王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻
文献名2余白歌よみ(新仮名遣い)
文献名3余白歌よみ(新仮名遣い)よはくか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所 初版発行日1923(大正12)年12月30日 愛善世界社版 八幡書店版 修補版 校定版 普及版 初版 ページ備考
OBC rm368801
本文の文字数1022
本文のヒット件数全 1 件/五六七の御世=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 潮水に月は姿を洗ひつつ
    磯辺の松に清く宿れる〈序文〉
月は今潮水浴びて大空に
    昇り初めたり闇晴れ初めたり〈序文〉
今の世はベースト(獣)のみがはびこりて
    日に夜に道を汚し行くなり〈第1章〉
神名を騙るマルベーロ(醜)の偽救主
    朝な夕なに御世を曇らす〈第1章〉
肝向かふ心の鬼の恐ろしさに
    ふるひをののく醜人あはれ〈第2章(三版)〉
山は裂け海は荒渡狂ふとも
    三五の月は高く澄むなり〈第7章〉
獅子豺や虎狼を言向けて
    早く五六七の御世迎へたき〈第7章〉
皇神の教のまにまに神司
    プロパガーンド(宣伝)の旅に出で行く〈第8章〉
老の坂踏みはじめたる身にしあれど
    神の大道を安く歩まむ〈第8章〉
月は今谷のはざまに潜みつつ
    星の往来に任せつつまつ〈第13章〉
浮雲の走りゆく様見澄まして
    いつしか出でむ三五の月〈第13章〉
曲神の伊猛り狂ふ今の世は
    神の御声を聞くものぞなき〈第14章〉

猩々はよく物言ふも
畜生たるを免れず
鸚鵡も九官鳥もその通り
教へられた事より外に言語の知識がない
そこが人間との相違点だ
しかし今日の学者は
皆右の類だ〈第14章〉

千二百六十日の間月汚す
    六百六十六匹のけもの〈第15章〉
自然愛地獄愛の世いつまでも
    続くとすれば此の世は泥海〈第18章〉
神なしの蛸間の山に集まりし
    怪しき獣もろく失せける〈第18章〉
山も飛べ海もかへれと天津風
    吹かずばこの世の闇は晴れまじ〈第19章〉
言さやぐ醜の邪神の亡ぶとき
    天と地とは神国となる〈第22章〉
皇神の御許しなくば何人の
    智慧も力も何の用なき〈第22章〉
物語聞く度ごとにわが胸は
    蓮の薫る心地なりけり〈第24章〉
わが胸の曇りを払ふ物語
    読む人神の御使と思ふ〈第24章〉
村肝の心の塵を払はむと
    暇あるごとに物語読む〈第24章〉
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki