王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第56巻 真善美愛 未の巻
文献名2第4篇 三五開道よみ(新仮名遣い)あなないかいどう
文献名3第16章 不臣〔1446〕よみ(新仮名遣い)ふしん
著者出口王仁三郎
概要
備考テルモン山の神館の小国別は、初版では「鬼国別」で、御校正本で「小国別」に直された。なぜか第56巻第16章「不臣」だけは「小国彦」(初版では「鬼国彦」)になっている。この章に4回出る。
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-10-04 00:19:35
あらすじ朝食が済むと小国姫は三千彦のところにやってきて、テルモン山神館の問題について相談を始めた。この館のバラモン教の神宝である如意宝珠の玉が紛失し、百日以内に取り戻せなければ小国別・小国姫夫婦は死をもってお詫びをしなくてはならないという。それを苦にして小国別は病に倒れてしまった。また次女のケリナが三年前に駆け落ちしたまま行方不明になり、このことも夫婦の気にかかっているという。小国姫は、これらの問題について神様に祈願し、託宣していただくように依頼した。三千彦は一週間の時間を約束し、神殿に籠って祈願をこめはじめた。するとスマートの精霊が三千彦にお告げを聞かせはじめた。スマートは、玉国別一行には近いうちにこの館で会えるようになると三千彦を安堵した。そして、如意宝珠の玉は、この神館の家令のせがれのワックスという者が、ある目的のために隠していると託宣した。スマートは、ワックスが玉を隠していることは小国姫には決して言わず、ただ近いうちに現れると答えるように教えた。また、小国別はもう寿命であること、妹娘のケリナは三五教の修験者に助けられて近いうちに帰ってくることを知らせた。三千彦は天耳通が開けた者と思って、喜んで大神に感謝し、小国姫の居間に引き返して告げられたように、それぞれの問題の見通しを小国姫に答えた。小国姫は、小国別は残念ながら寿命だが、如意宝珠も妹娘も現れたのを見て国替えすることができる、と聞いて安心した。そこへ小国別の容態が悪くなったということで、小国姫、三千彦、家令のオールスチンは枕頭に集まった。小国別はしきりに、ワックス、ワックス、と家令の息子の名前を呼んでいる。小国姫は、何事が小国別とワックスの間にあったか調べるようにオールスチンに命じた。オールスチンは思い当ることがあるように首を傾けながら我が家に戻った。オールスチンが帰ってくると、二三人の人声が聞こえて来る。オールスチンは門の戸にもたれて話の様子を聞いている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月17日(旧02月1日) 口述場所竜宮館 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年5月3日 愛善世界社版231頁 八幡書店版第10輯 231頁 修補版 校定版244頁 普及版109頁 初版 ページ備考
OBC rm5616
本文の文字数4923
本文のヒット件数全 0 件/三五開道=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  神殿の拝礼が終ると共に三千彦は小国姫の居間に招ぜられ、茶菓の饗応を受け朝飯を頂き等して寛いでゐる。朝飯が済むと二人の侍女は此場を立ち去り小国姫は憂ひ顔をし乍ら現はれ来り、
姫『アン・ブラツク様、よくまアお越し下さいました。折入つてお願致し度い事が厶いますが、聞いては下さいますまいかな』
三千『ハイ、私の力に及ぶ事ならば如何なる御用も承はりませう。御遠慮なく仰せ下さいませ』
姫『有難う厶ります。早速ながらお伺ひ致しますが、当館は貴方も御承知の通りバラモン教の大棟梁大黒主の神様が、まだ鬼雲彦と仰せられた時分、ここを第一の聖場とお定め遊ばしたバラモン発祥の旧跡で厶います。吾々夫婦の名は国彦、国姫と申しましたが、鬼雲彦様より御名を頂いて今は小国別、小国姫と申して居ります。就いては当館の重宝如意宝珠の玉が紛失致しまして今に行衛は知れず、百日の間に此玉を発見せなければ吾々夫婦は死してお詫をせなくてはならない運命に陥つて居ります。吾夫はそれを苦にして大病に罹らせ玉ひ、命旦夕に迫ると云ふ今日の場合で厶います。悪い事が重なれば重なるもので、今より三年以前に妹娘のケリナと云ふもの、仇し男と共に家出を致し、今に行衛も分らず、夫婦の心配は口で申すやうの事では厶いませぬ。何卒御神徳を以て如意宝珠の所在をお知らせ下さる訳には参りませぬか』
 三千彦は天眼通が些とも利かないので、こんな問題を提出されても一言も答へる事が出来ない。然し乍ら、何とかして此場のゴミを濁さねばならないと一生懸命に大神を念じ乍ら事もなげに答へて云ふ。
三千『お話を承はれば実に同情に堪えませぬ。必ず御心配なさいますな。私がここへ参りました以上は必ず神様のお綱がかかつて引寄せられたに相違厶いませぬ。ここ一週間の間御祈念致し、玉の所在を伺つてみませう』
と其場逃れの覚束なげの挨拶をして居る。溺るる者は藁条一本にも頼らむとする喩の如く、小国姫は三千彦の言葉を唯一の力とし大に喜んで笑を湛へ乍ら、
姫『御親切に有難う厶います。何分に宜しうお願ひ致します。そして厚かましいお願ひで厶いますが、夫の病気は如何で厶いませうかな』
三千『先づ一週間心魂を籠めて祈る事に致しませう。神様は如何しても必要があると思召したら命を助けられるでせうし、又霊界にどうしても御用があると思召したら命をお引き取りになるでせう。生死問題のみは如何ともする事は出来ませぬ。之は神様にお任せなさるより外に道はありますまい』
姫『仰せの如く何時も私も信者に生死問題に就いては、人間の如何ともする所でないと説いて居ますが、さて自分の身の上に関するとなるとツイ愚痴が出たり、迷ふたりしてお恥しき事で厶います。それから、も一つ申兼ねますが娘の行衛で厶います。彼娘はまだ無事に此世に残つて居るでせうか。或は悪者の為めに殺されたやうな事は厶いますまいか。それ許りが心配で堪りませぬ』
 三千彦は何れも此れも宜い加減な返事はして居れない。エー、ままよ、一か八かと決心して、
三千『娘さまの事は御心配なさいますな。屹度神様のお恵で近い内に無事にお帰りになります』
姫『ハイ、有難う厶ります。そして娘は今頃は何処の国に居りますか。一寸それを聞かして頂き度いもので厶います』
 三千彦はハツと詰まり乍ら肝を放り出して、
三千『つい近い所に隠れて居られます。まア御心配なさいますな。軈て帰られますから、然し詳しい事は御神殿で伺つて来なくては申上兼ねますから』
姫『成程、さうで厶いませう。何卒御緩りなさいましたら、一度御神勅を伺つて下さいませ』
三千『ハイ、承知致しました。これから早速伺つて参ります。併し乍ら誰方もお出でにならぬやうに願ひます』
と云ひ残し神殿さして進み行く。
 三千彦は神殿に進み小声になつて天津祝詞を奏上し、終つて、
三千『私は大変な難問題にぶつつかりました。併し乍ら苟くも三五の宣伝使、宜い加減な事は申されませぬ。もし宜い加減の事を申し、化けが露はれたなら、それこそ神様のお名を穢し、師の君に対しても相済みませぬからハツキリした事を、ここ一週間の間に私の耳許にお聞かせ下さいますか、但は夢になりと知らして下さいませ。そしてなる事なら吾師の君の所在のほどもお示し願ひます』
 斯く念じて暫らく瞑目して居ると忽ち背中がムクムクと膨れ出し、犬の様なものが負ぶさつた様な重味が感じて姿は見えねど、少し掠つた声で耳許に囁いた者がある。之はスマートの精霊が三千彦の身を守るべく諭して呉れたのである。さうして其示言は左の通りであつた。
精霊『三千彦殿、其方は大変に心配を致して居るが、玉国別様一行は軈て近い内に此館でお目にかかれるであらう。そして当館の重宝如意の宝珠は家令の悴ワツクスと云ふ者が或目的のために隠して居るのだから、之も只今現はれるであらう。儂は初稚姫の身辺を守るスマートと云ふものだが、小国姫に対しては決してワツクスが匿して居る等と云つてはなりませぬぞ。然し直様、現はれる様に致すから心配致すなと云つて置きなさい。又此家の主人小国別はここ暫らくの寿命だから、それは諦める様に云ふて置くが宜い。又娘のケリナ姫は三五教の修験者に助けられ、近い中に帰つて来る。之も安心するやうに知らしてやりなさい。尋ねる事は、もう之でないかな』
と小さい声が聞えて来る。三千彦は初めて天耳通が開けたものと考へ、非常に喜んで大神に感謝し、莞爾として小国姫の居間に引返した。小国姫は三千彦の何処ともなく元気に充ちた顔色を見て、
姫『こりや、些と有望に違ひない』
と早くも合点し、さも嬉しげに、
姫『これはこれはアンブラツク様、御苦労様で厶いました。御神徳高き貴方、定めし神様のお告げを直接お聞きなさいましたでせう。何卒お示し下さいませ』
三千『イヤ、さう褒められては恐れ入ります。何を云つてもバラモン教へ這入つてから、俄に抜擢されて宣伝使になつたものの、経文も碌にあがりませぬ。只信念堅実と云ふ廉を以て宣伝使にして貰つたのですから、バラモン教の教理は少しも存じませぬが、信仰の力によりまして天眼通、天耳通を授けて頂いて居ります。それで何んな事でも鏡にかけた如く知らして頂けます』
姫『イヤ、結構で厶います。今の宣伝使は難い小理窟ばかり云つて、朝から晩まで経文の研究に日を暮し、肝腎の信仰が欠けて居ますから、神様のお取次であり乍ら、些とも大神の意思が分らないので厶いますよ。何を云つても不言実行が結構で厶います。さうして神様は何と仰せられましたかな』
三千『はい、明白した事は分りませぬが私のインプレッションに拠りますれば、此お館の重宝は近い中にお手に這入ります。屹度私が貴女にお手渡しをしますから御安心下さいませ。さうしてお嬢さまは日ならずお帰りになります。然し乍ら旦那様はお気の毒ながら天国へ御用がおありなさるさうだから先づお諦めなさるが宜しからう』
姫『どうも有難う厶りました。神様の御用で昇天するとあれば止むを得ませぬが、成る事ならば夫の生存中に如意宝珠の在所が分り、又娘の顔を一目見せ度いもので厶いますが、如何で厶りませう、これは叶ひますまいかな』
三千『イヤ、御心配なさいますな。之は屹度現はれて参ります。そして御主人が如意宝珠を抱き、片手に姫さまを抱いて喜び勇んで国替をなさいますから、まア一時も早く神様のお繰合せをして頂くやう御祈願を成さいませ。私も一生懸命に御祈願致します』
姫『ハイ、有難う厶います』
と嬉し涙にかき暮れる。斯かる処へ家令のオールスチンは衣紋を繕ひ現はれ来り、
オールス『もし、奥様、旦那様が大変お苦みで厶います。そして奥を呼んで来て呉れと仰有いますから何卒早く側へ行つて下さいませ。私は宣伝使のお側にお相手を仕りますから』
姫『アン・ブラツク様、今家令の申した通り、主人が待つて居りますから一寸行つて参りますから何卒御緩りとお休み下さいませ』
と言ひ捨てて忙しげに此場を立つて行く。
 オールスチンは三千彦に向ひ、
オールス『宣伝使様、どうも御苦労様で厶います。お聞及びの通り此お館には大事が突発致しまして上を下へと騒ぎ廻つて居ります。どうか貴方の御神徳によりまして、此急場が逃れますやうにお願ひ致し度う厶います。そして神様の御神勅は如何で厶いましたか』
三千『御心配なさいますな。如意宝珠の玉は決して外へ紛失はして居りませぬ。此お館に出入する相当な役員の息子が、或目的を抱いて玉を匿して居ると云ふ事が、神様のお告げで分りました。軈て出て来るで厶いませう』
オールス『エ、何と仰有ります、あの如意宝珠の宝玉を此身内の者が匿して居ると仰有るのですか。そして此館へ出入する重なる役員の息子とは誰で厶いませう。参考のためにお名を聞かして頂き度う厶いますが……』
三千『まだ私も修行が足りませぬので、隠した人の姓名まで明白り云ふ事は出来ませぬ。丸顔の色白い男だと云ふ事だけは確に分つて居ります』
オールス『はてなア、妙な事を聞きまする。然し乍ら誰が匿してあるにせよ、之を探し出さねば小国別様の言ひ訳が立たず、又此館の役員迄が大黒主から厳しい罰を受けねばなりませぬ。そしてその玉は近いうちに現はれるで厶いませうか』
三千『屹度現はれます。成るべく事を穏かに済ませ度いと思ひますから、何卒秘密にして置いて下さいませ。互に瑕がついてはなりませぬからな』
オールス『成程、仰有る通りで厶います。こんな事が外へ洩れては一大事、一時も早く現はれますやう、そして旦那様に一時も早く安心の行くやう、願つて下さいませ』
三千『ハイ、承知致しました』
 斯かる所へ小国姫は再び現はれ来り、
姫『もし、宣伝使様、主人が大変に様子が悪うなりましたから、何卒一つ御祈祷をしてやつて下さいますまいかな』
三千『それはお困りです。然らば参りませう』
と云ひ乍ら家令と共に主人の居間に通つた。
 小国別は熱に浮かされて囈言を云つて居る。そして時々、ワツクス ワツクスと呻いて居る。ワツクスとは家令のオールスチンが息子である。オールスチンは之を聞くよりハツと胸を撫で、俯向いて思案に暮れて居る。小国姫は少しく声を尖らし乍ら、
姫『これ、オールスチン、今旦那様が夢中になつて「ワツクス ワツクス」と仰有るのはお前の悴の名に違ひない。何か旦那様に対し、御無礼の事をして居るのではあるまいか。よく調べて下さい。此宣伝使様にお尋ねすれば直分るだらうけれど、斯んな事まで御苦労になるのは畏れ多い事だから、お前、心に当る事があるなら包まず隠さず、ワツクスの事に就いて述べて下さい』
オールス『ハイ、心当りと申しては何も厶いませぬが、兎も角宅へ帰りまして悴を調べて見ませう。暫くお待ち下さいませ。然らば奥様、旦那様をお大切にして下さいませ。アンブラツク様、左様ならば一寸宅まで帰つて参ります。何卒宜しうお願ひ申します』
と言葉を残し急ぎ吾家を指して帰り行く。
 オールスチンは館を出でて吾家に帰る道すがら幾度となく吐息をつき、何事か心に当るものの如く首を傾け乍ら、杖を突きトボトボとして吾家に帰り行く。田圃の稲葉は風に煽られてサラサラと勇ましく鳴つて居る。燕は前後左右に梭をうつ様に黒い羽根の間から白い羽毛を現はし、或は高く或は低く大車輪の活動を稲田の上にやつて居る。寝むたさうに梟の声はホウホウと家の後の森林から聞えて居る。オールスチンは秘かに吾家の門口に帰つて見ると二三人の人声が盛に聞えて居る。心にかかるオールスチンは耳をすませて門の戸に凭れ話の様子を立聞きし居たりけり。
(大正一二・三・一七 旧二・一 於竜宮館 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki