王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻
文献名2第2篇 杢迂拙婦よみ(新仮名遣い)もくうせっぷ
文献名3第15章 災会〔1824〕よみ(新仮名遣い)さいかい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高姫はウラナイ教の館に集まった善男善女を前に、講演を始めている。自分が救世主であること、三五教がいかに堕落した教えであるか、など気炎を上げている。そこへ、キューバーがやってきて三五教を攻撃する演説を始め、ウラナイ教を援護する。演説が終わって、高姫とキューバーは久しぶりの対面となる(トルマン国では、幽冥界旅行をした折に夫婦の契りをし、一緒に国取りの謀議をした仲であった)。キューバーは、ヨリコ姫が、「自分を説き伏せた者にはスガの宮を明渡す」などといって、宗教問答の挑戦者を募っていることを知らせる。高姫は早速乗り込もうとする。キューバーは、高姫が今は杢助と夫婦になっていることを知り、「自分こそ誠の夫」と乗り込もうとするが、高姫に当て身を食わされ、床下に放り込まれてしまった。
主な人物 舞台 口述日1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所天之橋立なかや別館 筆録者北村隆光 校正日 校正場所 初版発行日1929(昭和4)年4月3日 愛善世界社版176頁 八幡書店版第12輯 666頁 修補版 校定版183頁 普及版69頁 初版 ページ備考
OBC rm7215
本文のヒット件数全 1 件/ヘグレ神社=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  トルマン国の王妃なる  千草の姫の体をかり
 再び娑婆に甦り  千草の高姫と名を変へて
 曲の精霊に沁み込んだ  ウラナイ教をどこ迄も
 たてにやおかぬと雄猛びし  前世に契を結びたる
 大雲山の洞穴に  棲へる大蛇の乾児なる
 妖幻坊に再会し  又もや夫婦の縁結び
 彼方此方と彷徨ひつ  スガの港の北町に
 漸く吾家を買求め  スガの聖地に建てられし
 三五教の神殿を  向ふに廻して勢力を
 比べむものと雄猛びし  立派な神殿造り上げ
 俄役員二三人  雇ひ来りて厳かな
 口調を以て寄り来る  善男善女に相向ひ
 四脚の机を前に置き  椅子に腰かけ悠然と
 コツプの水を啜りつつ  エヘンと一声咳払ひ
 扇片手に持ち乍ら  信者の上に目を注ぎ
 花を欺く美貌もて  涼しき声にて語るらく
 『皆さまようこそお詣りよ  妾は人間に見ゆれども
 決して俗人ぢやありませぬ  第一霊国天人の
 霊を受けて生れたる  日出神の生宮で
 底津岩根の大弥勒  三千世界の救世主
 千草の高姫と申します  妾の教ふる御教は
 ウラナイ教と云ひまして  天下に比類のない教
 盲は目が開き聾は聞え  躄は立つて歩きます
 肺病、腎臓、心臓病  胃病は愚か十二指腸
 盲腸炎に神経痛  気管支加答児に肺加答児
 流行性感冒コレラ病  猩紅熱にパラチブス
 横根や疳瘡や骨うづき  陰睾田虫に疥癬虫
 如何なる病も高姫が  心に叶うた人ならば
 即座に癒して上げますよ  それぢやと云つてウラナイの
 誠の教の分らない  お方にや神徳やりませぬ
 三五教の神様と  どちらが偉いと云ふやうな
 比較研究の信者には  罰こそあたれ神徳ない
 ここの道理を聞きわけて  絶対服従の信仰を
 皆さま励んでなさいませ  斎苑の館に総務をば
 務めて御座つた杢助さま  神素盞嗚の大神の
 三羽烏と云はれたる  天下唯一の宣伝使
 三五教に愛想をば  おつかしなさつて高姫が
 教の道に賛同し  遂に進んで背の君と
 おなり遊ばし御教を  天下に開いて御座ると云ふ
 珍現象になつたのも  決して不思議な事でない
 メツキは直ぐに剥げるぞや  正真正銘のウラナイ教
 擦れば擦る程光り出す  鋭敏の頭脳の持主の
 杢助さまは逸早く  ウラナイ教の誠をば
 感得されて三五の  曲津の教を捨てられた
 これ丈け見ても分るだらう  スガの宮居の神司
 玉清別と云ふ人は  何処の馬骨か牛骨か
 或は狐の容器か  狸のお化か知らねども
 どうしてあのやうなスタイルで  神の聖場が保てませう
 見てゐて下され一月も  経たない中にメチヤメチヤに
 壊れて了ふは目のあたり  鏡にかけし如くです
 誠の救ひの神様は  ウラナイ教より外にない
 ヨリコの姫や花香姫  ダリヤの姫とか云ふ女
 何をしとるか知らねども  清浄無垢の神館
 月に七日の不浄ある  女を三人も泊らせて
 どうして神が喜ばう  若しも喜ぶ神なれば
 必ず曲津に違ひない  妾も最早四十三
 若い姿はして居れど  月に七日のお客さま
 宿泊なさるやうな身ではない  之を思うてもウラナイの
 神の教は誠ぞや  気をつけなされよ皆の人
 必ず曲津の御教に  迷うて地獄の先駆けを
 なさらぬやうにと気をつける  あゝ惟神々々
 ウラナイ教の大御神  ヘグレのヘグレのヘグレ武者
 ヘグレ神社の大御神  リントウビテンの大御神
 地上大臣地上姫  地上丸さま行成さま
 定子の姫さま杵築姫  弥勒成就の大御神
 貞彦姫の大御神  言上姫さま春子さま
 その外百の神様の  御前に謹み高姫が
 日出神と現はれて  この場に集ふ人々の
 守護を命じおきまする  あゝ惟神々々
 御霊幸ひましませよ』  かかる処へ修験者
 錫杖左手につき乍ら  深網笠に顔隠し
 いと荘重な言霊を  張り上げ乍ら入り来り
 『ウラナイ教の大本部  教祖の君に御面会
 お願申す』と云ひ乍ら  群集の中をかき分けて
 演壇目蒐けて進みより  高姫司の前に立ち
 『拙僧こそは月の国  ハルナの都に現れませる
 大黒主の御寵臣  スコブッツエン宗の大教祖
 キユーバーと申す僧で御座る  どうか一場の演説を
 許させ玉へ』と呼はれば  高姫不審の眉ひそめ
 何処かで聞いた声の色  面は笠で見えねども
 もしや自分の恋ひ慕ふ  キユーバーの君ではあるまいか
 『何は兎もあれ御登壇  結構なお話頼みます
 これこれ皆の御信者よ  妾はこれから降壇し
 奥の一室で休みます  この御方は修験者
 必ず尊いお話を  して下さるに違ひない
 神妙にお聞きなされや』と  云ひつつ人をかき分けて
 隣りの部屋に身を潜め  様子如何にと窺ひぬ
 キユーバーも千草の高姫の  顔を見るより仰天し
 ハートに浪は騒げども  そしらぬ顔を装ひつ
 賛成演説初めける  キユーバーはコップに水をつぎ
 オホンと一声咳払ひ  神官扇を斜に構へ
 笠抜ぎ捨てて群集を  ジロジロ見廻し声高く
 『拙僧こそはウラナイの  道に永年苦労した
 諸国巡礼の行者です  今現はれた高姫の
 教主の君は人でない  天津空より雲に乗り
 小北の山の聖場に  天降り玉ひし生神ぞ
 皆さま喜びなさいませ  此神様を信じなば
 寿命長久福徳円満  五穀豊穣息災延命まがひなし
 そもそも神には正神と  邪神の二つの区別あり
 神を信仰するならば  誠の神を敬うて
 邪神を捨てなされ  誠の神は生命を与へ
 病を癒やし福徳を  授け玉ふ仁慈無限の御やり方
 曲津の神は病気を起し  貧乏を齎し命を縮め
 大雨大風地震まで  人の嫌がる事許り
 一生懸命にするものだ  スガの御山に建てられし
 三五教も其通り  善の仮面を被りつつ
 悪魔の神を呼び集へ  此世の中を乱さむと
 朝な夕なに念じてる  何卒皆さま気をつけて
 スガの山へは行かぬやう  近所合壁いましめて
 ウラナイ教の神様の  おかげを頂きなされませ
 あゝ惟神々々  私も教主に用がある
 一先づ御免』と云ひ乍ら  悠々演壇降りつつ
 高姫司の潜みたる  隣の部屋をさして行く
 数多の信者は怪訝顔  何が何やら分らぬと
 互に小言をつき乍ら  ボツボツ家路に帰り行く
 あゝ惟神々々  目玉飛出す面白さ。
 高姫は一室に隠れてキユーバーの演説を聞いてゐたが、
『背恰好と云ひ、顔の形と云ひ、声色と云ひ、トルマン城で会うたキユーバーに少しも違はない。ハテ妙な事になつて来たワイ、悋気の深い杢助さまは別館に寝てゐらつしやるから、いいやうなものの何時目が醒めるか分らない。もしキユーバーさまであつたなら、如何しようかな』
と胸を抱いて考へて居る。其処へキユーバーが足音忍ばせ入り来り小声になつて、
『これ、千草姫どの、この面を覚えてゐますか』
高『ハイ、そのお顔を忘れてなりませうか、天下に類例のない御容貌ですもの。そして貴方、ひどいぢやありませぬか、何処をうろついてゐらつしやつたのです』
キユ『時に千草殿、スガ山の神館にはヨリコ姫と云ふ山賊上りの女が傲然と構へ込み、宗教問答所と大看板を掲げ、「妾を説き伏せた人には此館の役目をお渡し申す」と図々しくも掲げて居るのだ、どうだお前は一つ問答に行く気はないか』
高『ナニ、ヨリコ姫がそんな事を書いて居りますか、何と云ふ馬鹿でせう、己が刀で己が首、飛んで火に入る夏の虫とは此事でせう。ヤア面白い、それぢや今日から準備しておいて、明日は出かけてやりませう』
キユ『ヤ、早速の御承知有難い、及ばず乍ら拙者もお伴致しませう。然し千草姫さま、お前さまにこれはあるのかい』
と親指をつき出す。
 高姫はやや口ごもり乍ら思ひきつて、
『ハイ、時置師の神の杢助さまと云ふ立派な夫が御座います。大きな声で仰有ると目が醒めますから、どうか小声で云つて下さい』
キユ『誠の夫が来て居るのに、誠の夫の俺が何遠慮する必要があるか、その杢助とか云ふ奴、俺の女房を横取りしよつた曲者だ。ヨーシ、奥へ踏み込んで談判をやつてやらう』
と立上らうとする、高姫は矢庭に胸倉をグツと取り、喉を締め、あて身をくわし、床の下にソツと投り込んで了つた。あゝキユーバーの運命は如何なるであらうか。
(大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや旅館 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki