王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第51巻 真善美愛 寅の巻
文献名2余白歌
文献名3余白歌
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者 校正日 校正場所
OBC rm518801
本文の文字数1496
本文のヒット件数全 1 件/伊都能売=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 未決監にて
時ならぬ寒さ一夜に襲ひ来て
    おどろかされぬ長月の空を〈第5章(初)〉
遠近の教の御子の赤心を
    籠めし玉章読みつつ嬉しき〈第5章(初)〉
ゐながらに日本も西洋も巡りけり
    恵み越されし名所絵葉書に〈第5章(初)〉

未決監にて
世につれぬ月の光も甲子の
    文月の十二夜曇りてしかな〈第6章(初)〉
甲子の文月十二の月みれば
    下界のために憂ひ顔なる〈第6章(初)〉
中央白く左右に赤き日の色は
    水火の序をば示すなるらむ〈第6章(初)〉
瑞御魂生れし吉日の前後三日
    月の鏡のかすむ歎てさ〈第6章(初)〉
ナイフルのわが生れたる文月の
    十二の夜半に揺れる怪しさ〈第6章(初)〉

未決監にて絵葉書を見て
坐ながらに楓の名所に誘はれ
    都の内外の眺めせしかな〈第9章(初)〉

未決監にて
馬清く肥えたり窓の風寒し
此頃の吾牛馬に似たるかな
牛寅に働かばやと足掻きなし
甲子は早暮近し羊肥え
パンよりもカミを愛する羊かな
又一つ馬齢加へて丑の春〈第10章(初)〉

綾詩
海外宣伝日月進   擁護厚厳瑞二神
天下驚倒三五教   地上普愛善信真
     ○
抱鴻図遠進満蒙   神威大振三五道
突然雖遭暴戻剣   幸得息天地加護
     ○
現代是黒鉄濁世   愛善滅偽真独盛
衆生頑迷不知天   弥勒出世開神政〈第10章(初)〉

空拳録
俄然寒冷襲来晩秋空  長夜思国涙滂沱腮辺
吁伝達愛善天上使者  忽降根底暗闇裡呻吟
何人夫不愁哉神人難  東雲空赤鶏鳴将開窟〈第13章(初)〉

甲子文月十二夜   玉兎鏡面在星妖
伝日天災地変象   勿愁瑞祥開坤輿
     ○
顧在我頭上大師   亦別在教弟妻子
欲上奉神下伝教   吁奈何在窟暗児
     ○
聖地在愛信教壇   旦暮修養煉心胆
経緯典範道大本   日神諭霊界聖談〈第15章(初)〉

人間と生れし甲斐の神業を
    尽して帰る吾ぞ悔なき〈第18章(初)〉
からたまは狭き一間に潜むとも
    心はひろし神にある吾〈第18章(初)〉
今日こそは吾が生れたる吉き日ぞと
    まめ人たちは勇みて祈るも〈第19章(初)〉

三五の玉〔その三〕
三ツの玉
金剛不壊如意の宝珠は伊都能売
    本つ御魂の生むすびなり
神直日厳の御霊は紫の
    天地和合の宝珠なりけり
大直日瑞の御霊は黄金なす
    善言美詞の言霊の幸〈巻末(初)〉

五ツの玉
紫の麻邇の宝珠は高砂の
    尉と姥との御魂なりけり
赤色の麻邇の宝珠は神の国
    やがて治むる珍の国魂
青色の麻邇の宝珠はエルサレム
    下津岩根の大和魂
白色の麻邇の宝珠は英米仏
    西洋諸国を治むる国魂
黄色の麻邇の宝珠は支那印度
    露西亜一帯治むる国魂
        (大正十三年十月三十日)〈巻末(初)〉
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki