王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻
文献名2第2篇 湖上神通よみ(新仮名遣い)こじょうじんつう
文献名3第6章 茶袋〔1481〕よみ(新仮名遣い)ちゃぶくろ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
三千彦は先に立ってテルモン山の中腹を南へ下って行く。比較的険峻な坂道を拍子をとって下って行く。三千彦は一同に気を付けるよう促す宣伝歌を歌う。真純彦と伊太彦は、三千彦が妻を同道していることをからかう歌を歌ってなごませる。

デビス姫は、これから悪魔の征討に向かう神業に夫と共に参加することの決意を歌に歌い、真純彦と伊太彦のからかいに釘を刺した。こうして、さすがの坂道もにぎにぎしく笑いに興じながら下って行った。

ようやくにして三里の急坂を越えてテルモン湖のほとりについた。ここは東西百里、南北二百里の大湖水で、魚鱗の波をたたえて洋々として静かに横たわっている。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月28日(旧02月12日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年6月15日 愛善世界社版73頁 八幡書店版第10輯 398頁 修補版 校定版79頁 普及版29頁 初版 ページ備考
OBC rm5806
本文の文字数3690
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  三千彦は先に立ちテルモン山の中腹を南へ南へと下り行く。比較的嶮峻な坂道で足許に少しも目放しが出来ぬ。金剛杖を力に指の先に全身の重味を集中し乍ら拍子をとつて下り行く。
三千彦『三五教の宣伝使  如何なる敵も恐れねど
 板を立てたる坂道の  ヌルリヌルリと辷るのは
 誠に閉口仕る  玉国別の師の君よ
 デビスの姫よ気をつけて  転倒せぬ様になされませ
 月の都に立向ふ  神力無双の宣伝使
 其首途に過つて  もしも転倒したならば
 それこそ前途が気にかかる  御幣を担ぐぢやなけれども
 今日は大切の出陣も  変らぬ様な旅の空
 天津御空に目をやらず  暫らく足の爪先に
 眼を注ぎ気を配り  ウントコドツコイ、ズウズウズウ
 云ふより早く足滑り  ドスンと搗いた尻餅は
 吾等が前途を祝すべく  空に輝く望月の
 瑞の御霊の御守り  前途必ず吉祥と
 直日に見直し宣り直し  足もワナワナ下り坂
 面白をかしく脛笑ふ  今日の旅出の勇ましさ
 朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 梢に蝉は吠るとも  汗は何程出るとても
 頭の上からカンカンと  日の大神が照らすとも
 神に任せし此体  岩より固い魂は
 常磐の松の岩の上に  生茂りたる如くなり
 ウントコドツコイ ドツコイシヨ  よくまあ辷る坂だなア
 赭土許りがピカピカと  光つた上に湿りをば
 帯て居るのでよく辷る  誰が通つたか知らないが
 こりや又えらい磨けよう  流石のスマートさまでさへ
 四つの足を持ち乍ら  あれ、あの通りチガチガと
 体を斜に構へつつ  下つて行くのを眺むれば
 余程きつい坂道だ  これから先はテルモンの
 音に名高き湖だ  吾等一行宣伝使
 この湖を渡らねば  月の御国にや行かれない
 ウントコドツコイ、ズウズウズウ  ほんに危険な辷り坂
 坊主頭を瓢箪で  撫でてる様な足具合
 うつかりすると転倒し  天狗の面やお多福の
 玉の御舟を雨曝し  せなくちやならぬ恐い道
 気をつけなされ皆さまよ  ウントコドツコイ ドツコイシヨ
 どうやら坂が緩うなつた  ここで油断をしちやならぬ
 バラモン教の悪神が  吾等一行の前途をば
 擁して待ちさうな処だぞ  何程敵が来るとも
 腕に覚えのある上は  決して怯まぬ大和魂
 ああ惟神々々  神のまにまに下り行く』
 真純彦は亦歌ふ。
『テルモン山の南坂  鰻の様に辷る道
 三千彦さまが先に立ち  吾師の君と若草の
 妻の命のデビス姫  二人の名をば呼び乍ら
 真純彦とも伊太公とも  仰有らないのは何事だ
 ほんにお前は水臭い  玉国別の師の君の
 御名を呼んで親切に  注意をしたのは表向き
 実地誠の腹の中  新婚旅行のデビス姫
 その身の上が気にかかり  義理か妬くかで師の君の
 お名を呼んだに違ひない  アハハハハツハ、アハハハハ
 現銀至極の男だな  それだによつて宣伝の
 途中に於て若者に  女房を持たすと魂が
 砕けて誠の間に合はぬ  女に心引かされて
 大切の大切の使命をば  怠る事があるものだ
 さはさり乍ら三千彦の  神の使は格別だ
 案ずる事はなけれども  第一女に気をとられ
 魂は中有に飛び散りて  肝腎要の足許が
 目につかないか二度三度  スウ スウ スウと辷りよつた
 肝腎要の先に立つ  道案内の三千彦が
 辷つて転けて吾々が  無事に此坂下るのは
 何か一つの原因が  なければならぬ道理ぞや
 省み玉へ三千彦よ  ああ惟神々々
 神に代りて気をつける』
 伊太彦は亦歌ふ。
伊太彦『ウントコドツコイ ドツコイシヨ  悪魔は出るとも逃ぐるとも
 憑物皆駆け出すも  此坂道になつたなら
 どうしても体が草臥る  さはさり乍ら最愛の
 女房を連れた三千彦は  嘸や楽しい事だらう
 元気日頃に百倍し  意気揚々と肱を張り
 六方を踏んで坂道を  八王神歩みそのままに
 エンヤラ エンヤラ エンヤラと  そのスタイルは蟷螂か
 但は蛙の手踊か  又も違ふたら山猿の
 ステテコ踊りと云ふ様な  さても怪しきスタイルだ
 アハハハハツハ、ズウズウズウ  オツトドツコイ足辷り
 お尻をドンと打ちました  天狗の面も茶袋も
 神の御蔭で御安全  二つの玉は完全に
 お腹の中へ舞ひ上り  大急行で洋行した
 ああ惟神々々  目玉のとび出るきつい坂
 土蟹ぢやないが横歩き  正面に足が運べない
 三千彦さまの御夫婦は  転けよと倒れよと構はぬが
 吾師の君よ真純彦よ  何卒用心遊ばして
 此坂無事に下りませ  夏の木立に鳴く蝉の
 声はミンミン眠たげに  寝言交りに歌ふて居る
 そんな陽気な事かいな  此坂道は命懸け
 どうして之が眠られよか  足のこぶらがブクブクと
 酒徳利の様になつた  ズウズウズウズウ アイタタツタ
 ヤツパリ坂を下るのは  口を噤へて俯向いて
 下らにやならぬと云ふ事を  初めて体得致しました
 三千彦司が先に立ち  くだらぬ歌を喋る故
 真純の彦も伊太彦も  つひ釣り出されウツカリと
 退屈紛れに喋つたが  それが吾身の仇となり
 デツカイお尻を打ちました  ああ惟神々々
 こんな事だと知つたなら  ワックスさまが馬場にて
 笞刑を受けた時のやうに  銅盥を尻につけ
 下つて来れば宜かつたに  下司の知識は後からと
 人が云ふのも無理は無い  ああ惟神々々
 これこれデビスのお姫さま  お前も一つ附合ひに
 此坂道を下りつつ  下坂の歌を歌ひませ
 三千彦さまの機嫌のみ  とらず吾々一行の
 チツとは心を慰めて  平和の女神の本領を
 発揮し玉へ惟神  神の使の宣伝使
 伊太彦さまが頼みます  ああ惟神々々
 御霊幸はひましませよ』
デビス姫『妾は三千彦宣伝使  夫に持つたデビス姫
 神のお道に仕ふ身は  夫婦ありては肝腎の
 御用が出来ぬと聞きました  兎は云ふものの玉の緒の
 命を助け下さつた  大恩深き神司
 悪魔の猛り狂ふなる  荒野ケ原を打渉り
 雲霞の如き敵軍の  中に向つて進み行く
 その雄々しさを思ひ出し  女乍らもジツとして
 どうして館に居られませう  婦は夫に従ひて
 力を尽し身を庇ひ  マサカの時が出て来たら
 命を的に吾夫の  使命を全く遂げさせて
 女の道を尽さねば  済まぬ事だと覚悟して
 住み心地よき吾館  後に眺めて遥々と
 踏みも習はぬ旅枕  苦労を覚悟で行きまする
 陽気浮気で斯んな事  どうして繊弱き女の身
 出来そな事がありませうか  揶揄ひなさるも程がある
 妾の心は真剣だ  人が笑ふが譏らうが
 一旦夫に魂も  体も共に任したら
 決して中途に怯まない  女乍らも天晴と
 貴方に劣らぬ功績を  立てて御目にかけまする
 玉国別の師の君よ  真純の彦の神司
 伊太彦司も諸共に  妾の心の清きをば
 真面目に覚らせ玉へかし  決して色や恋のため
 菊石の出来た宣伝使  三千彦さまに惚れませう
 何程顔は醜ても  肝腎要の魂は
 三五の月の姿より  百倍増して美しく
 心の鏡に映りしゆ  神の御為世の為に
 かかる健気な武士と  一度腕に撚かけて
 世界の為に尽さむと  思ふばかりの真心が
 凝り固まりし今日の旅  笑はせ玉ふ事もなく
 繊弱き女の身なれども  許させ玉へ何処迄も
 吾等夫婦を従へて  進ませ玉へ惟神
 神の御前に誠心を  誓ひて告白仕る
 ああ惟神々々  御霊幸はひましませよ』
と歌ひ了り流石の坂道も賑々しく笑ひ興じ乍ら、揶揄ひ半分に下り行く。漸くにして下り三里の急坂を越えテルモン湖の辺に着いた。坂道で絞つた汗は湖面を吹く涼風に吹き払はれ、得も云はれぬ爽快の気分に漂ふた。東西百里南北二百里の大湖水は金銀色の魚鱗の波を湛へ、洋々として静かに横たはつて居る。
(大正一二・三・二八 旧二・一二 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki