王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第61巻 山河草木 子の巻
文献名2第5篇 春陽自来
文献名3第22章 神日〔1572〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月08日(旧03月23日) 口述場所 筆録者明子 校正日 校正場所
OBC rm6122
本文の文字数3738
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文
  第二一二

    一

 功なき御霊を千座に贖ひて
  洗ひたまひぬ天津御国に。

    二

 罪咎の汚れを洗ふ術なきを
  清めたまひぬ瑞の御霊に。

    三

 疑ひの雲霧晴れて久方の
  天にのぼらむ身こそ嬉しき。

    四

 病に悩める身をも癒します
  瑞の御霊の御稜威畏し。

    五

 頼り来る人に清めと生命をば
  誓はせ玉ふ三五の神。

    六

 罪深き吾身をかくまで憐れみて
  いつくしみます救主ぞ尊き。

  第二一三

    一

 罪や汚を悉く  清めの神に打ち任せ
 清き御心その儘に  恵の河に導かれ
 御霊を清め汚点さへも  残らず洗ひ清めつつ
 神の御許に頼もしく  進みゆくこそ有難き。

    二

 疲れ果てたる吾霊も  恵に強き我貴美の
 御手に抱かれ御心に  よりて誠の大道に
 進みて往かむ惟神  心長閑に人の世を
 神のまにまに過ごすべし。

    三

 弥生の空の山桜  のどかな風に吹かれつつ
 こぼるる薫り世に匂ふ  命の神の珍の名を
 いと麗しく有難く  讃めよ称へよ人の子よ。

    四

 心やさしく頼もしく  愛に富みます瑞御魂
 清き御性を得させませ  天津使の宣り給ふ
 御歌を学び朝夕に  尊き御名を称ふべし。

  第二一四

    一

 厳の御魂や瑞御魂  現はれたまふ竜館
 寄り来る人は現身の  きぬ脱ぎ捨てて惟神
 大道に進むものもあり  又あやまちの根の国の
 萱野ケ原を行くもあり。

    二

 罪も汚も皆洗ひ  綾の高天の御力と
 選ませたまへと朝夕に  祈る誠の信徒は
 夜も暁の星のごと  いと少きぞうたてけれ。

    三

 厚き恵のパラダイス  高天の原に来ながらも
 氷の如く冷きりし  心をもちて大前に
 進み来るこそうたてけれ  厚き恵の御光に
 照され胸に敬愛の  炎をもやし惟神
 神の心となれよかし。

    四

 此世の暗路に行き悩む  あはれ果敢なき人草の
 心を昼に立てかへて  恵の光を照しませ
 厳の御霊や瑞御霊。

    五

 黄泉路の風の吹き荒び  死の河浪は高くとも
 いと安らけく平けく  仁慈の御手に棹さして
 天津御国の彼の岸に  つかせ玉へや瑞御霊。

  第二一五

    一

 曲神の伊猛り狂ふ世の中に
  希望抱へて神は居ませり。

    二

 荒浪に漂ひ迷ふ吾霊を
  救ふは神の力なりけり。

    三

 風強く浪立つ夜半も皇神は
  碇おろして守りたまひぬ。

    四

 世の終末せまり来りし際にさへ
  神に祈れば生くる道あり。

    五

 幽界に移りし時に杖となり
  力となるは御神のみなり。

  第二一六

    一

 罪汚洗ひ清めて由良川の
  ほとりに居ます神に詣でよ。

    二

 皇神の掟にたへず泣き叫ぶ
  声も罪をば拭ふ力なし。

    三

 瑞御魂幸ひなくば現世に
  生きて栄ゆる術なかるべし。

    四

 現世も幽れし界をも知召す
  神の恵に陰日向なし。

  第二一七

    一

 高熊山の岩窟に  神の御言を蒙りて
 身も棚しらに仕へたる  昔の業は知らねども
 今目のあたり仕へます  御業を眺めて皇神の
 慈愛の心を悟りけり  神は愛なり権力なり。

    二

 棚なし船に棹さして  冠島沓島に立籠り
 雨にさらされ風に浴び  朝な夕なに神業に
 仕へたまひし厳御霊  罪に苦しむ人草を
 清めむために命毛の  御筆を揮ひやがて来る
 ミロクの教を宣べたまふ  神は愛なり権力なり。

    三

 鞍馬の山に立向ひ  世人の罪を清めむと
 老の御足も健かに  登らせたまふ雄々しさよ
 昔の御業は見えねども  残しおかれし神の文
 珍の御声を聞く度に  教祖の御心を
 いとも畏くうかがひぬ  神は愛なり権力なり。

    四

 杵築の宮に参詣で  十五の御弟子に語られし
 生言霊の尊さよ  火と水土の神業に
 赤心籠めて仕へまし  神の御術をいや広に
 いそしみたまひし我教祖  仰ぐも尊き限りなり
 神は愛なり権力なり。

    五

 弥仙の山に立籠り  神の御言を畏みて
 七日七夜の荒行に  仕へたまひし厳御魂
 今は御姿見えねども  のこし玉ひし言の葉に
 大御光は現はれて  暗き心も澄わたる
 神は愛なり権力なり。

  第二一八

    一

 吾霊魂を永久に  恵ませたまふ瑞御魂
 風吹き荒み浪は立ち  船は沈まむばかりなる
 危き此身を守らせて  彼方の岸にやすやすと
 導きたまふぞ有難き  神は愛なり生命なり。

    二

 吾往く先は天津国  御園をのぞきて外に又
 寄る隠所もあらざらむ  吾霊魂を皇神に
 ゆだねまつりて仕ふれば  瑞の御魂の御翼に
 乗せて神国へやすやすと  導きたまへ瑞御魂
 神は愛なり生命なり。

    三

 日毎夜毎に吾霊魂は  罪や汚れに染れども
 清めの神は御恵と  誠の栄光に充ちたまひ
 霊と肉とを悉く  元の如くに清めまし
 疲れし御魂を慰めて  御園に導きたまふべし
 神は愛なり生命なり。

    四

 厳の御魂や瑞御魂  生命の元にましませば
 恵の露は永久に  湧き出で胸に溢れつつ
 吾等が霊魂をうるほして  渇きと飢を止めまし
 いや永久に御栄光と  平安を与へたまふべし
 神は愛なり生命なり。

  第二一九

    一

 千早振る神の恵に辿りつつ
  定めなき世を安く渡らむ。

    二

 天地をたもたせ玉ふ主の御手は
  など人の子を守らざらめや。

    三

 皇神の御座の前に跪き
  罪の重荷をおろしやすめよ。

    四

 神の稜威朝な夕なに謳ふ身は
  厳の御国の民となりぬる。

  第二二〇

    一

 風に乗り浪の上をば歩むとも
  神の御業に如何でしかめや。

    二

 永久に朽ちぬ宝を秘め置きし
  世継王の山を仰ぎ見るかな。

    三

 大空に醜の黒雲満ち渡る
  中よりぞ神の恵照り来る。

    四

 皇神の御顔さへも押かくす
  闇夜はことに短かりけり。

    五

 浮雲の晴れ行く空を待てしばし
  朝日輝く東雲近し。

  第二二一

    一

 世の中の栄えを如何で望まむや
  夜なき国に救はせたまへ。

    二

 禍の降りかかりたる身の上も
  おぢぬ心を与へたまはれ。

    三

 現世の旅往く時も皇神の
  聖き御あとを踏ましめたまへ。

    四

 我神は親しきおのが友垣と
  たよる心をもたせ玉はれ。
(大正一二・五・八 旧三・二三 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki