王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻
文献名2第1篇 紫微天界
文献名3第12章 水火の活動〔1843〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ大宇宙間に鳴り止まないス声によって、火と水の物質が生み出された。火と水は、スの言霊によって生み出されたものだが、火の性質は横に流れ、水の性質は縦に流れるものである。
したがって、火は水の力によって縦にのぼり、水は火の横の力によって横に流れるのである。
火も水がなければ燃えることができず、水も火の力がなければ流れることができずに氷となってしまう。天界の光彩・炎熱も、内に内包する水気の力によっている。
紫微天界の大太陽は炎熱猛烈であったため、太元顕津男の神は高地秀の峯にのぼり、幾多の年月、生言霊を奏上した。すると、その言霊が宇宙に凝って、大太陰が顕れた。
大太陰は水気多く、内なる火の力によって輝き、天界の神人を守った。
天之道立の神は大太陽を機関とし、太元顕津男の神は大太陰を機関として経綸を行い、ここに天界は火水の調節ができて、以前に勝って栄えた。
太元顕津男の神は大太陰界に鎮まって至仁至愛(みろく)の神と現われた。
至仁至愛(みろく)の大神は、数百億年を経た今日までも、若返り若返りつつ宇宙一切の天地を守っている。また、地上の危機にあたって瑞の御霊の神霊を肉の宮居に降し、更生の神業を託したのである。そして、神代における活動そのままに、迫害と嘲笑との中に終始一貫尽くし給う。
大太陽に鎮まる大神を厳の御霊と言い、大太陰界に鎮まって宇宙の守護にあたる神霊を瑞の御霊という。
厳の御霊、瑞の御霊二神が接合して至仁至愛(みろく)神政を樹立した神の名を、伊都能売(いづのめ)の神という。
紫微天界より数億万年の今日に至って、二神がようやく伊都能売の神として現われ、大宇宙の中心である現代の地球の真秀良場に現れ、現界に身をおいて宇宙更生の神業に尽くす世となったのである。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年10月11日(旧08月22日) 口述場所水明閣 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm7312
本文の文字数2465
本文のヒット件数全 7 件/伊都能売=7
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大宇宙間に鳴り鳴りて、鳴り止まず、鳴りあまれる厳の生言霊ス声によりて、七十五声の神現れ給ひしことは、既に前述の如し。
 スの言霊は鳴り鳴りて、遂に大宇宙間に火と水との物質を生み給ふ。抑々一切の霊魂物質は何れもスの言霊の生むところなり。而して火の性質は横に流れ、水の性質は縦に流るるものなり。故に火は水の力によりて縦にのぼり、又水は火の横の力によりて横に流る。昔の言霊学者は火は縦にして、水は横なりと言へれども、其の根元に至りては然らず、火も水なければ燃ゆる能はず光る能はず、水も亦火の力添はざれば流動する能はず、遂に凝り固まりて氷柱となるものなり。冬の日の氷は火の気の去りし水の本質なり、此の理によりて水は縦に活用をなし、火は横に動くものなる事を知るべし。
 天界に於ける光彩炎熱も内包せる水気の力なり。紫微天界には大太陽現れ給ひて左旋運動を起し、東より西にコースを取るのみにして、西より東に廻る太陰なし。炎熱猛烈にして神人を絶対的に安住せしむる機関とはならざりしかば、茲に太元顕津男の神は高地秀の峯にのぼらせ給ひ、幾多の年月の間、生言霊を奏上し給へば、大神の言霊宇宙に凝りて茲に大太陰は顕現されたるなり。而して大太陰は水気多く火の力をもつて輝き給へば、右旋運動を起して西より東にコースをとり、天界の神人を守らせ給ふ。天之道立の神は大太陽を機関として、凡百の経綸を行ひ給ひ、太元顕津男の神は大太陰を機関として宇宙天界を守らせ給へば、茲に天界はいよいよ火水の調節なりて以前に勝る万有の栄を見るに至れり。
 太元顕津男の神は大太陰界に鎮まり給ひて至仁至愛の神と現じ給ひ、数百億年の末の世迄も永久に鎮まり給ふぞ畏けれ。至仁至愛の大神は数百億年を経て今日に至るも、若返り若返りつつ今に宇宙一切の天地を守らせ給ひ、今や地上の覆滅せむとするに際し、瑞の御霊の神霊を世に降して更生の神業を依さし給ふべく、肉の宮居に降りて神代に於ける御活動そのままに、迫害と嘲笑との中に終始一貫尽し給ふこそ畏けれ。
 大太陽に鎮まり給ふ大神を厳の御霊と称へ奉り、大太陰界に鎮まりて宇宙の守護に任じ給ふ神霊を瑞の御霊と称へ奉る。厳の御霊、瑞の御霊二神の接合して至仁至愛神政を樹立し給ふ神の御名を伊都能売神と申す。即ち伊都は厳にして火なり、能売は水力、水の力なり、水は又瑞の活用を起して茲に瑞の御霊となり給ふ。紫微天界の開闢より数億万年の今日に至りていよいよ伊都能売神と顕現し、大宇宙の中心たる現代の地球(仮に地球といふ)の真秀良場に現れ、現身をもちて、宇宙更生の神業に尽し給ふ世とはなれり。
 厳御霊瑞の御霊の接合を
  伊都能売御霊と称へまつらふ

 厳の御霊太陽界に在しまして
  火の活動を行ひたまふ

 瑞の御霊太陰界にましまして
  水の活動を行はせたまふ

 いづいづし厳の御霊の活用に
  宇宙を包む火は光るなり

 みづみづし瑞の御霊は幸ひて
  宇宙に水の力を与ふ

 ここに説く太陽太陰両神は
  我が地より見る陰陽に非ず

 火は水の力に動き水は火の
  力によりて流動するなり

 何事も水のみにしては成らざらむ
  火の助けこそ水を生かすも

 火のみにていかで燃ゆべき光るべき
  水の力をかりて動くも

 火と水の言霊これを火水といひ
  又火水と言ふ宇宙の大道

 水と火の言霊合して水火となり
  宇宙万有の水火となるなり

 火と水は即ち火水なり水と火は
  即ち水火なり陰陽の活動

 水と火の活用によりてフの霊
  即ち力あらはるるなり

 雨も風も雪霜霰も水と火の
  交はる度合によりてなるなり

 大空に輝く日月星辰も
  雷電も水火の力よ

 火の系統ばかり処を得顔なる
  世は曇るより外に道なし

 猛烈なる力をもちて万有を
  焼尽するは火の行為なり

 火の力のみ活動ける世の中は
  乱れ曇りて治まることなし

 地の上の百の国々日に月に
  禍起るは火のみの世なり

 乱れ果てし世を正さむと瑞御霊
  厳の御霊と共に出でませり

 瑞御霊の力のみにて万有は
  如何で栄えむ火のあらざれば

 火と水を塩梅なして世に出づる
  伊都能売神の活動尊し

 伊都能売の神は地上に降りまし
  宇宙更生に着手したまへり

 厳御霊陽気を守り瑞御霊
  陰を守りて国は治まる

 瑞御霊至仁至愛の神と現れて
  天の御柱たつる神代なり

 伊都能売の神の功のなかりせば
  世の行先は亡び行くべし

 万有を育て助くる神業は
  瑞の御霊の力なりけり

 火と水の二つの神業ありてこそ
  天地活動次ぎ次ぎ起る

 われは今伊都能売の神の功もて
  曇れる神代を光さむと思ふ

(昭和八・一〇・一一 旧八・二二 於水明閣 加藤明子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki