王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻
文献名2第2篇 顕幽両通よみ(新仮名遣い)けんゆうりょうつう
文献名3第12章 三狂〔1462〕よみ(新仮名遣い)さんきょう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ三千彦はシャルと共に小声で宣伝歌を歌いながら八衢街道とは知らず、現界の道路を通過する気分で進んで行く。八衢の関所にさしかかると、赤の守衛が一人の男を調べている。それは鰐口曲冬であった。仏教は研究してゆくと何もなくなってしまうから止めた、と言う曲冬に対し、赤の守衛は、霊界の消息を洩らした仏教に対して尊敬帰依の心を捨てて研究に走ったために、何も掴めなかったのだと曲冬を叱責している。赤の守衛の説に納得した曲冬は、それでは一つその方向で研究しなおしてみよう、と言ってさらに諭されている。そして、聖書や三五教も研究したが、何も得るところなく脱会したと答えた。赤の守衛は、霊界物語の筆録者までやって直接に教示を受けながら何もわからないのは、曲冬の慢心した研究的態度が原因だと指摘した。曲冬は悪びれるところもなく、十分に研究をしなければ、社会に施してよい教えかどうか調べられない、と自説を展開する。赤の守衛は、ここである一定の時間を経なくては、曲冬のような汚れた魂は天国に行くことができないと伝えた。現世において心にもないことをいい、おべっかを使ったり体をやつしたり種々の外念をすっかり取り外して第二の内部状態に入り、内的生涯の関門を超える必要があると説いた。内的とは、意志想念のことであり、その意志が善であり真であれば天国へ昇ることができると続けた。内的状態になってからエンゼルの教えを聞いてそれが耳に入るようならば、天国へ行く資格が具備しており、どうしても耳に入らなければ地獄に行く。これが第三状態といって、精霊の去就を決するときだという。そこへ高姫が追いかけてきてシャルに毒づくと、守衛に対して、この二人は悪人だからこらしめるようにと命令した。赤白の守衛は高姫の屁理屈に辟易し、白の守衛がしゅろ帚ではき出すと、高姫とシャルは逃げて行ってしまった。赤の守衛は三千彦に、川に悪者に投げ込まれて精霊が霊界に来ているが、霊犬スマートが体を助け上げて介抱している、やがてスマートが迎えに来るから現界に帰るようにと伝えた。そしてテルモン山にはまだ悪人がはびこっているから注意するようにと気を付けた。三千彦は、高姫は亡くなったはずが霊界で脱線振りを発揮していることを不思議に思い、守衛に尋ねた。守衛は、高姫はまだ現界に寿命が三十年ばかり残っているが、あまり現界で布教の邪魔をするので、時置師神が伊吹戸主大神に願い出て、三年間中有界で修業をさせているのだと答えた。その間に高姫の肉体は駄目になってしまうので、現界で三年後に亡くなる他の人間の肉体に移して、残りの三十年の寿命を与えるのだと説明した。三千彦と守衛が話していると、南の方から一頭の猛犬が走ってきて二声三声高く叫んだ。この声にはっと気がつけば、八衢の光景は消え失せて、三千彦はアンブラック川の堤の青芝の上に横たわっていた。スマートは行儀よく側に座ってうれしげに三千彦の顔をながめて尾を振っている。テルモン山の方を見ると、黒煙もうもうと立ち上り、黒雲のごとく空を封じている。月は黒煙の間に見え隠れし足早に去るごとくに見えている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月25日(旧02月9日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年5月24日 愛善世界社版157頁 八幡書店版第10輯 317頁 修補版 校定版165頁 普及版75頁 初版 ページ備考
OBC rm5712
本文のヒット件数全 1 件/底津岩根の大弥勒=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  三千彦はシャルと共に小声にて宣伝歌を歌ひ乍ら、八衢街道とは知らず現界の道路を通過する気分にて進み行く。八衢の関所には例の如く赤面、白面の二人の守衛が儼然と控へて居る。見れば一人の男が赤面の守衛に何事か調べられて居た。
赤『その方の姓名は何と申すか』
男『ハイ、私は鰐口曲冬と申します』
赤『其方は何か信仰を有つてゐるか』
曲冬『ハイ、別にこれと云ふ信仰も厶いませぬが、神儒仏三教を少し許り噛つて居ります』
赤『其中で何教が一番お前の心に適したか、否徹底して居たと考へたか』
曲冬『ハイ、初めは一生懸命に仏教を研究致しました。さうした処が何処に一つ拠る所がないので止めまして厶います。要するに仏教は百合根の様なもので、一枚々々皮を剥いて奥深く進みますと、何にも無くなつて了ひます、所謂仏教は無だと思ひます。能書計り沢山並べ立て、まるで薬屋の広告見た様なものですからな。売薬の広告ならば「此薬は腹痛とか、疝気とか、肺病に用ゆべし。又日に何回服用とか、湯で飲めとか、水にて飲めとか、食前がよいとか、食後がよいとか、大人ならば何粒、小人ならば何粒、何才以下は何粒」と御叮嚀に服用書が附いて居ますが、仏教の経典は只観音を念じたら悪事災難を逃れるとか、阿弥陀を念じたら極楽にやると書いてあるのみで、八万四千の経巻も何処にも其用法が示してないので駄目だと思ひました』
赤『お前は霊界の消息を洩らしたる仏教に対し尊敬帰依の心を捨て、なまじひに研究等と申してかかるから、何にも掴めないのだ。霊界の幽遠微妙なる真理が物質界の法則を基礎として幾万年研究するとも解決のつく道理がない。暫らく理智を捨て、意志を専らとして研究すれば神の愛、仏の善、及び信と真との光明がさして来るのだ。仏教がつまらない等と感ずるのは、所謂お前の精神がつまらないからだ。仏の清きお姿がお前の曇つた鏡に映らないからだ』
曲冬『さう承はれば、さうかも知れませぬが、如何も分り難う厶います』
赤『人間の分際として仏の御精神を理解しようとするのが間違ひだ。仏は慈悲其ものだ、至仁至愛の意味が分れば一切の経文が分つたのだ』
曲冬『ア、さうで厶いましたか。それは、偉い考へ違ひをして居りました。之から一つ研究をやつて見ませう』
赤『駄目だ。二つ目には研究々々と口癖の様に申すが、お前の云ふ研究は犬に炙だ。ワンワン吠猛るばかりが能だ。止めたら宜からう。左様な心理状態では到底仏の御心を悟る事は出来ない。それから次は何を信仰したのだ』
曲冬『ハイ、別に信仰は致しませぬが、ヤハリ聖書を研究致しました』
赤『旧約か、新約か』
曲冬『勿論旧約で厶います』
赤『何か得る処があつたか』
曲冬『ハイ、売る処も買う所も厶いませぬ。これもヤツパリ私の性に合ひませぬので五里霧中に逍遙ふ所に、或人の勧めによつて三五教に入つて、可なり真面目に研究して見た所、どうも変性女子の言行が気に喰はないので、弊履を棄つる如く脱会し、今は懺悔生活に入つて居ります』
赤『その方は霊界物語の筆写迄やつたぢやないか。直接に教示を受け乍ら、分らぬとは扨ても困つた盲だな。矢張研究的態度を以てかかつて居るからだ。結構な神の教を筆写し乍ら、ホンの機械に使はれたやうなものだ。さうして幾分か信ずる処があつたのか』
曲冬『ハイ、女子の方は幾分か信じて居りましたが、然しこれは宜い加減なペテンだと考へて居りました。それよりも変性男子の神諭に重きを置いて居つた所、其原書を見て余り文章の拙劣なのに愛想をつかし、信仰が次第に剥げて了ひました』
赤『馬鹿だな。神の教は文章の巧拙によるものでないぞ。文章なんかは枝葉の問題だ、その言葉の中に包含する密意を味ふのだ。目はあれども節穴同然、耳はあれども木耳同然、舌はあれども数の子同然、鼻はあれども節瘤同然、そんな事で三五教が善いの、悪いの、男子がどうの、女子がどうのと云ふ資格があるか。よくも慢心したものだのう』
曲冬『別に慢心はして居りませぬ。世界の人間に宣伝しようと思へば信仰も信仰ですが充分研究を遂げ、これなら社会に施して差支ないと云ふ所まで調べ上げねば社会に害毒を流しますからな。云はば社会の為に忠実なる研究ですよ』
赤『お前は未だ我執我見がとれぬからいけない。異見外道、自然外道、断見外道と云ふものだ。そんな態度では何処迄も神様は真理を悟らして下さらぬぞ。神様は愚なるもの、弱きもの、小さきものをして誠の道を諭させ玉ふのだ。決して研究的態度を採る様な慢心者には、密意はお示しなさらぬ。お前は大学を卒業して一廉学者の積りで居るが、其学問は八衢や地獄では一文の価値もない。いや却て妨げとなり苦悩の因となるものだ。お前の両親も困つた事をしたものだな』
曲冬『お前は門番の癖に文士に向つて偉さうに云ひますが、日進月歩文明の世の中に学を排斥するとは以ての外ぢやありませぬか。国民が残らず無学者であつたなら皆外の文明国に奪られて了ふぢやありませぬか。人文の発達を図り、国威の宣揚を企図する為には、どうしても大学程度の学問がなければ駄目ですよ。お前等は僅か小学を卒業した位だから世間の事に徹底して居ない。それだからポリス代用の門衛をして居るのだ。到底拙者の論説に楯突く事は出来ますまい。何科あつて調べらるるか知らぬが、もつと確りした分る方を呼んで来て下さい。知識の階段が違うてるからお前さまには分りますまい』
赤『馬鹿を云ふな、此処は霊界の八衢だ。博士も学士も皆出て来る所だ。無学でどうして此門番が勤まるか。お前等は自然界の下らぬ学説に心身を蕩かし、虚偽を以て真理となし優勝劣敗弱肉強食の制度を以て最善の方法と考へてる亡者だから到底真理の蘊奥は分らないのだ。お前のやうなものが霊界へ来ると訳の分らぬ理窟を云つて精霊を汚すから、ここで現界で研究して来た下らぬ学術を皆剥奪してやらう』
曲冬『コレ赤さま、お前は発狂してるのか、但は酒に酔うて居るのかい。ここを霊界の八衢だ等と、それは何を云ふのかい。霊界や八衢や地獄があつて堪りますかい、人間は子孫を残して死ねば、それ迄のものだ。チツト哲学的知識を養うて置きなさい。社会の落伍者となつて遂に門番も勤まらなくなりますよ』
赤『門番が、それ程、其方は賤しいと思ふのか。便所の掃除や塵捨場の掃除は如何だ。それの方が矢張尊いのか』
曲冬『さうですとも、大慈大悲の心を以て人の嫌がる事を喜んでするのが、人間の人格を向上する所以です。便所の掃除する者や塵の掃除する者が無ければ、世の中は尿糞塵の泥濘混濁世界となるぢやありませぬか。それで私等は伊吹戸主の神様の御用をして居るのだ。汚いものを美しうする位神聖な仕事はありますまい。私は賤しい仕事とも汚い商売とも思つて居りませぬ』
赤『ア、さうか、それではお前の最も愛する処へやつてやらう。地獄には塵捨場もあれば堆糞の塚も沢山にある。娑婆の亡者がやつて来て腐肉に蠅が集る様に喜んで嗅いで居る。現世にある時の所主の愛によつて身魂相応の処に行つたが宜からう。夜もなく冬もなき天国に於て、総ての神の御用に仕へまつり無限の歓喜に浴するよりも、其方は臭気紛々たる地獄道へ行くのが得心だらう。サア遠慮は要らぬ、トツトと行つたが宜からうぞ』
曲冬『はてな、さうすると此処は矢張霊界ですかな』
赤『定つた事だ。霊界か現界か分らぬ様な亡者が如何なるものか。それだから心の盲と云ふのだ』
曲冬『然らばどうか天国へやつて頂き度いものです』
赤『マアここで或一定の時間を経なくては、お前の様な汚れた魂は直に天国にやる事は出来ない。先づ外部的要素をスツカリ取らなくてはならぬ。現世に於て心にもない事を云つたり、阿諛を使つたり、体を窶したり、種々とやつて来た其外念をスツカリ取り外し、第二の内部状態に入り、内的生涯の関門を越えるのだ。内的とは意志想念だ。果してその意志が善であり真であらば天国へ上る事が出来るであらう。併し乍ら内的状態になつてからエンゼルの教を聞き、其教が耳に這入る様ならば天国へ行く資格が具備してるなり、如何しても耳に這入らねば地獄行きだ。之を第三状態と云つて精霊の去就を決する時だ』
曲冬『ヘー、随分難いものですな。矢張天国も地獄もあるものですかな』
 斯く話す所へ高姫は皺嗄声を張り上げ乍ら、
高姫『オーイ、三千彦、シャル、待つた待つた。云ひ度い事がある』
と天塩昆布の様になつた帯を引摺り乍ら走り来り、
高姫『こら、シャル、恩知らず奴、妾が此三千彦の極道に引倒され、苦しんでゐる間に悪口をついて逃げて来たぢやないか。コレコレお役人さま、此奴は悪党者で厶います。義理天上が直接成敗する処なれど神界の御用が忙しいから、お前さまに任すから厳しく膏をとつてやつて下さいや』
赤『ヤ、お前は高姫ぢやないか。霊界へ来て迄噪やいで居るのか。モウいい加減に外部的状態から離れたら如何だ。一年にもなるのに何と渋太い奴だな』
高姫『ヘン、よう仰有りますワイ。一年にならうと二年にならうとお構ひ御免だ。いつやらも杢助さまを隠しやがつて、量見せぬのだが何を云つても大慈大悲の大弥勒さまの生宮だから、大目に見て居るのだ。グヅグヅ申すと此生宮が承知致さんぞや』
赤『白さま、此婆アさまは、邪魔になつて仕方がないから何処かへ突き出して下さい』
高姫『ヘン、お邪魔になりますかな。そりや、さうでせう。誠の神の言葉は悪人の耳には、きつう応へませう。お気の毒様乍ら此生宮は世界万民救済の為、チツトお耳が痛うても云ふ丈け云はして貰ひませう。弥勒様の因縁を知つて居ますか、一厘の仕組が分りますか、エー、よもや解りますまい。ヘン、一厘の仕組も分らぬ癖に偉さうに云ふものぢやないわ』
赤『白さま、早く何処かへやつて下さい』
白『コレコレ高姫さま、ここは八衢だからお前は早く何処かへ行つて下さい。職務の邪魔になりますからな』
高姫『コウリヤ白狐、お前は赤狐の云ふ事を聞いて此日の出神を放出さうとするのか。ハテ悪い量見だぞえ。よう考へて御覧なさい。天地の間は何一つ弥勒様のお構ひなさらぬ処はないぞえ。お土とお水とお火の御恩を知つてますか。その本を掴んだ底津岩根の大弥勒さまを何と心得て厶る。扨ても扨ても盲程困つた者は無いワイ。ヤ最前から怪体な男が立つて居ると思つたが、お前はアブナイ教の菊石彦だな。先程は大きに憚りさま、ヨー突き倒して下さつた。コレコレ赤に白、日の出神が吩咐ける。此菊石彦は此生宮を引倒した悪人だから一つきつい制敗に遭はしなさい。屹度申付けて置きますぞや』
 白の守衛は止むを得ず、棕櫚箒を以てシャル、高姫の両人に向つて掃出した。二人は驚いて雲を霞と南を指して逃げて行く。
三千彦『モシ、門番様、ここは実際の霊界で厶いますか』
赤『ハイ、さうです。貴方はアンブラック川へ悪者に縛られ投げ込まれなさつた一刹那、気絶なさつた為、精霊が此処へ遊行して来たのですよ。神の化身のスマートと云ふ義犬が矢場に川に跳び込み、貴方の死骸を啣へて堤へ引上げ、縛を解いて今一生懸命に貴方の肉体に対し介抱をして居ります。軈てスマートが迎へに来るでせうから一緒にお帰りなさい。まだ此処に来る時ではありませぬ。そしてテルモン山に悪者が跳梁つて居ますから充分注意して臨まねばなりますまい』
三千彦『さう承らば幽かに記憶に浮んで来ます。矢張私は溺死したのですかいな。霊界と云ふ所は現界と少しも違はない所ですな。一つ不思議なのは、あの高姫さまは命がなくなつたと聞いて居りましたのに随分えらい脱線振り、あの方も矢張霊界に居られるのですかな』
赤『まだ現界に三十年許り生命が残つて居りますが余り現界で邪魔をするので、時置師神様がお出になり、伊吹戸主の大神にお願ひ遊ばして、三年が間中有界に放つてあるので厶います。三年すれば屹度外の肉体に憑つて再び現界で活動するでせう。今の精神で現界に行かれちや、やりきれませぬから、あと二年の間に充分の修業をさして現界に還す積りです』
三千彦『成程、何から何まで、神様のなさる事はよく行き渡つたものですな。併し乍ら三年の後には高姫の肉体は最早駄目でせう』
赤『三年の後に生命尽きて霊界に来る肉体がありますから、其肉体に高姫の精霊を宿らせ、残り三十年を現界で活動させる手筈となつて居ります』
三千彦『ア、さうですか。三年先になれば誰かの肉体に憑つて脱線的布教をやるのですな、困つたものですな』
赤『もう已に一年を経過したのだから、後二年ですよ。あの我執我見を此二年の間に何とか改良せねばならぬのですから、霊界に於ても大変手古摺つて居ます。今は岩山の麓に小さき家を建てて一人暮しをして居ますが、マア一人で暮して居れば余り害がないから大神様も大目に見て厶るのですよ。エンゼルが行つても減らず口計りたたいて、受付けぬから困つたものです。人間の精霊も、あれ丈け我執に固まつて了つては仕方の無いものですワイ』
 斯く話す時しも南の方より宙を跳んで走り来る一頭の猛犬、『ウーウー、ウワツ ウワツ』と二声三声高く叫んだ。此声にハツと気がつき四辺を見れば今迄の八衢の光景は影もなく消え失せ、アンブラック川の堤の青芝の上に横たはつて居た。側には猛犬スマートが行儀よく坐つて嬉しげに三千彦の顔を眺め尾を掉つて居る。テルモン山の方を眺むれば黒煙濛々として立ち上り黒雲の如く空を封じて居る。月は黒煙の間に隠顕出没しつつ足早に走る如く見えて居る。
(大正一二・三・二五 旧二・九 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki