王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス

文献名1霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻
文献名2第3篇 天国巡覧
文献名3第17章 天人歓迎〔1250〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ治国別と竜公は祝詞づくしの宣伝歌を歌いながら、ある天国団体の一画に着いた。数多の天人は男女の区別なく道の両脇に列を正して、愛と善のこもった言霊を張り上げて二人を歓迎するごとくであった。
天人の衣類は、その智慧と真と相応する。一切の智慧は神真から来るからである。ゆえに天人の衣類は神真の程度の如何によると言えるかもしれない。火焔のように輝く色は愛と善と相応している。光明は善から来る真に相応している。
さまざまな色の衣服をつけた諸々の天人は、治国別と竜公がこの団体を訪ねることを大神の宣示によって知り、歓迎の準備を整えていた。天人は二人の側近く進み来て天国の言葉で歓迎の意を表示していたが、二人はなぜか口舌が硬直して言葉を発することができなかった。
治国別は無言で表情にて感謝の意を表していたが、竜公は『アーアー』という叫び声で喜びを表した。『ア』は喜びを表白する意味であるから、竜公の一言は天人から称揚の的となった。
人間の想念は記憶に付着して、その言語の根源となる。もし天人が人間に向かい来たり両者が和合するに至れば、その人のすべての記憶は天人の前に現出する。大神の特別の御恵により、天人と人間の和合があらしめられれば、天界を人間の内に投入したごとくになる。
治国別は自分がまだ肉体のある精霊であることを天人たちに告げようとしたが、なにゆえか一言も発することができなかった。第二天国の天人に相応すべき愛善と信真と智慧と証覚とが備わっていなかったからである。
治国別たちは天人の諸団体に歓迎されながら、言葉が話せないまま旅行を続けてあまり大きな恥もかかず、首尾よく巡覧して天人に好印象を与えて去ることができたのは不思議であった。
治国別は木花姫命のお導きによって智慧と証覚を与えられ、第二天国の各団体を巡歴し、進んで最高第一天国および霊国に進む物語は、次節より口述する。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年01月09日(旧11月23日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm4717
本文の文字数4931
本文のヒット件数全 1 件/第一天国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  木の花姫に助けられ  治国別や竜公は
 心いそいそ中間の  さしもに広き天国を
 当途もなしにイソイソと  東を指して進み行く
 金銀瑪瑙硨磲瑠璃や  玻璃水晶の色つやを
 照して立てる木々の間を  宣伝歌をば歌ひつつ
 足を揃へて進み行く。
治国別『高天原に八百万  尊き神ぞつまります
 神漏岐、神漏美二柱  皇大神の神言もて
 日の神国をしろしめす  神伊弉諾の大御神
 筑柴の日向の橘の  小戸の青木が清原に
 みそぎ祓はせ給ふ時  生り出でませる祓戸の
 貴四柱の大御神  吾身に犯せる諸々の
 罪や汚れや過ちを  祓はせ給へ速に
 清がせ給へと願ぎ申す  吾言霊を小男鹿の
 八つの耳をばふり立てて  聞しめさへとねぎまつる
 世の太元とあれませる  皇大神よ吾一行
 守らせ給へ村肝の  心を清め給へかし
 あゝ惟神々々  御霊幸はへましませよ
 治国別は謹みて  天津御神や国津神
 百の御神の御前に  神言申し奉る
 珍の御国の神の国  高天原に八百万
 尊き神ぞつまります  此世をすぶる大御祖
 神漏岐、神漏美二柱  厳の神言を畏みて
 覚りの神と現れませる  此世を思兼の神
 百千万の神たちを  安の河原に神集ひ
 集ひ給ひて神議り  議らせ給ひ主の神は
 豊葦原の瑞穂国  いと安国と平らけく
 しろしめさへと事依さし  固く任けさせ給ひたり
 斯くも依させし国中に  荒ぶり猛ぶ神等を
 神問はしに問はしまし  神掃ひに掃ひまし
 語り問はして岩根木根  立木や草の片葉をも
 語り止めさせいづしくも  天の磐座相放ち
 天にふさがる八重雲を  伊頭の千別に千別まし
 天より降り依さします  神の守りの四方の国
 其真秀良場と聞えたる  大日本日高見の国を
 浦安国と定めまし  下津磐根に宮柱
 いとも太しく立て給ひ  高天原に千木高く
 すみきりませる主の神の  美頭の御舎仕へまし
 天津御蔭や日のみかげ  被りたりと隠りまし
 心安国と平らけく  しろしめします国中に
 生れ出でたる益人が  過ち犯し雑々の
 作りし罪は速かに  宣り直しませ惟神
 珍の御前に願ぎまつる  天津罪とは畔放ち
 溝埋め樋放ち頻蒔きし  串差し生剥ぎ逆剥ぎや
 屎戸許々多久罪科を  詔別け給ふ天津罪
 国津罪とは地の上の  生膚断や死膚断
 白人胡久美吾母を  犯せし罪や吾子をば
 虐げ犯す百の罪  母子共々犯す罪
 けものを犯し昆虫の  醜の災天翔り
 国翔りといふ高神の  醜の災高津鳥
 百の災禍獣を  たふし蠱物なせる罪
 いや許々太久の罪出でむ  かく数多き罪出でば
 天津祝詞の神言もて  天津金木の本末を
 打切り打断ち悉く  千座の置座におきなして
 天津菅曾を本と末  刈りたち刈り切り八つ針に
 取り裂きまつり皇神の  授け給ひし天津国
 みやび言霊の太祝詞  完全に委曲に宣らせませ
 斯く宣る上は天津神は  天の磐戸を推しひらき
 天にふさがる八重雲を  伊頭の千別に千別つつ
 心おだひに聞しめせ  国津御神は高山と
 小さき山の尾に登り  高き低きの山々の
 いほりを清くかきわけて  百の願を聞しめす
 かく聞しては罪といふ  あらゆる罪はあらざれと
 科戸の風の八重雲を  気吹放てる事の如
 朝の霧や夕霧を  科戸の風の心地よく
 気吹き払ひし事の如  浪うちよする大津辺に
 つなぎし大船小舟をば  舳を解きはなち艫解きて
 千尋の深き海原に  押し出し放つ事の如
 彼方に繁る木の元を  かぬちの造る焼鎌や
 敏鎌を以て打払ふ  神事の如く塵ほども
 残れる罪はあらざれと  清め払はせ給ふ事を
 高山の末短山の  末より強く佐久那太理
 おち滝津瀬や速川に  まします瀬織津比売の神
 大海原に持出でむ  かくも持出でましまさば
 罪も汚れも荒塩の  塩の八百道の八塩道の
 塩の八百重にましませる  瀬も速秋津比売の神
 忽ち呵々呑み給ひてむ  かくも呵々呑み給ひなば
 気吹の小戸にましませる  気吹戸主と申す神
 根の国底の国までも  気吹放たせ給ふべし
 斯くも気吹放ち給ひては  根底の国にあれませる
 速佐須良比売と申す神  総てを佐須良比失はむ
 斯くも失ひましまさば  現世に在る吾々が
 身魂に罪とふ罪科は  少しもあらじと惟神
 払はせ給へいと清く  あらはせ給へと大前に
 畏み畏み願ぎ申す  あゝ惟神々々
 御霊幸はへましませよ』
 斯く祝詞くづしの宣伝歌を歌ひながら、或天国団体の一劃に着いた。数多の天人は男女の区別なく、数十人道の両側に列を正し、『ウオーウオー』と、愛と善のこもつた言霊を張り上げて、二人の来るを歓迎するものの如くであつた。
 茲に一つ天人の衣服と其変化の状態に就て、一言述べておく必要があると思ふ。抑も天人の衣類は其智慧と相応するが故に、天国にある者は皆其智慧の度の如何に依つてそれぞれの衣服を着用してゐるものである。其中でも智慧の最も秀れた者の衣類は、他の天人の衣服に比べてきわ立つて美しう見えて居る。又特に秀でた者の衣類は恰も火焔の如く輝き渡り、或は光明の如く四方に照り渡つてゐる。其智慧の稍劣つた者の衣服は、輝きはあつて真白に見えて居るけれども、どこともなくおぼろげに見えて、赫々たる光がない、又其智慧の之に次ぐ者は、それ相応の衣類を着用し、其色も亦さまざまであつて、決して一様ではない。併しながら最高最奥の天国霊国に在る天人は、決して衣類などを用ひる事はない。天人の衣類は其智慧と相応するが故に又真とも相応するのである。何故ならば、一切の智慧なるものは、神真より来るからである。故に天人の衣類は智慧の如何によるといふよりも、神真の程度の如何に依るといふのが穏当かも知れない。而して火焔の如く輝く色は、愛の善と相応し、其光明は善より来る真に相応してゐるのである。其衣類の或は輝きて且純白なるも、光輝を欠いでゐるのもあり、其色又いろいろにして一様ならざるあるは、神善及神真の光、之に輝く事少くして、智慧尚足らざる天人の之を摂受する事、種々雑多にして、一様ならざる所に相応するからである。又最高最奥の天国霊国に在る天人が衣類を用ひないのは、其霊身の清浄無垢なるに依るものである。清浄無垢といふ事は即ち赤裸々に相応するが故である。而して天人は多くの衣類を所有して、或は之を脱ぎ、或は之を着け、不用なるものは暫く之を貯へおき、其用ある時に至つて又之を着用する、そして此衣類は皆大神様の賜ふ所である。其衣類にはいろいろの変化があつて、第一及第二の情態に居る時には、光り輝いて白く清く、第三と第四との情態に居る時には、稍曇つた様にみえてをる。これは相応の理より起来するものであつて、智慧及証覚の如何によつて、斯く天人の情態に、それぞれ変化がある故である。序に地獄界にある者の、衣類のことを述べておく。
 根底の国に陥つてゐる者も亦一種の衣類の着用を許されて居る、されど彼等の悪霊は、総ての真理の外に脱出せるを以て、着する所の衣服は其癲狂の度と虚偽の度とによつて、或は破れ、或は綻び、ボロつぎの如く見苦しく、又其汚穢なる事は到底面を向くるに堪へない位である。併し彼等は実にこれ以外の衣類を着用する事が出来ないのである。又地獄界にゐる悪霊は美はしき光沢の衣類を着用する時は、相応の理に反するが故に、身体苦しく、頭痛み、体をしめつけられる如くで、到底着用することが出来ないのである。故に大神が彼等の霊相応の衣類を着用することを許し給うたのは、其悪相と虚偽と汚穢とが赤裸々に暴露する事を防がしめむが為の御仁慈である。
 種々さまざまの衣服をつけたる諸々の天人は、治国別、竜公両人の此団体に入り来ることを、大神の宣示に仍つて前知し、歓迎の準備を整へて、今や遅しと待つてゐたのである。数多の天人の中から、最も美はしく光り輝いてゐる清浄の衣類を着用した一人の天人は、治国別の側近く進み来り、『ウーオー』と言ひながら、心の底より歓迎の意を表示してゐる。治国別も意外の待遇に且つ驚き且喜びながら、叮嚀に会釈をなし、固く天人の手を握りしめて、何事か言はむとしたが、何故か口舌硬直して、一言も発することが出来なかつた。茲に於て治国別は其顔面の表情を以て、感謝の意を示す事としたのである。数多の天人は治国別の前後左右に群り来り、『ウオーウオー』と叫びながら、且歌ひ、且舞ひ踊り狂うて、其旅情を慰めむと吾を忘れて其優待に全力を尽してゐる。竜公は余りの嬉しさに口をあけた儘、ポカンとして、只『アーアー』とのみ叫んでゐる。併し天国に於ては、『ア』といふ声は喜びを表白する意味であるから、竜公の此一言は治国別の無言に引替へ、最も天人間から尊重され、且賞揚の的となつたのである。天人が総て人間と相語る時は、天人は決して自らの言語を用ひず、其相手の言語及相手が知れる所の言語を用ひ、其人の知らざる言語は一切用ひない事になつてゐる。天人の人間ともの云ふ時は、自己を転じて人間に向ひ、これと相和合するものである。此和合は両者をして相似の想念情態中に入らしむるものである。併しながら、治国別は天人の団体に於ては、これを肉体のある精霊とは思はなかつた為に、天人の語を用ひたから、治国別が面くらつたのである。
 凡て人間の想念は記憶に附着して、其言語の根源となるが故に、此両者は共に同一の言語中にありと云つても良いのである。且又天人及精霊の人間に向ひ来るや、自ら転じて彼に向ひ、彼と和合するに至れば、其人のすべての記憶は、天人の前に現出するものである。天人が人間と談話するに当り、其人と和合するは、人の霊的思想とつまり和合するものであるけれども、其霊的想念流れて、自然界想念中に入り、其記憶に附着し離れざるに仍り、其人の言語は天人の如く見え、又其人の知識は天人の知識の如く見ゆるものである。斯の如きは大神の特別の御恵に依つて、天人と人間との間に和合あらしめ給ひ、恰も天界を人間の内に投入したるが如くならしめ給ふに仍るのである。併しながら現代人間の情態は、太古に於ける天的人間の観なく、天人との和合も亦難かしい。却て天界以外の悪精霊と和合するに立至つたのである。精霊は斯く物語る者の、人間なることを信ぜず、この人の内にある自分共なりと信じ切つて居るのである。
 茲に治国別は自分が未だ肉体のある精霊なる事を告げて、未だ天人の域に進んでゐない事をあから様に告げようと努めたけれど、何故か一言も発することが出来なかつた。其故は第二天国の天人に相応すべき愛善と信真と智慧と証覚とが、備はつてゐなかつたからである。ここに治国別は天人の諸団体に歓迎され、唖の旅行を続けて、只アオウエイの五大父音を僅に発する様になり、辛うじて余り大きな恥をかかず、此一つの団体を首尾良く巡覧し、且つ天人に比較的好感を与へて此処を去る事を得たのは、実に不思議と云へば不思議な位であつた。是より治国別は再び木花姫命の御導きに仍つて、智慧と証覚を与へられ、第二天国の各団体を巡歴し、進んで最高第一天国及霊国に進む物語は次節より口述する事とする。
 惟神霊幸倍坐世。
(大正一二・一・九 旧一一・一一・二三 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki