王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻
文献名2第2篇 杢迂拙婦よみ(新仮名遣い)もくうせっぷ
文献名3第16章 東西奔走〔1825〕よみ(新仮名遣い)とうざいほんそう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ妖幻坊の杢助は離れの間からやってきて、人間の臭いに気づいて高姫に問いただす。高姫はキューバーを締め上げたことを話す。杢助は、キューバーが大黒主の片腕と知り、なんとか丸め込んで大黒主に取り入って国の実権を握ってしまおうと謀る。杢助はキューバーの始末を高姫に任せ、また離れの間に下がった。高姫はキューバーに活を入れて生き返らせる。二人は早速、スガの宮のヨリコ姫に挑戦しに出発する。夜道を宣伝しながらスガの宮に向かっていく。
主な人物 舞台 口述日1926(大正15)年06月30日(旧05月21日) 口述場所天之橋立なかや別館 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1929(昭和4)年4月3日 愛善世界社版188頁 八幡書店版第12輯 670頁 修補版 校定版195頁 普及版73頁 初版 ページ備考
OBC rm7216
本文のヒット件数全 3 件/ヘグレ神社=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  妖幻坊は別館の戸を開け、ズシンズシンと床を響かせ乍ら現はれ来り、
『ヤア高チヤン、御苦労だつたな、ヤ、信者が最早皆帰んだと見えるな』
高『ハイ、皆帰しましたよ、これから貴方と妾と二人の舞台ですワ、酒でも燗して上ませうか』
妖『ウン一杯つけて貰つても好いが、然し何だか妙な香がするぢやないか、何処ともなしに男臭くて仕方がないがのう』
 高姫は素知らぬ顔で、
『ハイ、それやさうでせうよ、此処に猪が一匹絞めて御座いますもの、一寸御覧なさい床の下に放り込んでおきましたよ』
妖『何だ、これや人間ぢやないか、甚い事したものぢやないか』
高『人間の猪(死体)ですよ、此奴はね、妾がトルマン城に居つた時からスコブッツエン宗の教主だと威張り散らし、大黒主を笠に着たり、一方では大足別をかつぎ、何うにも斯うにも仕方が無いので、妾の美貌を幸ひ此奴をちよろまかせ、トルマン城の危急を救うたのですよ』
妖『成程、併し乍ら、スコブッツエン宗の教祖と云へば大黒主様の御片腕だ。大蛇様の兄弟分、……ウン、とどつこい大蛇のやうな勢を持つて居る立派な宣伝使だ。どうだ高姫、この坊主に活を入れて生きかへらし、お前の方から色仕掛で親切に待遇し、此奴を手蔓として大黒主に取り入り、トルマン国の政権を握つて仕舞はうぢやないか。さうすりやスガの宮なんか叩き潰さうと、どうせうと此方の勝手だからなア』
高『遉は杢助様、よい所に気がつきました。どれだけ智慧があるか知れませぬねえ、そんなら此のキユーバーを助けても宜いのですか』
妖『アー、いゝとも好いとも、併し乍ら色をもつて、ちよろまかしてもよいが、要領を得さしては不可ないよ、些と俺も妬るからのう』
高『そんな事は御心配下さいますな、ヘンそれ程安つぽい高姫と思つて貰つちや片腹痛う御座いますワ』
妖『俺が此処に居ると話が仕難いかも知れぬ、別室に入つて休むから、そこはお前の力で旨く取込んでおけ』
高『何程甘つたるい事を云つても決して怒りませぬね』
妖『口先許りなら、どんな事云つてもよい。つまりお前が甘く操つて下僕代りに使ひさへすればよいのだ』
と云ひ乍ら別館に姿を隠して仕舞つた。高姫はキユーバーを床下より引き上げ活を入れ、天の数歌を奏上した。ウンと一声息吹き返し四辺きよろきよろ見廻し乍ら、
キユ『ヤアお前は千草ぢやないか、人の喉を締めたりして気絶さすとは甚いぢやないか』
高『そんな事は当然ですよ、よう考へて御覧なさい。焼餅焼の嫌な嫌な爺が裏に寝て居るのにお前さまが談判するなんて出て行きなさるものだから、喧嘩しては近所になりが悪いと思うて一寸喉に手をあてた丈ですよ。息を止めたの殺さうのと、そんな大袈娑な事をした覚は御座いませぬよ』
キユ『本当にお前は今の夫が嫌なのか』
高『それやさうですとも、好だつたらどうして貴方の目を眩して気絶して居るのを生きかへらしませうか。妾の今の夫は怒るのも甚いけれど又機嫌の直るのも早い、アツサリした人ですからなア。それで今も今とて夫に相談しましたら、俺に心配は要らない、キユーバーさまを可愛がつて上げるが好いと云ふのです、何と今の男は開けて居ませうがな』
キユ『どちらが開けて居るのか、弄ばれて居るのか、テンと訳が分らぬワイ。然し一旦気絶して居た処を呼びいけた所を見れば些しは信用してもよいワイ。そんなら今の夫には済まないが、時々は御無心を云うても宜いか、其時は頼むよ』
高『それやさうですとも、貴方の口で貴方が仰有るのですもの、貴方の御自由ですワ。それはさうと、明日はスガの宮に乗り込み、ヨリコ姫と一生一代の問答をやらうと思ふのですが、妾も些つと許り心許ないやうな気がしてなりませぬ、一つ今晩の間に練習して置きたいと思ひますがなア』
キユ『サア、お前も仲々の雄弁家だが、ヨリコと云ふ奴は又稀代の雄弁家だ。懸河の弁を、振つて滔々とやり出す時は如何なる雄弁家も旗を捲き鉾を収めて逃げ出すのだからのう。一つ夜分の宣伝旁練習するのも宜からう、本町に出てやつて見たら如何だい。俺は見え隠れに跟いて行つてやるからのう』
 聞くより高姫雀躍し  頭の髪を撫で上げて
 顔に塗つたる薄化粧  派出な単衣を身に纒い
 老海茶袴を穿ちつつ  桐の下駄をば足にかけ
 神官扇を手に持つて  ソロリソロリと門の口
 太夫の道中宜しくの  肩と尻とを振り乍ら
 反り身になつて本町の  人通り多き十字街
 月の光を浴び乍ら  キユーバーを後に従へて
 悠々然と出で来り  道の傍に佇んで
 鈴を振るよな声絞り
 『これこれ申し皆の人  ウラナイ教の大教主
 千草の姫の演説を  一通りお聞きなされませ
 妾は元はトルマン国の  王妃と仕へし身の上ぞ
 衆生済度のその為めに  雲を押し分けて天降り
 市井の巷に往き来して  天地を創り給ひたる
 誠の親の御神徳  無限絶対無始無終
 厚き恵の御由来を  世の人々に宣り伝へ
 八衢地獄の苦しみを  助けて神の永久に
 鎮まり居ます天国の  高天原の楽園に
 救ひ導き永久に  変らず動かぬ楽しみを
 与へむ為めの此旅出  悪く思つたり疑がつて
 神をなみしちやいけませぬ  妾は王妃の身であれば
 此世に何の不自由も  不足もないので御座います
 大慈大悲の吾心  世界の人の苦しみを
 見るに忍びず此通り  女の繊弱き身をもつて
 寒さ暑さの嫌ひなく  世の為め神の道の為め
 難行苦行をして居ます  皆さまお聞きでありませうが
 此頃建つたスガ山の  神の館に三五の
 教の射場が出来ました  其処を守れる神司
 玉清別と云ふ人は  何処の馬骨か知らねども
 千草の姫に比ぶれば  まだまだ苦労が足りませぬ
 苦労もなしに真実の  香ばし花は咲きませぬ
 それのみならずスガ館  傍に建ちし大道場
 預る女はヨリコ姫  花香にダリヤと云ふ女
 問答所の看板を  臆面もなく掲げ出し
 世人を煙にまいて居る  抑々人間と云ふものは
 一寸先の見えぬもの  どうして宗教の真諦が
 分る道理がありませうか  天から下つた生身魂
 日出神の永久に  宿らせ玉ふ肉の宮
 高姫でなくては分るまい  これから皆さま見て御座れ
 明日は館に乗り込んで  ヨリコの姫を相手取り
 宗教問答おつ始め  誠の道に帰順させ
 天晴れ勝つて見せませう  何程偉そに云つたとて
 オーラの山に立て籠り  泥棒の手下の奴輩に
 姉貴々々と立てられて  威張つて居つたよな代物が
 どうして誠の神の道  完全に委曲に説けませう
 皆さま今から言うておく  何程仕事がせわしくも
 明日一日は張込んで  此方とヨリコの問答を
 何方がよいか虚か実か  篤くり聞いたその上で
 よい判断をなさいませ  今から予告致します
 あゝ惟神々々  神が表に現はれて
 善と悪とを立別ける  ヨリコの姫もさぞやさぞ
 明日一日が断末魔  思へば思へば気の毒で
 個人としては耐らねど  お道の為と人の為め
 神の御為め国の為め  往かねばならぬ吾思ひ
 皆さま察して下さんせ  何も好んで争論を
 やり度い事はなけれども  弱きを助け強きをば
 挫かにやおかぬ義侠心  これが黙つて居られうか
 此方の説が勝つたなら  ヨリコの姫を叩き出し
 その跡釜に千草姫  神の司となりすまし
 誠の教を宣伝し  スガのお宮を祀りかへ
 ヘグレ神社と致すぞや  ヘグレのヘグレのヘグレ武者
 ヘグレ神社の大神は  三十三相は未だ愚か
 五十六億七千万  ミロクの活動遊ばして
 此世の中を天国の  常磐堅磐の楽園と
 立替遊ばす経綸ぞや  喜び遊ばせ人々よ
 神の言葉に嘘はない  きつと成就さして見せう
 此世を創りし神直日  心も広き大直日
 唯何事も人の世は  直日に見直し聞き直し
 世の過は宣り直す  神の教をかしこみて
 此世を乱し世の人を  誤らしむるヨリコ姫
 それに従ふ奴輩を  片つぱしから言向けて
 改心さして見せませう  あゝ勇ましや勇ましや
 明日の吉き日ぞ待たれける』
 キユーバーは後の方から蟇が風を引いたやうな響のある声を出して、
『神が表に現はれて  善と悪とを立別ける
 此世を創造りし神直日  心も広き大直日
 ただ何事も人の世は  直日に見直し聞き直す
 ウラナイ教の御教  皆さま耳を掃除して
 一言半句も漏らさずに  生宮さまの御託宣
 しつかりお聞き遊ばせよ  下つ岩根の大ミロク
 日出神の生宮と  現はれたまひし千草姫
 ヘグレのヘグレのヘグレ武者  ヘグレ神社の大神と
 現はれ此処に下りまし  鬼や大蛇の魂に
 憑れたる憐なる  人の難儀を救はむと
 大慈大悲の心もて  現はれたまひし有難さ
 スガの宮居の神館に  頑張り暮すヨリコとは
 天地雲泥の違ひぞや  めつたにこんな生神が
 再び下る事はない  時は来れり時は今
 爺さまも婆さまも孫つれて  近所合壁誘ひ合せ
 明日の大事な談判を  お聞きにお出でなさいませ
 よい後学になりまする  それのみならず神様に
 尊い御縁が結ばれて  万劫末代永久に
 おかげの泉に浸りつつ  此世この儘天国の
 生存権が得られます  必ず疑ひ遊ばすな
 スコブッツエン宗の大教主  キユーバーでさへも尾をまいて
 生宮様の後につき  お伴に仕へて居りまする
 これだけ見ても皆さまよ  生宮さまの御神徳
 ただでないのが分るだろ  あゝ惟神々々
 御霊幸倍ましませよ』
と歌ひ乍ら、スガの町々を残る隈なく東西屋もどきに歩いて仕舞つた。
(大正一五・六・三〇 旧五・二一 於天之橋立なかや別館 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki