王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻
文献名2後付
文献名3霊の礎(九)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ天上世界にも東西南北の方位がある。愛の善徳をそなえた天人は東西に住む。東方は明瞭に、西方はおぼろげに愛を感じる。
愛の徳から証覚を得た天人は南北に住む。南方は明瞭に証覚を具えた天人が住み、北方はおぼろげに証覚を備えた天人が住む。
主神がいます霊国にある天人と、天国にある天人はみな共に、この順序を守っている。主の霊国は愛の徳である。この徳に依って真光にしたがう度合いにより、天人おのおのに相違があるのである。
天の御国における愛は、主神に対する愛である。ここから来る真光は、無上の証覚である。霊国所在の真愛は、公共に対する愛である。これを仁愛(みろく)と称えるのである。
仁愛の真の光明は、神に基づく知恵である。この知恵を、信というのである。
主神が統轄なし給う高天原の天界は、二つに分かれている。主神のまします天界を霊の国と呼ぶ。天人たちが住居する世界は、天国である。
天国の天人は主神を太陽と打ち仰ぎ、霊国の天人は主神を月と打ち仰ぐ。主神が顕現し給うところは、東である。
このように、天国では太陽、霊国では月と現れ給うのは、愛と信とを摂受する度合いが異なるためである。愛の善徳は火に応じ、信は光明に応じる。霊国と天国が二つに分かれるゆえんである。
天人が現界の太陽と月を見ると、暗く見える。なぜなら、地上における火熱は自愛に相応し、光明はその自愛から招く虚偽に相当するからである。
自愛は、主神の愛とまったく相反する。そして自愛から生じる虚偽は、主神が有する神真と正反対なのである。
主神が具える神愛神真に逆らうものは、天人の眼には暗く映るのである。天国にある天人は主の神を太陽のように打ち仰ぎ、霊国の天人は月のように打ち仰ぐ。
地獄の世界にあるものは、自己と世界のみを愛し、神に逆らうために暗黒迷妄のうちに居り、神に背き主神を後方に捨てておく。これらを鬼霊精霊と称え、地獄の鬼というのである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年10月08日(旧08月18日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm379901
本文の文字数1281
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  現実世界を後にして  天上世界に往き見れば
 地上の世界と同様に  東西南北の方位あり
 而して諸の天人は  各住所に異同あり
 愛の善徳具へたる  天人住めるは東西位
 而して東方は明瞭に  之をば感じ西方は
 おぼろに之を感ず也  愛の徳より証覚を
 具へて住むは南北位  而して南方は明瞭に
 証覚光を具へたる  天人許り之に住み
 又北方はおぼろげに  証覚光を具へたる
 天人のみぞ之に住む  主神のいます霊国に
 在る天人と天国に  在る天人と皆共に
 これの順序を守れども  主の霊国は愛の徳
 この徳に依り真光に  従ふものと相異あり
 天の御国に於ける愛は  主神に対する愛にして
 之より来る真光は  即ち無上の証覚ぞ
 霊国所在の真愛は  公共に対する愛にして
 之をば仁愛と称ふなり  仁愛の真の光明は
 神に基く智慧ぞかし  これの智慧をば信と云ふ
    ○
 主神の統轄為し給ふ  高天原の天界は
 全く二つに分れあり  主神の坐します天界を
 称して霊の国と謂ひ  天人達の住居せる
 世界は即ち天国ぞ  霊の御国と天国を
 構成したる諸々の  天の世界の方向は
 決して同じきものならず  そも天国の天人は
 主神を太陽と打仰ぎ  霊の御国に住むものは
 主神を月と打仰ぐ  而して主神の顕現し
 たまふ処は東なり  真神即ち主の神は
 天国にては太陽と  顕はれ給ひ霊国に
 在りては月と顕れたまふ  斯くも二種の御姿に
 顕はれ玉ふは何故ぞ  愛と信とを摂受する
 度合の異る為ぞかし  愛の善徳は火に応じ
 信は光明に相応ず  是霊国と天国の
 二つに分るる所以なり
    ○
 高天原の天界に  住む天人の眼より
 見る太陽は天界の  太陽に比して最暗し
 又太陰も同様に  天界の月に比ぶれば
 最も暗く見ゆるなり  其理如何と云ふならば
 地上に於ける太陽の  火熱は自愛に相応し
 その光明は自愛より  招ける虚偽に相応す
 そもそも自愛は主の神の  愛と全く相反し
 自愛よりするその虚偽は  主神の有する神真と
 正反対となればなり  かくして主神の具へたる
 神愛神真そのものに  逆らふものは天人の
 眼に暗く映るなり  高天原の天国に
 ある天人は主の神を  太陽の如く打仰ぎ
 霊国在住の天人は  月の如くに仰ぐなり
    ○
 地獄の世界に在るものは  自己と世界をのみ愛し
 神に逆らふその為に  暗黒溟濛の裡に居り
 全く神に相背き  主神を後方に捨てておく
 これ等を鬼霊精霊と  称へて地獄の鬼となす
 アヽ惟神々々  神の世界の奇びなる。
  大正十一年十二月
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki