王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス

文献名1霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻
文献名2第1篇 紫微天界
文献名3第13章 神の述懐歌(一)〔1844〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ太元顕津男の神は、御霊を月界にとどめ、肉体は高地秀の宮に仕えて神の経綸を遂行していたが、厳の御霊の教えを誤って信じた凡神は、種々あらぬことを言いふらして顕津男の神を力限りに妨げた。
太元顕津男の神は高地秀の峰に登り、自分が救おうとしている神々から救いの業を妨げられ、大神の経綸を果たせないでいる苦悶の心を、述懐の歌に歌った。
また顕津男の神に仕える八十柱の比女神たちも、いたずらに時を過ごし老い去り、その間にも世はますます曇りすさんで、天界も邪神のために収拾がつかない状態になってしまった。
顕津男の神に側近く仕える八柱の比女神たちもまた、顕津男の神に対しての述懐を三十一文字の歌に歌い、顕津男と歌を交わした。
寿々子比女、朝香比女、宇都子比女、梅咲比女、花子比女らは、凡神らの妨げによって顕津男の神との契りがずっとできないでいることを嘆き、顕津男を責めながらも、顕津男の神への思慕の念を歌い、妨害を打ち破るよう顕津男を励ます。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年10月11日(旧08月22日) 口述場所水明閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所
OBC rm7313
本文の文字数5534
本文のヒット件数全 1 件/月界=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  太元顕津男の神は太陰を機関として、御霊を月界に止めて其肉体は高地秀の宮に朝な夕なに仕へまし、神の経綸を行はむとして、彼方此方に教司を分配りて天界の経綸に仕へ奉れども、厳の御霊の御教を誤信せる凡神は個神的小乗教に傾く神のみ多くして、国生み神生みなる天界経綸の御神業を悟らず、種々のあらぬことのみ言ひ触らして力限りに妨ぐるぞ是非もなき。太元顕津男の神は高地秀の峰に登らせ給ひ、天を拝し地を拝し述懐を謡ひ給ふ。
『主の神の依さしはおろそかならねども
  手を下すべき余地もなきかな

 国を生み神生み万のものを生む
  我神業は果し得ざるか

 主の神の神宣畏し国魂の
  神生まばやと思ふ朝夕

 我にして怪しき心持たねども
  百神達はわが道なみする

 ゆとりなき心を持てる凡神の
  醜のささやき由々しかりけり

 凡神の心に従ふ我なれば
  妨げらるることもあるまじ

 凡神の心に叶へば主の神の
  神慮に合はず我如何にせむ

 主の神の大経綸を知らずして
  我を悪しさまに言ふぞうたてき

 主の神の心は深く又広し
  小さき神の如何で悟らむ

 凡神は浜の真砂の数の如
  多く居坐せば詮術もなし

 主の神の御心覚る敏き神
  少き神世の経綸は苦し

 遠近に御樋代神は配りあれど
  相見むよしも無き身なりけり

 いすくはし神を生まむと朝な夕な
  願ひしこともあだとなりぬる

 主の神の造り給ひし天界の
  清明真悟の神ぞすくなき

 主の神の依さしを如何に果さむと
  我は久しく艱みけるかな

 皇神の依さし給ひしくはし女も
  又さかし女もあはむすべなし

 御依さしに反くと思へど天界の
  乱れ思ひてためらふ我なり』

 主の神が顕津男の神に天界経綸の為め授け給ひし八十の比女神は、徒らに神命を待ちつつ長き年月を経給ひにける。とりわけ側近く仕へ奉れる八柱の比女神も、凡神の囁き余り強きに怖ぢ給ひて空しく神業を放棄し、只時の到るを待ち給ふのみ。終には老い去り給ひて神業を果し得ず、世は益々曇らひ荒びて、さしもの天界も日に月に邪神蔓延し、収拾すべからざるに至れるこそ是非なけれ。
 顕津男の神は大勇猛心を発揮し、其神業を敢行せむと、村肝の心の駒を立直し給ひしこと幾度なりしか、されど終には百神の雄猛びに妨げられて、遂行し給はざりしこそ永劫の遺憾なりける。八柱の御側近く仕へ奉る比女神は、顕津男の神に対し述懐を述べ給ふ。其の御歌、
『主の神の御霊を受けし寿々子比女の
  心しらずやあが主の岐美は

 結ぼれし心を解かむ術もなし
  神業に仕ふる暇にしなければ

 天界の穢れを水に寿々子比女
  深き流れに落ち入りにける

 天界はさやけく広し曇りたる
  心いだきて縮まるべきやは

 玉の緒の生命の限り仕へむと
  思ふ誠を岐美は汲まずや

 吾心淋しくなりぬ朝夕を
  御側に仕へて詮術なければ

 朝夕を岐美に仕ふる身ながらも
  夢うつつなる御霊の吾なり

 夢かあらず顕かあらず幻か
  まぼろしならぬ岐美が神姿

 高地秀の宮に朝夕祈りつつ
  まだ吾時は到らざりけり

 大神の依さし給ひし此月日
  あだに過さむ身こそうたてき

 主の神の大御心を汲み奉り
  岐美の御旨を悟りては泣く

 泣くさへも自由にならぬ吾身なり
  神にある身は殊更つらし』

 顕津男の神は、之に答へて謡ひ給はく、
『比女神の心汲まぬにあらねども
  時到るまで忍びて待ちませ

 吾とても木石ならぬ身にしあれば
  汝の悲しき心は知れり』

 寿々子比女の神は謡ひ給ふ。
『斯くならば束の間さへも忍び得じ
  岐美が心の弱きをかなしむ

 天地に憚る事のあるべきや
  主の大神の依さしなりせば』

 顕津男の神『兎も角も暫しの間待たれたし
  我にも春の備へありせば』

 斯く互に歌を取交し時の到るを待ち給ひぬ。朝香比女の神も亦御歌詠まし給はく、
『岐美思ふ心は暗にあらねども
  思ひにもゆる朝香比女吾は

 あさからぬ朝香の比女の胸の火を
  消し止め給へ瑞の大神

 朝夕を岐美に侍らふ朝香比女の
  深き心を汲ませ給はれ

 心弱き岐美と思ひて朝香比女
  朝な夕なのいきどうろしもよ

 曇りたる神の心を迎へます
  岐美の心の弱きをかなしむ

 燃えさかる炎を消さむ術もなし
  幾度死なまく思ひたりしよ

 顕津男の神にいませば明けく
  此世に晴れて見合ひましませ

 一度のみとのまぐはひあらずして
  忍ばるべしやは若き女の身に

 厳の御霊神の教は重けれど
  あまりの堅きをうらみつつ生く

 主の神の許し玉ひし道なれば
  如何でためらふことのあるべき』

 顕津男の神は、之に答へて御歌詠ませる。
『あさからぬ真心清き朝香比女
  汝の艱みは吾も知るなり

 心弱き我にあらねど今暫し
  真の神の出づるまで待て

 我とても依さしの神業遂げざるを
  朝な夕なに悲しみて居り』

 朝香比女の神は再び謡ひ給ふ。
『朝夕をこめて恨みし吾心
  朝香の比女のあさましきかな

 燃ゆる火の火中に立ちし心地して
  朝な夕なを岐美思ひ泣く

 村肝の心の誠を岐美の前に
  打明けしこそせめてもと慰む』

 宇都子比女の神は、顕津男の神の前に御歌詠まし給ふ。
『村肝の心は炎に包まれて
  つれなき岐美を恨むのみなる

 よしやよし百神如何にはかゆとも
  神の神業をばはかるべしやは

 岐美こそは比古遅にませば神の為め
  経綸のために憚り給ふな

 朝夕に御側を近く仕へつつ
  岐美にまみゆることの苦しき

 宇都比女が貴の心を明さむと
  岐美の御前に言挙げするも

 岐美思ふ心の糸は百千々に
  乱れ乱れて解くよしもなし

 御側近く仕へ奉らふ身ながらも
  言問ふさへも儘ならぬ身よ

 蟹が行く横さの神の言の葉を
  拾ひ給はず吹き捨てませよ

 言霊の伊吹きの狭霧に醜草の
  醜の言の葉吹き払ひませ

 御側に侍るはつらし御側を
  離るるも憂き吾なりにけり

 神業の何時果つるとも知らずして
  月日を送る吾身をぞ悲しき

 此上は心の駒を立て直し
  吾にゆるせよ一夜の契りを』

 顕津男の神、答へて謡ひ給はく、
『手枕の夢は夜な夜な見ながらも
  逢ひ見ることのあたはぬ苦しさ

 主の神に言訳け立たず側の女に
  男の甲斐もなきわが身は苦しき

 今暫し神々の心明くるまで
  時を待たせよいとほしの汝』

 宇都子比女の神は再び謡ひ給ふ。
『はしたなき女の繰り言繰り返し
  岐美なやませしことの悲しき

 恥かしさ苦しさ面はほてれども
  得堪へ兼ねつつ真心のべしよ

 此上は岐美をなやます力なし
  神に任せて時を待たむか

 惟神神の依さしのなかりせば
  かほどに吾は悩まじものを』

 梅咲比女の神も亦述懐の歌を述べ給ふ。
『如月の梅咲く春に逢ひながら
  かをるすべなき現身の花

 大方の春の陽気の漂へる
  此天界を淋しむ吾なり

 春立ちて梅咲く比女のあだ花を
  岐美はあはれと思召さずや

 天地も一度に梅咲く比女のわれ
  小さきことを如何で思はむ

 背の君の苦しき心を諾ひて
  吾はもださむ春の身なれど

 開くべきよしなき花と知りながら
  岐美の恋しくなりまさりつつ

 春立ちて梅咲く比女の初花は
  開かむとして霜に打たれつ

 雪も降れ霜も霰も降りて来よ
  春をかかへし梅咲比女よ

 惟神時の到るを待たむかと
  幾度か心を立直しつつ

 曇りたる此の世の中を照します
  岐美の神業の苦しさに泣く』

 顕津男の神謡ひ給ふ。
『真心の君の真言にあひてわれ
  安くなりつつなほもかなしき

 百神の醜のたけびは恐れねど
  乱れ行く世を思ひてためらふ

 今の世に厳の御霊の道なくば
  わが神業はやすしと思へり

 さりながら厳の御霊の光なくば
  瑞の力は備はらざるべし

 汝こそは我の心をよく知れり
  我また汝が心をあはれむ

 ぬゑ草の女にしあれども汝が心の
  雄々しさ赤さに感謝の念湧く

 今暫し待たせ給へよ汝が心に
  添はむ月日も無きにあらねば

 朝夕に神業を思ふわが胸を
  覚らす公の心嬉しも』

 梅咲比女の神は又謡ひ給ふ。
『愛恋やの岐美の言霊耳にして
  梅咲く春に逢ふ心地せし

 惟神岐美の心に任せつつ
  忍び奉らむ幾年までも

 村肝の心のたけを岐美の前に
  今あかしたることの嬉しき

 天界はよし破るとも愛恋やの
  岐美の真言は忘れざるべき

 主の神の造り玉ひし天界にも
  朝夕かかる悩みを持つも

 真清水に昆虫のわく例あり
  天界なりとてかはりあるべき』

 花子比女の神の歌。
『天界に非時匂ふ花子比女の
  花は香もなく艶だにもなし

 天界の花と咲くべき吾身なり
  岐美は何故手折りまさずや

 花も実も無き岐美かもと朝夕に
  涙の雨に潤ふ吾なり

 よしやよし百神如何に譏るとも
  躇ふことなく手折り給はれ

 天国の春に逢ひたる花子比女の
  心に時じく降る時雨かな

 玉の緒の命までもと思ひつつ
  吾は野に咲く紫雲英の花かも

 神業はただに畏しためらひて
  ただ徒らに過すべきやは

 朝夕につれ無き岐美に侍りつつ
  神業の日を待つ身はうたてき

 玉の緒の命死せむと思ふまで
  胸の炎は燃え盛りつつ

 炎々と御空をこがす火炎にも
  似て苦しもよあつき心は

 厳の御霊の神の教は聞きながら
  瑞の御霊をあはれと思へり

 大局に目をつけずして百神は
  小さきことに言さやぐかも

 神界の大経綸を妨ぐる
  醜の曲神打払ひませよ』

 顕津男の神、答へて謡ひ給ふ。
『愛善の神の教を説く身には
  如何ではふらむ醜の曲霊を

 わが力及ばむ限り説き諭し
  愛と善とに照さむとぞ思ふ

 愛善の心しなくば我とても
  経綸の神業ためらひはせじ

 瑞々し瑞の御霊の神業は
  一神も捨てぬ誓ひなりけり

 花も実もある言の葉にほだされて
  悲しくなりぬ汝が真言に』

 花子比女の神は又謡ひ給ふ。
『花も実もある身魂ぞと宣らすこそ
  命にかへて嬉しかりけり

 よしやよし岐美に逢ふ日のあらぬとも
  吾はうらまじ歎かじと思ふ

 曲神の中に交こり雄々しくも
  忍ばす岐美の心をいとしむ

 女の子吾岐美の真心知る故に
  只一度の言挙げせざりき

 神業を誰はばからず勤むべき
  時を待ちつつ楽しみ暮さむ』

(昭和八・一〇・一一 旧八・二二 於水明閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki