王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第62巻 山河草木 丑の巻
文献名2第2篇 桶伏の山
文献名3第8章 神生〔1583〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月11日(旧03月26日) 口述場所竜宮館 筆録者明子 校正日 校正場所
OBC rm6208
本文の文字数2803
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文
  第三二二

    一

 貧しくば人に捨てられさげしまる
  力となるは神ばかりなり。

    二

 花さへも散りては杣人に倒されて
  賤が伏家の薪とぞなる。

    三

 玉の緒の命は草におく露の
  其果敢なさを知らぬ人あり。

    四

 千年まで此世に命あるものと
  醜のたぶれが罪造るなり。

    五

 父は去り母又逝きて淋しさの
  枕に通ふ神の御光。

    六

 唯神の愛の袂にすがるより
  わが身慰むものはあるまじ。

    七

 苦しみの憂世を渡る月日さへ
  花咲く春を待つが楽しき。

  第三二三

    一

 惟神結び合うたる友垣の
  其の親しみは同胞にまさる。

    二

 信徒の睦び親しむ有様は
  天津御国の天人に似たり。

    三

 村肝の心睦べば言霊も
  一つになりて大前に祈る。

    四

 皇神の道に集ひし友垣の
  其交はりは永久変らず。

  第三二四

    一

 皇神の道歩み行く友垣は
  同胞よりも楽しかりけり。

    二

 恐れをもまた希望をもまごころを
  籠めて祈らむ神の御前に。

    三

 妹と背が互に忍ぶ苦しみも
  神の恵に消え失せて行く。

    四

 よき友に別るる時はつらけれど
  又遇ふ日をば祈り待つなり。

    五

 罪憂夜なき国の永久の
  霊の栄を祈りつつ経る。

  第三二五

    一

 村肝の心一つに睦び合ひて
  神の御前に仕ふる信徒。

    二

 争ひし醜の荒びは跡もなく
  消え失せにけり神の光に。

    三

 瑞御霊自が頭に頂きて
  醜の戦ひ終るまで進め。

    四

 村肝の心勇みに勇みつつ
  神の言葉に進む益良夫。

    五

 皇神の珍の御門に勝鬨を
  あぐる時まで進み往かまし。

  第三二六

    一

 病みふせる床にも高き恵あり
  千座を負ひし神の御稜威に。

    二

 瑞御霊其神業を思ひ見れば
  痛み悩みも消え失するなり。

    三

 如何ならむ涙の中に沈むとも
  夢な忘れそ神のめぐみを。

    四

 いと清き神の下僕と仕へむと
  思へば百の苦しみ来る。

    五

 苦しみの時も喜びの栄あり
  如何で忘れむ神の恵を。

    六

 わが身魂焼く許りなる苦しみも
  千座思へばいとど涼しき。

  第三二七

    一

 皇神の力に癒し尽されぬ
  歎き悲しみ地の上になし。

    二

 味気なき身の宿縁をば悔むまじ
  神の此世に在す限りは。

    三

 永久の命の水は湧き出でぬ
  瑞の御霊の清き勲に。

  第三二八

    一

 病の身にしあれども天津国
  思ひ出せば頼もしきかな。

    二

 わが胸に囁きたまふ愛の声は
  いと懐しく頼もしきかも。

    三

 世の人を遍く救ひ助けむと
  宣らせたまひし尊き神はや。

    四

 皇神の教を固く守る身は
  昨日も今日も楽しかりけり。

  第三二九

    一

 身に余る其悲しみは円山の
  峰の麓に埋めて進まへ。

    二

 逸早く悩み苦しみ打ちすてて
  来れ信徒高天原に。

    三

 煩ひの雲霧払ひ救ひます
  神は高天原に現れましにけり。

    四

 村肝の心の闇も晴れぬらむ
  綾の高天原に参る身なれば。

    五

 御恵を身に受けし人は逸早く
  神の勲を世に伝へ行け。

    六

 厳御霊瑞の御魂の御勲を
  まだ悟り得ぬ人の多かり。

  第三三〇

    一

 苦しみの中にも神の恵あり
  悩みなき身を幸とな思ひそ。

    二

 憂き涙神の恵によろこびの
  笑とかはるは有難きかな。

    三

 憂きなやみ一夜の夢と過ぎ去りて
  旭かがやく喜びとなる。

    四

 悲しみはよしや吾胸をやぶるとも
  こころ挫くな御心なれば。

    五

 苦しみも涙ももれず数へたて
  瑞の大神酬いたまはむ。

  第三三一

    一

 何人も此世にしばし生立ちて
  やがて眠らむ奥城静に。

    二

 皇神の法に身魂を清めつつ
  神国に至る準備せよかし。

    三

 今暫し嵐吹けどもやがて又
  花咲き匂ふ春や来らむ。

    四

 雨と降る涙もやがて拭はれむ
  朝日かがやく御代近づきて。

    五

 更生主再び下りて現世を
  平和く治むる時近づきぬ。
(大正一二・五・一一 旧三・二六 於竜宮館 明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki