王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻
文献名2第2篇 神機赫灼よみ(新仮名遣い)しんきかくしゃく
文献名3第11章 麓の邂逅〔1115〕よみ(新仮名遣い)ふもとのかいこう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ黄金姫一行とヤスダラ姫一行は、峠の麓で邂逅した。竜雲は姫をイルナの都に送っていく手助けをしてほしいと呼び掛けた。黄金姫は、竜雲をはじめヤスダラ姫一行は一度、高照山の狼岩窟に隠れるようにと北光神の指示を告げた。自分たちはイルナの都に行き、セーラン王たち一行を連れて、後で岩窟に送っていくと使命を明かした。竜雲は、ヤスダラ姫とリーダーを北光神のいる狼の岩窟に案内するため、高照山を目指して登って行った。黄金姫と清照姫の母娘はイルナの都を指して峠を登っていく。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年11月11日(旧09月23日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年6月15日 愛善世界社版156頁 八幡書店版第7輯 587頁 修補版 校定版163頁 普及版75頁 初版 ページ備考
OBC rm4111
本文の文字数3543
本文のヒット件数全 1 件/三五教の大神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 竜雲『高照山の岩窟に  狼どもに誘はれ
 思はぬ人に巡り会ひ  思はぬ使命を受けながら
 秋野を飾る黄金姫の  貴の命の宣伝使
 心も清照姫命  母娘は勇み雀躍し
 細き谷間を辿りつつ  秋風荒ぶ大野原
 神の御歌を歌ひ合ひ  勇み進んで照山の
 峠をさして来て見れば  道の傍の岩の上に
 男女三人の人の影  何かヒソヒソ囁きつ
 母娘の姿を打ちまもり  驚異の眼を光らせて
 黄金姫に打向ひ  もしもし旅のお方様
 何れへお出でなされます  私はイルナの都まで
 帰り行く身の三人連れ  何卒お供を願ひます
 つらつら眺め参らせば  貴女は尊き宣伝使
 三五教の人ならむ  私も同じ三五の
 道を奉ずる神の御子  心汚き竜雲の
 おちぶれ果てた此姿  直日に見直し聞直し
 お供に仕へさせ給へ  あゝ惟神々々
 神の救ひにあづかりて  清き神世も北光の
 目一つ神に助けられ  七千余国の月の国
 経巡り終へし修験者  決して怪しき者ならず
 お供に仕へさせ給へ  これにまします姫司は
 イルナの都に隠れなき  左守の司の姉の御子
 ヤスダラ姫の神司  一人の男はテルマンの
 姫の国より従ひて  此処まで送り来りたる
 忠誠無比の僕ぞや  あゝ惟神々々
 神の恵みの幸はひて  イルナの都に起りゐる
 騒ぎを清く打ち鎮め  セーラン王の身の上を
 救ひまつらむと思へども  神力足らぬ竜雲や
 ヤスダラ姫が如何にして  此大任を果し得む
 三五教の宣伝使  吾等が微衷を憐れみて
 救はせ給へ惟神  神の御前に真心を
 捧げて祈り奉る』
と竜雲は歌を以て黄金姫一行に掛合つて見た。黄金姫は直に歌を以てこれに答へた。
『天と地とを造らしし  国治立の大神や
 豊国姫の守ります  三五教の神司
 妾は黄金姫命  一人の女は吾娘
 清照姫の宣伝使  高照山の岩窟に
 狼等に伴はれ  登りて見ればこは如何に
 三五教の神柱  北光神を始めとし
 竹野の姫は悠然と  数多の狼使ひつつ
 岩窟の主人となりすまし  禽獣虫魚に至るまで
 尊き神の御恵の  露を施し給ひつつ
 鎮まりいます尊さよ  北光神の御言葉に
 汝黄金姫命  必ず途中に竜雲が
 ヤスダラ姫を伴ひて  イルナの都に進み入る
 それの途中に会ふならむ  汝は吾の言の葉を
 ヤスダラ姫の一行に  完全に詳細に物語り
 高照山の岩窟に  直様進み来るべく
 諭せと厳しく宣べ給ふ  汝は正しく竜雲か
 ヤスダラ姫の神司  テツキリそれと覚えたり
 さあ今よりは道を変へ  狼群がる高照の
 深山をさして進むべし  吾等母娘は逸早く
 照山峠を乗り越えて  入那の都へ進み入り
 セーラン王の一族を  救ひ助けて高照山の
 狼岩窟に導きつ  御身を厚く守るべし
 あゝ惟神々々  神の御言を蒙りし
 黄金姫の言の葉を  夢々疑ふこと勿れ
 人は正しき神の御子  水晶魂を与へられ
 神の柱と敬はれ  尊き道の宣伝使と
 神のまにまに任けられし  清き魂を持ちながら
 嘘偽りを言ふべきや  早く座を起ち進みませ
 北光神の御言もて  汝等三人に打向ひ
 委曲に勧め奉る  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と歌ひ終れば、ヤスダラ姫はこれに答へて歌ふ。
『あゝ有難し有難し  声名高き三五の
 教を伝ふる宣伝使  黄金姫にましますか
 若き女の神司  音に名高き清照姫の
 貴の命にいませしか  存ぜぬ事とは云ひながら
 誠に御無礼仕り  謝罪の辞もありませぬ
 只今貴女のお言葉に  妾一行三人は
 イルナの都へ行かずして  一時も早く高照の
 深山の奥の岩窟へ  進み行けよと宣り給ふ
 北光神の御言もて  宣らせ給へる御親切
 いつの世にかは忘れまじ  不運の重なるヤスダラ姫の
 吾はかなしき神の御子  大慈大悲の御心に
 救はせ給へ惟神  黄金姫や清照姫の
 道の司の御前に  真心こめて願ぎ奉る
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ』
と歌つて感謝の意を表したり。黄金姫は声も涼しく歌ひ始むる。
『御空に月は清照姫  きらめく星の数の如
 劫河の真砂の数多き  青人草の艱めるを
 救ひ助けて天国の  御園に導く宣伝使
 三五教の大神の  御言畏み遥々と
 月の御国を横断し  ハルナの都に立向ふ
 尊き使命を身に帯びし  母娘二人の神司
 イルナの都の刹帝利  セーラン王の御危難を
 救はむものと北光の  神の御言を畏みて
 イソイソ進む道すがら  ヤスダラ姫の一行に
 此場で巡り会うたるも  全く神の引合せ
 一時も早く吾母の  言葉に従ひ高照の
 山に進ませ給へかし  妾は後よりセーラン王の
 国主の命を守りつつ  やがて再び巡り合ひ
 無事を祝することあらむ  魔神の荒ぶ荒野原
 躊躇ひ給ふ其中に  右守の司に仕へたる
 醜の捕手の来りなば  又もや一汗心にも
 あらぬ荒びをせにやならぬ  事なき中に一刻も
 早く進ませ給へかし  尊き神の御前に
 真心誓ひて宣りまつる  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
と歌ひ終はれば、竜雲は二人の歌に答へて又歌ふ。
『あゝ有難し有難し  尊き神の御教に
 従ひまつる吾々は  三五教の神司
 汝が命の宣り言を  如何でか否みまつらむや
 仰せに従ひ今よりは  心の駒に鞭をうち
 虎狼の吠え猛る  山路を分けていそいそと
 高照山の岩窟に  吾等一行三人づれ
 勇み進んで登るべし  黄金姫よ清照姫の
 貴の命よ吾々が  行手を守り給ひつつ
 喪なく事なく高照山の  岩窟に進ませ給へかし
 如何なる枉津の現はれて  姫を悩ますことあるも
 三五教にて鍛えたる  生言霊を打ち出して
 寄せ来る敵を悉く  言向和し北光の
 神のまします御舎に  送りて行かむ惟神
 神の心に見直して  心を安くましませよ
 あゝ惟神々々  神の御霊の幸はひて
 母娘二人の神司  イルナの都に上りまし
 枉の身魂を悉く  生言霊に言向けて
 セーラン王の身の上を  守らせ給へ大神の
 御前に清き真心を  捧げて慎み願ぎまつる
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ』
 リーダーは又歌ふ。
『黄金姫の神司  清照姫の宣伝使
 雪か花かと云ふ様な  容色も形貌も美はしき
 清き心の汝が命  北光神の御宣言
 吾等三人に隈もなく  宣らせ給ひし尊さよ
 吾等一行三人は  汝が命の御教を
 力と頼み勇ましく  高照山の岩窟に
 進みて神の御恵を  蒙りまつりヤスダラ姫の
 貴の命の身の上を  保護しまつらむ吾心
 仮令天地は変るとも  リーダーの僕のある限り
 ヤスダラ姫の身の上は  必ず案じ給ふまじ
 二人の司よ、いざさらば  吾はこれより両人の
 お供に仕へまつりつつ  高照山に向ふべし
 汝が命は潔く  照山峠を踏み越えて
 イルナの都に至りまし  厳の言霊打鳴して
 王の身辺守りませ  天地の神の御前に
 慎み敬ひ二柱  神の司の成功を
 慎みかしこみ願ぎ奉る  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましまして  再び汝の御前に
 リーダーの姿を現はして  大成功を祝ふ日を
 松、竹、梅の潔く  堅磐常磐に願ぎ奉る
 あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ』
 ここに五人は各述懐を歌ひ、別れを惜しみながら三人は高照山へ、二人は照山峠を野嵐に吹かれながらエチエチと登り行く。
(大正一一・一一・一一 旧九・二三 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki