王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻
文献名2第1篇 玉石混淆よみ(新仮名遣い)ぎょくせきこんこう
文献名3第4章 銅盥〔1479〕よみ(新仮名遣い)あかがねだらい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
宮町の町民たちと元悪酔怪員たちは、ワックスら悪者にごまかされて暴動を続け、大神の道に背いたことを悔いた。そして懲戒のためにワックスら四人に鞭を加えて追放することを主張した。

三千彦はむち打ちに反対したが、この町の昔からの不文律とのことでにわかに破るわけにもゆかず、しぶしぶむち打ち刑を許した。

むち打ち刑の夜は暗夜であったのを幸い、三千彦は四人の尻に銅のたらいをくくりつけた。タンクとトンクのむち打ち役が鞭を振り上げて打つたびごとに、カンカンと妙な音がする。タンクとトンクはくたくたになりがなら四人に規定のむち打ちを加えた。

むち打ちが終わって四人が解放されるとたん、金盥が音を立てて芝生の上に転がり、かがり火に輝いた。タンクとトンクはむちに打たれすぎた四人の尻の血がにじんで固まって落ちたと説明し、町民たちも溜飲が下がったと口々に家に帰り行く。

三千彦は、自分の慈悲の行為を悟って町民たちにうまく説明したタンクとトンクの真心を感謝する歌を歌った。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年6月15日 愛善世界社版44頁 八幡書店版第10輯 388頁 修補版 校定版47頁 普及版1頁 初版 ページ備考
OBC rm5804
本文の文字数4977
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  タンクの会長は三千彦と相談の結果、悪酔怪を解散し神館の神殿に一同参拝し感謝祈願の祝詞を奏上し了つた。日は已に暮れて暗の帳はボトボトとテルモン山の麓より下ろされて来た。数百の会員並に町民一同はワックス以下の悪漢に誤魔化され、思はぬ暴動をつづけ大神の道に背きたる事を悔ひ、且つ懲戒の為ワックス以下四人に笞を加へ追放せむ事を主張して止まなかつた。三千彦は種々言葉を尽し、其不合理を責た。併し乍ら此町の昔からの不文律、俄に破る訳には行かぬと云ふので三千彦も止むを得ず笞刑を許した。笞打つ役はトンク、タンクの二人が当つた。ワックスには一千の笞、其外の連中には五百づつの笞を加へて放逐する事となつた。四人は杭に後向きに繋がれ、竹の根節の笞にて力限りに打たれる事となつた。三千彦は暗夜を幸ひ、四人の尻に銅の金盥を括りつけ、素知らぬ顔して居た。タンク、トンク両人は少しも覚らず松明をドンドン焚き乍らソロソロ笞を打ち初めた。一同は拍子をとつて之に和す。銅の盥の上には着物がかかつて居るから何程松明の火が明くても容易に誰の目にもつかなかつた。タンクは笞を振り上げ一節歌つてはワックスの尻をピシヤと殴る。其度毎にカンと妙な音がする。トンクはエキスの尻を目蒐けてピシヤと打つ。これ亦カンと鳴る。
『テルモン山の神館  珍の聖地に仕へたる
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  家令の悴ワックスは
 古今無双の悪党者  エキス、ヘルマン、エルの奴
 うまく騙かし如意宝珠  館の宝を盗み出し
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  小国別の御夫婦に
 あらぬ難題塗りつけて  せつぱつまつたその挙句
 自分のラブした姫さまを  うまく手に入れ御養子と
 ならうと致した悪漢だ  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 此世に神のます限り  悪は何時迄つづかない
 蜴の様な面をして  色の恋のと何の事
 色と欲との二道を  かけた家令の小悴奴
 馬鹿を尽すも程がある  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 此奴の尻はどうしてか  笞打つ度にカンカンと
 怪体な音がするぢやないか  面の皮まで厚い奴
 お尻の皮まで厚いのか  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 三千彦さまの神司  野蛮な事は止めにして
 助けてやれと仰有つた  それも一応尤もだ
 さはさり乍ら昔から  きまつた所刑を今となり
 どうして廃止がなるものか  打たねばならぬ四人連れ
 お尻の皮が剥けるまで  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 こりやこりやワックス初めとし  エキス、ヘルマン、エルの奴
 もう斯うなれば是非がない  十分覚悟を相定め
 お尻の肉が取れる迄  打つて貰つて俺等を
 今迄騙し苦しめた  罪の償ひするがよい
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  お前がここを去つたなら
 テルモン山の神館  宮町中は餅搗いて
 ポンポンポンと勇み立ち  平和に其日を送るだろ
 悪酔怪を組織して  吾等一同を抱き込み
 神の使の三千彦を  苦しめまつりお館を
 占領せむとの悪企み  いつ迄神は許さむぞ
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  此奴のお尻は渋太いな
 観音さまでもあるまいに  カンカンカンと音がする
 余程因果な生れつき  家令の悴と生れ来て
 水平会や町民に  声を揃へて唄はれて
 笞刑の恥を曝すとは  憎い乍らもお気の毒
 これも規則だ仕様がない  涙を呑んで辛抱せよ
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  ほんとに厄介な者だなア
 デビスの姫やケリナ姫  尊い尊いお姫様
 生命を助けて下さつた  求道居士の修験者
 狐に狸の化物と  うまく俺等を騙かして
 鳩の岩窟に放り込んで  夜な夜な自分が通ひ込み
 種々雑多と辞を設け  二人の姫の歓心を
 買つて天晴色男  鼻毛をよまれ涎くり
 目尻を下げて出でて行く  そのスタイルが見たかつた
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  二人のナイスに肱鉄を
 喰つた其上スマートに  腕をば咬まれ足噛まれ
 半死半生と成り果てて  血まぶれ姿の憐れさよ
 自業自得と締めて  町民一同の志
 きつい笞をば受けなされ  俺等もヤツパリ人間だ
 痛い苦しい其味は  決して知らぬ者ぢやない
 それでも以後の懲戒だ  涙を呑んで尻叩く
 止むに止まれず尻叩く  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 斯うなりやお前も金盥  叩いた様な音がする
 余程お尻が腫ただろ  痛いとて辛抱するが宜い
 たつた五百や一千の  笞を受けてメソメソと
 吠面かわく奴があるか  お前も一度は団体の
 頭となつた男ぞや  男の中の男ぞと
 誇つて厶つたワックスよ  それに従ふ三人連れ
 相も変らず無頼漢  お気の毒だがもう暫し
 規則通りにカンカンと  神妙に打たれて置きなされ
 万劫末代名が残る  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 悪酔怪の会長と  町民諸君に選まれた
 神力無双のタンクさま  此方の腕には骨がある
 あんまり強う叩かねど  力が充ちて居ると見え
 軟かい尻を叩くのに  カンカンカンと音がする
 こりや又如何した事だらう  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 落選したるトンクさま  ヤツパリ俺と同じ様に
 竹の根節を振り上げて  エキスの尻を打叩く
 ヤツパリこれも腕力  備はり居ると見えまして
 打つ度毎にカンカンと  怪体な音が響いてゐる
 尻観音か知らねども  何程カンカン云つたとて
 最早貫目は保たれぬ  カンカラカンのカンカラカン
 カンツク カンツク カンツクカン  カンカンベラボウ、ボンボラボウ
 ボンボラ坊主の四つの尻  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 何程尻を叩いても  痛い痛いと云ふ計り
 涙一つも零さない  クスクスクスと笑つてる
 余程肝の太い奴  これを思へば神館
 思ふが儘に占領して  天下無双の美人なる
 デビスの姫に目をかけて  思惑立てたは当然
 ホンに図太い奴だな  此奴の尻は不死身だらう
 何程打つてやつたとて  チツとも往生致さない
 打てよ打て打て確り打てよ  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ』
トンク『さあエキスの分は済んだ。これからヘルマンだ。おい、ヘルマン無情な奴と怨めて呉れな。これも貴様の心から出た錆だから仕方がないわ。尻の結目の合はぬ事するから、シリが来るのだ。それだから俺もお前等のシリ合だけれど此町の規則によつて尻を打たねばならぬ破目となつたのだ。悪い事をするなら何故もつと尻を結んで置かないのだ。シリ滅裂の計画をやるものだから到頭終ひの尻は町民に笞刑五百と判ケツされてこんなケツい目に会ふのだ。然しまあケツ構と思へ、命とられぬ丈ケツ構だから。お姫様をケツねだの、狸だのと吐した酬いでケツ構な目に遭はなならぬのだから観念するがよいわ。いやもうカン念してるに相違ない。エキス、ワックスはカン念カン念と云つて居る。何分尻迄物云ふ時代だから馬鹿にならぬわい。これから俺が音頭とるのだ。さア辛抱せい。ワックスはまだ半分残つてる。これを思へば貴様は半分で済むのだからケツ構だぞ。
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ  家令の館へ押掛て
 チヨコ チヨコ サイサイ金銀の  小玉をドツサリ強請りとり
 うまい汁をば吸ひよつた  その証にや尻迄が
 ブクブク太つてケツからア  さアさア痛うても辛抱せよ
 俺も涙は零してる  現在互に識つた仲
 こんな役目を勤むるは  俺も嬉しうはないけれど
 止むにやまれぬ此場合  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 此奴の尻も亦不思議  又々カンカン唸り出す
 顔に被つた鉄面皮  此奴は尻迄鉄面だ
 手詰になつた此場合  いやでも打たねばならうまい
 宮町中の怨霊が  お前の尻に集まつて
 此ケツ断になつたのだ  お前も決心するが宜い
 打たねばならぬ此場合  ヨーイ ヨーイ ドンと打て
 カーン カーン  アイタタアイタタアイタタツタ
 これから此処を立出でて  荒野ケ原を打渉り
 テルモン山を後にして  運も命も月の国
 デカタン高原さして行け  お前によう似た悪人が
 沢山集つて居ると云ふ  此霊場に置くならば
 又もや悪事を企み出し  吾等一同に難儀をば
 必ず掛るに違ひない  気の毒乍ら打つてやらう
 ヨーイ ヨーイ ドンと打て  カーン カーン
 アイタタアイタタアイタタツタ』
 漸くにして規則通り四人は数百人に声を揃へて囃され乍ら尻を打たれた挙句、縛を解かれて、夜陰に紛れ逃げ出す途端、金盥はガランガランと音をして芝生の上に仰天してキラキラと篝火に輝いて居る。
トンク『やア、余り強く打つたので尻に血が凝つたので、斯んな大きな肉塊を落して行つた』
とよくよく見れば四つの金盥が大きな口を開けて天を眺めて居る。
トンク『ハハア、皆さま、これ御覧なさいませ。何がカンカン云ふかと思へば四人の奴の尻は此通り金になつて了ひました。ヤツパリ余り金を使つた天罰でせう』
 一同は、タンク、トンクの両人が両方の手に金盥を一つづつ捧げて来て見せるのを不思議相に『ワーイ ワーイ』と叫んで、
『溜飲が下つた、胸がスツとした。これで飯がうまい。帰んで一杯やらうかい』
と口々に囁き乍ら各吾家を指して帰り行く。タンク、トンクの両人は無事笞刑の済んだのを報告すべく金盥を四つ、各自に抱へて神館の大神殿に進み入り、恭しく呈上した。三千彦は此場に現はれ来り、
三千『タンクさま、トンクさま、御苦労で厶いました。四人は嘸弱つたでせうな』
タンク『はい、何だか知りませぬが余り打つたものですから、此通り尻が硬くなり、血が滲んで尻の凝固を落して逃げました。然し随分元気よく何処かへ逃げましたよ、アハハハハハ』
タンク『三千彦の神の司の慈み
  尻に鎧を着せ玉ひけり』

トンク『金盥とは知り乍ら大神の
  恵嬉しみ打据ゑにける』

三千彦『大神の恵の露を負ひし身は
  如何でか人を損ひ得べき。

 皇神も二人の司の誠心を
  さぞ喜びて諾ひますらむ』

(大正一二・三・二八 旧二・一二 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki