王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻
文献名2第3篇 神明照赫よみ(新仮名遣い)しんめいしょうかく
文献名3第14章 打合せ〔1224〕よみ(新仮名遣い)うちあはせ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ松姫館では、三五教の一行が小北山の祀り替えについて相談を行っていた。松彦一行はエルサレムに進んだバラモン軍を追っていくという任務があるため、なかなかどのように小北山を片付けて行くか決まらなかった。松姫が五三公に頼んで神様にうかがってみたところ、まだ三日ほどは時間があるとのことだった。そこで明日の朝から祀り替えを始めることとし、お寅と魔我彦に承認を得るようテクに呼びにいかせた。松姫は、最初は変性女子の悪口を言って攻撃していたウラナイ教も、変性男子が昇天してからは、義理天上日の出神が世界のことを変性女子に教えて聞かせるのだと教えを変えてきていたという。それも、変性女子の信者をうまくひかっけるための策略だったという。そして変性女子の手の者が多く小北山にやってきて、教祖が信者の女と駆け落ちしてしまったのも、神罰があたったためであろうと結んだ。一同は述懐の歌をそれぞれ歌った。お寅、魔我彦、お菊、文助などを集めて、松姫館の奥の間で明日の朝早くから三五の大神を鎮祭すべく修祓、遷座式を打ち合わせ、各自今に帰ってその夜を明かすことになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1924(大正13)年9月25日 愛善世界社版183頁 八幡書店版第8輯 424頁 修補版 校定版193頁 普及版73頁 初版 ページ備考
OBC rm4614
本文のヒット件数全 1 件/教祖=1
本文の文字数2160
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  松姫館には夜の更くるまで雑談が始まつてゐる。
五三『モシ松彦さま、思はず、暇を小北山で費しましたなア。治国別の宣伝使は、さぞ待つてゐられますでせうなア。何うです、神様をスツパリ祀りかへて行くといふお話ださうですが、これだけ沢山のお宮さまを一々祀りかへて居つた日には、二日や三日では埒があきますまい。そんな事をしとつたら肝腎の御用が後れるぢやありませぬか』
松彦『ソレもさうですが此儘にして行く訳にも行かず、困つたものです。私達は都合によつたらエルサレム迄行つて来なくてはなりませぬ。さうすれば一年位は早くてもかかりますから、イツソの事、松姫に一任しておいたら何うでせうなア』
五三『万公さまも一緒に暫く残しといたら何うでせうか』
アク『モシ先生、こんな男を残しておかうものなら、又狐につままれて駄目ですよ。お寅さまに魔我彦、万公の欺され三幅対です。が、欺され三幅対をこんな処へ置いておかうものなら、又候狐狸の巣窟となつて了ひます。而して万公さまは斎苑の館からお供に連れて治国別さまが厶つたのだから、貴方の勝手にはなりますまい』
松姫『ソラさうですなア、五三公さま、一つ貴方神様に伺つて見て下さらぬか』
五三『ハイ承知致しました。それなら一つ伺つて見ませう』
と言ひながら手を組んで暫く無我の境に入つた。
五三『ヤア解りました。未だ三日ばかしは差支ない様です。明日早朝から神様の御祀りかへをする事に致しませう、それに就てはお寅さま、魔我彦さまの承諾をうけておく必要はありますまいかなア』
松姫『それが第一です。テクさま、すまないが一つお寅さまと魔我彦さまを此処へ来て頂くやうに頼んで下さいなア』
テク『承知致しました』
と座を立つて階段を下り行く。
アク『松姫さま、随分貴女は此処へおいでになつてから日日が経つたやうですが、妙な神さまばかり祀つたものですなア』
松姫『本当にをかしくて怺らぬのです。幾何にでもへぐれて へぐれて へぐれ廻す神さまですからなア』
『へぐれ神社に種物神社、生羽神社に大門神社、其他随分妙な名があるぢやありませぬか。ヨウマアこんな出放題な神名や神社名がつけられたものですなア』
『ソレでも世間は広いものですよ。誰も彼も一生懸命になつて詣つて来るのですから、不思議なものですわ』
『大変に変性男子をほめて変性女子をくさしてゐるぢやありませぬか』
『二三年前迄は極力変性女子を悪の鏡だとか言つて攻撃して居りましたが、此頃は変性男子の生宮が昇天遊ばしたので、仕方がなく一生懸命に変性女子の弁解ばつかりしてゐるのですよ。男子と女子とが経と緯とで錦の機を織るのだ。而して義理天上日の出神が世界中の事を調べて、変性女子にソツと言うて聞かすのだと、ソレハソレハ偉い権幕でしたわ』
万公『余程改心が出来たと見えますねえ』
松姫『イエイエさうではありますまい。三五教の信者を占領しようと思へば、此頃は女子の勢力が強いのだから、両方をうまく言はねばひつかかつて来ないものですから、策略であんな事を云つとるのですよ。九分九厘行つたとこで女子は悪の鏡だと云つてクレンとひつくり返すのですから油断は出来ませぬよ。併しながら変性女子の眷属がかうして沢山やつて来たものだから、肝腎の教祖が女と手に手をとつて駆落したのも、つまり神罰が当つたのでせう』
松彦『曲神は善の仮面を被りつつ
  世を欺くぞゆゆしかりける。

 表には愛と善とを標榜し
  裏に曲をば包む醜道。

 何時の世にも栄ゆるものは偽善者よ
  正しきものは衰へて行く。

 さりながら五六七の神の生れし上は
  最早悪魔の栄ゆ術なし』

松姫『蠑螈別、魔我彦、お寅婆さまの
  心は猫の眼なりけり。

 夜も昼も酒に腸くさらせつ
  曲の宮居となれる憐れさ。

 艮の婆さまと自ら称へつつ
  坤神何時もこぼちつ。

 曲津見の醜の教に迷ひけり
  何を言うてもきくらげの耳。

 これだけによくも迷ひしものぞかし
  誠の教は一言もきこえず』

五三『斎苑館珍の宮居に比ぶれば
  天と地との如くなりけり。

 小北山峰の嵐はつよくとも
  早をさまりて松風の音』

万公『ここへ来て怪しき事の数々を
  たこになるまで耳に入れける。

 耳も目も口鼻迄も痺れける
  曲と曲とに囲まれし身は。

 さりながら神の御稜威は灼乎に
  逃げ失せにけり醜の曲神』

アク『あくせくと心なやむる事勿れ
  ただ何事も神に任せて。

 悪神を追ひそけちらし根本の
  神祀るとて世人あざむく』

タク『ユラリ彦、上義の姫の生宮と
  信じゐるこそ可笑しかりけれ。

 さりながら信じてくれたそのために
  小北の山を立直すなり。

 高姫や黒姫司がきくならば
  さぞ懐旧の念に燃ゆべし』

テク『尾白し頭も白し古狐
  騙しけるかな三人の人を。

 蠑螈別今は何処にひそむらむ
  お民の後を慕ひ慕ひて。

 魔我彦の心はさぞやもめぬらむ
  恋にこがれしお民とられて』

 これよりお寅、魔我彦、お菊、文助などを加へ、松姫館の奥の間で明朝早くより三五の大神を鎮祭すべく修祓、遷座式其他の件に就て打合せをなし、各自の居間に帰つて其夜を明かす事となつた。
 あゝ惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・一二・一五 旧一〇・二七 外山豊二録)

因に、本日午前九時より午後十一時まで十四時間に原稿紙八百一枚を口述し終れり。これ今日までのレコード也。(瑞月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki