモリスに宛てたかのような恋文を書き込んだ。
秋山別とモリスは、国依別たちの偽の歌を聞いて、待ち構えていた橋の下の谷から上がってきた。そして紅井姫とエリナを追いかけ、国依別たちの偽の恋文を見つけ、有頂天になって追いかけ始めた。
国依別たちは、秋山別とモリスが追いかけてくるだろうと踏んで道を急ぎ、大木の上に上って休息した。
秋山別とモリスは、男の足で急いで来たのに女たちに追いつかないことを不審に思い、追い越してしまったのだろうと考えた。そして国依別らが休んでいる木の下にやってきて、そこで休息してしまった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月19日(旧06月27日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm3115
本文の文字数4435
本文のヒット件数全 0 件/海=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  三人は勢込ンで、秋、モリ二人の計略の裏をかいてやらむと、ホクホクし乍ら進ンで行く。此方の山裾から向方の山裾に渡る相当に深い谷川に、長さ四間位な丸木橋が架かつてゐる。
『サア戦場に近寄つた。両人共に、ここで女の声を出して宣伝歌を高らかに歌うのだぞ』
『女の声を出さうと思へば、自然低く細くなるなり、向方の奴に聞える様にせうと思へば地声が出るなり、安彦も困つたものですワ』
『ナニ、神様の守護で、キツと鶯の谷渡りの様な声が出て来るよ。そこが言霊の妙用だ。……サア行かう、腹の底から出さず、乳のあたりから声を出すのだ』
と細き涼しき松虫のやうな作り声で、一本橋の袂に差かかり、
『神が表に現はれて  善と悪とを立分ける
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直せ  恋しと思ふ国さまは
 どこにどうして御座るやら  お前等二人は俺よりも
 一足先へと言はしやつた  さぞ今頃はどこやらの
 ナイスに袂を引つぱられ  放してお呉れと国さまは
 紅井姫やエリナ姫  天女の様な妻がある
 お門が広い早放せ  なぞと困つて御座るだらう
 私の恋は奥山の  細谷川の丸木橋
 渡るはこわし渡らねば  心の底から惚切つた
 秋山別に会はれない  秋山さまも情ない
 惚た弱味で厭さうに  ピンとはねたら真にうけて
 怒つて御座るか自烈たい  私の誠の心根は
 国依別の四十男  親と子程違ふのに
 どうしてそれが惚られよ  惚たと云ふは表向き
 又モリさまも気が利かぬ  仮令田舎の娘でも
 エリナと云つたら界隈で  指をさされた此ナイス
 男心と秋の空  私の腹が知らしたい
 秋山さまも余りぢや  モリスさままで私をば
 情ない女と誤解して  怒つて御座るか情ない
 天津神様八百万  国津神様八百万
 仮令野山の果までも  秋山さまやモリスさま
 後を慕うて尋ね行き  嫌と言はれよが如何せうが
 思ひ込みたる此恋路  石の唐柩にかくるとも
 捜し出さねばおくものか  あゝ惟神々々
 神の御霊の幸はひて  秋山さまやモリスさま
 尊き御顔を伏し拝み  手を引合うて行けるなら
 此橋無事にやすやすと  向方へ渡して下されや
 私が恋を仕遂げるか  仕とげられぬか此橋が
 私に取つての辻占ぢや  もしも渡れぬ其時は
 秋山さまに添はれない  モリスさまにも会はれない
 女の心と云ふものは  好きで叶はぬ男をば
 厭ぢや厭ぢやとはねつける  これが私の弱点ぢや
 一そ肝玉放り出して  秋山さまが言ひよつた
 時に頭を縦に振り  ウンと云ふときやよかつたに
 どうやら男の居りさうな  香がプンとして来たぞ
 ホンに危ない丸木橋  エリナ用心なさりませ』
 安彦は又唄ふ。
『いえいえ私は大丈夫  姫さまあなたは足弱ぢや
 どうぞ気を付けなされませ  もしも誤り谷川に
 落ちて生命を棄てたなら  秋山さまに申訳
 どうしてどうして立ちませう  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
 秋、モリの二人は丸木橋に太い藤づるを括りつけ、国依別の声を合図に『一イ二ウ三イ』で引張りおとさうと、手具脛ひいて待つてゐる。橋の袂に立ち止まつて女の歌が聞えてゐる。よくよく歌の文句を考へて見れば、思ひがけなきかぐはしい歌である。
『ヤツパリ女はこンなものかいな、モリス。モ一つ押強く行けば成功したのだけれど、余りスヰートハートした弱味に、ヨウ思ひ切りやらなかつたのが此方の不調法だ。流石は俺が思ひ込む丈あつて、優しい姫様だワイ。始めて美はしい御心中を承はり、これで死ンでも得心だ。あの歌の文句で考へて見ると、国依別の奴、どつかで又道草を食ひよつて、スベタ女にチヤホヤされて、涎をくつて、脂下がつて居よるのだらう。見切りのよい、前の見えるお姫さまは、たうとう国依別に愛想をつかし、俺達二人が先に行つたと云ふ事を、誰かに聞いて、はるばるとやつて御座つたのだな。併しあンな事を云つて、国依別が交つて居るかも知れぬ。何分斯う樹木が茂つて居つては、声は聞えても姿は見えぬのだから、都合の好い事がある代りには、又都合の悪い事があるワイ。のうモリ公』
と小さい声でブツブツ囀つて居る。
 国依別は女の声にて、
国依『エリナさま、私、此一本橋、どうして渡りませうかね。足が慄ひますワ』
安彦『嬢さま、御心配なさいますな。エリナがついてをります。此丸木橋さへ御渡りになれば、姫様の心の底から御慕ひ遊ばす、秋山さまにキツと会はれますよ。私だつて一目見そめたモリスさまに会うて、心の丈を申上げねば、どうして此儘帰れませう。あの好い男グヅグヅして居て、外の女に取られて了つちや大変ですからねイ』
国依『さうねい、さうなら、そつと渡りませうか。何だかグキグキして怖い橋だワ』
安彦『御心配なさいますな。国依別のやうな悪人が通つたら、神様が綱を引ぱつておとし遊ばすかも知れませぬが、女が可愛い男の後を追うて行くのですもの、丸木橋だつて、落さうな事はありませぬワ。秋山別さま、モリスさまの一心でも、落さぬやうに守つて下さいますこと分つて居ますワ』
国依『此橋渡ると秋山さまに会へるの……、私嬉しいワ』
安彦『それは其筈で御座います。私だつて、あの色の黒いモリスさまにさへも是丈こがれて居るのですもの。秋山さまのやうな立派な男に御惚遊ばしますのは無理も御座いませぬワ。ホヽヽヽヽ』
国依『ホヽヽヽヽおゝ恥かしい、モシ、エリナさま、是きりで云はないやうにして下さいや。サア早う参りませう』
と云ひ乍ら、国依別一行は恙なく橋を渡り、谷路の木の茂みにかくれて膝栗毛に鞭をうち、四五丁計り駆け出したり。
『アハヽヽヽ、ズイ分甘く行つたねい。ヤツパリ吾々を女だと思つて居るらしいよ、一つ此木の皮を削つて、何とか印をしておかうかいナア、両人』
 安彦は、『ハイ、宜しう御座います』と短刀を取出し、若き欅の皮を少しく削り、あたりに実つて居る烏羽玉の実を手に取り、其汁にて、
 紅井姫、エリナの両人ここを通りました。万一、秋山別さま、モリスさま、妾よりお後で御座いましたら、どうぞ追つかけて来て下さいませ。さうして橋を国依別の来ない様に落して来て下さいますれば、尚々安心です。……御両人様……かよわき女より
と書きしるした。
『アハー此奴ア面白い、国依別が先繰り先繰り剥き木をして、至る所に印を入れ、どこ迄もお伴をさしてやらうかな。さうすれば何時の間にかは改心するだらう。アハヽヽヽ』
 秋、モリの二人はあわてて谷底より橋の向ふ側にかけ上り、
『オイ、モリス、確に紅井姫にエリナの声だつたが、併しスウスウと渡つて了ひ、何とはなしに変哲がないぢやないか。時鳥お声は聞けど姿は見えぬ、秋モリの金神蔭から守りてをりたぞよ。此事分りて来たら、いかな紅井姫も、エリナもアフンと致して改心を遊ばすぞよ……そないしてまで守つて下さつたか、ここは世界の大橋、此処を渡らねば誠の男には会へぬぞよ。西と東とに立わけて、神が守護がしてあるぞよ、神は嘘を申さぬぞよと、三五教のお筆先もどきに、キツとお姫さまが秋モリの金神の御神徳を讃歎し、御喜び遊ばすにきまつてるワ、今聞えた、あの声、さう遠くは、女の足で、行つては居られまい。サア早く膝栗毛に鞭をうつて進まうぢやないか。谷間の一筋道、メツタに間違う気遣ひはあるまいて、
 君はまだ遠くは行かじ吾袖の 袂の涙かわき果てねば
とか云ふ歌があるぢやないか。キツと遠くに行くまい。サア駆足々々』
 オツチニオツチニと四股ふみ乍ら、僅に足を入るる計り、細くついた谷道を登り行く。三尺計り廻つた、欅の若木の皮を剥いて、何だかしるしてある。能く見れば、案に違はず、紅井姫、エリナの二人がここを通り、……どうぞお二人共、まだ後ならば、此印を見てついて来てくれ……と云ふ意味の文面を見て、二人は躍りあがり、
『ヤア、有難い有難い、是れだから、どこ迄もやり通さねば、恋の難関は越えられぬと云ふのだ。サア、グヅグヅしては居られまい、早く行かうぢやないか。モウ一きばりだ。さうすればキツと追ひ付けるにきまつてるワ』
と又もや駆出す其可笑しさ。
 国依別一行は二人の必ず後を追つかけ来るに相違なしとコンパスに油をさし、喉の汽笛に水をドツサリ注入し巴奈馬運河を無事通過させ乍ら、一生懸命に駆出し、コンモリとした山桃の大木を見つけ、猿の如く三人は駆あがり、樹上に胡坐をかき山桃の水の垂る様なのを、むしり取つて食つて居る。枝葉密生し、どうしても下から、見ることは出来なかつた。
 秋、モリの二人は喉をかわかせ、
『オイ、モリス、是れ丈急速力でやつて来たのに、追つつかれない筈はないぢやないか。俺やモウ喉の汽笛が鳴り出した。此上一尺だつて歩けやしない。幸ひそこに山桃の甘さうな奴がなつてるぢやないか。ここで一つ山桃でも取つて喉をうるほして行かうかい』
『さうだなア、秋山別、随分甘さうだ。マアゆつくり一服して往くことにせう。姫さまだつて足を痛め、傍の森の中で休みて御座つたのを知らずに此処まで来たのかも知れないよ。さうでなくては、俺達が息が切れる程始終苦節の大速力大急行でやつて来たのに、追つつかぬ筈がない。マアゆつくりと此処で待つことにせうかい。キツと其間にはお出遊ばすに定まつてゐるワ。確に女の手であの通り書いてあつたなり、橋をお渡り遊ばす時のあの声つたら、今思ひ出しても涎が落つるやうだ。あゝ本当に可愛いお姫様だなア。兎も角ここへお通りになる迄、此木の下で休むことにせう。登つて見たら、ズイ分甘いのがあるだらうけれど、木登りする奴と、飛行機に乗る奴と広い街道を軒下歩いて看板で頭打つ奴程馬鹿はないと云ふから、マア木登りは止めにして、低く垂れ下つた甘さうな山桃をとつて辛抱せうかい』
と云ひ乍ら、低き枝の半熟の山桃をむしり、ムシヤムシヤと喉をしめし、腹をふくらせ、今か今かと首を長うして待つて居る。
 三人は樹上にて互に顔を見合せ、口を押へ、物を言ふなとの合図をし乍ら、二人の立ち去るのを、もどかしげに待ち居たりける。
(大正一一・八・一九 旧六・二七 松村真澄録)
(昭和九・一二・一八 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki