王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻
文献名2第1篇 森林の都よみ(新仮名遣い)しんりんのみやこ
文献名3第6章 獅子粉塵〔897〕よみ(新仮名遣い)ししふんじん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ左守の大兎は立ち上がり、琉球の霊光の出現を祝し、鷹依姫ら四人の宣伝使たちに感謝を顕す歌を歌った。そこへ、ほとんど瀕死の状態になった兎の一群が、鰐に運ばれてやってきた。竜国別はそばに寄り添って天の数歌を高らかにうたいながら、傷を撫でさすった。そして天津祝詞を唱えて一同の回復を暗祈黙祷した。すると神徳たちまち現れて、運ばれてきた兎たちの痛みは癒え、傷は回復した。兎たちは竜国別に涙を流して感謝の意を表した。兎たちは、獅子王の棲み処の森に近づいたところ、猛獣隊に襲われて捕えられ、命を奪われようとしたときに霊光が照らし、猛獣たちは倒れ伏してしまったという。兎たちは命からがら湖まで逃れ、運ばれてきたと報告し、また改めて宣伝使たちに感謝を表した。兎の都を襲撃した猛獣の大軍は、琉球の霊光に照らされて命からがら、獅子王の本拠であるアラスの森に敗走しつつあった。戦況報告を待っていた獅子王の下に、禿鷲の王がいち早く戻ってきて、兎方に強力な神威が現れあえなく敗戦した旨を伝えた。獅子王はこれを聞いて悲憤にくれてしまった。そこへ、風のまにまにどこからともなく宣伝歌が聞こえてきた。それを聞くと獅子王は頭を抱え目をふさぎ、たちまちその場に倒れ伏して苦しみ悶えてしまった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年08月22日(旧06月30日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年10月15日 愛善世界社版63頁 八幡書店版第6輯 172頁 修補版 校定版66頁 普及版24頁 初版 ページ備考
OBC rm3206
本文の文字数3312
本文のヒット件数全 0 件/森林の都=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  兎の王の側近く仕へたる左守の位置にある大兎は、立上つて感謝の意を表し、又もやうたひ始むる。
『暗夜を照らす琉の玉  吾等を救ふ球の玉
 二つの玉は大空の  月日の如く輝きぬ
 青くしぼみし吾々の  曇りし顔も忽ちに
 二つの玉の御威光に  喜び栄え輝きぬ
 あゝ惟神々々  神の救ひか神人の
 吾等を救ふ真心の  魂の光の現はれか
 南と北に立並ぶ  屏風ケ峰の山脈に
 雲を圧して聳え立つ  帽子ケ岳の頂上より
 瑞の御霊の神司  言依別の大教主
 国依別の真人が  琉と球との神力を
 発揮し給ひて吾々が  此苦しみを詳さに
 救ひ給ひし事の由  月大神の御前に
 額づく折しも示されぬ  いよいよ吾等は天地の
 神の教を相守り  互に他をば犯さずに
 睦び親しみ皇神の  大慈大悲の御心に
 叶へまつらであるべきや  皇大神の任けのまに
 百の艱みを凌ぎつつ  心の岩戸を打開けて
 遥々此処に来りまし  吾等が救ひの神となり
 百の艱みを科戸辺の  風に隈なく吹払ひ
 アマゾン河の急流に  流し給ひし有難さ
 神徳高き鷹依姫の  貴の命の神司
 竜国別を始めとし  心の色もさやさやに
 テーリスタンの真人よ  森に茂れる雑草を
 カーリンスなる神司  茲に四柱並ばして
 時雨の森の中心地  十里四方の霊場に
 降り給ひて湖の  清き泉の御教を
 開き給へる尊さよ  あゝ惟神々々
 神の御徳を蒙りて  吾等も早く執着の
 衣を脱いで天津国  神の御側に参ゐ詣で
 幸ある人と生れ来て  青人草は云ふも更
 禽獣虫魚の端までも  三五教の御教に
 漏れなく落ちなく救ひ上げ  功を樹てて神の子と
 清く仕へむ惟神  神の御前に願ぎまつる
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 只何事も現し世は  直日に見直し聞直し
 宣り直しませ天津神  国魂神の御前に
 兎一同を代表し  救ひの御手の一時も
 早く降らせ給ひまし  獣とおちし身魂をば
 救はせ給へ惟神  神かけ祈り奉る
 旭は照るとも曇るとも  仮令天地は変るとも
 月は盈つとも虧くるとも  おのが身魂のある限り
 皇大神や世の為に  心を清めて三五の
 大道に仕へ奉りなむ  救はせ給へ天津神
 恵み給へよ国津神  国魂神の竜世姫
 御前に願ひ奉る  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
 斯かる所へ兎の一群、鰐の背に乗せられ、気息奄々として帰り来るあり。見れば四五の兎は手を咬まれ、傷つけられ、腹をえぐられ、殆ど瀕死の状態に陥れり。
 之を見るより竜国別は忽ち側に寄り添ひ、天の数歌を声高く歌ひ上げながら、右の手を伸べて各自其傷所を撫でさすり、懇に労はり且つ天津祝詞を奏上し、一刻も早く傷所の痛みを止めさせ給へと、暗祈黙祷を続けたるに、不思議なるかな、神徳忽ち現はれて四五の兎は一斉に痛み鎮まり、疵口は見る間に癒えにける。兎は跪いて、竜国別に感謝の意を表し涙を流して俯伏せり。
 兎の王は一同に向ひ、一刻も早く遭難の顛末を言上せよと迫れば、其中にて最も大なる兎は、兎王に向ひ、前膝をつき、詳さに戦況を物語る。
『申すも詮なき事ながら  吾々は一行五十の兄弟と共に
 ターリスの峰を越え  獅子王の棲処近き
 アラスの森に進まむと  峻しき坂を登る折しも
 俄に聞ゆる猛獣隊の唸り声  驚破一大事と
 四辺の木蔭に身を忍び  様子を窺ふ時もあれ
 現はれ出でたる熊の群  吾等が一隊に向つて
 勢猛く攻め来り  強力に任せて
 或は生首引きぬき  手足をもぎ取り
 或は捕虜となし  山のあなたに引立てて行く
 吾等はもとより  強力なる熊の群に向つて
 対抗するの力もなく  負傷をしながらも逃げまはる
 今や吾等は  熊の爪牙にかかりて
 亡びむとする時しもあれ  眩きばかりの霊光
 帽子ケ岳の方面より  鏡の如く射照らし給へば
 流石強力無双の  熊の一隊も眼眩みて忽ちに
 其場に倒れて伏しました  此機を窺ひ吾々一隊のもの共は
 命カラガラ湖の  畔に漸く逃げ帰り
 湖辺を守る鰐共に  救はれ此処に帰りました
 此戦況を王様に  完全に委曲に申上げ
 敵に向つて膺懲の  戦を起し悪神の
 心を改め以後は必ず無謀の戦を  起さざらしめむ事の用意を
 遊ばされたしと  心計りは張弓の
 思ひ迫つて帰りました  しかるに尊や有難や
 日頃尊み仕へたる  三五教の神司
 竜国別の神様に  危き命を助けられ
 痛みも忽ち全快し  これ程尊い嬉しこと
 又と世界にありませうか  あゝ惟神々々
 神の恵を目のあたり  授かりました吾々は
 是より月の大神に  感謝の祝詞を奏上し
 兎の都の霊地をば  堅磐常磐に守りませう
 鷹依姫の神様よ  竜国別の神様よ
 其外二人の神司  千代に八千代に此里に
 鎮まりまして吾々の  身魂を守り給へかし
 海より深き大恩を  感謝しまつり行末の
 守りを茲に願ぎまつる  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と嬉し涙を流しながら、心の底より神恩を感謝し、且竜国別の親切を打喜び、親の如くに慕ひける。
    ○
 雲霞の如く押し寄せたる猛獣の一隊は、琉と球との霊光に照らされ、命カラガラアラスの森の獅子王が陣屋へ、転けつ輾びつ帰り行く。
 獅子王は此度の兎の都攻めに対し、勝利は如何にと首を伸ばして待ちゐたり。かかる所へ速力早き禿鷲は、三丈ばかりの翼をひろげ、空中を翔つて矢の如く獅子王の前に翔せ帰り来る。獅子王は早くも之を認めて、
『汝は禿鷲の王ならずや。今日の一戦、味方の勝敗詳さに語れ!』
と待ちかねし如く慌しく問ひかくる。禿鷲は羽搏きしながら、さも恨めしげに獅子王に向つて戦闘の模様を陳弁する。
『狼の王は青垣山の南より  熊王北より進みより
 虎王西より突進し  豺王は東の谷間より
 大蛇は巽乾より  鷲の一隊艮や
 坤に陣を取り  兎の都を十重二十重
 包みて一度に鬨の声  ドツと挙げつつ進む折
 湖辺に潜む数万の  鰐は忽ち立上り
 波を踊らせ水を吹き  其勢は中々に
 近寄り難く見えけるが  獅子奮迅の勢を
 発揮しながら驀地に  命を的に攻めよつて
 漸く兎の一部隊  四十有五を捕獲して
 ヤツト一息それよりは  尚も進んて湖を
 一瀉千里に打渡り  月の聖地に立向ひ
 兎の王を捕虜となし  愈目的達せむと
 伊猛り狂ふ折柄に  帽子ケ岳の頂上より
 不思議の霊光現はれて  吾等の軍を射照らせば
 眼はくらみ手はしびれ  足わななきて進み得ず
 命カラガラ青垣の  山を再び攀登り
 東西南北一時に  恨を呑んで引返し
 味方は四方に散乱し  熊王虎王狼王
 大蛇の王の行方さへ  今に至りて判明せず
 無念ながらも只一機  空中翔りてやうやうに
 報告旁帰りし』と
 語れば獅子王腕を組み  悲憤の涙にくれけるが
 どこともなしに宣伝歌  風のまにまに響き来る
 其声聞くより獅子王は  頭を抱へ目を塞ぎ
 忽ち其場にドツと伏し  悶え苦しみ居たりける
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ。
(大正一一・八・二二 旧六・三〇 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki