王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻
文献名2第2篇 寒梅照国
文献名3第7章 文珠〔1091〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ騎馬隊は、バラモン軍の武将・片彦の一隊であった。照国別一行は、彼らがイソ館への進軍の先鋒隊だと聞いてなんとか追い返そうと思案をめぐらした。
照国別は声も涼しく宣伝歌を歌い始めた。その言霊に打たれて、早くも騎馬隊の四五人は馬首をめぐらし躊躇の色が見え始めた。片彦は味方に叱咤し、今こそ三五教の宣伝使を打ち倒す時だと活を入れた。
照国別に襲い来る騎馬武者たちを見かねて、岩彦は金剛杖を振り回して突撃し、馬の足を殴り倒した。二騎が落馬し、騎馬隊は一目散に逃げ散った。岩彦は敵の馬を奪い、騎馬隊を追いかけて行ってしまった。
照国別は泰然として宣伝歌を歌っていたが、照公、梅公とともに岩彦が打ち落とした敵の騎馬武者二名を介抱し始めた。二人はたちまち回復すると、照国別一行に命乞いを始めた。
照国別は、バラモン教の騎馬武者ケーリスとタークスを自分の弟子となし安堵させると、清春山への使いを頼み、その後はイソ館に行って修業をなすよう諭し、手紙を託して送り出した。
一方、片彦の一隊を追って行った岩彦は、バラモン教の援軍に攻められて身体一面に矢を受け、瀕死の重傷を負って地面に転落してしまった。片彦と釘彦が岩彦の首を取ろうとしたとき、どこからともなく唐獅子の大群が現れた。
巨大な獅子の背にまたがった大男の眉間から強烈な神光が発射され、その勢いにバラモン軍は散り散りに逃げてしまった。
岩彦が気が付いてその神人を見上げると、それは時置師神・杢助であった。岩彦は驚きかつ喜び、杢助にお礼を述べた。
杢助は笑って岩彦の乱暴をいさめると、一頭の大きな唐獅子を岩彦に託し、ライオン河を渡って黄金姫・清照姫の遭難を救うように命じて姿を隠してしまった。実は木花姫命が杢助の姿を借りて、岩彦を助けたのであった。
このときから岩彦の姿は透き通って鼈甲のようになっていた。岩彦は文殊菩薩となり、獅子の助けによって月の国の諸所に縦横無尽に変幻出没し、三五教の神軍を助けることになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年11月02日(旧09月14日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm4007
本文の文字数5074
本文のヒット件数全 1 件/木花姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  照国別は照公、梅公、岩彦の宣伝使と共にクルスの森に休息する折しも、前方よりイソ館に向つて進撃する鬼春別の部将片彦の一隊の来るに会ひ、潜かに木の茂みに隠れて様子を窺ひつつあつた。片彦の一隊数十騎はライオン河を渡り、百丁余りの道を疾駆して、漸くクルスの森に到着し、人馬の休息をなさむと馬を乗り捨て、森の中に逍遥する者、又は横はつて雑談に耽る者もあつた。
 此一隊はイソ館に向ふ攻撃軍の先鋒隊とも斥候隊ともいふべき重要の任務に就いてゐる隊列である。
 暫く休息の上、片彦は再び馬にヒラリと飛乗り、人員点呼をなし、馬上より大音声を張り上げて下知して曰く、
『之より先は三五教の勢力範囲ともいふべき地点である。清春山は大足別将軍、今やカルマタ国へ進軍の為不在中なれば、守り少く、到底力とするに足らず。本隊のランチ将軍は、後より進み来るべしと雖も、吾等は吾等としての任務あり。四辺に心を配り、左右を窺ひつつ、之より以北は最も注意を要す』
と命令しつつあつた。木蔭に隠れし照国別一行はイソの館に進軍の先鋒と聞き、仮令少数と雖も此儘通過せしむる事は出来ない。何とかして此先鋒隊を追ひ捲らねばならない。後より来る玉国別に対しても、照国別は敵に遭ひながら之を見のがし、ウブスナ山に近付かしめたりと言はれては、吾々の職務が尽せない…………と腕を組み思案に暮れてゐた。
 岩彦は心を焦ち、
『照国別さま、大変な事になつて来ました。片彦の一隊と見えます。之を奥へ進ませてはなりませぬから、一つここで何とか方法を講じようではありませぬか。最前のお話に依れば、三五教は何処までも無抵抗主義とは云はれましたが、敵は武力を以て進み来るもの、いかに言霊の妙用ありとて、十数倍の敵に向つて戦ふは容易の業ではありますまい。如何しても武力に訴へなければ駄目でせうから、あなたは宣伝歌を歌ひ魔神の霊を畏服させて下さい。此岩彦は得意の杖を使ひ、敵の真只中に躍り込んで、一歩も之より奥へは進入させない様に致しますから、決して敵を殺傷する様な事は致しませぬ。只敵を威喝して、元へ追つ返す迄の事ですから………』
照国『先鋒隊として黄金姫、清照姫が行つて居る筈だから、後へ追つ返せば、却て両人を後より攻め来る敵軍と共に挟み撃ちに遭はす様なものだ。ハテ困つたことが出来たものだ。吾々の目的はハルナの都の大黒主を帰順さすのが使命の眼目で、彼等如き木端武者を相手にすべきものではない。ぢやといつて、みすみすイソ館へ進撃する一隊と知つて、之を防止せざるは吾々の職務を果さざるといふもの。兎も角言霊を以て彼片彦が一隊に向ひ戦闘を開始してみよう。それでゆかない時は岩彦の考への通りに杖を使つて敵を散乱させる方法を採るより仕方はあるまい。先づ第一に神様のお力を借つて善戦善闘する事にせう。照公、梅公もその用意を致すがよからう』
照公『始めて敵の軍隊に出会し、こんな愉快な事はありませぬワイ。わが言霊の神力を試すは此時で厶いませう』
と潔く言つてのけたものの、何とはなしに其声は震うてゐた。
梅公『宣伝使様、万々一敵の馬蹄に踏み躙られ、命危くなつた時は抵抗するかも知れませぬから、それ丈御承知を願つておきます。私は岩彦さまのやうに武器を使ふ事は不得手です、が何とかして防衛をなし、一身を守らねばなりませぬ』
と大事の使命を忘れて只自分の安全に就てのみ心を痛めて居る様子であつた。岩彦は早くも杖をしごいて、弦を離れむとする間際の矢の如く、体を斜に構へて、照国別の命令を今や遅しと待つて居た。此時敵は已に馬首を並べて北進せむとする様子が見えて来た。
 照国別は声も涼しく宣伝歌を歌ふ。
『常世の国の自在天  大国彦を祀りたる
 バラモン教の神館  空照り渡る月の国
 ハルナの都に現はれて  鬼雲彦の又の御名
 大黒主が郎党を  呼び集ひつつ日に月に
 再び勢盛り返し  傲り驕ぶり今は早
 自高自慢の鼻高く  神素盞嗚大神の
 鎮まりいますイソ館  進撃せむと進み来る
 其扮装の勇ましさ  片彦いかに勇あるも
 天地を揺がせ雷電や  風雨を自由に叱咤する
 三五教の言霊に  いかでか敵し得ざらむや
 あゝ惟神々々  神の心に見直して
 無謀の戦を起すより  一日も早く真心に
 立復りませ片彦よ  われも神の子汝も亦
 尊き神の貴の御子  御子と御子とは睦び合ひ
 誠一つの天地の  神の大道に叶ひつつ
 天の下なる神人を  救ひ助けて神国の
 柱とならむ惟神  神に誠を誓ひつつ
 汝が軍に立ち向ひ  言霊車挽き出す
 われは照国別の神  此世を照らす照公や
 神の御稜威も一時に  開いて薫る梅公や
 心も固き宣伝使  岩彦司の四人連
 イソの館を立出でて  ここ迄進みクルス森
 木蔭に潜み横はり  汝が一隊の物語
 完全に委曲に聞終り  覚りし上は如何にして
 汝を此儘通さむや  鬼春別の部下とます
 汝片彦将軍よ  言霊隊の神軍が
 勇士と現れし三五の  照国別の言の葉を
 いと平けく安らけく  心の鏡にうつし見て
 省み給へ惟神  神に誓ひて宣り伝ふ』
 俄に森の中より聞え来る宣伝歌の声に、片彦始め一同は案に相違し、暫し馬首を止め、稍躊躇の色が見えて来た。後に控へし四五人の騎士は言霊に討たれて、何となく怖気づき、早くも馬首をめぐらし、馳け出さむとする形勢さへ見えて来た。片彦はこの態を見て、気を焦ち、躊躇してゐては、却て味方の不統一を来し、不利益此上なしと声を励まし、
『ヤアヤア一同の騎士、三五教の宣伝使の一行現はれたり、大自在天大国彦神の神力を身に受けたる吾々神軍の勇士は、彼等に躊躇することなく、馬蹄にかけて踏み殺せよ』
と厳しく下知すれば、駒に跨り、照国別の方に向つて、鞭をきびしく馬背に当てながら踏砕かむと進み来る。照国別は泰然自若として天の数歌を奏上し、又もや宣伝歌を歌ひ出した。されど心の曇り切つたる曲神には、宣伝歌の力も充分に透徹せず、敵は命限りに攻め来る。其猛勢に腕を叩いて待構へてゐた岩彦は『照国別殿お許しあれ』と言ひながら弦を放れた矢の如く、金剛杖を上下左右に唸りを立てて振り廻しながら、敵に向つて突撃し、瞬く間に馬の脚を片つ端から擲り立てた。馬は驚いて立上り、馬上の騎士は真逆様に地上に転落し、馬を乗り捨て四方八方に逃げ散りゆく。片彦は騎馬の儘、一目散に南方さして駆け出すを、岩彦は敵の馬に跨り杖にて馬腹を鞭ちながら片彦の後を追うて一目散に駆り行く。
 照国別は泰然自若として尚も宣伝歌を歌ひつつあつた。数多の騎士は思ひ思ひに四方八方に転けつ輾びつ散乱した。されども北へは一人も恐れてか逃げ行く者はない。岩彦に膝頭を打たれて倒れてゐる馬匹は七八頭、彼方此方に呻き声をあげてゐる。馬から転落する際、首を突込み、肩骨を外して九死一生の苦みを受け呻吟してゐる二人の敵を、照公、梅公が手分けして介抱してゐる。照国別は敵の負傷者に向つて一生懸命に鎮魂を与へた。漸く首の骨は二人の介抱に依つて元に復し、外れた肩胛骨も元の如く治まつた。
 三人の介抱を受けて漸く元に復したる二人の騎士は、味方は一人もあたりに居らず、三人の三五教の宣伝使や信者の顔を見て大に驚き、
『私は片彦将軍の見出しに預かり、バラモン教の宣伝使となつてゐるケーリス、タークスといふ二人の者で厶います。どうぞ今日只今より三五教に帰順致しますから、命ばかりはお助けを願ひます』
とハラハラと涙を流して頼み込んだ。照国別は言葉を改めて、いと慇懃に労はりながら、
『あなた方は矢張バラモンの宣伝使で厶つたか。世の中は相見互だ、互に助け助けられ、持ちつ持たれつの世の中、三五教は決してバラモン教の如く敵を殺傷するといふやうな非人道的なことはやらないから安心してゐるがよい。就ては汝等両人に申付くることがある。之より清春山へ立寄り、イソの館へお使に行つてはくれまいかなア』
『ハイ最早貴方のお弟子となつた以上は如何なることも承はりませう。併し乍らイソの館へ参るの丈は何だか恐ろしい心持が致します』
『決して三五教は敵でも助ける役だから、汝等を苦めるやうなことはない。又照国別の弟子だといへば屹度大切に扱つて下さるであらう。今手紙を書くから、之を持つて清春山へ立寄り、其次にはイソの館に行つて日の出別神様に面会し、暫くイソ館にて三五の道の修業を致すやう取計らうてやらう』
 二人は、
『ハイ』
と云つたきり有難涙にくれ、再び馬に跨り北へ北へと進むこととなつた。一通の手紙は清春山のポーロに宛て、帰順を促す文面であり、一通は照国別が出陣の途中遭遇したる一伍一什を日の出別神に報告し、且つ此両人をして三五教の教理を学ばしめ、将来宣伝使として用ひ給はば、相当の成績をあぐる者なるべし、何分宜しく頼み入るとの文面であつた。二人は心の底より照国別の慈愛に感じ、遂に清春山に立寄り、ポーロに手紙を渡し、次いでイソ館に進んで教理を学び、且又バラモン教のイソ館を攻撃する一伍一什の作戦計画を残らず打開けて物語り、非常な便宜を与へたのである。
 清春山に二人が立寄り、ポーロ其外を帰順せしめたる一条や其他の面白き経路は項を改めて述ぶることとする。
 話は元へ返つて、岩彦は駿馬に跨り、逃げゆく片彦の後を、己も馬に跨つて一目散に西南指して駆け行く。ライオン河の近くまでやつて来ると、釘彦将軍の一隊又もや数十騎、片彦と共に岩彦一人を目がけて弓を射かけ、攻めかくる。岩彦は一隊の的となり、身体一面矢に刺され、蝟の如くなつて了つた。されど生死の境を超越したる岩彦は獅子奮迅の勢を以て、馬の蹄にて一隊を踏み躙らむと、前後左右をかけ巡りつつあつたが、身体の重傷に疲れ果て、ドツと馬上より地上に転落し、人事不省となつて了つた。片彦、釘彦将軍は今此時と、馬を飛び下り、岩彦の首を刎ねむとする時、何処ともなく山岳も崩るるばかりの大音響と共に数十頭の唐獅子現はれ来り、其中にて最も巨大なる獅子の背に大の男跨り、眉間より強烈なる神光を発射しながら、釘彦の一隊に向つて突込み来る、其勢に辟易し、得物を投げ棄て、或は馬を棄て、四方八方に散乱して了つた。獅子の唸り声に岩彦はハツと気が付きあたりを見れば、巨大なる獅子の背に跨り、眉間より霊光を発射する神人が側近く莞爾として控へてゐる。岩彦は体の痛みを忘れ起直り、跪いて救命の恩を謝した。よくよく見れば嵩計らむや、三五教にて名も高き英雄豪傑の時置師神であつた。岩彦は驚きと喜びの余り、
『ヤア貴神は杢助様、如何して私の遭難が分りましたか、よくマア助けて下さいました』
 杢助はカラカラと打笑ひ、
『イヤ岩彦、今後は決して乱暴なことは致してはなりませぬぞ。苟くも三五教の宣伝使たる身を以て暴力に訴へ敵を悩まさむとするは御神慮に反する行動である。飽迄善戦善闘し、言霊の神力を発射し、それにしても行かなければ、隙を覗つて一時退却するも、決して神慮に背くものではない。汝は之より此獅子に跨り、ライオン河を渡り、黄金姫、清照姫の遭難を救ふべし、さらば』
といふより早く杢助の姿は煙と消え、数多の獅子の影もなく、只一頭の巨大なる唐獅子のみ両足を揃へ、行儀よく坐つてゐた。今杢助と現はれたのは、其実は五六七大神の命に依り、木花姫命が仮りに杢助の姿を現はし、岩彦の危難を救はれたのである。岩彦は之より只一人唐獅子に跨り、ライオン河を打渡り、黄金姫の危急を救ふべく、急ぎ後を追ふこととなつた。
 此時、岩彦の姿は何時の間にやら透き通り、恰も鼈甲の如くなつてゐた。仏者の所謂文珠菩薩は岩彦の宣伝使の霊である。之より岩彦は月の国を縦横無尽に獅子の助けに依りて、所々に変幻出没し、三五の神軍を、危急の場合に現はれて救ひ守ることとなつたのである。
 惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・一一・二 旧九・一四 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki