王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第47巻 舎身活躍 戌の巻
文献名2第3篇 天国巡覧
文献名3第20章 間接内流〔1253〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高天原の天界は、天国と霊国に区分されている。日の国・天国は、人身に例えれば心臓および心臓に属している一切のものと相応している。月の国・霊国は、肺臓および肺臓に属している一切の諸機関と相応している。
心臓と肺臓は人間における二つの国土である。霊界の二つの国土も一は意志の国、一は智性の国である。意志は善に対する情動より、智性は真に対する情動によって、人身内分の二国土を統治している。
心臓は天国であり意志の国、肺臓は霊国であり智性の国に相応している。天国と霊国の奸計は、人における心臓と肺臓の関係に相応している。今ここに、高天原の全体を巨人にたとえて説明する。
天界の頭部に居るものは愛、平和、無垢、証覚、智慧の中に住し、歓喜と幸福に住する。天界いたるところ、この頭部における善徳に比すべきものはない。人の頭部は高天原の最高天国・霊国に比すべきものである。
胸部は仁と信との善徳中に住して胸部に流れ入り、これと相応する。腰部および生殖器官に属するものは夫婦の愛に住し、第二天国の情態である。
脚部にあるものは下層天国の徳、自然的および霊的善徳の中に住している。腕と手にあるものは、善徳の中より出で来る真理の力に住している。
目にあるものは智に住し、耳にあるものは注意と従順に住し、鼻孔に属するものは知覚に住している。また口と舌に属するものは言語の中に住し、内腎は研究調査すべき真理、肝臓、膵臓、脾臓に属するものは、善と真といろいろに洗練するに長じている。
治国別一行は、人体における心臓部に相当する第二天国のもっとも中枢部たるところを巡覧している。各天国内も上中下三段に区画され、各段の天国は個々の団体をもって構成されている。愛善の徳と智慧証覚の度合いによって幾百ともなく分立している。霊国も同様である。
高天原においては惟神的な天然律にしたがって勝者が劣者を導くので、皆その分度に応じて安んじ、不安・怨恨・不満の起こることなく平和の生涯を送り居るのである。
治国別ら三人は美しい丘陵の上に着いた。天日晃々として輝きわたり、被面布を通しても霊光が厳しく放射し、治国別は目がくらみ、竜公は身体の各部に苦悶を兆してきた。五三公は依然として被面布もかぶらずにここまで進んできた。
五三公は二人の様子を見て、ここで景色を眺めながら休息することにした。治国別はもう一度霊丹が欲しいものだというが、五三公は、大神の直接内流である愛の熱をいただけばもはや霊丹は必要ないのでは、と指摘した。
そして五三公や竜公との会話から、惟神霊幸倍坐世という御神文の方が霊丹よりも効能が顕著であることを悟らしめた。大神はこのように第三者の口を借りて、治国別に諸々の真理を諭させたのである。
天国の太陽について尋ねる竜公に対し、五三公は、天国では大神様が日輪となって現れ、霊国では月となって現れるのだと教えた。そして高天原にては、大神様が日輪様として現れる東をもって方位を定めると続けた。
一切のものの生命の源泉は日輪様たる大神様から来るゆえに、天界では厳の御魂、瑞の御魂をお東様と呼んでいると説明した。治国別は五三公、竜公の口を通して間接内流にてお示しをいただいたご高恩を感謝し、厳の御霊・瑞の御魂に祈りを捧げた。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年01月10日(旧11月24日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm4720
本文の文字数4626
本文のヒット件数全 2 件/瑞の御魂=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  高天原の天界を区分して天国、霊国の二となす事は前に述べた通りである。概して云へば日の国即ち天国は人身に譬ふれば心臓及び全身にして心臓に属すべき、一切のものと相応して居る。又月の国即ち霊国は其肺臓及び全身にして肺臓に属すべき一切の諸機関と相応してゐる。さうして心臓と肺臓とは小宇宙、小天地に譬ふべき人間に於ける二つの国土である。心臓は動脈、静脈により、肺臓は神経と運動繊維によりて、人の肉体中に主治者となり、力の発する所、動作する所、必ずや右両者の協力を認めずと云ふ事はない。各人の内分、即ち人の霊的人格をなせる霊界の中にも亦二国土があつて、一を意思の国と云ひ一を智性の国と云ふ。意思は善に対する情動より、智性は真に対する情動によつて人身内分の二国土を統治してゐるのである。之等の二国土は又肉体中の肺臓、心臓の二国土とに相応してゐる。故に心臓は天国であり意思の国に相応し、肺臓は霊国であり智性の国と相応するものである。
 高天原に於ても亦以上の如き相応がある。天国は即ち高天原の意力にして、愛の徳之を統御し、霊国は高天原の智力にして信の徳之を統御する事になつてゐる。故に天国と霊国との関係は人に於ける心臓と肺臓との関係に全く相応してゐるものである。聖言に心臓を以て意を示し、又愛の徳を示し、肺臓の呼吸を以て智及信の真を示すは此相応によるからである。又情動なるものは心臓中にもあらず、心臓より来らざれども、之を心臓に帰するは相応の理に基く為である。高天原の以上二国土と心臓及肺臓との相応は高天原と人間との間に於ける一般的相応である。さうして人身の各肢体及各機関及内臓等に対しては、斯の如く一般的ならざる相応があるのである。
 今茲に高天原の全体を巨人に譬へて説明する事としよう。
 巨人即ち天界の頭部に居るものは愛、平和、無垢、証覚、智慧の中に住し、従つて歓喜と幸福とに住するを以て天界到る所、この頭部に於ける善徳に比すべきものはない。人間の頭部及び頭部に属する一切のものに其神徳流れ入つて之と相応するのである。故に人の頭部は高天原の最高の天国、霊国に比すべきものである。
 次に巨人即ち天界の胸部にあるものは仁と信との善徳中に住して、人の胸部に流れ入り、之と相応するものである。
一、巨人即ち天界に於ける腰部及生殖器機関に属するものは、所謂夫婦の愛に住してゐる、之は第二天国の状態である。
一、脚部にあるものは、天界最劣の徳即ち自然的及霊的善徳の中に住してゐる。
一、腕と手とにあるものは、善徳の中より出で来る真理の力に住してゐる。
一、目にあるものは智に住し、耳にあるものは注意と従順に住し、鼻口に属するものは知覚に住してゐる。又、口と舌とに属するものは智性と知覚とより出づる言語の中に住し、内腎に属するものは研究し調査し分析し訂正する処の諸々の真理に住し、肝臓、膵臓、脾臓に属するものは善と真と色々に洗練するに長じてゐる。何れも神の神格は人体中に相似せる各局部に流入して之と相応し給ふ。天界よりの内流は諸肢体の働き及用の中に入り、而して具体的結果を現ずるが故に、茲に於てか相応なるものが行はれて来るものである。
一、人は智あり覚ある者を呼んで彼は頭を持つて居るとか、頭脳が緻密であるとか、よい頭だとか云つて称へ、又仁に厚いものを呼んで彼は胸の友だとか、心が美しいとか、気のよい人だとか、心意気がよいとか称へ、知覚に勝れた人を呼んで彼は鋭敏なる嗅覚を持つてゐるとか、鼻が高いとか云ひ、智慮に秀でたものを呼んで、彼の視覚は鋭いと云ひ、或は鬼の目と云ひ、強力なる人を呼んで、彼は手が長いと云ひ、或は利くと云ひ、愛と心を基として志す所を決するものを呼んで、彼の行動は心臓より出づるとか、心底から来るとか、同情心が深いとか称へるのである。
 斯の如く人間の不用意の中に使ふ言葉や諺は尚此外に何程とも限りない程あるのは、相応の理に基いて其実は厳の御霊の神示にある通り、何事も神界よりのお言葉なる事は自覚し得らるるのである。
 治国別一行は人体に於ける心臓部に相当する第二天国の最も中枢部たる処を今や巡覧の最中である。さうして天国の組織は最高天国が上中下三段に区画され、中間天国が又上中下三段に区画され、最下層の天国亦三段に区画されてある。各段の天国は個々の団体を以て構成され、愛善の徳と智慧証覚の度合の如何によりて幾百ともなく個々分立し、到底之を明瞭に計算する事は出来ないのである。又霊国も同様に区画され、信と智の善徳や智慧証覚の度合によつて霊国が三段に大別され、又個々分立して数へ尽せない程の団体が作られてゐる。さうして又一個の団体の中にも愛と信と智慧証覚の度の如何によつて或は中央に座を占め、或は外辺に居を占め、決して一様ではない。斯くの如く天人の愛信と証覚の上に変移あるは、所謂勝者は劣者を導き、劣者は勝者に従ふ天然律が惟神的に出来てゐるがために、各人皆其分度に応じて安んじ、少しも不安や怨恨や不満足等の起る事なく、極めて平和の生涯を送り居るものである。
 さて三人は、とある美はしき丘陵の上に着いた。天日晃々として輝き渡り、被面布を通して其霊光は厳しく放射し、治国別は殆ど目も眩むばかりになつて来た。竜公も稍身体の各部に苦悶を兆して来た。五三公は依然として被面布も被らず此処迄進んで来たのである。
五三『皆さま、大変に御疲労の様ですから、此処で山野の景色を眺めて、暫く休養さして頂きませうか』
治国『ハイ、さう致しませう。何だか神様の霊光にうたれて苦しくなつて参りました』
竜公『ヤア私も何となしに苦痛を感じます。ラジオシンターでもあれば、一杯飲みたいものですな』
『ハヽヽヽヽ、ラジオシンターは貴方等の様な壮健な肉体の飲むものぢやありませぬ。あの薬は人体の組織を害しますからな。然しながら九死一生の病人には、とつたか、みたかですから宜いでせう。あの薬は霊国より地上に下る霊薬であつて、之を服用すれば未だ現界に生きて働くべき人間は速かに元気恢復し、又霊界に来るべき運命にある人間が服用すれば、断末魔の苦痛を逃れ、楽々と霊肉脱離の苦しみを助くるものです。さうだから、あれは霊薬と云つて霊国から下るものです』
竜公『霊体分離の時、地獄におつる精霊は虚空を掴み泡を吹き、或は暗黒色になり、非常な苦悶をするものですが、その様な精霊でも矢張り楽に霊肉脱離の難境を越えられますか』
『さうです。地獄へ直接落下すべき悪霊は此霊薬の力によつて肉体より逸早く逃走するが故に、後には善霊即ち正守護神のみが残り、安々と脱離の境を渡り得るのです。霊国に於ては之を以て霊丹と云ふ薬を作ります。治国別様や貴方が、第二天国の入口に於て木花姫命よりお頂きになつた霊薬は即ちそれです。霊に充ちてゐる薬だから、霊充と云ふのです。これを地上の人間は、ラヂウムと称へて居るのですが、語源は、つまり一つですからな』
治国『ラジオシンターは止めにして、それならもう一度霊丹が頂き度いものですな』
『先生、自分の苦痛を薬によつて治さうなどと云ふ想念が起りますと、神様のお道に対し所謂冷淡(霊丹)になりやしませぬか。それよりも天国は愛の熱によつて充たされてゐるのですから、大神直接の内流たる愛の熱を頂く様に願つたら如何でせう。私は最早霊丹の必要もない様に思ひますが……』
『さうだな、一か八かの時に用ふる霊薬だから、さう濫用するのは勿体ない。それよりも尊い神様の愛の熱を頂く事に致しませう。あゝ惟神霊幸倍坐世』
『治国別さま、如何です、もうお疲れは直りましたか』
『ハイ、御神徳によつて、甦つた様です』
竜公『それ御覧、惟神霊幸倍坐世と今仰有つたでせう。其御神文の方が霊充よりも、霊丹よりも効能が顕著でせう』
『ハイ、有難う厶いました』
 大神は斯くの如くにして第三者の口をかり、第二者たる治国別に諸々の真理を悟させ給うたのである。
 凡て人を教ふる身は、其人直接に云つては聞かないものである。人間と云ふものは自尊心や自負心が強いものであるから、直接其人間に対して教説らしき事を云へば、其人間は「ヘン其位の事はお前に聞かなくとも俺は知つてゐる。馬鹿々々しい」と、テンデ耳に入れぬものである。故に第二者に直接教説すべき所を第三者たる傍人に問答を発し、其第三者の口より談話的に話さしめて之を第二者の耳に知覚に流入せしむる方が余程効験のあるものである。故に神界に於ても時々第一者と第三者が問答をなし、是非聞かしてやらねばならぬ第二者に対して間接に教示を垂れ給ふ事が往々あるのである。今茲に大神は五三公、竜公の両人をして問答をなさしめ、治国別の心霊に耳を通して諭さしめたのである。
『先生、大変な立派な日輪様がお上りになりましたな。吾々の日々拝する日輪様とは非常にお姿も大きく光も強いぢやありませぬか』
『さうだなア、吾々の現界で見る日輪様は、人間の邪気がこつて中空にさまようてゐるから、其為めに御光が薄らいで居るのだらう。天国へ来ると清浄無垢だから、日輪様も立派に拝めるのだらうよ』
『それでも吾々の拝む日輪様とは何だか様子が違ふぢやありませぬか。もし五三公さま、如何でせう』
『天国に於ては大神様が日輪様となつて現はれ給ひます。地上の現界に於て見る太陽は所謂自然界の太陽であつて、天国の太陽に比ぶれば非常に暗いものですよ。自然界の太陽より来るものは凡て自愛と世間愛に充ち、天国の太陽より来る光は愛善の光ですから雲泥の相違がありますよ。又霊国に於ては大神様は月様とお現はれになります。大神様に変りはなけれども、天人共の愛と信と証覚の如何によつて、或は太陽と現はれ給ひ或は月と現はれ給ふのです』
竜公『やはり天国にても日輪様は東からお上りになるのでせうな』
『地上の世界に於ては日輪様が上りきられた最も高い処を南と云ひ、正に之に反して地下にある所を北となし、日輪様が昼夜の平分線に上る所を東となし、其没する所を西となす事は貴方等の御存じの通りです。斯くの如く現界に於ては一切の方位を南から定めますけれども、高天原に於ては大神様が日輪様と現はれ給ふ処を東となし、之に対するを西となし、それから高天原の右の方を南となし、左の方を北とするのです。さうして天界の天人は何れの処に其顔と体躯とを転向するとも、皆日月に向つて居るのです。其日月に向うた処を東と云ふのです。故に高天原の方位は皆東より定まります。何故なれば、一切のものの生命の源泉は、日輪様たる大神様より来る故である。故に天界にては、厳の御魂、瑞の御魂をお東様と呼んでゐます』
治国『尊き厳の御魂、瑞の御魂の大神様、愚昧なる吾々を教導せむが為に、五三公、竜公の口を通し間接内流を以て吾々にお示し下さいました其御高恩を、有難く感謝致します。あゝ惟神霊幸倍坐世惟神霊幸倍坐世』
(大正一二・一・一〇 旧一一・一一・二四 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki