王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第72巻 山河草木 亥の巻
文献名2第3篇 転化退閉よみ(新仮名遣い)てんかたいへい
文献名3第18章 法城渡〔1827〕よみ(新仮名遣い)ほうじょうわたし
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじヨリコ姫は白づくめの衣装で登場し、まずは高姫を歌合戦で互いを批評しあう。そして、まずは高姫から、「天地の元を創った根本の生き神の名」を問う。ヨリコ姫は無終無始、無限絶対、永劫に静まりいます国常立の神様、と答える。高姫は、それは底津岩根の大弥勒であると言い、その生き宮は誰か、とさらに問い掛ける。ヨリコは高姫の答えを否定し、神書を調べればやはり国常立の大神がこの世の初めの神であり、その他の神は皆エンゼルであると答え返す。高姫は、生きた肉体を持って働く神でなければ、空想理想に過ぎないと反論する。ヨリコは、肉体を持った神は、産土山の聖場におはす、神素盞鳴の大御神であると答え、逆に高姫の神の名を問う。高姫は、清浄潔白な神が、盗賊の親分となって多くの人を殺してきた、ヨリコのような人間を使うはずがない、ヨリコがいることで、神素盞鳴の大御神の聖場が汚されている、と逆に問い詰める。それを聞いてヨリコはすごすごと場を引き下がる。問答に勝った高姫は一人、大声を張り上げて喜んでいる。玄関口では、エル、アス、キューバーが口論を始めていたが、その間に奥の間では、早くもスガの宮の明渡しについて、話し合いが始まっていた。ヨリコは、自分の犯してきた罪を高姫に指摘され、その罪深い身をもって神の前に仕えることが恐ろしくなってきたと告白する。高姫・キューバーはスガの宮が自分たちのものになり、得意になって威張り散らしている。
主な人物 舞台 口述日1926(大正15)年07月01日(旧05月22日) 口述場所天之橋立なかや別館 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1929(昭和4)年4月3日 愛善世界社版221頁 八幡書店版第12輯 681頁 修補版 校定版230頁 普及版86頁 初版 ページ備考
OBC rm7218
本文のヒット件数全 0 件/底津岩根の大弥勒=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ヨリコ姫は訪ね来し高姫の、酢でも蒟蒻でも、一条縄ではいけぬやんちや牛たる事を看破し、下から上まで白綸子づくめの衣装を着、髪を長う後に垂れ、中啓を手に持ち、絹摺れの音サラサラと、廊下を寛歩しながら悠々然と問答椅子に寄りかかり、
ヨリ『何神の化身にますか白梅の
  花の薫も高姫の君。

 久方の天より高く咲く花も
  君の装に及ばざるらむ。

 君こそはウラナイ教の神柱
  日の出の神と聞くぞ尊き』

高『お世辞をばならべて稜威高姫を
  揶揄ひたまふ面の憎さよ。

 追従を喰ふよな神で御座らぬぞ
  ヨリコの姫よその顔洗へ。

 今日こそは汝が生死のさかひ目ぞ
  善悪別ける神のおでまし』

ヨリ『これはしたり高姫様の御言葉
  ヨリコの姫もあきれかへりぬ。

 妾こそ誠の神にヨリコ姫
  醜の荒風如何で恐れむ。

 恐ろしき其顔は奥山の
  岩窟に住める鬼かとぞ思ふ』

高『何と云ふ失礼な事を吐すのだ
  泥棒上りの山子女奴。

 みやびなる歌よみかけて神の宮
  汚さむとするずるさに呆れし。

 これからは誠の日の出が現はれて
  汝が心の闇を照らさむ』

ヨリ『吾霊は昼夜さへも白雲の
  空に輝く月日なりけり。

 久方の天より下るエンゼルの
  内流受けし吾ぞ生神』

高『猪口才な泥棒上りの分際で
  生神などとは尻が呆れる。

 尻喰へ観音様の真似をして
  装ひばかり胸の狼』

ヨリ『狼か大神様か知らねども
  吾の霊はいつも輝く。

 吾霊は空に輝く日月の
  光にまして四方を照らさむ』

高『ぬかしたり曲津の巣ふ霊で
  尻餅月日の螢の光り奴』

ヨリ『五月雨の闇を縫ひ行く螢火も
  夜往く人のしるべとぞなる。

 螢火を数多集めて文をよみ
  国の柱となりし人あり』

高『偉さうに理窟ばかりを夕月夜
  山にかくれてすぐ闇とならむ。

 大空に神の御稜威も高姫の
  光を見れば目も眩むらむ』

ヨリ『君こそは大高山の山伏か
  朝な夕なに大法螺吹くなり』

高『法螺貝は此世の邪気を払ふてふ
  誠の神の神器なりけり。

 法螺一つ吹けないやうな弱虫は
  此世の中に生きて甲斐なし』

ヨリ『魂はよしや死すとも法螺の貝
  音高姫になりわたるかな』

高『玄真坊法螺貝吹きの妻となり
  世を乱したる汝ぞ悪神。

 法螺吹いて錫杖をふり村々を
  かたつて廻る乞食祭文。

 オーラ山大法螺吹の山の神
  スガの宮にて又法螺を吹く』

ヨリ『何なりと勝手な熱を吹きたまへ
  科戸の風に伊吹払へば』

高『伊吹山鬼の再来と聞えたる
  汝は此世の曲津神なる』

ヨリ『汝こそはミロクミロクと大法螺を
  吹きまくるなる醜の曲神』

高『こりやヨリコ口に番所がないかとて
  此生神に楯をつくのか』

ヨリ『たてつくか嘘をつくかは知らねども
  汝がほこには手答もなし』

高『手答のなき歌垣に立つよりも
  言霊車めぐらして見む。

 いざさらば吾訊問に答へかし
  汝が生死の別るる所ぞ』

ヨリ『如何ならむ問にも答へまつるべし
  早河の瀬の流るる如くに』

 高姫拳を握りつつ  雄猛びなして立上り
 ヨリコの姫を睨つけて  声の調子もいと荒く
 面上朱をば注ぎつつ  扇パチパチ卓を打ち
 『これこれヨリコの女帝さま  これから直接問答だ
 天地の元を創りたる  大根本の根本の
 生神様の名は如何に』  云へばヨリコは笑湛へ
 『如何なる難題ならむかと  思へばそんな事ですか
 天地の元は無終無始  無限絶対永劫に
 静まり居ます国の祖  国常立の神様よ
 此一柱の神おきて  外に誠の神はない
 如何で御座る高姫』と  顔さしのぞけば高姫は
 フフンと笑ふ鼻の先
 高『何と分らぬ神司  あきれて物が云へませぬ
 大慈大悲の神様は  天下万民悉く
 安養浄土に救はむと  心をくばりたまひつつ
 底津岩根に身をかくし  時節を待つて種々の
 艱難苦労のそのあげく  いよいよミロクの大神と
 ここに現はれましますぞ  その神様の生宮は
 どこに御座るかヨリコさま  すつかり当てて下さんせ
 もしも妾が負けたなら  現在お前さまの目の前で
 生たり死んだりして見せる』  云へばヨリコは嘲笑ひ
 ヨリ『貴女の仰せは違ひます  神の御書を調ぶれば
 此世の初めと在す神は  国常立の大神ぞ
 其他の百の神々は  皆エンゼルの又の御名
 これより外にありませぬ』  云へば高姫グツと反り
 高『ホヽヽヽヽヽホヽヽヽヽ  これや面白い面白い
 三五教の盲神  こんな事をば偉さうに
 世の人々に打ち向ひ  誠しやかに教へるのか
 国常立の大神が  もしも此国に御座るなら
 妾の前に連れ参れ  それが出来ない事なれば
 空想理想の神でせう  此高姫の問ふ神は
 生きた肉体持ちながら  生きて働き生ながら
 人を救くる神ですよ  その神様はどこにある
 それを知らして貰ひたい』  云へばヨリコは打ち笑ひ
 ヨリ『肉体もつてます神は  産土山の聖場に
 千木高知りてはおはします  神素盞嗚の大御神
 三千世界の太柱  これより外にはありませぬ
 貴女の守るウラナイの  お道の神は何神か
 確り妾は知らねども  大した神では御座るまい』
 云へば高姫腹を立て
 高『神は清浄潔白で  仁慈無限に在しませば
 兎の毛の露の悪もない  人を殺して金を奪り
 数多の男女を誑らかし  泥棒稼ぎをするやうな
 輩を使ふ神ならば  誠の神では御座るまい
 お前の素性を調ぶれば  オーラの山の山賊の
 親分して居た曲津神  神素盞嗚の大神の
 正しく清く鎮座ます  此聖場に腰据ゑて
 神をば汚す曲津神  早く改心した上で
 一時も早く此席を  退きなされヨリコさま
 何程改心したとても  白布に墨がついたなら
 洗うても洗うても洗うても  墨のおちない其如く
 どうせ貴女は創者よ  創ある身霊が神業に
 奉仕するとは理に合はぬ  これでも返答御座るかな
 此高姫は済まないが  泥棒などはやりませぬ
 大根本の根本の  誠の神の太柱
 妾に創が若しあれば  どうぞ探して下さんせ
 抑々誠の神様は  身霊相応の理によつて
 善には善の神守り  悪には悪の神がつく
 創ある身霊にや傷の神  清い身霊にや清い神
 これが天地の相応だ』  云へばヨリコは俯むいて
 高姫一人残しおき  すごすご一室に入りにける
 高姫後を見送つて  大口開けて高笑ひ
 高『オホヽヽヽオホヽヽヽ  狐や狸の正体を
 日出神の御前に  包むよしなく現はして
 尻尾を股に挟みつつ  すごすご奥へ逃げ込んだ
 ほんに小気味のよい事よ  もう此上はヨリコとて
 此高姫に打ち向ひ  楯つく勇気は御座るまい
 誤り証文認めて  今日から貴女に此館
 お任かせ申奉る  罪ある妾の身の素性
 何卒隠して下されと  哀訴歎願と来るだろう
 あゝ面白や心地よや  今日からこれの神館
 棚の上から牡丹餅が  落ちて来たよな塩梅に
 吾手に入るは知れたこと  もしも問答に負けたなら
 妾の役目を渡すぞと  書いた看板が証拠ぞよ
 待てば海路の風が吹く  神が表に現はれて
 善悪正邪を立て別ける  此御教は三五の
 決して神の教でない  今目の当り高姫が
 実行なしたる生言葉  生証文のウラナイ教
 千秋万歳万々歳  ウラナイ教の大神の
 御前に謹み畏みて  今日の生日の足る時の
 成功守り玉ひたる  恵に感謝し奉る
 あゝ惟神々々  御霊幸倍ましませ』と
 四辺かまはず大声を  張り上げながら唯一人
 傍若無人の振舞は  よその見る目も憎らしき。
 話変つて玄関口には、アル、エス、キユーバーの三人が頻に口論を始めて居る。
アル『こりや、便所掃除の糞坊主奴、バラモン署へ訴へるなんて脅喝文句を並べ立て、犬の遠吠的に逃げ失せながらづうづうしくも何しにやつて来やがつたのだ。エヽ汚ない汚ない臭い、糞の臭気が鼻をついて耐らないワ、サア去んだり去んだり』
キユ『ハヽヽヽヽ、馬鹿云ふな、此処は今日から俺の領分だ。貴様こそ何処かへ出て往け、今奥で高姫さまと女帝との大問答が始まつて居るやうだが、きつと高姫さまの勝だ。これや此看板を見い、今にこの看板通り励行するのだ』
エス『ハヽヽヽヽこの糞坊主奴。高姫とか云ふ婆に泣きついて応援を頼んで来よつたのだな、何と見下げ果てた腰抜け野郎だな。八尺の褌をかいた男が何だい、女の加勢を頼んで来るとは卑怯にも程があるではないか、糞垂れ坊主奴。まごまごして居ると笠の台が無くなるぞ、サアサア足許の明い中股に尾を挟んで帰つたり帰つたり』
キユ『ハヽヽヽヽ馬鹿だのう。足許に火がついて、尻が熱うなつて居るのにまだ貴様達は気がつかぬのか。まあ見て居れ、今に法城の開け渡しと来るから、その時は吠面かわくな。又薬屋の門番に逆転して番犬の境遇に甘じワンワン吠ながら勤めるのが関の山だ。何とあはれな代物だな、ウフヽヽヽ』
 問答席にはヨリコ、花香、ダリヤ姫の三人が高姫とさし向ひになり、法城開け渡しの掛合中である。
ヨリ『千草の高姫様、すつぱりと法城を開け渡しますから受け取つて下さい。貴女の問答には決して負るやうな女ぢやありませぬが、妾も一つ感じた事が御座います。何程立派な器でも焼つぎにした器はやつぱり創物です。貴女の最前仰有つた通り如何にもオーラ山の山賊の女頭目として世人を苦しめ、所在罪悪を犯して来ました。かやうな罪深い身霊をもつて至粋至純なる大神様の前に仕へまつるのは冥加の程が恐ろしう御座います。到底妾は汚れた罪の重い体、神様の御前に出る資格は御座いませぬ。貴女は今日迄どんな事を遊ばしたか神ならぬ身の妾、些しも存じませぬが、妾に比べては余程清らかなお身霊と拝察致します、是から一先づスガの薬屋に引き取りますから、後は御勝手になさいませ』
高姫『ホヽヽヽヽ、成程お前さまも比較的よく物の分る人だ。最前生宮の云うた言葉に感激して身の罪を恥ぢ、法城を開け渡す、その御精神、実に見上げたものですよ、併し創物はどこ迄も創物ですから足許の明い中、トツトとお帰りなさるがよからう』
ヨリ『妾の妹の花香、ダリヤも妾に殉じて退席すると云ひますから、どうかこれも御承知を願ひたう御座います』
高『何程上面は綺麗でも創物のお前さまに使はれて居つた代物だから、どうせ完全な器ぢやあるまい。自発的に退かうと云ふのはこれも感心の至りだ。何とまあ神界の御経綸と云ふものは偉いものだな、ホヽヽヽヽ』
と笑壺に入つて居る。そこへキユーバーが得意面を晒し肩肱を怒らし大手を振つて四人の前に入り来り、
『千草の高姫どの天晴々々、功名手柄お祝ひ申ます。ヤイ、ヨリコ、花香、ダリヤの阿魔女態ア見やがれ。俺の権勢はこの通りだ。サアこれから玉清別の野郎もアルもエスも叩き払ひだ。エヽ、臭い臭い、鼻が汚れるワ、腐り女、腐り野郎奴一刻も早く出て失せろ』
と仁王立になり蜥蜴が立ち上つた様なスタイルで四辺キヨロキヨロ睨め廻して居る。
(大正一五・七・一 旧五・二二 於天之橋立なかや別館 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki