王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻
文献名2第3篇 北光神助よみ(新仮名遣い)きたてるしんじょ
文献名3第16章 三番叟〔1120〕よみ(新仮名遣い)さんばそう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじいざ二人きりになると、ヤスダラ姫は思いのたけを王にぶつけ、自分とサマリー姫のどちらを取るか、王に迫った。王は当惑して、ヤスダラ姫の誘惑が北光神の耳に入っていないかとあたりをうかがおうとしたとき、ヤスダラ姫は王の手を引いた。王は不意をつかれて倒れ、人事不省になってしまった。ヤスダラ姫は狂気に陥り、懐剣を抜いて自害しようとした。リーダーはとっさに室内に入り、姫の剣を奪い、姫を叱咤して正気付かせた。その間に王は呻きながら蘇生した。王とヤスダラ姫は、北光神は二人の心を見透かしていると観念し、何事も北光神の指示に任せることにした。王と姫は北光神への面会を依頼すべくリーダーを使者に立てた。リーダーは王と姫の仲を茶化しながら、北光神の居間へ進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年11月12日(旧09月24日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年6月15日 愛善世界社版224頁 八幡書店版第7輯 612頁 修補版 校定版235頁 普及版105頁 初版 ページ備考
OBC rm4116
本文の文字数5070
本文のヒット件数全 1 件/イルナの国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  北光の神は竹野姫、竜雲、テームス、リーダー等を引きつれ、気を利かして一間に引上げて了つた。後にセーラン王、ヤスダラ姫は暫し沈黙の幕をつづけてゐた。ヤスダラ姫は心臓の鼓動を金剛力を出して鎮静しながら、顔にパツと紅葉を散らし、覚束な口調にて、
『セーラン王様、お久しう厶いました。御壮健なお顔を拝し嬉しう存じます』
と纔に言つたきり、恥しさうに俯むいて顔をかくす。セーラン王は目をしばたたきながら、
『貴女も随分辛い思ひをしたでせうなア。私もテルマンの国の空を眺めて、渡り行く雁に思ひを送つたことは幾度か知れませぬ。私の真心は貴女の精霊に通じたでせうなア』
『ハイ、一夜さも王様の御夢を見ないことはありませぬ。今日ここで貴方にお目にかかるのは夢の様に厶います。夢を両人が見て居るのではありますまいか。夢なら夢で、どこまでも醒めない様にあつて欲しいものですワ』
『決して夢ではありますまい、現実でせう、併し乍ら二人の間は夢より果敢ないもので厶いました。今北光の神様からいろいろと御理解を承はり、今後どうしたらよからうかと思案にくれてゐる所です』
『仮令天律を破つてもかまはぬぢやありませぬか。一分間でも自分の本能を満足させることが出来れば、死んでも朽ちても構ひませぬ。二人が根の国底の国へおとされようとも、貴方と手を引き合うてゆくのならば、構はぬぢやありませぬか』
とマサカの時になれば、大胆なは女である。ヤスダラ姫は最早神の教も何も忘れて了ひ、捨鉢気味になつて、王の決心を煽動したり促したりしてゐる。
『成程、貴女の心としてはさう思はれるのも尤もです。私だつて貴女を思ふ心は決して劣りませぬ。併し乍ら、そこを耐へ忍ぶのが人間の務めだ。月に村雲花に嵐、思ふやうにゆかぬは浮世の常、如何なりゆくも神様の御摂理、かうして半時の間でも、一生会はれないと思つてゐた相思の男女が会うて、心のたけを語り合うのも、神様の深きお情、私はこれで最早一生会ふことが出来なくても、決して神様を恨んだり、世を歎いたりは致しますまい』
『貴方の恋は実に淡白なものですなア。それで貴方は最早満足なされましたか。エヽ情ない、そんな御心とは夢にも知らず、何とかして貴方に巡り会ひ、海山の話を互に打明け、凡ゆる艱難や妨害に堪へ、仮令虎狼の吼え猛る深山の奥でも、夫婦となつて恋の本望を遂げねばおかぬと、矢竹心に励まされ、剣呑な荒野原をわたり、イルナの都に逃げ帰る途中、神様の御引合せにてここに助けられたので厶います。どうぞそんな気の弱いことを仰有らずに金剛不壊的の大度胸を出して、両人が目的の貫徹を計つて下さいませ。貴方にはサマリー姫様といふ最愛の奥様がお控へ遊ばして厶るのですから、無理も厶いますまい。イヤ妾も迷うて居りました。最早貴方の心は昔日の心では厶いますまい。誠にすまないことを申上げました。どうぞサマリー姫様と幾久しく偕老同穴をお契りなさいませ。妾は幽界とやらへ参つて、御夫婦のお身の上を守りませう』
と言ひ放ち、ワツとばかりに王の膝に泣き崩れる。王はハタと当惑し、今の泣声がもしや北光の神様のお耳に入つては居ないであらうかと、ツと立つて隔ての戸を押開き、あたりに人のあるか、なきかを査べむとするを、ヤスダラ姫は王の吾を見捨てて逃げ出し給ふならむと早合点し、力に任せて王の手をグツと後へ引いた。王は不意に姫に手をひかれた途端に、タヂタヂと二足三足後しざりし、姫の膝に躓き、パタリと其場に倒れ、岩壁に頭を打ち、ウンと一声、人事不省に陥つて了つた。ヤスダラ姫は此態を見るより、
『あゝ如何しよう 如何しよう』
と狂気の如く室内を駆け巡り、王の頭に手を当て、
『モシ、王様、許して下さいませ。決して貴方をこかさうと思つたのぢや厶いませぬ。怪我で厶います。貴方ばかり決して殺しは致しませぬ。妾もキツトお後を慕ひます』
と言ひながら、スラリと懐剣の鞘を払ひ、つくづくと打眺め、
『果敢なきは夢の浮世と知りながら
  かかるなげきは思はざりけり。

 恋慕ふ君に会ひしと思ふ間も
  泣く泣く此世の別れとなるか。

 悲しさは小さき胸に充ちあふれ
  泣く涙さへ出でぬ吾なり。

 ゆるしませセーラン王の神司
  やがてはわれも御供に仕へむ。

 北光の神の命よヤスダラ姫の
  心卑しとさげすみ給ふな』

と云ひながら、アワヤ吾喉につき立てむとするを、此時戸外に立つて様子を伺ひゐたるリーダーは慌しく飛込み来り、矢庭に姫の懐剣を奪ひ取り、声を励まし、
『ヤスダラ姫殿、狂気召されたか、かかる神聖なる霊場に於て、無理心中とは何のこと、天則違反の大罪となる事をお弁へなさらぬか。そんな御心とは知らず、貴女の御身を保護し、テルマン国を命カラガラ逃出し、猛獣の猛び狂ふ荒野原をやうやう越えて此処迄お供をしながら、勿体なや王様を殺し、貴女も亦ここで御自害をなさるとは何と云ふ情ないお心で厶いますか。八岐の大蛇か金毛九尾の悪狐に憑依され、そんな悪心をお出しなさつたのでせう。モウかうなる上は此リーダーが承知致しませぬ。王様の仇を討たねばおきませぬ』
と声を震はせ、叱りつける様に言ふ。王は「ウンウン」と呻きながら、頭をかかへて起上り、
『あゝヤスダラ姫、そこに居たか、何を泣いてゐる。ヤア汝は何者だ、凶器を以て姫を脅迫せむとするか。不届き至極な痴者、許しは致さぬぞ。そこ動くな』
と声を尖らせ睨めつければ、リーダーは王の蘇生の嬉しさと誤解の恐ろしさに、狼狽へながら、
『メヽ滅相な、ここ迄お供して来た姫様を何しに殺しませう。そんな誤解をして貰つちや、此リーダーの立場が厶いませぬ。姫様が狂気遊ばして貴方様を殺し、自分も自害なさる覚悟だと思ひ飛込んで、たつた今姫様の短刀を奪ひ、お意見を申上げてゐた所で厶います』
『王様、嬉しや気がつきましたか、此リーダーは決して悪人では厶いませぬ。どうぞ許してやつて下さいませ』
『あゝさうであつたか、真にすまなかつた。リーダーとやら全く誤解だから許してくれ』
『ハイ有難う厶います、お分りになればこんな結構なことは厶いませぬ』
『こんな騒ぎは北光の神様に知れたら大変だが、もしやお分りになつては居なからうかなア』
『ヘーヘー、スツカリと分つて居ります。北光の神様も竹野姫さまも竜雲さまも、次の間で貴方等二人のお話を耳をすましてお聞きになつてゐる……とは申しませぬ……だらうと考へます』
『立聞きは不道徳の極みだ。あれ位の神人がどうしてそんなことを遊ばすものか。ヤスダラ姫、安心をしたがよからうよ』
『北光の神様は天眼通力を得たる生神様、何程遠く隔たつて居りましても、手に取る如くに御覧になつて居ります。又吾々の言も得意の天耳通で一言も洩らさず、お聞きになつてをるでせう。あゝ恥しいことになつて来ました』
『北光の神様の天耳通、天眼通が分つてゐるのなら、なぜ其方はあの様な大胆なことを言つたのだ』
『妾が言はなくても、北光の神様は心のドン底まで見すかしてゐられますから、言つても云はいでも同じことですワ』
『恥しいことだなア。イルナの国王も北光の神様の前へ出ては象に対する鼠のやうなものだ。いかにもこんなことでは、あの小さい国でさへも治まりさうなことがない。国王だと云つても僅かに五万や六万の人間の頭だから小さいものだ。北光の神様は諸王に超越し、天地の意志を代表なさる生神様だから大したものだ。モウ此上は恥も外聞もいつたものでない、何事も北光の神様の御指図に任さうではないか』
『ハイ、さう致しませう、併し乍ら吾々二人を都合よく添はして下さるでせうか』
『又そんな事を言つてはいけませぬ。リーダーが聞いてゐるぢやありませぬか』
『王様、此リーダーは血もあれば涙もあり、情も知つて居る円満具足な下僕で厶います。ヤスダラ姫様の事ならどんな事でも厭ひませぬ。何なと仰有いませ、只一言だつて御両人の秘密を洩らすやうな野呂馬では厶いませぬ。シヤールの主人に背き、姫様の御意志に賛成して、命がけの仕事をやつて来た位で厶いますから、大丈夫です。なア姫様、貴女は私の心をよく御存じで厶いませう』
『ハア、能く分つてゐる。北光の神様の、お前は一つ都合を伺つて来てくれないか、之から御面会がしたいから……』
『ハイ承知致しました』
とニタリと笑ひ、此間を立出で、二三間ばかり行つた所で、一寸立ち止まり、
『何と甘くおまき遊ばしますワイ。久しぶりにお二人が対面遊ばし、余り仲がよすぎて死ぬの走るの暇をくれのと、恋仲にはありがちの痴話喧嘩を、面白半分にやつて厶つた真最中に、俺が気が利かないものだから、本当の喧嘩だと思つて飛込んだのが間違ひだ。甘く俺をまいて、意茶つきをやらうといふのだなア。ヨシ合点だ。そんなことの気の利かぬリーダーぢやない。そんな頭の悪い呑込みの悪い粗製濫造の頭脳とは違ひますワイ。イヒヽヽヽ、さぞ別れて久しき二人の逢瀬、泣いつ口説いつ、抱いたり、跳ねたり、つめつたり、叩いたり、思ふ存分久しぶりでイチヤつかして上げようかい。早く北光の神様に御都合伺つて来いなんて、甘い辞令で遠ざけようといふ賢明な行方だ。コリヤあわてて正直に行くと却つて御迷惑になるかも知れぬ、三足往つては二足戻り、二足往つては三足戻り、オツトヽヽそんな事して居ては、何時迄も同じ所に居らねばなるまい。併し乍ら、そこが粋といふものだ。さぞ楽しい嬉しいことだらうなア。俺も何だか嬉しうなつて来た。ウツフヽヽヽ』
と隧道に停立して、独り囁いてゐる。ヤスダラ姫は気が咎めたか、リーダーが立聞して居つては恥しいと気をまはし、戸をガラリとあけて外を覗けば、リーダーは二三間離れた所に停立して、頻りに首を縦にふり、横にふり、舌を出したり、眉毛を撫でたりやつてゐる。ヤスダラ姫は細い声で、
『コレコレ、リーダー、何をしてゐるのだい。早くお使ひに行つて来て下さらぬか。困るぢやありませぬか、王様がお待兼ぢやのに』
『ハイ、承知致しました。急いては事を仕損ずる。急かねば事が間に合はぬ。あちら立てればこちらが立たぬ。両方立てれば身が立たぬといふ、誠と情との締木にかかり、稍思案にくれにけり……といふ為体で厶います。本当に急いで行つてもいいのですか、姫様、御迷惑になりは致しませぬか。正直も結構ですが、余り融通の利かぬ正直は却て迷惑をするものですからなア』
『コレ、リーダー、そんな御親切はやめて下さい。お前等の下司の恋とは行方が違ひますぞや。阿呆らしい、仕方のない男だなア』
『ヘン仰有いますワイ。下司の恋だと……コヒが聞いて呆れますワイ。恋所か腰まで鮒々になつてゐるくせに、恋に上下の隔てなしといふぢやないか。上司の恋も下司の恋もあつたものか、恋はヤツパリ恋だ。リーダーはヤツパリ、リーダーだ』
『コレコレ、早う行つて来て下さらぬか、何をブツブツ言つて居るのだい』
『ハイ、何分岩窟の中で水が切れて居るものですから、鯉も鮒も泳ぎにくうて早速游泳が出来ませぬワイ。恋の海に游泳術の上手な貴女ならば知らぬこと、何だか妙な怪体な気になつて、私の腰迄が……ドツコイ……シヨのドツコイシヨ、フナフナになつて、思ふ様に歩けませぬがなア』
『エヽ勝手にしなさい、モウ宜しい、大方法界悋気でもしてゐるのであらう』
とピシヤツと岩戸を閉めて了つた。
『アハヽヽヽ、今頃は色の黒き尉どのと白き姥どのが、日は照るとも、曇るとも、鳴アるは滝の水滝の水、たアきを上りゆく恋のみち、恋に上下の隔てなし、法界悋気をするぢやないが、お前と私と二人の喜びは、ほうかいへはやらじ、おんはカタカタ、エンはカタカタと三番叟の最中だらう。エヘヽヽヽ、イヒヽヽヽ、ウフヽヽヽ』
と妙に腰をブカつかせながら、北光の神の居間をさして、チヨコチヨコ走りに進み行く。
(大正一一・一一・一二 旧九・二四 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki