王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第58巻 真善美愛 酉の巻
文献名2第4篇 猩々潔白よみ(新仮名遣い)しょうじょうけっぱく
文献名3第24章 礼祭〔1499〕よみ(新仮名遣い)れいさい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-04-17 16:25:04
あらすじ祭典の準備の間、三千彦は神饌物の調理をしながらバーチルと改宗の話をした。バーチルは三五教の神様を第一に祀り、先祖の霊も三五教式で祭りたいので、玉国別に伺ってもらいたいと三千彦にたのんだ。三千彦は玉国別に尋ねる中で、玉国別は祭礼について教示を垂れた。祖霊祭については、子孫の真心よりする供物や祭典は、霊界にあるものを歓喜せしめ、子孫の幸福を守るという。中有界にある精霊は、なにほど遅くても三十年以上はいないが、その精霊が現世に人間として再生して霊界にいなくなっても、祭祀を厚くされた人の霊は現界でもその供物の歓喜を受けるものであるという。地獄に堕ちていれば子孫の祭祀の善徳によって中有界に進んで天国に昇ることを得る。また天国にあっても、祖霊祭によって極めて安逸な生涯を得られ、その歓喜が子孫に伝わって繁栄を守るという。改宗したとしても、人の精霊や天人は、霊界に在って絶えず智慧・正覚・善真を得て向上しようと望んでいるので、現界の子孫が最も善と真とに透徹した宗教を信じて、その教えに準拠して祭祀を行ってくれることを非常に歓喜するものであるという。また祠の森の聖場でさえも大自在天様を祀ってあるのだから、三五教に改宗しても、引き続き大自在天様を祀り続けるようにするのが良いと教示した。アヅモス山には大自在天のお宮が立っているが、そこも祠の森のように合祀するかどうかについては、建造が必要になるので、玉国別はバーチルと直々に相談したいと三千彦に伝えた。やってきたバーチルは、アヅモス山は先祖代々お祀りしてきたなり、猩々の眷属たちが守ってきた聖地であるので、にわかに三五教に祀り変えることはどうかと思うと答えた。玉国別は、大自在天のお宮はそのまま残し、新たに三五教の大神を祀るお宮を建造することにしたらどうかと提案した。そして猩々ヶ島の子猿たちを迎えに行ってアヅモス山に返し、また島に置いてきたバラモンの三人を助けに船を出すようにと勧めた。アヅモス山のお宮の建築は準備に取り掛かることとして、当面はこの家に三五教の大神とバラモンの大神を並べて祭り、家の者たちを参拝に与らせることになった。祭典の準備は整い、玉国別は祭主となって天津祝詞を奏上し、感謝の歌を奉った。感謝祭は無事に終了し、玉国別一行は閑静な離れ座敷を与えられ、海上の長旅の疲労を癒すべく休養した。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年03月30日(旧02月14日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1925(大正14)年6月15日 愛善世界社版290頁 八幡書店版第10輯 472頁 修補版 校定版308頁 普及版117頁 初版 ページ備考
OBC rm5824
本文の文字数4073
本文のヒット件数全 1 件/三五教の大神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  愈祭典の準備にとりかかるべく三千彦、デビス姫、バーチル、サーベルの二夫婦は下男にも下女にも構はさず、せつせと神饌物の調理に熱中して居る。
三千『もし、バーチルさま、私はお察しの通り三五教のヘボ宣伝使ですが、バラモンの大神様の神饌を拵へるのは今が初めてで厶いますよ。何だか奥歯に物が、こまつた様な気分が致しますわ。ハハハハハ』
バーチル『うつかりして居ましたが如何にも吾々は三五教の宣伝使に助けられ、又三五教の大神様の御神徳を感謝してる者で厶いますから、どうしても三五の神様の祭典を第一に致さねばなりませぬ。如何でせうか』
三千『さうですな。神様はもとは一株ですから、どちらにしても同じ様なものの神代からの歴史を考へて見ますと、三五教は国治立の大神様、其外諸々の神様から押籠められた方の神様で、大自在天様とは、人間同士なら敵同志の様な者ですが、然し神様のお心は人間の心と違つて寛大なもので、少しも左様な事に御頓着なく、大自在天様をお助け遊ばさうと思つて、バラモン教を言向和す為に吾々をお遣はしになるのですからね。然し私では到底決断がつきませぬから、一寸之からお師匠様に伺つて参ります』
バーチル『はい、それは有難う厶います。序に先祖様の霊も三五教で祭つて頂き度う厶いますが、之も差支がないか伺つて来て下さいませぬか』
 三千彦は『承知致しました』と此場を立つて玉国別の居間に打通り、バーチルがバラモン教を脱退し、三五教に入信し、三五の大神を祭つて貰ひ度い事、並に祖霊祭を三五教にて営み度い事等の願を告げ、玉国別に対し先づ第一に祖霊祭に就いて教示を乞ふた。
三千『先生、人間は現世を去つて霊界へ行つた時は、極善者の霊身は直ちに天国に上りて天人と相伍し天国の生活を営み、現界との連絡が切れるとすれば、現界にある子孫は父祖の霊祭などをする必要は無いものの様に思はれますが、それでも祖霊祭を為なくてはならないのでせうか。吾々の考へでは真に無益な無意義なことの様に感じられますがなア』
玉国『何程天国へ往つて地上現人との連絡が断たれたと言つても、愛の善と信の真とは天地に貫通して少しも遅滞せないものである。子孫が孝のためにする愛善と信真の籠もつた正しき清き祭典が届かないと云ふ道理は決して無い。天国にあつても矢張り衣食住の必要がある。子孫の真心よりする供物や祭典は、霊界にあるものをして歓喜せしめ、且つその子孫の幸福を守らしむるものである』
三千『中有界にある精霊は何程遅くても三十年以上居ないといふ教を聞きましたが、その精霊が現世に再生して人間と生れた以上は、祖霊祭の必要は無いやうですが、斯ういふ場合でも矢張り祖霊祭の必要があるのですか』
玉国『顕幽一致の神律に由つて、例へその精霊が現界に再生して人間となり霊界に居らなくても、矢張り祭典は立派に執行するのが祖先に対する子孫の勤めである。祭祀を厚くされた人の霊は霊界現界の区別なく、その供物を歓喜して受けるものである。現世に生れて居ながら猶且つ依然として霊祭を厳重に行ふて貰ふて居る現人は日々の生活上においても、大変な幸福を味はふことになるのである。故に祖霊の祭祀は三十年どころか、相成るべくは千年も万年の祖霊も、子孫たるものは厳粛に勤むべきものである。地獄に落ちた祖霊などは子孫の祭祀の善徳に由つて、忽ち中有界に昇り進んで天国に上ることを得るものである。又子孫が祭祀を厚くして呉れる天人は、天国に於ても極めて安逸な生涯を送り得られ、その天人が歓喜の余波は必ず子孫に自然に伝はり子孫の繁栄を守るものである。何んとなれば愛の善と信の真は天人の神格と現人(子孫)の人格とに内流して何処迄も断絶せないからである』
三千『ウラル教や波羅門教の儀式に由つて祖霊を祭つたものは、各自その所主の天国へ行つて居るでせう。夫れを三五教に改式した時はその祖霊は何うなるものでせうか』
玉国『人の精霊や又は天人なるものは、霊界に在つて絶えず智慧と証覚と善真を了得して向上せむことをのみ望んで居るものです。故に現界に在る子孫が最も善と真とに透徹した宗教を信じて、その教に準拠して祭祀を行つて呉れることを非常に歓喜するものである。天人と雖も元は人間から向上したものだから人間の祖先たる以上は、仮令天国に安住するとも愛と真との情動は内流的に連絡して居るものだから、子孫が証覚の最も優れた宗教に入り、その宗の儀式に由つて、自分等の霊を祭り慰めて呉れることは、天人及び精霊又は地獄に落ちた霊身に取つても、最善の救ひと成り、歓喜となるものである。天国の天人にも善と真との向上を望んで居るのだから、現在地上人が最善と思惟する宗教を信じ、且つ又祖先の奉じて居た宗教を止めて三五教に入信した所で、別に祖霊に対して迷惑をかけるものでない。又祖霊が光明に向つて進むのだから決して迷ふやうな事は無いのだ。否却て祖霊は之を歓喜し、天国に在つて其地位を高め得るものである。故に吾々現身人は祖先に対して孝養のために最善と認めた宗教に信仰を進め、その教に由つて祖先の霊に満足を与へ、子孫たるの勤めを大切に遵守せなくてはならぬのである。アア惟神霊幸倍坐世』
三千『はい、有難う厶いました。当家の主人も、それで安心致しませう。それから、も一つお尋ねが厶いますが、バラモンの神様を如何いたしたら宜しいでせう』
玉国『祠の森の聖場でさへも御三体の大神様を初め大自在天様を祀つてあるのだから、別に排斥するに及ばぬぢやないか。今迄此家もバラモン神の神徳を享けて来たのだから、そんな薄情な事も出来まい』
三千『アヅモス山の聖地にはバラモン大自在天様のお宮が建つて居るさうですが、此際主人に吩咐けて祠の森の様にお宮を建てさせ、あの式に大自在天様を脇に祀つたら如何で厶いませうか』
玉国『一度主人を呼んで来て呉れ。宮を建てるとなると、さう軽々しくは行かぬから一応意見を聞いて見る積りだ』
三千『はい、承知致しました。直様呼んで参ります』
と、もとの神饌調理室に引返し、祖霊祭に関する玉国別の教示を伝へ、且……神霊奉斎に就いて師匠様がお尋ねし度いと仰有るから一寸来て下さい……とバーチルを誘ひ、玉国別等の居間に帰つて来た。
玉国『あ、バーチルさま、貴方はアヅモスの森の天王様のお宮を、如何なさるお考へで厶いますか』
バーチル『はい、先祖代々お祀りして来たお宮様なり、又私の精霊が眷族として仕へて居つたのですから、今俄に三五教に這入つたと云つて直に祀り変へる事は如何かと考へます。これに就いては貴方様にゆるゆるお尋ね致し度いと思つてゐました。先生のお考へは如何で厶いませうか』
玉国『私の考へとしてはアヅモス山の森林に新にお宮を二棟建造し、一方は三五の大神様、一方は今の天王様を奉斎し、さうして猩々ケ島に残つて居る小猿を、数十艘の船を用意して迎へ来り、序にバラモン組の三人も助けて帰る様にし度いもので厶います。それが神様に対しても、貴方の守護神に対しても最善の方法だと考へます』
バーチル『有難う厶います。実の所は最前から何卒さう願ひ度いものだと、家内とひそびそ話をして居りました。あの小猿共は皆猩々姫の子で厶いますから、如何しても自分の手近に引寄せ度いのは当然で厶います。私も何だか猩々の親になつた様な、妙な気分が致します。何卒さうして下さらば、これに越したる喜びは厶いませぬ』
玉国『貴方の決心が定れば直様、その準備にかかる事に致しませう。併し乍ら今日は只大神様へ感謝の祭典をする許りですから、三五の大神とバラモンの大神を並べて祭り、下男下女の端に至る迄参拝させておやりなさるが宜しう厶いませう』
バーチル『はい、何から何迄御親切なお気付け、有難う厶います。
 人の親は猿より出でしと聞きつるに
  猿の親とぞなりにけるかな。

 さる昔遠き神代の古より
  きれぬ縁につながれし吾』

玉国別『天王の森に長らく仕へたる
  その神徳で人の宿かる。

 肉体はよし猩々と生るとも
  霊魂は清し神の御使』

バーチル『有難し宣り直したる師の君の
  言葉に妻も嘸勇むらむ。

 人猿と仮令世人は笑ふとも
  罪をとりさる神となりなむ』

 かく歌ひ慌ただしく神饌所に引返し、用意万端整へて茲に芽出度く感謝祭を執行する事となつた。玉国別は主人の乞に依つて祭主となり、天津祝詞を奏上し、終つて感謝の歌を奉つた。

玉国別『朝日刺す夕日の照らすアヅモスの、 常磐堅磐の森の辺に、 弥永久に鎮まり玉ふ、 大国彦の大神の、 珍の使と仕へたる、 猩々彦の精霊の、 懸り玉へる館の主人、 バーチル司に代り玉国別の神司、 三五教の大御神、 バラモン教の大神の、 珍の御前に慎みて、 吾々一行は云ふも更、 バーチル初めアンチーが、 三年の憂きを凌ぎつつ、 漸くここに帰りけるは、 皇大神のお計らひと、 喜び敬ひ大御恵みの、 千重の一重にも報い奉らむとして、 山海河野種々の珍味を、 八足の机代に、 所狭き迄置き並べ、 神酒は甕の瓶甕の腹充て並べて、 御水堅塩大御饌奉る事の由を、 完全に委曲に聞召し、 これの館の人々を初め、 三五教の神司、 スマの里の人々を、 厚く守らせ玉へかしと、 大御前に摺伏して、 畏み畏み仕へ奉る  惟神霊幸倍坐世』
と歌ひ終り、感謝祭も無事に終了した。玉国別一行は美はしき閑静な離れ座敷を与へられ、海上の疲労を癒やすべく、師弟五人は足を伸ばして休養する事となつた。
(大正一二・三・三〇 旧二・一四 於皆生温泉浜屋 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki