王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第57巻 真善美愛 申の巻
文献名2第3篇 天上天下よみ(新仮名遣い)てんじょうてんか
文献名3第24章 空縛〔1474〕よみ(新仮名遣い)くうばく
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ小国別の神館は、家令オールスチンの帰幽の知らせを聞いて、三千彦を祭主として一同大神殿に集まり、盛大な帰幽奉告祭を執り行っていた。そこへハルナの都の大黒主の使者として、ニコラス宣伝使が従者たちと数十人の兵卒を引き連れてやってきた。祭典が終わって戻ってきた一同の前に、ニコラスは長剣を佩いたまま現れ、テルモン山神館に三五教の宣伝使を引き入れた罪を問うた。小国姫は事情を説明したが、ニコラスは三五教の宣伝使は直ちに召し捕らなければならないと言い渡した。三千彦と求道居士は自ら名乗りを上げて現れた。デビス姫とケリナ姫は、それぞれ三五教宣伝使の妻だとして名乗りを上げた。ニコラスは従者に目配せして四人を縛りあげ、門前の広場に杭を打って繋げ、数十人の兵卒に見張らせておいた。小国姫悲観して自害しようとしたが、スマートが駆けてきて阻止した。すると隣室より、神の恵みに抱かれた自分の身体を縛る方法はない、という三千彦の歌が聞こえてきた。ニコラスは不審の念を抱き、小国姫が三五教の魔法を使ったと思い、従者に下知して小国姫を縛らせようとした。隣室から涼しい声で天の数歌が聞こえてくる。小国姫の肉体からたちまち金色の光が放射し、ニコラスをはじめ六人の従者たちは目がくらんで座敷の真中に倒れてしまった。三千彦、求道居士、デビス姫、ケリナ姫の四人はにこにこしながら、ゆうゆうとして隣室から現れてきた。驚く小国姫に、三千彦は誠ひとつの肉体には刃は立たず、縛っても縛ることはできないと安堵させた。ニコラスは起き上がり、四人を今度は針金で縛って再び広場に繋いだ。ニコラスは戻ってくると、今度は小国姫とヘルも縛って広場に連れて行った。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月26日(旧02月10日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年5月24日 愛善世界社版281頁 八幡書店版第10輯 361頁 修補版 校定版292頁 普及版132頁 初版 ページ備考
OBC rm5724
本文の文字数3539
本文のヒット件数全 1 件/三五教の大神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  小国別の神館には家令のオールスチンが帰幽せし事を、トンクの報告によりて知り、直に大神殿に進んで山野河海の供物を献じ、三千彦を祭主となし求道居士、小国姫、デビス姫、ケリナ姫、ヘルその他の下男、下女、参列して、オールスチンの帰幽報告祭を行ひ、且つ其冥福を祈るべく、盛大なる祭典を行うて居た。斯かる所へハルナの都の大黒主が使者として、ニコラス宣伝使はポリト、バット、リーベナ、ハンナ、マリス、ルイキンの六人の従者に数十人の兵卒を引き率れ、此の館に慌しく入り来り、応接室に陣取つて祭典の済むのを待つて居た。三千彦その他の一同は、ニコラスが数十人の兵を引き率れ此館に来りし事を夢にも知らず、一心不乱に祈願を凝らし悠々として奥の間に引き返し休息せむとする時しも、ニコラスは長剣を腰に吊つたまま入り来り、
ニコラス『拙者はハルナの都の大黒主の神様より、重大なる使命を帯びて出張致した者で厶る。長途の旅にて引率せる兵卒も疲れ居りますれば相当の休養所をお与へ下さい。して、小国別殿は如何致されたか、速に此処にお出ましを願ひ度い』
小国姫『これはこれは遥々と御上使のお出、夫小国別お出迎へ仕るが本意で厶いますれど、生命に関る位の大病を煩ひ、今漸く命を取り留めたる所で厶いますれば、不本意ながら失礼致して居ります。何卒々々お赦し下さいませ』
ニコラス『小国姫殿、それは嘸御心配で厶らう。御病気とあればたつてお目にかからうとは申さぬ。併し乍ら、当館には外道の宣伝使三千彦とやら申す魔法使が囲ひあるよし聞き及ぶが、如何で厶るか。其方も大切なるバラモン教の霊場、殊に大黒主様発祥の館を預らるる身の上なれば、よもや左様な取違ひはあるまいな。速に御返答承はりませう』
小国姫『ハイ、此期に及んで何を隠しませう。お察しの通り三五教の宣伝使三千彦様初め求道様と云ふ真人が参つて居られます』
ニコラス『かかる尊き聖場へ、誰人の許しを受けてお入なされたか、其理由を承はらう』
 小国姫はハツと胸をつきながら、叶はぬ処と覚悟を定め、涙を片手に拭ひ、
『誠に申訳のない次第で厶いますが、是には深い仔細が厶います。何卒一応お聞き取を願ひます。此お館には悪人蔓り、大黒主様より吾々が預りし御神宝を盗み取られ途方に呉れ、吾々二人は腹かつさばいて申訳をせむかと思ふ所へ、飄然として三五教の三千彦宣伝使がお越しになり、玉の所在を教へて下さいました。又妾が娘二人迄悪漢に誘拐され、憂愁の涙に暮て居る所をお救ひ下さつて漸く親子の対面致した所で厶います。それ故この二人のお方は此館の救ひ主と思ひまして、早く帰り度いと仰有るのを無理に引き留めて居ります。決して三千彦様や求道様に罪は厶いませぬ。皆妾が引き入れたのですから、如何やうとも御成敗を願ひます』
ニコラス『其方の成敗は一先づ大黒主様の御意見を聞かねば処置する事が出来ぬ。夫迄神妙に控へて居られたがよからう。併し乍ら、外道の宣伝使は一刻も猶予はならぬ、サ一刻も早く此方の前に引き出しめされ』
小国姫『ハイ』
と云ひ乍ら顔色を変へてモジモジして居る。
三千彦『拙者がお尋ねの三千彦で厶る。今日は三五教の宣伝使とは云ひ乍ら此館の養子デビス姫の夫で厶れば貴方の自由にはなりますまい。御意見あらば承はりませう』
求道居士『拙者は三五教の修験者求道居士と申すもの、当家の娘ケリナ姫の夫で厶る。不都合が厶れば如何やうともなさつたがよからう』
デビス姫『お上使様、妾は三五教の宣伝使の妻で厶います。どうか夫の代りに妾を御処刑下さるやうにお願ひ致します』
ケリナ姫『妾も夫の身替りに御処刑を受けまする』
三千彦『アハハハハ、ニコラス殿、サア早く吾々をお縛りなされ』
 ニコラスは謝るかと思ひの外、度胸の据つた四人の勢に辟易しながらも、六人の従者に目くばせした。六人は懐より捕縄を取り出し、四人に縄をかけた。四人は従容として縛されたまま表門に引かれ行く。ニコラスは天下の懲戒と門前の広場に杭を打ち、四人を雁字搦みに繋ぎ置き、数十人の兵卒に固く守らせ置き、六人を従へ、肱を張り再び奥の間に帰り来る。
 小国姫は唯一人脇息に凭れ憂ひに沈んで居る。
ニコラス『アイヤ、小国姫殿、斯の如き弱虫を何と思つて御館へお入れなさつたか、貴女にも似合ぬやり方、二人の娘迄咎人となさるとは早まつたやり方だ。気の毒ながらもはや助ける訳にはゆきませぬ。覚悟をなされたがよろしからう』
小国姫『何処迄も付け狙ふ禍の神、もはや覚悟は致して居ります。皆様、オサラバ』
と云ふより早く懐の懐剣を取り出し突き立てんとする一刹那、スマートは宙を飛んで駆け来り、ワンと一声懐剣に咬り付き、もぎ取り表をさして韋駄天走りに走り行く。隣室より三千彦の声として、
『千早ふる神の恵に抱かれし
  吾体を縛るよしなし。

 三五の神の教の宣伝使
  今此処にありニコラスの君』

 ニコラスは、此声を聞いて不審晴れやらず、
『イヤ小国姫殿、其方は三五教の魔法を習つたと見える。ますますもつて怪しからぬ代物だ。もうかうなる上は大黒主様の御命令を待つ迄もなく、ふん縛つて成敗を致すで厶らう。ハンナ、マリス、其外の四人速に此女を縛せ』
 『ハイ』と答へて六人は小国姫を無雑作に縛り上げむとす。此時隣の室より涼しき声にて、
『一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、百、千、万』
と天の数歌が聞えて来た。小国姫の肉体より、忽ち金色の光放射し、ニコラス初め六人の者は忽ち眼眩み、タヂタヂと後しざりしながらバタリと座敷の真中に倒れける。
 三千彦、求道、デビス、ケリナの四人は莞爾しながら、次の間から悠々として現はれ来り、小国姫の前に座を占めた。小国姫は見るより二度吃驚、
『ア、貴方は宣伝使様、ヤ、娘、どうしてあの縛を解いて帰られたか』
三千彦『誠一つの肉体には、刄は立ちませぬ。縛つても縛る事は出来ませぬ。御安心なさいませ』
小国姫『有難う厶います。三五教の大神様、ようお助け下さいました。只今限りバラモンは思ひ切り神殿は取り除けますれば、何卒お許し下さいませ。アア惟神霊幸倍坐世』
と合掌して居る。
 ニコラス以下六人は又もやムクムクと起き上り、
ニコラス『ヤア其方はどうして縛を解き帰つてうせたか、不届者奴。サア早く手を廻せ』
 四人は一度に、
『アハハハハ、ホホホホホ』
と哄笑し乍ら手を廻した。六人は念入りに四人を縛り上げ、今度は最早大丈夫と、細き針金をもつて其上を縛り乍ら、又もや門前に引いて行く。数十人の兵士は何れも長途の旅に労れグタリとなつて他愛もなく眠つて居る。ニコラスは大音声にて、
ニコラス『汝等兵士の奴輩、大切なる咎人を取り逃し眠つて居ると云ふ事があるか。左様な事で大切な御用が勤まるか』
と呶鳴りつけた。此声に兵士は一同驚き立ち上り、「気をつけ」の姿勢で直立し、行儀よく並んだ。ニコラスは又もや四人を同じく縛りつけて置き、兵士に厳重に監督警護すべく命じ、オホンと呟払ひしながら大手を振つて六人を従へ、奥の間に進み入る。奥の間には小国姫、ヘルが心配さうに火鉢を中に置いて何事か囁いて居る。ニコラスは威猛高になり、
ニコラス『如何に小国姫、千変万化の妖術を使ふとも、斯の如く針金をもつて縛りつけ数多の兵士に守らせたれば最早逃れる道はない。サア是から其方の番だ。速に手を廻せ』
小国姫『ホホホホホ、どうせ命を捨てようと決心した妾で厶います。そんな難い顔をせずに縛り上げて、突きなと、斬るなと御勝手になさいませ』
ヘル『オイ、ニコラス、貴様は俺の顔を知つて居るか、俺は軍曹のヘルさまだぞ。今日は押しも押されもせぬ天下の泥坊様だ。サア縛つて行け。貴様の今縛つて行つた求道居士は、鬼春別将軍の秘書官エミシのカーネルさまだ。下級の者が上官を縛り上げると云ふ事があるか、反対に俺の方からハルナの都へ注進しようか』
ニコラス『エエ、カーネルでもヘルでも容赦があらうか。大黒主様に反抗致した大罪人、サア早くハンナ、マリス、容赦は要らぬ、直ちに縛り上げよ』
 『ハイ』と答へて六人は又もや二人を厳しく縛り上げ、門前の広場へ引きつれ行く。
(大正一二・三・二六 旧二・一〇 於皆生温泉浜屋 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki