王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻
文献名2第3篇 天国巡覧
文献名3第12章 天界行〔1245〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高天原の各団体に居住する霊国天人および天国天人は愛を生命とし、一切を広く愛するがゆえに、肉体を離れて上ってきた精霊のためにあらゆる厚誼をつくし、懇篤な教訓を伝え、あるいは面白い歌をうたい舞曲を演じ、音楽を奏するなどして、一人でも多く高天原の団体に導き行こうとする。
これ以外に他に念慮は少しもなく、これが天人の最高最後の歓喜悦楽である。しかしながら精霊が肉体を持って現世にあったころ、善霊(正守護神)や天人(本守護神)の群れに入るべき生涯を送っていなかったならば、これらの精霊は天国的な善霊を離れ去ろうとする。
こうして精霊は、現世に在った時の生涯と一致する精霊と共に群居するまで、どこまでも転遷を休止することはない。自己生前の生涯に準的するものを発見すると、共に死後の生を送ろうとする。実に霊界の法則は不思議なものというべきである。
人間は善霊である本守護神または正守護神によって高天原の諸団体と和合氏、悪霊である副守護神によって地獄の団体と相応の理によって和合する。これらの精霊は高天原と地獄界の中間である中有界(精霊界)に籍を置いている。
副守護神は人間の記憶・想念の中にある悪しき事物の間に潜入し、正守護神は善き事物の間に侵入する。しかし人間の本体である精霊は、これらの精霊が人間の体の中に入り相共に居ることは少しも知らないのである。
彼ら精霊(本守護神や副守護神)は、その人間の記憶と想念を、自分自身の所有物と信じている。また彼らが人間を見ることはない。現実界は彼ら精霊の視覚の対象とはならないのである。大神は彼ら精霊が人間と共にいることに気付かないよう、すこぶる甚深に大御心を用い給いている。
なぜなら、もし副守護神がこのことを知るときには、人間を亡ぼそうと考えるからである。副守護神すなわち悪霊は、根底の国の諸々の悪と虚偽に和合しているゆえに、人間を亡ぼして地獄界に導き、自分の手柄にしようと希求しているからである。
副守護神が人間と相語らうことがなければ、自分が人間の体内にあることを知らないのだから、決して害を加えることはない。大神は、悪霊が思うところや語るところが自分自身の中にあると信じさせることで、人間と共にありながら危害を加えないように取り計らい給うたのである。
天国の団体に交通する精霊も人間に付き添っている。精霊のもっとも清きものを真霊または本守護神といい、やや劣ったものを正守護神という。
人間が生まれると直ちに悪の裡に陥らなければならないことになっている。当初の生涯は、まったくこれら精霊の手の裡にあると言ってもいいのである。
もし自分と相似た精霊が付き添って守らなくては、人間は肉体として生きることはできない。諸々の悪を離れて善に復ることもできない。人間の肉体が悪霊(副守護神)によって生命を保持し得ると同時に、善霊(正守護神、本守護神)によってこの悪を脱離することを得る。
人間はこの両者の徳によって平衡の状態を保持するがゆえに、意志の自由というものがある。意志の自由によって悪を去って善に就き、心に善を植え付けることができる。
一方には根底の国から流れてくる悪霊があり、一方には高天原から流れ来る善霊が活動しており、人間はこの中間に立ち、天国と地獄両方の圧力の間に挟まらなくては、決して意志の自由があるべきものではない。
人間に自由のないときは、生命のあることを得ない。ゆえに、善を持って他人に強いることはできない。人から強いられた善は、けっして内分の霊魂に留まるものではないからである。心の底にどうしても滲み込むことはできない。ただ自由自在に摂受した善のみは、人間の意志の上に深い根底を下ろして、さながら自分ののもであるかの様になるものである。
あらゆるものに対して自然的な事物から推考することしかできない現代では、神的・霊的な人格さえも自然的なものを考えてしまう弊害がある。
神が全宇宙を統御あそばす一個の人格ならば、世上の君王のように多数の官人を用いるだろう、などと誤った憶測をしてしまうのである。
このような人間に対して、高天原の霊界は現実世界のような空間的な延長はないのだ、と告げ諭しても、容易に会得することはできないだろう。
自然界、自然の光明を唯一の標準と定めて思惟する者にとっては、どうしても空間的な延長を考えずにはいられないということなのだ。
高天原の延長は、自然界の延長と違って限定がないために人心小智の測知するべきことではない。
人間の眼界は太陽、太陰、星辰のようなきわめて遠くにあるものも認めることができる。内分の視覚力である想念界の視覚力は、なおも遠方に達する。内辺の視力の至る極みは、なおさらに遠大であり得ることが知られる。
そうであれば、はたして何が神的視力の外にでることができようか。神的視力は現実に、一切の視力のいと深く内的にしてかつ高上である。
想念中にこのような延長の力があるゆえに、高天原の一切の事物はここに住む者のすべてに伝わるのである。
高天原を成就し遍満する主の神の神格より来るものもすべて、このようにして高天原に住むすべての者に伝わるのである。
治国別と竜公はしばらく関所の館に休息していた。そこへ東方から一個の火弾が落下し、たちまち麗しい天人の姿と変わった。いつの間にか二人は想念に引きずられて第三天国に昇っていた。
神人の姿をよく見れば、それは三五教の宣伝使・言依別命であった。治国別は驚きと喜びに打たれて静かに天の数歌を奏上し始めた。
言依別命は、かねてより治国別を天国巡覧に連れて行きたかったのだがその機会を得なかったと語った。そして、このたびはからずもバラモン教によって治国別の肉体が苦しめられて精霊が離脱したため、天国を調べてから現界に立ち返り、神様のために働くよう治国別に言い渡した。
竜公はまだ天国を巡覧するだけの善と信と智慧証覚が備わっていないのだが、大神様によって媒介天人に任ぜられたという言依別命の権限で、特別にお供を許された。そして天国で眼がくらみ息苦しくならないよう、黒い被面布を授けられた。
言依別命はまず第三天国から二人を案内し、丘の上に立って天人たちの部落を見ながら二人に説明を始めた。天人たちは愛の情動によって集まり住んでいるためにおのずと秩序ができ、またそれぞれ天職を楽しみ営々として神業を営んでいるという。
言依別命は、愛の善は吸引力が強く、また無限の生命を保有していると説明した。天人であろうと現界人であろうと地獄界の人間であろうと、それ相応の愛によって生命が保たれており、その愛なるものはすべて、厳の御霊、瑞の御霊の御神格から内分的に流れて来る、無始無終の生命であると説いた。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年01月09日(旧11月23日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm4712
本文の文字数6261
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  高天原の各団体に居住する霊国天人及び天国の天人は愛を生命とし、而して一切を広く愛するが故に人の肉体を離れて上り来る精霊の為にも所在厚誼を尽し、懇篤なる教訓を伝へ、或は面白き歌を歌ひ、舞曲を演じ、音楽を奏しなどして、一人にても多く之を高天原の団体へ導き行かむと思ふ外、他に念慮は少しもないのである。之が所謂天人の最高最後の歓喜悦楽である。併乍ら精霊が人の肉体を宿とし、現世に在りし頃善霊即ち正守護神の群に入るべき生涯や、或は天人即ち本守護神の群に至るべき生涯を送つて居らなかつたならば、彼等精霊は之等の天国的善霊を離れ去らむと願ふものである。斯の如くにして精霊は遂に現世に在つた時の生涯と一致する精霊と共に群居するに非ざれば、どこ迄も此転遷を休止せないものである。
 斯の如く自己生前の生涯に準適せるものを発見するに及んで、彼れ精霊は茲に又在世中の生涯に相似せるものと共に送らむとするものである。実に霊界の法則は、不思議なものと云ふべきである。
 凡て人間の身には善と悪と二種の精霊が潜在してゐる事は前に述べた通りである。而して人間は善霊即ち本守護神又は正守護神に仍つて高天原の諸団体と和合し、悪霊即ち副守護神に仍つて地獄の団体と相応の理に依りて和合するものである、此等の精霊は高天原と地獄界の中間に位する中有界即ち精霊界に籍を置いてゐる。此精霊が人間に来る時には、先づ其記憶中に入り、次に其想念中に侵入するものである。而して副守護神は記憶及想念中にある悪き事物の間に潜入し、正守護神は其記憶や想念中にある最も善き事物の裡に侵入し来るものである。されど精霊自身に於ては其人間の体中に入り、相共に居る事は少しも知らないものである。而も精霊が人間と共なる時は凡て其人間の記憶と想念とを以て、精霊自身の所有物と信じてゐる。又彼等精霊なるものは、人間を見ることはない。何故なれば、現実の太陽界に在る所の者は、彼等精霊が視覚の対境とならないからである。大神は此等の精霊をして、其人間と相伴へる事を知らざらしめむが為に大御心を用ひ給ふ事頗る甚深である。何故なれば彼等精霊がもし此事を知る時には、即ち人間と相語ることあるべく、而して副守護神たる悪霊は人間を亡ぼさむ事を考へるからである。副守護神即ち悪霊は根底の国の諸々の悪と虚偽とに和合せるものなるが故に、只一途に人間を亡ぼし地獄界へ導き、自分の手柄にしようと希求するの外、他事ないからである。而して副守護神は啻に人間の心霊即ち其信と愛とのみならず、其肉体をも挙げて亡ぼさむことを希求するものである。故に彼等の悪霊が人間と相語らふことがなければ、自分は人間の体内にあることを知らないのだから、決して害を加へないのである。彼等悪霊は其思ふ所、其相互に語る所の事物が、果して人間より出で来るものなりや否やを知らないのである。何となれば彼等精霊の相互に物言ふは、その実は人間より来る所のものなれども、彼等は之を以て自分の裡よりするものなりと信じ切つてゐる。而して何れの人も自分に属する所を極めて尊重し、且之を熱愛するが故に、精霊は自ら之を知らないけれども、自然的に人間を愛し、且つ尊重せなくてはならない様になるのである。これ全く瑞の御霊大神の御仁慈の御心を以て、かく精霊に人間と共なることを知らしめざる様取計らひ給うたのである。
 天国の団体に交通する精霊も、地獄界と交通せる精霊も亦同じく人間に付添うてゐるのは前に述べた通である。而して天国の団体に交通してゐる精霊の最も清きものを真霊又は本守護神と云ひ、稍劣つたものを正守護神と云ひ、地獄と交通する精霊を悪霊又は副守護神といふのである。併し人間が生るるや直に悪の裡に陥らねばならない事になつてゐる。故に当初の生涯は全く此等精霊の手の裡に在りと云つてもいいのである。人間にして若しおのれと相似たる精霊が付添うて守るに非ざれば、人間は肉体として生くることは出来ない。又諸々の悪を離れて善に復ることも出来ないことになるのである。人間の肉体が悪霊即ち副守護神に仍つて、おのれの生命を保持し得ると同時に又善霊即ち正守護神に仍つて、此悪より脱離することを得るものである。人間は又此両者の徳に仍つて、平衡の情態を保持するが故に意思の自由なるものがある。此自由の意思に仍つて以て、諸々の悪を去り又善に就くことを得、又其心の上に善を植ゑつくることを得るのである。人間が若しも斯の如き自由の情態に非ざる時は、決して改過遷善の実を挙ぐることは出来ない。然るに一方には根底の国より流れ来る悪霊の活動するあり、一方には高天原より流れ来る善霊の活動するありて、人間は此等両者の中間に立ち、天国、地獄両方の圧力の間に挟まらなくては、決して意思の自由はあるべきものでない。
 又人間に自由のない時は、生命あることを得ない。又善を以て他人に強ゆる事は出来ない、人から強ひられたる善其ものは、決して内分の霊魂に止まるものでない、心の底に何うしても滲み込む事は出来ない、但自由自在に摂受した所の善のみは、人間の意思の上に深き根底を下して、宛然其善をおのれの物の如くする様になるものである。
 霊的現的一切の  所在ものに相対し
 自然的なる事物より  推考するに非ざれば
 思索すること能はざる  現代人の通弊は
 神的即ち霊的の  人格さへも肉的や
 自然的なるものなりと  思惟する故に彼の輩の
 結論する所見る時は  果して神は一個なす
 人格ならば大いさは  全大宇宙と同等に
 あるべきものと唱導し  果して神が天地を
 統御按配するとせば  世上に於ける君王の
 如くに多数の官人を  用ゆるならむと臆測す
 げにも愚の至りなり  かかる愚昧の人間に
 対して高天原の霊界は  現実世界に於ける如
 空間的の延長なしと  告げ諭すとも直様に
 容易に会得せざるべし  何故なれば自然界
 及び自然の光明を  唯一の標準と相定め
 思惟する者は目の前に  認むる如き延長を
 除いて外は何うしても  考察し得ざる故ぞかし
 高天原の延長は  世界に於ける延長と
 事情全く相反す  自然界なる延長には
 一種の限定ある故に  容易に測知し得べけれど
 高天原の延長には  元より限定なき故に
 人心小智のやすやすと  測知し得べき事ならず
 そも人間の眼界は  如何に遠きに達すとも
 極めて遠き距離のある  太陽、太陰、星辰も
 容易に認め得べしとは  何人もよく知れるなり
 又今少し心をば  深くひそめて思考せば
 我内分の視覚力  即ち想念界の視覚力は
 尚も遠方に相達し  尚も進んで内辺の
 視力の至る極みには  其眼界は尚更に
 遠大なるべきことを知る  果して然らば何者か
 神的視力の現界外に  出づるを得るとなさざらむ
 神的視力は現実に  一切視力のいと深き
 内的にして且高上なるものぞ  想念中に此の如き
 延長の力ある故に  高天原の一切の
 事物は此処に住む者の  すべてに伝はらざるはなし
 高天原を成就し  遍満したる主の神の
 其神格より来るもの  凡ては又も斯の如
 ならずと云ふ事更になし  あゝ惟神々々
 御霊幸はへましませよ。
 治国別、竜公両人は暫く関所の館に休息してゐた、そこへ東方の空を輝かして一個の火弾が空中に筋を描いて近寄り来り、二人の前に落下し、忽ち麗しき天人の姿と変つた。何時の間にやら、二人は想念に引ずられて第三天国に昇つてゐた。神人の姿をよくよく見れば、豈はからむや、三五教の宣伝使言依別命であつた。治国別は驚きと喜びとに打たれ、ハツと首を下げ、静かに天の数歌を奏上し始めた。
『治国別さま、大変な好都合で厶いましたなア。一度高天原の諸団体を御案内申上げたいと思うて居りましたが、遂に其機会を得ませぬでした。幸ひあなたの肉体はバラモン教の為に苦められ、あなたの精霊は肉体を脱離して漸くここにお越しになることを得たのです。十分に天国をお調べになつた上、再び現界へ立返り、神様の為に衆生済度の為にモウ一働きやつて頂かねばなりませぬよ』
『思はぬ所で、貴神にお目にかかり、余り嬉しうて言葉も出でませぬ。併しながら人間の肉体は二十四時間を過ぐれば既に腐敗糜爛し、再び精霊の容器となることは出来ないと聞きましたが、最早私はここへ参つてから殆ど十時間ばかりも費した様な気が致します。余す所はあと十三四時間、かかる短い時間の間に天国の巡覧が出来ませうかなア』
『御心配なさいますな、霊界の一日は現界の一年に当ります、貴方はまだ霊界より見れば一分間も経つて居りませぬ、十時間もたつたやうに思はれたのは、現実界の反映でせう。又霊界には時間もなければ空間もありませぬ。まして天国には秋冬もなければ夜もない、只情動の変化があるのみです。凡て霊界は想念の世界ですから、時間などは問題にはなりませぬ。マアゆつくりと私に従いて、天国の諸団体を巡覧なさるが宜しからう』
『ハイ有難う厶います、然らば仰に従ひ、お供を仕りませう』
『モシ先生、どうぞ私もお供をさして下さいませ』
『ウンさうだなア、言依別命様に御伺ひしてみようかな』
『竜公さまは未だ天国を巡覧する丈の善と信と智慧証覚が備はつて居りませぬから、到底巡覧は出来ないのですが、幸ひ拙者は大神の命に仍つて、媒介天人と任命されて居りますから、特別を以てお供を許しませう』
治国『ハイ有難う厶います、何分宜しく御願申します』
『ア特別の御引立に与かりまして、身に余る光栄で厶います』
『竜公さま、あなたはまだ精霊界に籍がある方だから、天国へ行つたならば、眼くらみ、息苦くて到底堪へ切れないでせう。ここに被面布がありますから、之を御被りなさい、さうすれば、どうなりかうなりお供が叶ふでせう』
と懐より黒き被面布を取出し、竜公の面上めがけて投げ付くれば、不思議や竜公の顔にはキチンとして被面布がかけられた。
『サア是れで先づ第三天国の或団体から案内致しませう』
『ハイ有難う』
と治国別、竜公は後に従ひ、恐る恐る進み行く。
 俄に美妙の音楽が聞え来り、馥郁たる芳香は四辺をとざし、えもいはれぬ爽快な気分になつて来た。言依別は或小丘の上に二人を導き、美はしき岩石に腰打ちかけながら、眼下の青野ケ原を見おろし説明の労を執つた。
『治国別さま、あの東の方を御覧なさい。あこに一つの小高き丘陵があつて、沢山の家が建つてゐるでせう。あれが第三天国の或一部の団体で、愛と信とに秀でたる天人の住居する団体です。さうして此真西に当る所にも同じく一つの部落がありませう、それは善と真との徳稍薄く、光も少しく朧げなる天人共の住居致して居る団体であります。東の団体に比ぶれば余程西の方は凡ての光景が劣つて居るでせう。これは其団体に於ける天人等の愛善と信真の徳の厚薄に依つて、斯の如く差等が惟神的についてゐるのです。同気相求むると云つて、同じ意思想念の者が愛の徳に仍つて集まるのであります。故に東の団体に比ぶれば、西の方は余程劣つて居ります』
『同じ天人でも、東の団体に住む者と西の団体に住む者とは大変な幸不幸があるぢやありませぬか、西の方の団体が甲団体を羨望して移住して行く様な事はありますまいかな』
『決して決して左様な案じはありませぬ。すべて神格よりする愛其ものの情動如何に依つて、各自の運命が定まるのですから、西の団体が東の団体の光明を羨望して行つた所で、自分の徳が足らないで、苦しくて居られないのです。それ故個々団体の天人は決して他へ自由に移るといふやうな事はありませぬ、すべて高天原には順序が第一重んぜられて居ります。此順序を誤る者は、到底天国の生活は望まれないのです。大神様の神格は順序が第一に位してゐるのですから、地上の世界の如く、決して決して秩序紊乱などの虞は、夢にもありませぬ。これ故に天国は永遠に平和が保たれてゆくのです』
『成程、厳の御霊の御神諭にも、身魂相応の徳を与へると示されてありますが、いかにも恐れ入つた次第で厶いますなア、さうして天人等は日々何をして居るのですか』
『現界の人間は、高天原の天人は年が年中歌舞音楽に耽り、歓楽に酔うてゐる様に考へて居りますが、決して天国だとて、のらのらと放蕩遊惰に日を送つてゐる者はありませぬ。すべて神様が宇宙をお造り遊ばしたのは一つの目的があるためです、其目的とは即ち用であります。故に用のなき人間は霊界にも現界にも決して存在を許されない筈です、彼等天人は各自の天職を楽み、営々として神業に参加し、士農工商の業務を営んで居ります。さうして月に三回公休日があつて、其時には天人等は神の家に集まつて、力一杯歓楽を尽し、神をほめ称へ、且つ神の恵に十二分に浴するのです』
『成程、実に結構な御経綸がしてあるものですなア』
『現界の如く、労資の衝突だとか、労働問題だとか、地主対小作争議だとか、思想問題、政治問題、経済問題などは夢にも起りませぬ、実に平和な幸福な生涯ですよ。現界人が一度天国の情況を見たならば、再び現界へ帰るのは厭になつて了ひますよ』
『さうですな、吾々も此儘天国の生涯を送りたくなりました』
『先生、言依別命様に願つて、再び娑婆へ追ひ帰されないやうにして下さいな、本当にいい所ですなア』
『何事も神様の仰せのままに、吾々は使はれるべき身分だから、左様な勝手気儘な願望を起しちやならないぞ。只々人間は神さまの御用を神妙にお勤めさへすればいいのだ』
『ハイ畏まりました。併し余り良い所で、実際の事、帰るのが厭になりました、が併し神さまの御命令ならば仕方がありませぬ』
 言依別は又南の方を指し、
『治国別さま、あの南の方に小さき丘陵が見えませう、あれは智慧と証覚とに充ちたる天人共の住居する団体です。さうして此真北に当る所に又一つの丘陵があつて一部落が見えませう、あれは愛善と信真の徳よりする智慧証覚に充ちたる天人共の居住する一個の団体でありまして、南の団体よりは少しく劣つてゐる天人が群居して居ります。少し、之から見ても朧気に見えるでせう』
『なる程、仰せの通りですなア、ヤハリ情動の如何に依つて、運命が定まるのですかなア。同じ智慧や意思の人間ばかりが、一所に集まつて居る程、愉快な事はありますまい』
『あゝさうです、愛の善といふものは凡て吸引力の強いもので、又無限の生命を保有してゐるものです。天人であらうと現界人であらうと地獄界の人間であらうと、それ相応の愛に仍つて生命が保たれてゐるのですからなア、そして其愛なるものは凡て厳の御霊、瑞の御霊の御神格より内分的に流れ来るものですから、実に無始無終の生命ですよ、あゝ惟神霊幸倍坐世』
(大正一二・一・九 旧一一・一一・二三 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki