王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第33巻 洋万里 申の巻
文献名2第2篇 鶴亀躍動
文献名3第8章 春駒〔923〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ春彦は、高姫に自転倒島から着いてきた経緯を歌い、宴席のめでたい場で国依別の過去を非難するような歌を歌った高姫を皮肉った。そして国依別と末子姫への祝いの言葉で祝歌を締めくくった。
テーリスタンは、鷹依姫のアルプス教から三五教に改心し、高姫に聖地を追い出された経緯からこれまでのことを歌い込み、また高姫への注意を交えて祝歌を歌った。
主な人物 舞台ウヅの館 口述日1922(大正11)年08月26日(旧07月4日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm3308
本文の文字数3585
本文のヒット件数全 3 件/海=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  春彦も立上り、祝意を表し、歌ひ始めたり。
『高姫さまのお伴して  秋津の島を春彦が
 いとなつかしき故里を  御霊のふゆをかかぶりて
 教を四方にしき島の  大和男子の益良夫が
 常彦さまと只二人  瀬戸のをば船出して
 艪櫂を漕ぎつつ渡り来る  浪高姫の御剣幕
 荒き汐路を打ち渡り  船を暗礁に乗り上げて
 高島丸の船長の  タルチルさまに助けられ
 波高砂の島の端  テルの港に安着し
 金剛不壊の如意宝珠  其他の玉の所在をば
 尋ねむものと言依別の  瑞の命の跡逐うて
 鏡の池に立向ひ  いろいろ雑多と身をこがし
 アマゾン河を初めとし  時雨の森のまん中で
 モールバンドに出会し  震ひ戦く折柄に
 言依別の神さまが  遣はし玉ひし神司
 四人のお方と諸共に  大森林をくぐりぬけ
 鰐の架橋打ちわたり  兎の都に立向ひ
 鷹依姫の一行と  帽子ケ岳の霊光を
 合図に漸く登りつめ  目出度く此処につきにけり
 国依別の神司  末子の姫の夫となり
 偕老同穴永久に  妹背の道を結びます
 其事きまりて高姫は  身魂が濁つた濁らぬと
 自ら心を濁しつつ  あちら此方とかけ廻り
 遂には深き川に落ち  命を助けて貰ひつつ
 突き落したと逆理屈  呆れ果てたる計りなり
 又もや館にかつがれて  帰つて息を吹返し
 相も変らぬ毒々しい  憎まれ口を叩きつつ
 カール春彦腹を立て  目を釣り合うてゐたりしが
 私は腹がたちまちに  有合ふ火鉢を手にささげ
 高姫目がけて投げつける  覚悟した時カールさま
 待て待て暫し待て暫し  そんな乱暴はやめておけ
 何ぢや彼ぢやと引止める  火鉢は忽ち墜落し
 そこらあたりが灰まぶれ  高姫さまは知らぬ間に
 灰猫婆さまとなりました  灰にまみれた三人が
 ヤツサモツサの最中に  言依別の神さまが
 表戸あけて入り来り  いろいろ雑多と言わけて
 諭し玉へど高姫は  俄に唖の真似をして
 プリンプリンと身をまはす  芋葉に止つた芋虫か
 蚕の蛹の虫のよに  頭をふつたり尻をふり
 御機嫌悪いお顔付  忽ち捨子の姫さまの
 館をさして駆出す  こりやたまらぬと春彦は
 カールの司と諸共に  後追つかけて往て見れば
 フルナの弁の高姫も  言依別や捨子姫
 二人の御方の言霊に  何時の間にやら降伏し
 いやいや乍ら承諾し  ホンに目出たいお目出たい
 今宵は私も参りませう  何かお祝しませうと
 立派に立派に言はしやつた  何をお祝なさるかと
 固唾を呑んで見て居れば  言はいでもよい事ばかり
 国依別のアラ捜し  こんな目出たい宴席で
 ケチをつけるも程がある  意地くね悪い婆さまぢやと
 私は腹が立ちました  外の時なら此儘に
 私は放かしちやおきませぬ  さは然り乍ら今日の日は
 誠に芽出たいお日柄ぢや  喧嘩をしては済まないと
 今迄きばつて居たけれど  腹の虫奴が承知せぬ
 実に呆れたお婆アさま  皆さま定めて高姫の
 あの歌聞いたら腹が立たう  何程腹が立つとても
 今宵ばかりは許しやんせ  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  仮令大地は沈むとも
 あれ丈ねぢれた魂が  どうして元へ帰らうか
 曲つた剣は如何しても  元の鞘には納まらぬ
 一ぺんあつい火にかけて  きつい重たい向ふ鎚
 ドツサリ加へて打ち直し  焼刃を入れねば仕方ない
 曲り切つたる魂が  如何して元へ返るやら
 何程真直な杖でさへ  水にひたして眺むれば
 必ず曲つて見えまする  瑞の御霊の御前で
 曲つた心の魂を  浸した所で如何してか
 これが真直に見えませうか  これ程分らぬ御方に
 はるばる従いて此処までも  来た春彦と思はれちや
 誠に誠に恥かしい  こんな人とは知らなんだ
 呆れて物が言へませぬ  あゝ惟神々々
 直日に見直し聞直し  高姫さまは此頃は
 神経過敏のヒステリに  かかつて御座ると宣り直し
 今迄加へた御無礼を  皆さま許して下さんせ
 お伴についてやつて来た  此の春彦が高姫に
 代つてお詫を致します  あゝ惟神々々
 こんな事をば此席で  申上げるは済まないが
 私の体に憑つたる  副守護神が承知せぬ
 止むを得ずして悪口を  ベラベラ喋つた此の私
 天津神達国津神  国魂神さま春彦の
 此過ちを平けく  見直しまして今日だけは
 どうぞお赦しなさりませ  国依別の神さまよ
 末子の姫と睦まじう  生き存らへていつ迄も
 神の御為世の為に  どうぞ尽して下さんせ
 春彦ここに真心を  こめて御願ひ致します
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ』
 テーリスタンは立上り、歌ひ始めたり。其歌、
『自転倒島の中心地  高春山に現はれし
 鷹依姫に従うて  テーリスタンやカーリンス
 左守右守の神となり  羽振りを利かしてゐる所
 高姫黒姫両人が  天の森までやつて来て
 茲に二人が同志打  其機を伺ひいろいろと
 手段を以て両人を  岩窟の中へ押込めて
 金剛不壊の如意宝珠  喉から吐かそと思ふ間
 国依別の一行が  ここに現はれましまして
 不思議の縁で吾々は  三五教に入信し
 錦の宮の側近き  黒姫館に身を托し
 仕へ居るをり黄金の  玉の紛失事件より
 高姫さまに追ひ出され  カーリンスと諸共に
 大原を漂ひつ  鷹依姫や竜国別の
 神の司に巡り合ひ  四人揃うて高砂の
 島にやうやう安着し  いろいろ雑多と気を配り
 玉の所在を尋ねつつ  時雨の森の森林に
 兎の王の神となり  月日を送る折柄に
 高姫一行八人は  のそのそ そこへやつて来た
 無事でおまめでお達者で  目出たい事で御座います
 こんな挨拶そこそこに  かはす間もなく一行は
 天津祝詞を宣り乍ら  帽子ケ岳に立向ひ
 今日の花形役者なる  国依別の神さまに
 ベツタリ出会うて勇み立ち  言依別の教主等と
 十八人の一行は  ウヅの都へ帰りけり
 思ひがけなき末子姫  神素盞嗚尊まで
 此処に現はれゐますとは  私は夢にも知らなんだ
 あゝ惟神々々  神の御稜威の現はれて
 国依別の神司  末子の姫と合衾の
 目出たき式をあげ玉ふ  此宴席に侍りて
 神酒神饌御水は云ふも更  河山野種々の
 珍物をばあてがはれ  謡ひつ舞ひつ勇ましく
 千歳寿ぐ嬉しさよ  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましまして  放り出されたる高姫さまに
 又もや此処でいろいろの  妙なお歌を聞かされて
 私は感心々々と  頭をかたげて居りました
 感心したと申すのは  意地くね悪い高姫の
 負けず嫌ひの魂に  本当に呆れた事ですよ
 あゝ惟神々々  こんな目出たい席上で
 高姫さまとの争ひを  したくはなけれど後の為
 高姫さまの戒めに  一寸意見を述べました
 思へば畏き神の前  末子の姫の御前も
 憚りませぬ無作法を  何卒許して下さんせ
 テーリスタンが真心を  こめて御願致します
 言依別の神司  其他一同の方々よ
 互に心をあはせつつ  打寛ろいで酒肴
 ドツサリよばれて舞ひ踊り  千秋万歳万々歳
 世は高砂の何時までも  栄え栄えて後の世の
 礎固くつきかため  これの目出たい宴席を
 仇に流さずいつ迄も  心に刻みて喜びませう
 あゝ惟神々々  神の御前に寿ぎまつる
 神の御前に祝ぎまつる』
(大正一一・八・二六 旧七・四 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki