王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第60巻 真善美愛 亥の巻
文献名2第1篇 天仁和楽
文献名3第1章 清浄車〔1526〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-09-04 11:29:55
あらすじスマの浜辺には山のごとく老若男女が集まって、伊太彦が率いる猩々舟の船団を歓呼で迎えていた。風は芳香を送り無声の音楽聞こえて天地は清く、また静かに賑わしく、理想の原語句を現出したごとき真善美愛の極致にたっした。
人々の心には一点の塵もとどめず互いに和気あいあいとして一切の障壁を忘れ、その睦まじきこと鴛鴦の番のごとくであった。
それにもかかわらず、猜疑心にからまれた心の暗鬼は、畏怖驚愕のあまり、バラモン教のヤッコス、サボールを駆って無残にも湖中に身を投じさせたのである。
玉国別の命で小舟を浮かばせ待っていた真純彦、三千彦は、二人が落ちた渦巻の上に舟を寄せ、二人を救い出すことができた。衆人は歓喜し、真純彦、三千彦の仁侠を手を打って感賞した。
チルテルは猩々の乗る車を造り、先頭に立って磯畑に待っている。伊太彦はまっさきに玉国別に前に進みより、歓喜の涙をたたえながら手を握りニ三回ゆすった。玉国別は感涙にむせびながら伊太彦の労をねぎらった。
宣伝使たちは里人が用意した山車に乗り、猩々たちは十数台の車に乗って、歌を歌いながらバーチルの館に帰り行く。
チルテルは猩々車の先頭に立って述懐と祝いの音頭をとった。バーチルの屋敷に着くと、一同は庭園に筵を敷いて祝いの酒に舌鼓をうち歓喜を尽くした。
バーチルとサーベル姫は一同に恭しく礼を述べた。玉国別、チルテルの一行を導いて奥の広い客間に案内した。猩々たちも続いて奥の間に進んだ。一同はそれぞれ述懐の歌を歌った。
玉国別はアヅモス山の谷あいを跋渉し、木を数多の杣人に伐採せしめ、神殿の普請に着手することとなった。里人たち、チルテルの部下たち、猩々たちは勇んで宮普請に奉仕した。
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年04月05日(旧02月20日) 口述場所皆生温泉 浜屋 筆録者松村真澄 校正日 校正場所
OBC rm6001
本文の文字数5426
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  東西百里南北二百里、広袤二万方里のキヨメの湖は、大小十二の島を泛べて鏡の如く照り輝いてゐる。北方の雲間にボカされたやうなテルモン山が水鏡を覗いてゐる。
 饅頭笠の様な大太陽が東の波間より生れ始め、五色の雲の階段をチクチクと登るにつけて其形を小さくして行く。颯々たる夏の晨の風は涼しく人の面を撫で、帆をペタペタと前後に揺つてゐる長閑さ。数万の鳥族は湖上を前後左右に翺翔し、日の出を喜び祝ふ声は九天に達するかと疑はるる許りであつた。白砂青松のスマの浜辺には山の如く老若男女の羅漢姿が蝟集並列して其影を湖中に逆しまに映してゐる。
 伊太彦が率ゆる二十艘の猩々舟は万歳歓呼の中にチクリチクリと磯辺に向つて近附き来る。磯辺に立つた群集は鬱金の鉢巻赤襷、太鼓や、摺鉦や、笛、笙、篳篥、羯鼓、月琴等を手にし思ひ思ひの妙技を発揮して、伊太彦一行の無事帰港を祝してゐる。
 淡水の湖原は気分の悪い潮の香もなく、風は芳香を送り、無声の音楽聞えて人の耳を浄め、天清く海青く、地亦清く、天火水地はいと静かにいと賑しく、実に理想の天国を現出せし如く、真善美愛の極致に達した。天地の間にも人の心にも一点の塵も止めず、和気靄々として、親子の如く、兄弟の如く、夫婦の如く、敵も味方も一切の障壁を忘れ、其睦まじき事、鴛鴦の番の如し。斯かる平和の天地にも拘らず、猜疑心に搦まれたる心の暗鬼は忽ち畏怖驚愕の余り、バラモン教のヤッコス、サボールを駆つて、無残や湖中に身を投ぜしめた。
 船中の人々も陸上の群集も、猩々隊も此光景を見て、手に唾し、如何にもして彼等両人を救はむと思ふ至情は一度に勃発し、同情の念に胸を焦した。斯かる所へ、予て斯くあらむと、玉国別の命に依り葦草の間に小舟を泛ばせ待つてゐた真純彦、三千彦はスハこそ一大事と、艪櫂を操り、水面を飛鳥の如く辷つて、ドブンと落ちた渦巻の上に舟を送り、漸くにして二人を救ふ事を得た。万一此二人の中一人たり共、生命を失ふ如き不吉事あらば、至善至真至美の天地に瑕瑾を印し光玉に曇りのかかりし如くなるべかりしを、事なくして済みたるは、実に平和の祥徴なりと衆人一度に歓喜し、且つ真純彦、三千彦が仁侠を手を拍つて感賞した。
 スマの関守チルテルは、十数台の猩々車を造り、種々の花を飾りて、数多の兵士に引かせ乍ら、猩々隊を迎へむ為、チルテルが先頭に立ち、磯端に待つてゐる。伊太彦は先づ第一に舟を離れて玉国別の前に進みより、歓喜の涙を湛へ乍ら、固く其手を握り二三回揺つた。玉国別は感涙に咽び乍ら、稍かすんだ声にて、
玉国別『伊太彦殿、天晴れお手柄、御苦労であつた。予定の時刻に先立つて、無事帰る事を得たのは全く神の御恵と、汝が至誠の賜物である。サア是からバーチル館に帰つて種々の珍らしい話を聞かして貰はう』
伊太彦『ハイ有難う厶います。然らばお伴致しませう』
 バーチル、サーベル姫は美はしき山車を飾り立て、玉国別、真純彦、伊太彦、三千彦、デビス姫を搭乗せしめ、自分も山車の前方に立ち、歌を歌ひ乍ら、里人に太綱を以て輓かせつつ帰りゆく。十数台のチルテルが設備した車には三百三十三体の眷族が搭乗し、キヤツ キヤツと歓声を挙げ乍ら、ヂリリヂリリと輓かれ行く。鐘、太鼓、拍子木、縦笛、横笛、羯鼓、月琴其外種々雑多の音楽に送られ、各唄を唄つて賑々しく大道を練り行く。
 チルテルは猩々車の先に立ち、声も涼しく音頭をとつた。群衆は一節々々其あとをつけ乍ら、手をふり腰を振り、狂喜の如く踊り狂ふ。
チルテル『酒のイヅミのアヅモス山の  ヨーイセ、ソーラセ
 パインや樟の繁茂せる  梢に鷹が巣をつくる
 鳥の司の禿鷲さまが  千羽万羽と子を生んで
 スマの中空に舞ひ遊ぶ  ヨーイセ、ソーラセー
 みみづく、梟や山鳩が  又も梢に巣をくんで
 バーチルさまの万歳を  祝ふも目出度き夏の空
 ヨーイセ、ソーラセ  千歳の鶴は舞ひ遊び
 八千代の亀は舞ひ遊ぶ  前代未聞の盛典に
 敵と味方の隔てなく  天火水地も結び合ひ
 世界を一つに相丸め  三五教やバラモンの
 神の恵を慎みて  老と若きの隔てなく
 仰ぎ敬ふ今日の空  ヤートコセー、ヨーイヤナ
 アレワイセー、コレワイセ  ソーリヤ、ヨーイトセー
 カンカンチキチン カンチキチン  チキチン チキチン カンチキチン
 ドンドコ ドンドコ ドコドコドン  ヒユーヒユーヒユーヒユーヒユーヒユーヒユー
 猩々ケ島に流されし  三百有余の眷族は
 天の岩戸の開かれて  全く日出の御代となり
 五六七の神の松の代を  目出たく祝ふスマの里
 鷹の棲まひしアヅモスの  元の屋敷に立帰り
 天王の森の守護神と  再び仕ふる世となりぬ
 ヨーイセ、ソーラセ  かかる目出たき神代をば
 招来したる神人は  玉国別の宣伝使
 誠一つの賜物ぞ  バラモン軍に能く仕へ
 朝な夕なに三五の  教司や信徒を
 鵜の目鷹の目光らせつ  片ツぱしから捕縛して
 苦め悩めし吾々も  転迷開悟の花開き
 今は全くバラモンの  軍の司を辞職して
 心も清き三五の  誠の道に進みけり
 あゝ惟神々々  此世を造りし神直日
 心も広き大直日  只何事も人の世は
 直日に見直し聞直す  神の恵に抱かれて
 今日の祝に列なりし  其喜びは天地も
 一度に揺るぐ許り也  ヨーイセー、ソーラセ
 引けよ引け引け猩々車  ドツコイシヨウ ドツコイシヨウ
 砂敷つめし此街道  車の轍のきしる音
 引手の一度に唄ふ声  天国浄土か地の上か
 例も知らぬ楽しさは  高天原の天国の
 其儘姿をうつしたる  歓喜の波は漂ひぬ
 ドツコイセー ドツコイセー  ヤートコセーのヨーイヤナ
 チヤンチヤンチキチン チヤンチキチン  チキチン チキチン チヤンチキチン
 ドンドコ ドンドコ ドコドコドン  ヒユーヒユードンドン ヒユードンドン』
『清めの湖に三歳ぶり  漂ひ暮したアンチーは
 猩々の島のお客さま  漸く無事に迎へ来て
 スマの磯辺につくや否  数多の男女に迎へられ
 抃舞雀躍魂の  置どこさへも知らぬ身の
 歓迎車の梶を把り  館へ帰る嬉しさよ
 ヨーイセー、ソーラセ  皆さま揃うて曳いてくれ
 先方に見ゆる森蔭は  バーチルさまの御館
 静まり返つた邸内も  今日の生日の足日から
 三百有余の眷族が  老木茂る森の上に
 梢を伝ひ飛まはり  キヤツキヤツキヤツと賑しく
 宙空に音楽相奏で  イヅミの国の隆昌を
 祝ぎまつる事だらう  三五教やバラモンの
 教の司が村肝の  心を一つになし玉ひ
 真善美愛の神の道  完全に委曲に立て玉ふ
 聖の御世とはなりにけり  ヨーイセー、ソーラセ
 旭は照るとも曇るとも  月は盈つ共虧くる共
 テルモン山は海となり  キヨメの湖は山となり
 天変地妖の災が  一度に起る事あるも
 神の恵に救はれし  神の選みしスマの里
 千代も八千代も動かまじ  勇めよ勇め里人よ
 風は自然の音楽を  宙空に奏で百の木は
 手を振り腰を曲げ乍ら  ダンスを演じて吾々が
 無事の帰郷を祝ふ也  喜び勇め惟神
 神に任せて何事も  日々の業務を勤めつつ
 バーチルさまを親となし  神の司を師となして
 卑屈猜疑の精神を  科戸の風に吹き払ひ
 速川の瀬に流しすて  清浄無垢の魂となり
 永く天与の御恵を  仰ぎまつらむ世となりぬ
 引けよ引け引け御車の  此太綱の切れるまで
 ヨイトコセー ヨイトコセー』
 新に開鑿された広い街道に白砂を布きつめた上を漸くにしてアヅモス山の南麓、バーチルが宏大なる屋敷を指して、歓喜の裡に着いた。これより一同は邸園に蓆を布き、祝の酒に舌鼓を打ち、歓喜を尽す事となつた。
 バーチル、サーベル姫は一同に恭しく礼を述べ、玉国別一行及チルテルの一行を導いて、奥の広き客間に招待した。三百有余の猩々は何の会釈もなく、車より先を争うて飛下り、バーチルの後に従ひ、所狭き迄うごなはつて、奥の間を塞いで了つた。
玉国別『バーチルの君は嬉しくおぼすらむ
  数多の御子を目のあたりみて』

バーチル『三歳ぶり吾が子の如く愛でゐたる
  猿の顔を見るぞ嬉しき』

サーベル姫『生みの子のいや日に月に栄えしも
  皆天地の恵なりけり

 物云はぬ吾が子なれども魂は
  吾れに通ひぬ子の事々は』

チルテル『鳥獣虫族迄も救うてふ
  神の恵の有難くぞ思ふ』

真純彦『大空も大海原もすみ渡る
  島に育ちし身魂ぞきよき』

伊太彦『かく許り楽しき事があらむとは
  吾れさへ夢に悟らざりけり』

三千彦『天地の恵は四方に三千彦の
  水も洩らさぬ今日の喜び』

デビス姫『吾れも亦神の御業を了へし上は
  御子の数々生まむとぞ思ふ』

伊太彦『三千の物言はぬ子を生み並べ
  喜び胸に三千彦となれ』

三千彦『三千や五千の御子は何のその
  百千万の教御子生む』

アンチー『アヅモスの山に棲まへる百鳥も
  教の御子の数に入らなむ』

アキス『吾れとても玉国別の御子となりぬ
  恵の乳を含みし身なれば』

カール『さる昔猿が三匹飛んで来て
  アヅモス山の使とぞなる』

テク『其子孫茂り栄えて三百の
  珍の猿の御子となりける』

カンナ『惟神人の種をば地に蒔いて
  青人草と育て玉ひぬ。

 草も木も花咲みのる世の中に
  吾のみ一人花なかるらむ』

ヘール『初花の露の唇吸はむとて
  驚かされぬ珍の白狐に』

チルナ姫『咲くとても容易にチルナ初花の
  香りを千代の枝にとどめて。

 チルテルの吾背の君も惟神
  目覚め玉ひし今日の嬉しさ』

ワックス『テルモンの神の館を追出され
  今日は嬉しき春に会ふ哉』

ヘルマン『うたかたの夢と消え行く吾罪は
  皆皇神の光なりけり』

エキス『五百笞を大勢の前で加へられ
  尻おちつきし今日の喜び』

エル『ミカエルの珍の司の現はれて
  百の罪科払ひ玉ひぬ』

ハール『情ある神の司を疑ひて
  海に堕ちたる人もありけり』

ヤッコス『吾罪の深きを思ひ泛べては
  世にやすやすと永らへぬべき。

 さり乍ら恵の深き神司
  浮ばせ玉ひぬ命助けて』

サボール『情ある神の司の言の葉に
  今は怖れの夢も醒めけり』

サーベル姫『子よ孫よ汝は之より門に出て
  神酒に浸れよ心ゆく迄』

伊太彦『猩々の御子に代りて物申さむ
  吾たらちねの深き御恵み。

 今日よりはアヅモス山に立帰り
  昔のままに神仕へせむ。

 此館木々の茂みの深ければ
  千代の棲処になさむとぞ思ふ。

 人の子は畳の上に騒げ共
  吾は梢によりて騒がむ。

 夜着一つ箸一本も要りませぬ
  木々の木の実を取りて食へば。

 折々に酒倉開きなみなみと
  神酒を与へよ百の御子等に』

バーチル『吾は今俄に御子を得たりけり
  妻の御腹をからざる御子を』

サーベル姫『身体はよし借らずとも汝が身魂
  吾に睦びて生せ玉ひぬ』

バーチル『バーチルと猩々彦の和合して
  生みし子なれば他人の子でなし』

玉国別『いざさらばこれの宴会を切りあげて
  神の宮居に進み詣でむ』

テク『バーチルの家をば守るテク司
  従ひ行かむ君の背後に』

 之より玉国別は一同と共に、アヅモス山の彼方此方の谷間を跋渉し、大峡小峡の木を数多の杣人に伐採せしめ、手斧の音勇ましく宮の普請の木作りに着手する事となつた。数多の里人を始め、チルテルの部下並に猩々隊は昼夜の別なく喜び勇んで、木を伐り、或は運び、或は削り、身の疲れも打忘れて宮普請に奉仕する事となつた。
(大正一二・四・五 旧二・二〇 於皆生温泉浜屋 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki