王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻
文献名2第5篇 神検霊査
文献名3第22章 蚯蚓の声〔1629〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1923(大正12)年05月29日(旧04月14日) 口述場所天声社 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm6322
本文の文字数3296
本文のヒット件数全 1 件/豊国姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大き正しき癸の  亥年卯月の十四日
 新に建ちし天声社  二階の一間に立て籠もり
 口述台に横臥して  遠き神世の物語
 弥六十三巻の  夢物語述べてゆく
 御空は清く地青く  垂柳は粛然と
 戦ぎもしない夕間暮  三五教の宣伝使
 玉国別の一行が  斎苑の館を立ち出て
 諸の悩みに遇ひ乍ら  スーラヤ山に鎮まれる
 ナーガラシャーの瑞宝を  教の御子の伊太彦に
 受け取らせつつ海原を  漸く越えてエル港
 茲に一行恙なく  無事な顔をば合せつつ
 前途の光明楽しみて  聖地に向うて出でむとす
 神の司の初稚姫が  木花姫の勅もて
 百千万の宣言を  宣らせたまへば三千彦も
 また伊太彦も謹みて  妹の命と立ち別れ
 各自々々に唯一人  聖地を指して進み往く
 道に起りし物語  いと細々と述べてゆく。
    ○
 豊葦原の中津国  大日の下の聖場と
 遠き神代の昔より  定まり居ますエルサレム
 珍の聖地に名も高き  黄金山に現れませる
 野立の彦や野立姫  御霊の変化在して
 埴安彦や埴安姫と  世に現はれて三五の
 珍の教を垂れたまふ  其大御旨を畏みて
 神素盞嗚の大神は  島の八十島八十の国
 由緒の深き霊場に  教の園を開きまし
 数多の司を教養し  仁慈無限の御教を
 開かせたまふ尊さよ  バラモン教を守護する
 八岐大蛇や醜鬼の  醜の御霊を言向けて
 汚れ果てたる地の上を  神の御国に立て直し
 妬み嫉や恨みなき  誠一つの神の代を
 作らむために千万の  艱みを恐れず遠近と
 玉の御身を砕きつつ  励ませたまふ尊さよ
 旭は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 仮令大地は沈むとも  三五教の御教は
 幾万劫の末迄も  宇宙と共に変らまじ
 あゝ惟神々々  神の御稜威の有難き。
    ○
 若葉も戦ぐ神の園  梅は梢に青々と
 頭を並べて泰平の  ミロクの御代を謡ひつつ
 池に泛べる魚族は  恵の露を湛へたる
 金竜池に悠々と  曇りし世界を知らず気に
 いとたのもしく遊び居る  月は御空に皎々と
 輝きたまひ神苑を  隈なく照らし給へども
 木下の闇に潜むなる  曲の猛びは未だ絶えず
 神に体も魂も  供へきつたる瑞月は
 体の筋や骨までも  メキメキメキと痛めつつ
 闇に迷へる世の人を  救はむ為に朝夕に
 心を千々に砕けども  知る人稀な今の世は
 救はむよしも荒浪に  漂ふ船の如くなり
 あゝ惟神々々  御霊幸倍ましませよ。
    ○
 朝な夕なに身を砕き  教御祖の残されし
 生ける教を委曲に  説き諭さむと朝夕に
 神の御前に太祝詞  清き願を掛け巻も
 畏き瑞の御心を  知らぬ信徒多くして
 夏の若葉の木下闇  騒ぎ廻るぞうたてけれ。
    ○
 和知の河水淙々と  弥永久に御恵の
 露を湛へて流るれど  瑞の御霊にヨルダンの
 清き清水を汲む人ぞ  いとも稀なる今の世は
 清き尊き皇神の  教を軽んじ疎みつつ
 日頃の主張も打ち忘れ  いろいろ雑多と口実を
 設けて逃げ出すうたてさよ  皇大神の御教に
 高天原の大本は  三千世界を天国に
 渡す世界の大橋と  教へられたる言の葉を
 空吹く風と聞き流し  大橋越えてまだ先へ
 行方も知らぬ醜霊の  身の行先ぞ憐れなり
 皇大神の試練に  遇ひて漸く眼さめ
 悔い改めてかへるとも  白米に籾の混るごと
 何とはなしに疎ましく  初の如くなきままに
 又もや醜の曲津霊は  高天原の大本は
 必要の時は大切に  扱ひ旨く使ひつつ
 一人歩みが出来だせば  素知らぬ顔の半兵衛を
 極めこむ所とそしりつつ  泡吹き熱吹き末遂に
 あてども知らぬ法螺を吹き  煙の如く消えて往く
 誠の足らぬ偽信者  神の教を現界の
 皆法則にあて箝めて  真理ぢや非真理ぢや不合理と
 愚痴を唱ふる可笑しさよ  何程知識の秀でたる
 物識人も目に見えぬ  神の世界の有様や
 全智全能の大神の  御心如何で解るべき
 慢心するのも程がある  唯何事も人の世は
 皇大神の御心に  任せて進めば怪我はなし
 あゝ惟神々々  御霊の恩頼を願ぎまつる。
    ○
 科学を基礎とせなくては  神の存在経綸を
 承認せないと鼻高が  下らぬ屁理窟並べ立て
 己が愚をも知らずして  世界に於ける覚者ぞと
 構へ居るこそをかしけれ  学びの家に通ひつめ
 机の上にて習ひたる  畑水練生兵法
 実地に間に合ふ筈がない  口や筆には何事も
 いとあざやかに示すとも  肝腎要の行ひが
 出来ねば恰も水の泡  夢か現か幻の
 境遇に迷ふ亡者なり  肉の眼は開けども
 心の眼暗くして  一も二もなく智慧学を
 唯一の武器と飾りつつ  進むみ霊ぞ憐れなり。
    ○
 山河草木三つの巻  弥々茲に述べ終る
 又瑞月が出鱈目を  吐くと蔭口叩くもの
 彼方此方に出るであらう  著述の苦労の味知らぬ
 文盲学者や仇人の  如何で悟らむ此苦労
 如何に天地の神々が  吾身を助けたまふとも
 神より受けし魂の  意志と想念光らねば
 唯一言の口述も  安くなし得るものでない
 神の苦労も白浪の  上に漂ふ浮草の
 心定めぬ人々の  囁きこそはうたてけれ
 世界に著者は多くとも  一日に数万の言の葉を
 口述筆記するものは  開闢以来例なし
 作りし文の巧拙を  云々するは未だしもと
 許しもなるが一概に  この瑞月が物好に
 下らぬ屁理窟並べ立て  心に積りし欝憤を
 神によそへて歌ふなぞ  分らぬ事を云ふ人が
 神の教の中にある  かかる汚き人々は
 吾身の欲に絆されて  表面に神を伏し拝み
 棚から牡丹餅おち来る  時節を待つよなやり方ぞ
 世の立替や立直し  今ぢや早ぢやと書くなれば
 耳を聳て目を丸め  口尖らして読むだらう
 そんな事のみ一心に  待ち暮すのは曲津神
 世の禍を待つものぞ  大慈大悲の大神は
 世界に何事無きやうと  朝な夕なに御心を
 配らせたまひ大本の  教御祖は朝夕に
 世界の難儀を救はむと  赤心こめて祈りましぬ
 其御心も知らずして  世界の大望待ち暮す
 人は大蛇か曲鬼か  譬方なき者ぞかし
 あゝ惟神々々  神の御前に平伏して
 此聖場に寄り集ふ  信徒達の魂に
 まことの光を与へつつ  耳をば清め目を照らし
 天の瓊鉾を爽かに  研かせたまひて言霊の
 御稜威を四方に輝すべく  守らせたまへと朝夕に
 体の骨を痛めつつ  一心不乱に願ぎまつる
 あゝ惟神々々  大国常立大御神
 豊国姫の大御神  天津御空に永久に
 鎮まりたまふ日の御神  月の御神の御前に
 世の有様を歎きつつ  密かに一人願ぎまつる
 あゝ惟神々々  御霊幸倍ましませよ。
(大正一二・五・二九 旧四・一四 於天声社 加藤明子録)
(昭和一〇・六・一六 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki