王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス

文献名1霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻
文献名2第2篇 宿縁妄執
文献名3第6章 高圧〔1436〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高姫は地獄に籍を置き、直ちに地獄に降るべき資格が備わっていたが、大神はその精霊を救おうと三年の間修業を命じ給うたのであった。
地獄界に籍を有する精霊はもっとも尊大にして自我の心強く、他に対して軽侮の念を持しこれを外部に知らず知らずの間に現すものである。自分を尊敬せざるものにたちまち威喝を現し、また憎悪や復讐の相好を現すものである。
一言たりともその意に合わざることを言う者は、慢心だとか悪だとか虚偽だとか称して、これを叩きつけようとするのが、地獄界に籍を置く者の情態である。
現界、霊界を問わず地獄にある者はすべて世間愛と自己より来る悪と虚偽に浸っている。その心と相似たる者でなければ、一緒に居ることは実に苦しく、呼吸も自由にできないくらいである。地獄における者は、悪心をもって悪を行い、悪をもってすべての真理を表明したり説明しようとする。
このような者が地獄界に自ら進んで堕ち行くときは、地獄の数多の悪霊が集まり来たり、俊酷獰猛な責罰を加えようとする。これは現界における法律組織とほぼ類似している。悪を罰する者は悪人でなければならないからである。
幽界においては善悪はそのまま表れるので、現界と違って誤解がない。また地獄界は悪そのものが自ら進んで堕ち行くのであるから、あたかも秤にかけたごとく、少しの不平衡もないのである。
地獄界の者は虚偽をもって真と信じ、悪をもって善と感じている。神の稜威も信真の光明も、地獄に籍を置いた人間から見たときは暗黒と見えるのである。
高姫は中有界に放たれて精霊の修養を積むべき期間を与えられたにもかかわらず、地獄の境涯を脱することができず、虚偽と悪を善と信じて拡充しようと活動を続けていた。そして四人の男女を吾が居間に導き、支離滅裂な教えを説きはじめた。
ヘルとケリナは、高姫の説教に納得がいかず、いちいち反論している。高姫は手を合わせてケリナの改心を祈っていると、どら声を張り上げて門の戸を叩く者があった。高姫は表へ出て行った。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月14日(旧01月27日) 口述場所竜宮館 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm5606
本文の文字数4949
本文のヒット件数全 1 件/第一天国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  高姫に導かれて四人の男女は、細谷川の一本橋を渡り、二間造りの小さき家に導かれた。高姫の精霊は既に地獄に籍を置き、直ちに地獄に下るべき自然の資格が備はつてゐる。併し乍ら仁慈無限の大神は如何にもして其精霊を救ひやらむと三年の間、ブルガリオの修行を命じ給ふたのである。総て精霊の内分は忽ち外分に現はれるものである。外分とは概して言へば身体、動作、面貌、言語等を指すのである。内分とは善愛の想念や情動である。
 地獄界に籍を有する精霊は最も尊大自我の心強く、他に対して軽侮の念を持し之を外部に不知不識の間に現はすものである。自分を尊敬せざるものに対しては忽ち威喝を現はし、又は憎悪の相好や復讐的の相好を現はすものである。
 故に一言たりとも其意に合はざる事を言ふ者は、忽ち慢心だとか悪だとか虚偽だとか、いろいろの名称を附して、之を叩きつけむとするのが地獄界に籍を置くものの情態である。
 現界に於ける人間も亦、顕幽一致の道理に依つて同様である。現界、霊界を問はず地獄にあるものは、全て世間愛と自己よりする、諸の悪と諸の虚偽に浸つてゐるが故に、其心と自己の心と相似たるものとでなければ、心の相応せないものと一緒に居る事は実に苦しく、呼吸も自由に出来ない位である。併し乍ら悪即ち地獄に於ける者は悪心を以て悪を行ひ、又悪を以て総ての真理を表明したり、説明せむとするものである。故に其説明には矛盾撞着支離滅裂の箇所ばかりで、正しき人間や精霊の眼から見れば、実に不都合極まるものである。斯かる悪霊が地獄界に自ら進んで堕ちゆく時は、其処に居る数多の悪霊は、彼等の上に集まり来り、峻酷獰猛なる責罰を加へむとするものである。其有様は現界に於ける法律組織と略類似して居る。総て悪を罰するものは悪人でなければならぬ。虚偽、譎詐、獰猛、峻酷等の悪徳無きものは到底悪人を罰することは出来得ないのである。併し乍ら現界と幽界と異なる点は現界にては大悪が発見されなかつたり、又善人が悪と誤解されて責罰を受くる事が沢山にあるに反し、地獄界に於ては、悪其物が自ら進んで堕ち行くのであるから、恰も衡にかけた如く、少しの不平衡も無いものである。
 而して獰猛と峻酷の内分も亦外分即ち相好の上に現はるるものである。故に地獄に墜ちて居る邪鬼及邪霊は何れも其内分相応の面貌を保ち生気無き死屍の相を現じ、疣や痣、大なる腫物等一見して実に不快な感じを与ふる者である。然し之は天国に到るべき天人の目より其内分を透して見たる形相であつて、地獄の邪霊相互の間にては決して余り醜しく見えない者である。何故なれば彼等は皆虚偽を以て真と信じ、悪を以て善と感じて居るからである。時あつて天上より大神の光明、地獄界を照す時は、彼等は忽ち珍姿怪態を曝露し、恰も妖怪の如き相好を現はし、自ら其姿の恐ろしきに驚くものである。併し乍ら天界より光明下り来る時は、朦朧たる地獄は層一層暗黒の度を増すものである。愛善の徳と信真の光明は悪と虚偽とに充されたる地獄では益々暗黒となるものである。故に如何なる神の稜威も善徳も、信真の光明も、地獄に籍を置きたる人間より見たる時は、自分の住する世界よりは暗黒に見え、真理は虚偽と感じ、愛善の徳は憎悪と感ずるに至るものである。故に大部分地獄界に堕落せる現代人が、大本の光明を見て却て之を暗黒となし、至善至美の教を以て至醜至悪の教理となし、或は邪教と誹るに至るは、其人の内分相応の理に依つて寧ろ当然と謂ふ可きものである。
 高姫は中有界に放たれ精霊の修養を積むべき期間を与へられたるにも拘らず、容易に地獄の境涯を脱する事を得ず、虚偽を以て真理と為し、悪を以て善と信じ、一心不乱に善の道を拡充せむと車輪の活動を続けて居るのである。類を以て集まるとか云つて、自分の内分に相似たるものでなければ、到底相和する事は霊界に於ては出来ない。現界ならばいろいろと巧言令色、或は虚偽なぞに由つて内分の幾分かを包み得るが故に高姫の教を聞くものも多少はあつたけれども、最早霊界に来つては自分と相似たるものでなければ、共に共に生涯を送る事が出来なくなつてゐた。併し乍ら高姫は依然として現界に居るものとのみ考へ、八衢の守衛が言葉も半信半疑の体に取扱ふてゐた。霊界へ来てから殆ど一ケ年、月日を経るに従つて守衛の言葉は少しも意に止めなくなり、益々悪化し乍らも自分の教は至善である、自分の動作は神に叶ひしものである、而して自分は義理天上日出神の生宮で、天地を総轄したる底津岩根の大弥勒の神の神柱と固く信じてゐるのだから堪らない。さて高姫は四人の男女を吾居間に導き、自分は正座に傲然としてかまへ、諄々として支離滅裂なる教を説き初めた。
高姫『皆さま、よくまア日出神の教に従つて此処へ跟いて厶つた。お前は余程因縁の深いお方だぞえ。こんな結構な教は鉄の草鞋が減る所迄世界中を探し廻つても外にはありませぬぞや。そして喜びなされ、此高姫は高天原の第一霊国のエンゼルの身魂で、根本の根本の大神の生宮だから、天も構へば地も構ひ、何処も彼処も一つに握つた太柱、扇で譬へたら要だぞえ。時計で喩たら竜頭の様な者だ。扇に要が無ければバラバラと潰れて了ふ。時計に竜頭が無ければ捻をかける事も出来ますまい。夫だから此高姫は根本の根本の世界に又と無い如意宝珠の玉ぢやから、よく聞きなされや。お前達は泥坊をしたり、バラモンの軍人になつたり所在悪をやつて来たのだから、直様地獄へ堕すべき代物だけれども、此の高姫の生宮の申す事をよく聞いて行ひを致したなれば結構な結構な第一天国へでも助けて上げますぞや』
と止め度もなく大法螺を吹き立てる。併し乍ら高姫自身は決して自分の言葉は大法螺だとは思つて居ない。正真正銘一分一厘間違ひのない神の慈言だと固く信じて居るのだ。
ヘル『モシ高姫様、貴女が夫れ程偉い御方なら何故天へ上つて下界を御守護遊ばさぬのですか。此様な山のほでらに御殿を建てて吾々の様な人間を一人や二人捉まへて説教をなさるとは、神としては余り迂濶ぢやないですか。世界中には幾億万とも知れぬ精霊があるにも拘らず、根本の大神様の生宮さまが左様な事をなさるとは、些と合点が参りませぬワ。要するに高姫さまの法螺では厶いますまいかなア』
 高姫は忽ち地獄的精神になり、軽侮と威喝と憎悪の面相を表はし、且プンプンとふくれ出し言葉迄地獄の相を現はして来た。
高姫『コレお前は何といふ途方もない事を言ふのだ。ホンに虫けら同然のつまらぬ代物だな。勿体なくも神の生宮を軽蔑するとは以ての外ぢや。そんな不量見な事では此生宮は許しませぬぞや。直ちに地獄へ堕してやるから其積りでゐなされよ』
と獰猛なる形相に憤怒の色を現はし、歯をキリキリと噛みしめて、眼を怒らし睨めつけて居る。
 ヘルは高姫の面貌を見てギヨツとしながら、屹度胸をすゑ、肱を張りわざとに体を前の方へ突き出し、胸の動悸をかくし、
ヘル『アハハハハハ吐したりな高姫、其鬼面は何の事、仁慈無限の神様は些と許り気に入らぬ事を云つたからとて、そんな六ケ敷い相好はなさりませぬぞや。神は愛と善と信とでは厶らぬか。仮にも人を威喝、軽侮、憎悪するやうな事で、何うして正しい神と云へますか。御控へ召され』
と呶鳴りつけた。
 高姫は烈火の如く憤り、相好益々獰猛となり、さも憎々しげに睨めつけ乍ら、
高姫『コリヤ、バラモンの小盗人奴、何を云ふのだ。誠の生神は貴様のやうな盲聾に分つて堪らうか。お前は心の中に悪と云ふ地獄を築き上げてゐるから、此日出神の円満なる美貌が怖く見えたり、善言美詞が悪言暴語の如く聞ゆるのだ。身魂の階級が違ふと悪が善に見え、善が悪に見えたりするものだ』
と自分の悪と虚偽とにより地獄に堕ち居る事を知らず、無性矢鱈に他に対して悪呼はりをしてゐる。人間も精霊も此処迄暗愚になつては如何なる神の力も之を救ふ事は出来ないものである。
 ヘルは高姫の前に首をヌツと突き出し、背水の陣を張つたつもりで、握り拳を固め、
ヘル『今一言、何なと言つて見よ。この鉄拳が貴様の脳天に障るや否や木端微塵にして呉れるぞよ』
との勢を示してゐる。流石の高姫も其権幕に辟易したか、ヘルに向つては夫れ切り相手にしなかつた。ヘルは振り上げた拳のやり所がなくなつて、首尾悪げに元へ直した。
 高姫はニヤリと笑ひ乍らさも横柄な面付して後の三人を見下し、
高姫『コレ六公にシャル、ケリナ、何と云つても身魂の因縁性来の事より出来ぬのだから、妾の云ふ事が耳に入らぬ人は、如何しても地獄行きぢやぞえ。皆々、どうだい、一つ此生宮の云ふ事を聞いて天国へ上る気はないか』
ケリナ『ハイ有難う厶います。到底妾のやうな罪深き人間は自分の造つた罪業に依つて相応の地獄へ行かねばなりますまい。何程貴女様が天国へ救ひ上げてやらうと仰有つて下さつても、身魂不相応の所へ行くのは苦しくて堪えられませぬ。妾は現在の儘何時迄も此世に暮したいと存じます』
高姫『ハテ、さて解らぬ方だなア。神が御蔭をやらうと思ふてつき出して居るのに受取らぬと云ふ事があるものか。諺にも……天の与ふるものを取らざれば却つて災其身に及ぶ……といふ事があるぢやないか。何故此生宮がつき出した神徳を辞退するのだい』
ケリナ『ハイ、御親切は有難う厶いますが、神様から頂いた神徳なれば自分がお返し申さぬ限り決して取上げらるる事は厶いませぬ。併し乍ら人間さまから頂いた神徳は、何時取返されるか知れませぬから、初めから頂かない方が、双方の利益で厶いませう』
高姫『コレ、ケリナ、何と云ふ解らぬ事をお前は云ふのだい。最前からも云つた通り、底津岩根の大弥勒さまの生宮ぢやないか。此生宮を人間ぢやと思ふて居るのが、テンカラ間違ひぢやぞえ。それだからお前は改心が足らぬといふのだ。お前が妾の館へ来たのも昔の昔の根本の古き神代から、身魂の因縁があつて引寄せられたのだ。お前の大先祖は大将軍様を苦しめた十悪道の身魂ぢやから、其罪が子孫に伝はり今度は世の立替立直しにつれて、大掃除が始まるのだから、悪の系統の身魂は焼き亡ぼし、天地の間に置かぬやうにするのだから、此生宮の申す間に柔順に聞く方が、お主の徳ぢやぞえ』
ケリナ『ハイ、御親切は有難う厶いますが、妾には大先祖がどんな事をして居つたか、中先祖が何うだつたか、そんな事はテンと解りませぬ。私は私で信ずる神様が厶いますから、折角乍ら御辞退を致します』
高姫『ドークズの身魂といふものは上げも下しもならぬものだなア。人間の分際として根本の因縁が解るものかいなア。それだから此高姫が身魂調べをして各自に因縁性来を表はし、因縁だけの御用を仰せつけるのだ。先祖からの因縁性来が解らぬやうな事で、何うして底津岩根の大神様の生宮の御用が勤まりますか。神の申す間に柔順に聞いて置きなさらぬと後で後悔を致しても、其処になりたらモウ神は知りませぬぞや。マア悠りと胸に手を当てて雪隠へでも入つて考へて来なさい。アーア一人の氏子を誠の道に導かうと思へば、並や大抵の事ぢやない。乃木大将が旅順口を十万の兵士を以て落したよりも難いものだ。針の穴へ駱駝を通すよりも難い。これでは神も骨が折れるワイ。盲聾に何程結構な事を噛んで含めるやうに言ひ聞かしてやつても、豚に真珠、猫に小判のやうなものだ。憐れみ玉へ助け玉へ、底津岩根の大弥勒様』
と掌を合し一生懸命にケリナ姫の改心を祈つてゐる。シャル、六造の二人は此問答をポカンと口を開けた儘延び上つて立膝し乍ら聞いてゐる。暫くは土佐犬の噛み合ひのやうな光景で沈黙の幕が下りた。其処へ銅羅声を張り上げて門の戸をブチ割れる程叩くものがある。
 高姫はツと立上り四人を尻目にかけ乍ら、門の戸を開く可く表を指して進み行く。
(大正一二・三・一四 旧一・二七 於竜宮館二階 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki