王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻
文献名2第4篇 三五開道よみ(新仮名遣い)あなないかいどう
文献名3第15章 猫背〔1445〕よみ(新仮名遣い)ねこぜ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ玉国別の一行は、ライオン河を渡るやバラモン軍の残党に襲われ、伊太彦は槍に刺されて傷を負い生死のほどもわからなくなり、玉国別と真純彦もどこに行ったかわからなくなってしまった。三千彦は一人先に進み、テルモン山のアン・ブラック川までやってきた。三千彦は師や仲間たちの無事を神様に祈っている。このときにわかに強い川風が吹いて、堤の上にいた三千彦は泥田の中に転げ込んでしまった。泥にはまって苦しむ三千彦を、霊犬スマートが救い上げた。これは初稚姫が三千彦の難儀を前知して、救援に向かわせたのであった。三千彦の着物にはヒルが喰いついてはなれない。困っていると、スマートがバラモン教の宣伝使服をくわえてきた。三千彦はこれも神様の思し召しだろうと、服を着てバラモン教の宣伝使の格好になった。スマートはすでにはるか遠くの山を駆け上って行ってしまった。三千彦はバラモンの経文を唱えながら進んで行く。するとテルモン山の神館を守る小国別の妻・小国姫と名乗る老婆の一行に出会った。小国姫は三千彦を館に招いた。名を尋ねられた三千彦は、自分は鬼春別の軍に同行していた従軍宣伝使であったが、鬼春別敗北よりここまで逃げてきたと身の上を語り、とっさに名前を川から取ってアン・ブラックと名乗った。小国姫は、アン・ブラック川の岸辺に行けば自分を助けてくれる真人に会える、という夢のお告げがあったことを語り、川と同じ名前の宣伝使に会えたことを喜んだ。三千彦の背中にはいつのまにか、ブクブクとしたこぶができて猫背のようになっていた。案内されて館に入ると、いつの間にか猫背は元のとおりに直っていた。これはスマートの霊が三千彦を無事に館内に送り、かつその身辺を守るためであった。スマートは館の床下に隠れて守っている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月17日(旧02月1日) 口述場所竜宮館 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年5月3日 愛善世界社版219頁 八幡書店版第10輯 227頁 修補版 校定版231頁 普及版104頁 初版 ページ備考
OBC rm5615
本文の文字数4713
本文のヒット件数全 1 件/三五教の大神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 三千彦『厳の御霊と現れませる  高皇産霊の大御神
 瑞の御霊と現れませる  神皇産霊の大御神
 珍の御水火に現れませる  三五教の大神
 埴安彦や埴安姫の  神の命を世に降し
 天地百の神人の  霊を浄め天国の
 清き聖場に救はむと  心を配らせ玉ひつつ
 神素盞嗚の大神に  其神業を任け玉ひ
 茲に瑞の大神は  神漏岐神漏美二柱
 神の御言を天地に  麻柱奉り常暗の
 世を平けく安らけく  治めて松の御世となし
 日出の守護に復さむと  百の司を養成し
 豊葦原の中津国  国の八十国八十の島
 残る隈なく巡らせて  天国浄土の福音を
 拡充せしめ玉ひけり  天足の彦や胞場姫の
 曲のすさびにつけ入りて  此世を紊す曲津神
 八岐大蛇や醜狐  曲鬼共は天の下
 治むる国の司人  其外百の人々に
 憑りて所在曲わざを  縦横無尽に敢行し
 日に夜に世界を汚し行く  醜のすさびぞうたてけれ
 斎苑の館の宣伝使  玉国別の弟子となり
 神の教を四方の国  伝へむものと真心の
 思ひは胸に三千彦が  ライオン河を渡りてゆ
 広野の中に日をくらし  やむなく眠る露の宿
 暗路を辿る折柄に  バラモン教の落武者が
 幾百人とも限りなく  手に手に兇器を携へて
 三五教の宣伝使  鏖殺せむといきり立ち
 吾一行の身辺を  十重や二十重に取囲み
 剣をかざし石を投げ  勢猛く攻め来る
 玉国別の師の君や  真純の彦は言霊を
 力限りに打出して  防戦したる折もあれ
 敵の突出す槍先に  股をさされて伊太彦が
 其場にドツと倒れ伏す  見るより驚き真純彦
 伊太彦小脇にかい込んで  敵の重囲を切りぬけつ
 何処ともなく逃げ行きぬ  吾師の君も大勢に
 取囲まれて何処となく  姿を隠し玉ひける
 後に残りし三千彦は  俄に言霊渋りきて
 詮術もなき悲しさに  命カラガラ囲をば
 突破し乍ら漸くに  吾師の跡を尋ねつつ
 此処迄進み来りけり  ああ惟神々々
 尊き神の御守  吾師の上に顕れまして
 神に受けたる使命をば  完全に委曲に果すべく
 恵の露を賜へかし  真純の彦は今何処
 伊太彦司の槍創は  最早癒えしか或は又
 深手に悩み山奥に  隠れて病を養ふか
 聞かまほしやと思へども  曇りし霊の吾々は
 神に伺ふ由もなく  道の行手を気遣ひつ
 バラモン教の籠もりたる  テルモン山の近く迄
 知らず知らずに着きにけり  油断のならぬ敵の前
 企みの穴の陥穽  数多拵へ三五の
 教司の来るをば  手具脛ひいて待つと聞く
 ああ惟神々々  尊き神の御前に
 吾師の君を始めとし  吾等一行の幸運を
 謹み敬ひ願ぎまつる』
と密々唄ひ乍ら、テルモン山より流れ落つるアン・ブラツク河の川辺に着いた。頃しも夏の半にて半円の月は西天にかかり、利鎌のやうな鋭い光を投げてゐる。三千彦は日の暮れたのを幸、川堤に腰をおろし、小声になつて天津祝詞を奏上し、終つて独り言、
三千『ああ、水の流れと人の行末、変れば変るものだなア。玉国別の師の君のお伴をなし、去年の冬斎苑の館を立出でてより、浮つ沈みつ、種々雑多の艱難苦労、其中にも吾師の君は、懐谷に於て猿に眼を破られ玉ひ、止むを得ず祠の森に立て籠り、御神勅のまにまに、祠の宮を建設遊ばし、吾等三人の弟子と共に潔く月の国ハルナの都へ、神の依さしのメツセージを果たさむと、勇み進んで来る折しも俄の雨にライオン河の大激流、目も届かぬ許りの川巾を水馬に跨り、命カラガラ此方へ渡り、日を暮らして、広野の中に一夜を眠る時しも、バラモン教の残党数多襲ひ来り、吾友の伊太彦は敵の鋭き手槍に刺され、生死の程もさだかならず、師の君を初め真純彦は今何処へ行かれたか、何の便りも夏の夜の、月に向つてなく涙、乾く由なき袖の露、憐れみ給へ月照彦の神』
と述懐を述べ、一生懸命に祈つて居る。
 三千彦は漸くにして、川の堤の青草の上に眠に就いた。沢山の蚊が人間の匂ひを嗅ぎつけて、珍らしげに集まり来り、ワンワンワンと厭らしい声を立て、三千彦の体一面に折重なつて喰ひついてゐる。此時俄にレコード破りの川風吹き来り、堤上に眠つてゐた三千彦の体を鞠の如く転がして、あたりの泥田の中へ吹き込んで了つた。三千彦は驚いて立ち上らうとすれ共、泥深くして腰のあたりまで体がにえこみ、何うする事も出来ず、チクチクと身は泥田に没し、最早首丈になつて了つた。此儘にしておけば全身泥に没し、三千彦の生命は既に嵐の前に灯火の如き運命に陥つて了つた。三千彦は一生懸命に天津祝詞を奏上し、せめて肉体は泥田の中に埋めて死す共、吾精霊を天国に救はせ玉へと、声を限りに祈つてゐる。斯かる所へ黒い四つ足の影、何処ともなく現はれ来り、三千彦の体の囲の泥土をかきのけ、泥のついた着物を喰わへて、自分も亦体を半分以上泥土に没し乍ら、漸く堤の上に救ひ上げた。三千彦は如何なる獣か知らね共、自分を助けてくれたのは、全く神様の使に違ひあるまいと、双手を合せて、黒い獣を一生懸命に拝み、泥だらけの着物を着けたまま川の浅瀬に飛入り、ソロソロ洗濯を始め出した。黒い影の獣は復川中にバサバサと飛込み、自分の体を洗つてゐる。
 三千彦はザツと衣類の洗濯をなし、夏の事とて、白く焼けた河原の砂利の上に着物を干し、自分は蚊を防ぐ為に、全身を水に浸けて夜を明かすこととなつた。獣の影は何時しか見えなくなつてゐる。夏の一夜を漸く明かし、能く能く自分の衣類を見れば、着物一面に毛の生えた如く、厭らしい蛭が喰付いて居る。粘着性の強い蛭で容易におちない、手を以て落とさうとすれば手に喰付き、どこ迄も離れてくれぬ。『エー一層の事、此着物は川へ棄て、裸の道中で、行く所迄行つてやらうか』と思案を定めてみたり、『いやいや待て待て、夜分になれば、又蚊の襲撃を防ぐ事は出来ぬ、ぢやと云つてこれ丈沢山の蛭のついた着物を身につけば又血を吸はれる、ハテどうしたらよからうか』と身の不遇を嘆き、再び堤に上つて、涙にくれてゐた。
 遙向方の方より夜前見た黒い獣が矢を射る如く此方に向つて走つてくる。これは初稚姫が三千彦の難儀を前知して、スマートに言ひ含め、救援に向はしめ玉うたのである。スマートは、立派なバラモン教宣伝使の服を喰わへて来た。そして三千彦の前に二声三声、ワンワンと吠乍ら、尾を振つて、之を着よとすすむる如き形容を示した。三千彦は感涙に咽び乍ら、
三千『ああお前は畜生にも似ず、賢い犬だなア、よう助けてくれた。キツと神様のお使に違ひなからう。ついては此服は私が頂戴する。併し乍らバラモン教の宣伝使服だ。之も何か神様の深い思召があるだらう。之を幸、バラモン教の宣伝使と化け込んで、此テルモン山を向方へ渉つてみようかなア』
と独ごちつつ、手早く服を身に纒うた。フツと足許を見れば、最早犬の影はなくなつてゐた。遙向方の禿山を駆け登る犬の影、猫ほどに見えてゐる。三千彦は浅瀬を渡つて西岸へ着き、ワザとバラモンの宣伝使気取になつて、経文を唱へ乍ら進んで行く。
 六十許りの白髪交りの婆々アが二人の侍女を伴ひ、杖をつき乍ら此方に向つて進み来る。三千彦は道の片方に立止まり、『ハテ不思議な婆々アだ。毘舎や首陀とは違つて、どこ共なしに気高い所がある。之は大方小国別の奥方ではあるまいか』と独ごちつつゐる所へ早くも三人は近づき来り、
婆『お前さまはバラモン教の宣伝使と見えるが、私はテルモン山の館を守る小国別の妻小国姫で厶います。何卒むさ苦しい所で厶いますが、一寸立よつて下さいますまいか、そしてお名は何と申しますか』
と矢つぎ早に尋ねられ、三千彦は俄に仮の名を思ひ出す訳には行かず、
三千『ハイ私はお察しの通り、バラモン教の宣伝使で厶います。此度、鬼春別将軍様の陣中に交はり、宣伝使専門の役を勤めて参りました所、お聞及びも厶いませうが、鬼春別様は敵の為に手いたく敗北遊ばし、やむを得ず私は只一人で此処まで参つたので厶います。テルモン山の御旧蹟を拝したいと存じ、ヤツとのことで夜を日についで、霊地へ足を踏み入れたとこで厶います』
と長い口上を云つて、其間に自分の名を考へ出さうとしてゐる。もしもバラモン教の宣伝使や錚々たる人物の名に匹敵した事を喋つては直に看破さるる虞があると気遣ひ、どう云つたら無難であらうかと考へた末、今渡つて来た川の名を思ひ出し、俄に元気よく、
『私は宣伝使と云つても、ホンのホヤホヤで厶いますから、名のあるやうな者では厶いませぬ、アン・ブラツクと申すヘボ宣伝使で厶いますが、何卒一度お館に参拝をさして頂きたいもので厶います』
姫『あ、左様で厶いますか、貴方のお名はアン・ブラツク様でしたか、何と目出たいお名で厶いますなア、此アン・ブラツク川は昔から濁つた事のない清川で厶いますが、其名を負はせ玉ふ宣伝使に出会うとは、何といふ結構な事でせう。之でテルモン山の館も、万世不動の基礎が固まるでせう。実の所は夢のお告に「アン・ブラツク川の岸辺に行け、さうすればお前を助ける真人が現はれる」との事で厶いましたので、信頼ない夢を力として参りましたが、矢張り神様のお告げと見えて、尊い名の宣伝使に会ふ事が出来ました。ああ有難い有難い』
と嬉し涙をたらし乍ら合掌する。三千彦は真面目な顔して、
三千『ハイ承知致しました。然らばお世話に与りませう』
姫『早速の御承知、満足に存じます。……コレ、ケーや、セミスや、宣伝使のお荷物を持たして頂きなさい』
ケー『ハイ何でも持たして頂きますが、別に何もお持になつてはゐないぢや厶いませぬか』
姫『それでもお背に沢山の荷物を負うてゐらつしやるぢやないか』
ケー『奥様、あれは荷物ぢや厶いませぬ、宣伝使様が猫を負うてゐらつしやるのですよ。なア、セミスさま、さうぢや厶いませぬか』
 三千彦は何時の間にやら背中にブクブクとした瘤が出来てゐたが、背中の事とて少しも気がつかなかつた。
三千『アハハハハ、猫に見えますかな、どうで犬に……』
と云ひかけて俄に口をつぐみ、
三千『犬か猫のやうな霊ですから、仕方がありませぬ。まアさう仰有らずに可愛がつて下さいませ』
 小国姫は『サア参りませう』と先に立つて行く。三千彦は半安半危の面持にて門内深く進み入り、小国姫と共に直ちに神殿に至つてバラモン教の経文を称へた。三千彦は只聞き覚へに経文のそしり走りを知つてゐる許りで、余り大きな声を出し、間違つた事を言つては、忽ち看破さるる事を恐れ、ワザと小声になり、教服に添へてあつた数珠を爪繰り乍ら、一生懸命に念じてゐる。何時の間にやら三千彦の猫背は元の通りに痕跡もなく直つてゐた。これはスマートの霊が三千彦を無事に館内に送り且つ其身辺を守らむが為であつた。スマートは館の床下に隠れて守つてゐる。
(大正一二・三・一七 旧二・一 於竜宮館 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki