王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻
文献名2第1篇 天意か人意かよみ(新仮名遣い)てんいかじんいか
文献名3第8章 悪現霊〔996〕よみ(新仮名遣い)あくげんれい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじアナンの軍は牢獄から一度は同志たちを救い出したが、アナン、セール、シルレング、ユーズたちの一隊は城内の落とし穴に落ち込んでしまった。竜雲の左守ケリヤと右守ハルマは采配を打ち振ってアナンの軍を迎え撃ち、寄せ手の三分の一ほどを打倒した。アナン軍の指揮を執っていたサールとウインチはやむを得ず退却し、バリーの館に引き上げて行った。竜雲は部下たちの防戦をねぎらい、城の防備を固めた。しかし牢獄は破られ、サガレン王は姿を消していた。エームスとテーリスの姿も見えなくなっていた。竜雲は部下に下知して、三人の行方を探るべく捕り手たちを四方に派遣した。竜雲は味方の将卒をねぎらうために城内の庭で祝宴を開いた。竜雲はシロの島の司となって人民をウラル教に導こうという野望を歌った。ケールス姫やケリヤも竜雲を称える歌を歌った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年09月21日(旧08月1日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年12月30日 愛善世界社版71頁 八幡書店版第6輯 608頁 修補版 校定版72頁 普及版31頁 初版 ページ備考
OBC rm3608
本文の文字数3316
本文のヒット件数全 4 件/タールチン=4
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  アナン、セールの一隊は館に向ひ、サール、ウインチはタールチン、キングス姫、ゼム、エール、シルレング、ユーズを救ひ出さむと、牢獄の方に猛進した。
 ベールは部下の獄卒と共に死力を竭して戦うたが、つひにコリヤ叶はぬと思ひしか雲を霞と姿を隠して了つた。
 サール、ウインチは一同の忠臣を首尾よく救ひ出だし、次にアナン、セールの隊に合すべく王の館を指して進み行く。竜雲、ケールス姫は奥の間に顔の色を変へ、手鎗を小脇に抱へ、寄らば突かむと身構へしてゐる。
 真先に進んだアナン、セールを始め、シルレング、ユーズは不運にも、館の中の俄作りの深き陥穽におち込んで了つた。
 サール、ウインチを始め、タールチン、キングス姫、ゼム、エールは、此上深入りするは如何なる羽目に陥るやも計り難しと、大事をふんで後へ引返し、表に出でて再び戦ひを継続しつつあつた。
 ケリヤ、ハルマは采配を打ふり打ふり、所在精鋭の武器を揃へて、命限りに防ぎ戦ひ寄せ手の人数は殆ど三分以上瞬く間に斬り倒されて了つた。サール、ウインチは止むを得ず、タールチン、キングス姫、其他と共に一先づここを退却し、再び捲土重来の策を構ぜむと、バリーの館に軍を返した。
 竜雲は見方の将卒を集め、今日の防戦の偉勲を口を極めて賞揚し、城の外部を念入りに警護せしめた。そしてサガレン王を始め、信用し切つたるエームス、テーリスの姿の見えざるに驚き、再びケリヤ、ハルマに命じ、捕手を四方に遣はして、王、外二人の所在を厳しく捜索せしめた。併し乍ら、王の行方は到底分らなくなつて了つたのである。
 竜雲は部下の将卒を労ふべく、城の広庭に草蓆を布き、四方を警戒し乍ら、大祝宴を開いた。其席上にて竜雲は声高々と歌ふ。
『此世の御祖とあれませる  塩長彦大神の
 御稜威は今や輝きて  ウラルの教の世となりぬ
 大国彦の系統と  世に誇りたるサガレン王の
 醜の魔神は竜雲が  広大無辺の神徳に
 吹き払はれて影もなく  煙となつて消え失せぬ
 われは是よりシロ島の  司となりて百司
 百人達を悉く  ウラルの神の御教に
 まつろひ合せ御恵の  露を普くうるほさむ
 あゝ惟神々々  塩長彦の御威勢は
 今に始めぬ事乍ら  四方の草木も悉く
 片葉もとめず伏しなびく  かかる尊き大神の
 教にまつろふ竜雲は  天津神たち八百万
 国津神たち国魂の  神の力を身に受けて
 月日の如く永久に  輝きわたるわが御稜威
 称へまつれよ百司  ケールス姫を始めとし
 左守右守の神司  ケリヤ、ハルマは云ふも更
 ベールやメール、ヨール迄  吾神徳にまつろひて
 清く仕へよ吾前に  われは此世を平けく
 治むる救ひの神なるぞ  此シロ島に竜雲の
 納まる限り鬼大蛇  いかなる曲津の攻め来共
 恐るる事はなき程に  上と下とは睦び合ひ
 心を合せ力をば  一つになしてわが治らす
 此神国を守れかし  あゝ惟神々々
 神の御前に真心を  ささげて祈り奉る』
と悪にも三分の理屈があるとやら、一かどよい気になつて、臆面もなく大勢の前に厚かましくも其千枚張りの面の皮をさらし、得々としてゐる。
 ケールス姫は其尾に付けて機嫌よく自ら歌ひ、自ら舞ひ、竜雲の武運と其幸福を祈りたる、其歌。
『高天原に現れませる  塩長彦の大神の
 守り玉へるウラル教  神の司の竜雲師
 広大無辺の御神徳  現はれまして今ここに
 シロの島をば平けく  いと安らけく治めます
 聖の世とはなりにけり  喜び勇めよ百司
 国人達も諸共に  竜雲司の神徳を
 心の底より喜びて  称へまつれよ惟神
 神の力は目のあたり  心の弱きサガレン王の
 君の命は汚れたる  バラモン教を朝夕に
 命の如く崇めつつ  此世を紊し玉ひけり
 曲津の神の猛びにて  神地の城は日に月に
 衰へ行きて刈ごもの  乱れ果てたる有様を
 治むる由も泣きね入り  苦み切つたる折柄に
 ウラルの道の神司  神徳高き竜雲が
 天津御空の雲にのり  はるばる茲に下りまし
 千変万化の神力を  現はし玉ひて吾々を
 神の大道に導きつ  尊き神の御国に
 救ひ玉ふぞ尊けれ  あゝ惟神々々
 妾はいかなる仕合せか  今まで曇りし胸のやみ
 科戸の風に影もなく  吹き払はれて村肝の
 心の空に月は照り  星の光はキラキラと
 輝きわたる身となりぬ  ケリヤ、ハルマを始めとし
 其他の百の司たち  吾言霊を諾なひて
 今より先は真心の  限りを尽し身を尽し
 竜雲司の御教を  心に放さずよく守り
 天ケ下なる民草を  救ひ助けて永久に
 ゆるがぬ朽ちざる御世となし  天津誠の大道に
 まつろひまつれよ惟神  塩長彦の御前に
 ケールス姫が真心の  あらむ限りを打あけて
 つつしみ敬ひねぎまつる  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と陽気になつて歌ひ舞ひ納め、竜雲の手を曳いて、奥の間深く進み入る。
 ケリヤは一同の司及び雑役等に向つて、鼻高々と歌を以て宣り伝へた、其歌。
『げにも目出たき御世なるか  天の河原にさをさして
 あもりましたる竜雲師  広大無辺の神力を
 発揮し玉ひて今ここに  神地の都の君となり
 ケールス姫と諸共に  普く仁政を布かむとて
 言あげ玉ひし尊さよ  尊き君に見出だされ
 吾は左守神となり  此城内の一切は
 わが身一つに責任を  負はせ玉ひて天ケ下
 四方の民草撫で玉ふ  げに有難き珍の御代
 われ等は尊き御恵の  万分一に報いむと
 心の限りを尽しつつ  朝な夕なに大神と
 君の御前にいそしみて  仕へまつらむ覚悟なり
 右守神を始めとし  其外百の司たち
 青人草に至る迄  天より降りし此君の
 御稜威を畏み敬ひて  只一言も叛くなよ
 さはさり乍ら腹黒き  タールチンやエームスや
 テーリス、ゼムやエール等が  再び軍を整へて
 攻め来らむも計られず  其時汝等一同は
 怯めず臆せず大神の  力を楯に君の為
 世人の為に玉の緒の  命を惜しまず戦へよ
 仮令生命はすつる共  神の御為君の為
 捨てし生命は天国の  神の御前に行きし時
 珍の宝座を与へられ  其魂は永久に
 安く楽しく喜びの  園に楽しく救はれむ
 あゝ惟神々々  神の御前に真心を
 捧げてケリヤが今ここに  心の丈を誓ひおく
 われと思はむ人々は  一日も早く村肝の
 心を研き体を練り  此土を守るつはものと
 なりて尽せよ惟神  神は汝を守りつつ
 千代に八千代に亡びなき  高きほまれを現はして
 栄えの身魂となさしめむ  ケリヤが今宣る言霊を
 心に刻みて片時も  決して忘るる事勿れ
 左守神が今茲に  竜雲司に成り代り
 一同に向つて述べておく  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と宣示し、悠々として座につく。
 右守神のハルマを始め、其他の人々の脱線的歌は沢山あれ共、余りくだくだしければ省略する事とする。
(大正一一・九・二一 旧八・一 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki