王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻
文献名2第4篇 風山雅洋
文献名3第20章 神郷〔1570〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月08日(旧03月23日) 口述場所 筆録者隆光 校正日 校正場所
OBC rm6120
本文の文字数3856
本文のヒット件数全 3 件/瑞の御魂=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文
  第一九二

    一

 皇神の早く来れと召し玉ふ
  愛の御声を恐れ逃げ行く。

    二

 永久に栄え目出度き故郷に
  生かさむとする神ぞ尊き。

    三

 現世の業みな終へて故郷に
  早く帰れと召し玉ふ主。

    四

 八衢に行き悩みたる旅人の
  愛の御声に耳をすまさむ。

    五

 皇神の厳の御門に入るならば
  休ませ玉はむ重荷おろして。

    六

 御恵の充ち溢れたる吾神は
  罪ある魂も招き玉ひぬ。

    七

 罪科を身に負ひしまま故郷に
  帰る者さへ恵ませ玉ふ。

    八

 我神の恵の奥は限りなし
  善と悪とにとらはれ玉はず。

    九

 我神の永久に在す御殿こそ
  いとも楽しき珍の御舎。

    一〇

 とく来よと御門を開き待ち玉ふ
  瑞の御魂の御前にすがれ。

    一一

 いと清くやさしき御声聞く毎に
  心の悩みうち忘れける。

  第一九三

    一

 麻柱の命の道を疑ふな
  愛の御神の教なりせば。

    二

 とく来れ罪も穢れも打捨てて
  生命を得よと招かせ玉ふ。

    三

 常世行く暗の中にも我神の
  深き恵は輝きわたる。

    四

 八千座の置戸を負ひし我神の
  愛と力をたのめ罪人。

    五

 我神を措いて誰をか頼まむや
  罪を償ふ神しなければ。

    六

 神の子と生れ玉ひし瑞御魂
  岐美より外に世に力なし。

  第一九四

    一

 疾く来よと玉の御手をばさし伸べて
  暗路に迷ふ魂を招ぎます。

    二

 招かれて吾故郷に帰る時
  近き審判を見守らせ玉ふ。

    三

 八衢の厳の審判を和めむと
  誠の道を示し玉ひぬ。

    四

 身も魂も主に任して進み行け
  醜の嵐に遭ふ例なし。

  第一九五

    一

 我前に早く憩へと宣らす声
  疲れし身魂の耳にこそ入れ。

    二

 数ならぬ吾身魂をも憐みて
  守らせ玉ふ主ぞ畏し。

    三

 八束髯生血と共に抜かれたる
  瑞の御魂は天地の岐美。

    四

 八洲河の誓約になれる真清水は
  罪てふ罪を洗ひ清むる。

    五

 由良川の流に立ちて溺れ来る
  世人の罪を洗ひます主。

    六

 天地はよし崩るるも我主の
  御側は安し厳の御守護。

  第一九六

    一

 急ぎて来れ諸人よ  五六七の御代は近づきぬ。

    二

 暗と悩みに取囲まれて  亡びぬ前に早来れ。

    三

 天津御空は掻き曇り  氷雨は降りて風の音
 いと凄じく襲ひ来る  神は吾等の力なり。

    四

 死の波高く打寄せて  やがて焔は降り来る
 暫しの間に恐ろしや  背きし国は亡び行く
 神の使の導くままに  身魂任せて走り行け。

    五

 後ふり返り形ある  宝に心迷はさず
 急ぎに急げよ諸人よ  此世の亡ぶる時来れば。

  第一九七

    一

 海の果て山の奥にも吾魂の
  休らひぬべき花園はなし。

    二

 厳御魂瑞の御魂の現はれし
  聖地ぞ千代の住所なりけり。

    三

 浮き沈みしげき此世に何ものも
  頼みとすべきものはあらじな。

    四

 只神にすがりて誠尽すより
  吾身を救ふ力だになし。

    五

 死するとも魂は必ず霊界に
  ありて御神と共に栄行く。

    六

 空蝉の身はよし永く保つとも
  霊魂の生命なき人もあり。

    七

 年老いず死る事なき神の国は
  永遠の生命の住所なりけり。

    八

 罪の身は朝の露と消ゆるとも
  魂は残りて永遠に苦しむ。

    九

 永久の生命も愛も我神の
  抱かせ玉ふ力なりけり。

  第一九八

    一

 明日の日も知れぬ果敢なき人の身は
  急ぎて来れ神の御前に。

    二

 明日の日を思ひまはせば安々と
  世を渡るべき心起らじ。

    三

 束の間も死の魔はあたり附け狙ふ
  とくとく来れ神の教に。

    四

 大神の御許に早く立帰れ
  露の生命の消え失せぬ間に。

    五

 我主の恵幸ひはや受けよ
  思はぬ時に亡び来らむ。

  第一九九

    一

 門の戸を打叩きつつ我神は
  心静かに訪ひ玉ふ。

    二

 幾度も表に立ちて御栄えの
  珍の御声を放ち玉ひぬ。

    三

 仇さへも生かさむ為に朝夕に
  門に立たせる主ぞ尊き。

    四

 吾魂の力ともなり友となる
  命の主を慕ひまつれよ。

    五

 いろいろと心の空を包みたる
  迷ひの雲を晴らす我主。

    六

 許々多久の罪の寝所を掃き清め
  珍の御園と開かせ玉ふ。

    七

 身も魂も命の主に捧げつつ
  慕ふ心は生命なりけり。

    八

 永久の生命の基とあれませし
  清めの主を夢な忘れそ。

  第二〇〇

    一

 久方の天津使の讃め称ふ
  栄光の主を寿ぎまつれ。

    二

 暗を晴らし朝日の如く輝ける
  光りの主の御後慕へよ。

    三

 吾罪も歎きも払ふ瑞御魂
  臨ませ玉へと祈れ信徒。

    四

 八洲河の誓約の水は吾罪を
  祓ひ清むる瑞御魂なる。

    五

 千万の罪を一つに引受けて
  さすらひ玉ふ神ぞ尊し。

  第二〇一

    一

 思ひまはせば恐ろしや  厳の御魂や瑞御魂
 命の神の御許を  遠く離れて踏み迷ひ
 あとなき夢の後を追ひ  空しき道を楽しみし
 今日の吾身ぞ悲しけれ  大橋越えてまだ先へ
 行衛分らぬ後戻り  皆慢心の罪ぞかし
 赦させ玉へ惟神  御前に祈り奉る。

    二

 珍の聖地を後にして  習はぬ業の牧場守
 朝夕の起臥に  よくふり返り世の中を
 心鎮めて眺むれば  人の情の薄衣
 身に沁む浮世の荒風を  凌ぐ術なき苦しさよ
 赦させ玉へ惟神  悔い改めて大前に
 慎み敬ひ願ぎ奉る。

    三

 綾の聖地を打捨てて  後白雲の国のはて
 さまよひ巡りて村肝の  心を痛め魂曇り
 破れし袂におく露も  神の恵みを偲ばせて
 無明の闇も明けぬべし  一日も早く故郷の
 綾の聖地に安らかに  かへさせ玉へと天地に
 平伏し祈り奉れ  あゝ惟神々々
 御霊幸はひましませよ。
(大正一二・五・八 旧三・二三 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki