王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻
文献名2第1篇 天意か人意かよみ(新仮名遣い)てんいかじんいか
文献名3第5章 バリーの館〔993〕よみ(新仮名遣い)ばりーのやかた
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじサガレン王派の重臣たちのみならず、王自身をも幽閉してしまった竜雲は、今や誰はばかることなくケールス姫と夫婦気取りになり王の権力を行使し、ますます傍若無人の行動をなした。そのため国内には人民の恨みの声がとどろいた。竜雲もさすがに公然と王を名乗ることはせず、ケールス姫を表に立てて自分は黒幕となって国政を掌握した。竜雲は、サール、アナン、セール、ウインチら正義派の残党を捕えようと部下を四方に派遣した。四人はバリーの山中に隠れて王派の部下を集め、竜雲をどうにかして滅ぼして王を復位させ、捕えられている人々を助けようと計画していた。竜雲は自分の信任厚い弟子・テーリスに獄舎の王派の人々の監視を命じた。しかしテーリスは実は思慮深い王派の人物であり、竜雲とケールス姫の信任を受けて彼らの企みを探っていたのであった。バリーの山奥にある巨大な岩窟の中で、サガレン王派の人々は竜雲討伐の計画を練っていた。アナンはケールス姫一派に深く入り込んでいるテーリスと連絡をつけて獄中の人たちを救い出そうと計画した。アナンはわざと捕まってテーリスと連絡をつける計画の出立にあたり、門出の歌を歌った。竜雲の横暴に憤り、サガレン王とその忠臣たちを助け出して戦を仕掛け、竜雲を追い払おうという意気を勇ましく歌い、旅装を整えて出立した。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年09月21日(旧08月1日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年12月30日 愛善世界社版42頁 八幡書店版第6輯 598頁 修補版 校定版43頁 普及版20頁 初版 ページ備考
OBC rm3605
本文の文字数3362
本文のヒット件数全 6 件/タールチン=6
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  竜雲は、サガレン王を発狂者として幽閉し、左守神のタールチン夫婦を初め、右守神のエームス、ゼム、エール、シルレング、ユーズ等のバラモン教信者にして王に誠忠なる人物を残らず獄に投じたれば、今は誰憚る者もなく、ケールス姫と共に国王気取りになつて、益々傍若無人の行動をなし、悪逆日に増長して、怨嗟の声は国内に轟き渡る事となつた。竜雲も遉は人心の向背如何を顧み、公然王と名乗る事をなさず、ケールス姫を表に立て、自分は黒幕となつて国政を掌握し、ケリヤを左守神とし、ハルマを右守神となし、ベール、メール、ヨールの三人を抜擢して重要なる位置に据ゑ、日夜、茗宴に耽り、放埒不覊の生活を送りつつあつた。
 さうしてサール、アナン、セール、ウインチなぞの正義派を盡く捕へて獄に投ぜむと、部下を四方に派して捜索し初めた。されど四人は、早くも姿をかくし、バリーの山中に隠れ、数多の正しき王の部下を集めて、竜雲を滅ぼし、王をして再び元の地位に立たせむと企劃しつつあつた。さうして、タールチン以下の冥窓に苦しむ人々を一日も早く救ひ出さむと、昼夜肝胆を砕きつつあつたのである。
 竜雲は秘蔵の弟子と頼みたるテーリスをして牢獄の番人頭となし、一同の動静を監視せしめつつあつた。されど此テーリスは最も思慮深き人物にして、サガレン王の今日の境遇を予知し居たれば、初めよりケールス姫、竜雲に取り入り、絶対的の信任を受けて居た。それ故に竜雲はテーリスを抜擢して牢獄を守らしめ、これにて大丈夫と安堵の胸を撫で卸しつつあつたのである。
 バリーの山奥には巨大なる岩窟があつて、中は天然の住家となつて居る。此処にサガレン王に忠実なる人々は暫し姿を隠し、竜雲誅伐の計画を廻らしつつあつた。
 サールは一同に向ひ、
『最早今日となつては、竜雲も稍安心の胸を撫で卸し気を許し居るならむ。何とか致して夜襲を試み彼を引き捕へ、目に物見せてやらずば、王様を初め忠実なる人々の身辺は刻々に危険迫り、呑臍の悔を残す事あるべし。如何にすれば宜敷からむや』
と一同に計れば、アナンは進み出で、
『先づ第一にタールチン以下を救ひ出し、短兵急に攻め寄せて竜雲を奪ひとり、徐にケールス姫の御改心を願ふをもつて穏健なるやり方と考へます。漫りに人を殺すは天の許さざる処、止むを得ざれば彼を誅伐するも詮なけれど、成らう事なら一旦彼を捕縛して改心をせまり、どうしても聞かざれば其時の手段に致さうでは御座らぬか』
ウインチ『この期に及んで、そんな手緩き事はして居られますまい。斯の如く忠臣義士の集まりし上からは、一挙に攻めよせ竜雲を滅し、国家の為め害をのぞくに如くはありますまい』
セール『先ず第一に、タールチン、エームス以下を救ひ出すのが肝腎で御座らう。併し乍らこれは容易の業では御座らぬ。皆さまは何か確信が御座いますかな』
アナン『確にあります。テーリスと内外相応じ、先づ彼をして時を窺ひタールチン以下を救ひ出さしめ、それを機会に攻め寄せなば易々たる業で御座らう』
ウインチ『何を云うても名利に走る世の中、悪に従ふものは大多数、吾等は寡をもつて衆に当る事なれば、余り楽観は出来申さぬ。又テーリスは竜雲の股肱と頼む大の味方、さう註文通り彼が返り忠を致す気遣ひもありますまい』
アナン『決して決して御心配は御無用で御座る。テーリスは今日ある事を予知し、わざと竜雲の喉下に這入り、甘く彼が股肱となつた者故、牢獄の監督を命じたので御座います。きつとテーリスは吾々の至るを待つて居るでせう』
ウインチ『果して夫れが真なりとすれば、実に此上なき好都合で御座る。何とか彼に面会する機会は御座るまいかなア』
 アナンはニツコと笑ひ、
『沢山に手段は御座る。先づ御一同が夜討の計画を整へられた上、私は神地城近く進み入り、態と竜雲の部下に捕へられ、入牢してテーリスに遇ひ、この計画を窃に示し合せ、事を計るで御座らう。先ず私は是より神地の都近くに進みませう。こちらの方に準備が整へば牢獄の近辺に夜窃に現はれて、爆竹の合図をして下さい。さすれば私はテーリスと共に、内部の人々を牢獄より放ちし上、爆竹をもつて合図を致しませう。その音を聞くと共に表門に殺到されたし。必ず内より門を開き、共に共に大活動を致しませう。これより外に計略はありませぬ』
サール『なる程結構な謀ではありますが、竜雲も亦、神変不思議の妖術を使ふ奴なれば、吾々の計略を前知し却て敵に計られ、反対に滅さるるやうな事はありますまいかなア』
アナン『決して左様な心配は入りませぬ。竜雲は些しも神通力はもつて居ませぬ。もし、果して彼に神通力がありとすれば、テーリスの心を看破せずには居りますまい』
 ウインチ、サール、セールは『成程』と打ち諾き、思はず知らず『アハヽヽヽ』と打ち笑ふ。
 アナンは門出の祝として歌を謡ふ。
『あゝ面白し面白し  不倶戴天の仇を討ち
 君を助くる時は来ぬ  ウラルの教の竜雲が
 いつの間にやら錫蘭の島  神地の都に現はれて
 種々雑多と計画し  ケールス姫の傍近く
 侍りて姫を誑惑し  日に日につのる悪逆無道
 左守神のタールチン  キングス姫を初めとし
 エームス、ユーズ、ゼム、エール  シルレング迄も無残にも
 牢獄の中に投げ込みて  自己に従ふ悪者を
 近づけ遂に野心をば  遂行せむと朝夕に
 よからぬ事を企みつつ  サガレン王を幽閉し
 飛ぶ鳥さへも落すよな  その勢のすさまじく
 侮り難く見えにけり  さはさりながら天地の
 皇大神はいかにして  此狂暴を許すべき
 天地の道理に背きたる  曲の司の竜雲を
 滅ぼしたまふ時は来ぬ  あゝ面白し面白し
 精忠無比の人々は  この隠家に集まりて
 君の御為国の為  軍を整へ神地城
 さして堂々進み行く  天地の神も吾々が
 誠を諾ひたまひつつ  太き功を永久に
 立てさせたまはむ逸早く  準備を整へ曲神を
 打ち平げて天ケ下  四方の民草安らけく
 いと平けく治むべし  吾はこれより一走り
 神地の都に立ち向ひ  彼の竜雲が手下等に
 甘く捕はれ入獄し  テーリスさまに廻り遇ひ
 すべての計画打ち合せ  サール、セールやウインチの
 神軍攻めて来る迄  総ての準備を整へむ
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ
 忠義に逸る吾々が  願ひを漏らさず聞し召せ
 神地の城は高くとも  周囲の堀は深くとも
 忠義一途の真心に  刃向ふ敵はよもあらじ
 あゝ勇ましや勇ましや  君を助くる時は来ぬ
 あゝ惟神々々  数多の正しき人々よ
 後より用意を整へて  進んで来れ逸早く
 吾は一先づ立ち出でむ  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  仮令大地は沈むとも
 誠の力は世を救ふ  神が表に現はれて
 善と悪とを立てわける  三五教ではなけれども
 此世を造りし神直日  心も広き大直日
 唯何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは宣り直す  神の心に顧みて
 悪逆無道の竜雲も  心を改めまつろへば
 必ず命は助くべし  いざいざさらばいざさらば
 いづれも無事で神軍を  指揮して後より来りませ』
と足早に旅装束を調へ、神地の都を指して進み行く。
(大正一一・九・二一 旧八・一 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki