王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第73巻 天祥地瑞 子の巻
文献名2第3篇 東雲神国
文献名3第33章 四馬の遠乗〔1864〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ顕津男の神にしたがってきた五柱の神々は、それぞれ、顕津男の神の言葉(神言=みこと)によって、東雲の国での役割を与えられる。
大物主神は館に留まって顕津男の神を補佐する。
明晴の神は東、照男の神は西、真澄の神は北、近見男の神は南を廻って国を治めるよう、任命される。
神々はそれぞれ、顕津男の神の意に応えようと、旅立ちの前に決意の歌を歌う。そして、館に残る顕津男の神、世司比女の神、大物主の神、河守比女の神が見送りの歌を歌う。
四柱の神々は白馬にまたがり、勇ましく四方に旅立っていく。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年10月18日(旧08月29日) 口述場所水明閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所
OBC rm7333
本文の文字数4198
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  茲に大物主の神は顕津男の神の御側近く仕へ、玉泉郷に留り給ひ、近見男の神、真澄の神、照男の神、明晴の神は各も各も東雲国の東西南北を受持ち、国造りの神業に仕へ給ひぬ。
 顕津男の神は五柱の神を御側近く招きて依さし給はく、
『大物主神は館に留りて
  わが神業を補ひ奉らへ

 明晴の神は東に出でまして
  神の御子等を導き給へ

 照男の神は西の国をば経廻りて
  神を生かせよ国を照せよ

 北の国を拓かせ給へ天も地も
  真澄の神の貴の功績に

 高照の山の姿も明らけく
  近見男の神は南方を守らへ』

 茲に顕津男の神の神言畏みて、五柱の神は各々依さしの方に向はむとして御歌詠み給ふ。
『大物主神の神言は比古神の
  神言かしこみ近く仕へむ

 美し御子生れます迄は動かじと
  こころ定めし大物主よ

 瑞御霊月の満干はありとても
  吾は変らじ道に仕へて

 東雲の国は爽けし吹く風も
  やはく清しく木の実はみのる

 国原に生ひ立つ大物主の神
  栄え守らむ幾世の末まで』

と大物主の神は御歌もて答へ給ひぬ。
 茲に明晴の神は御歌詠まし給ふ。
『東の御空はここに明晴の
  神は進みて国造りせむ

 東雲の神の御国の東を
  拓けと宣りし畏き神はや

 いざさらば東をさして上るべし
  吾行く旅に神の幸あれ

 比古神の依さしに報い奉らむと
  われは朝夕こころ尽さむ

 玉泉これの館にかがやける
  瑞の御霊よ安くましませ

 高照の山は雲井に隠るべし
  遠く東の国に向へば

 日向河清き流を伝ひつつ
  吾は進まむ東の国へ

 河守比女賜ひし白き駿馬に
  跨り行かむ旅路はるけく』

 顕津男の神は謡ひ給ふ。
『明晴の神の雄々しき言の葉よ
  主の大神も勇み給はむ

 駿馬の背に跨り出で立たす
  明晴の神の姿雄々しも』

 世司比女の神は謡ひ給ふ。
『玉泉館を後に駒の背に
  鞭ち給ふ神ぞ雄々しき

 明晴の神はいそいそ駿馬に
  跨り荒野を鞭たすらむ』

 大物主の神は、明晴の神の出立ち給ふ御姿を遥に打眺めつつ謡ひ給ふ。
『駿馬の足並速し明晴の
  神の御姿野辺に霞みつ

 駿馬に鞭たしつつ出でましぬ
  すがた勇し明晴の神

 明晴の神の東に廻りませば
  天地ますます晴れ渡るべし

 比古神の神言畏み出で立たす
  神の心に吾涙湧きぬ

 勇しく出で立ち給ふ御姿に
  称への言葉吾無かりける』

 近見男の神は依さしの儘に南の国を拓かむとして、白馬に跨り声勇しく謡ひ給ふ。
『顕津男の神比女神よいざさらば
  吾は南に鹿島立ちせむ

 比古神の依さしの言葉片時も
  吾は忘れず国を拓かむ

 春風に送られながら南の
  国に向はむ吾ぞ勇し

 玉泉写らす月も今日よりは
  拝むよしなし名残惜しくも

 月と月見逢ひて御子を孕ませる
  これの館を吾は去り行く

 二柱初め大物主の神
  河守比女よ健かに坐せ

 南の国原遠くさかるとも
  岐美は忘れじ束の間さへも

 いざさらば大物主よ朝夕を
  仕へて御子を育み給へ

 河守比女神の神言よ世司の
  比女神近く守らせ給へ』

と御謡詠ましつつ白馬の背にひらりと飛び乗り、蹄の音もカツカツと鬣を春風に靡かせ給ふ。其雄々しき御姿を見送り見送りつつ、顕津男の神は御歌詠ませ給ふ。
『勇しき出立ちなるかも近見男の
  駒にむちうち立たす国原

 南の国に渡らひ神々を
  導き給ふ神業偲ばゆ

 近見男の貴の言霊鳴り鳴りて
  総てのものは甦るらむ』

 大物主の神も謡ひ給ふ。
『近見男の神は南に出でましぬ
  白銀の駒に鞭たせつつ

 白梅の非時香る大野原
  鞭たすかも近見男の神は』

 世司比女の神は謡ひ給ふ。
『勇しき近見男の神の姿かな
  駿馬のかげ見えなくなりぬ

 大野原紫にかすみ白梅は
  四方に香りて迎へ奉らむ

 勇しく雄々しくませる近見男の
  神の功績を今よりぞ知る

 この館に比古遅の神と籠り居て
  神業のなるを祈り奉らむ』

 河守比女の神は謡ひ給ふ。
『日向河限りに此の国原を
  今日まで吾は守りこしはや

 近見男の神は南を拓かすと
  聞けば嬉しも吾魂安し

 西東南北なる国原も
  安く拓けむ四柱の神に

 今日よりは四柱の神を力とし
  心安けく館に仕へむ』

 茲に照男の神は依さしの儘に出で立たむとして白馬に跨り、庭上に立ちて別れの御歌詠まし給ふ。
『月読の御霊と生れます比古遅神に
  いざや別れむ安くましませ

 高照の山の麓の国々を
  拓かむとして吾は行くなり

 玉泉いや永久に清らけく
  澄みてましませ二柱の神

 大物主神の神言よいざさらば
  幸くあれませ館に仕へて

 世司の比女神心安らけく
  御子生みまして弥栄えませ

 河守比女の神の賜ひし駿馬に
  われ跨りて西に向はむ

 月も日も朝夕浮ぶ玉泉
  今日を名残と吾は行くなり』

 斯く謡ひ終るや、ひらりと馬背に跨り二つ三つ鞭を加へて、トウトウと高照山の方向さして駆け出し給ふ。
 顕津男の神は、照男の神の勇ましき姿を遥に見送りながら、
『駿馬の足はやみかも大野原
  靄にかくれし照男の神はも

 高照の山の麓の神々も
  安く栄えむ此の神いまさば』

 世司比女の神は御歌謡ひ給ふ。
『勇ましき神の姿よ駿馬の
  早くも見えずなりにけらしな

 目路の限り霞む大野を駆けて行く
  駒の蹄の音ひびくなり

 高照の山は白雲帯にして
  白馬の神を迎へ奉らむ』

 大物主の神は御歌謡ひ給ふ。
『駿馬の早御姿は隠ろひぬ
  照男の神の勇ましき旅

 千万の名残を後に勇ましく
  照男の神は出で立ちにけり

 高照の山も照男の神まさば
  醜の大蛇も籠り得ざらむ』

 河守比女の神は御歌謡ひ給ふ。
『月も日も清く照男の神司
  西の御国に出でましにけり

 吾魂と贈りし駒に跨りて
  出でます姿雄々しかりける

 吾魂は駒にいつきて西の国を
  安く守らむ神司と共に』

 真澄の神は北の国を拓き給はむと、諸神に暇をつげ立出むとして駒の背に跨りながら、左手を頭上に翳しつつ御歌詠まし給ふ。
『かかる世に太元顕津男の神よ
  いざいざ立たむ真澄神吾

 御子生みの神業を確に終へ給ふ
  神の功績ぞ尊かりける

 貴の御子宿らせ給ふと村肝の
  心安らぎ吾は出で行く

 世司の神よ朝夕心して
  御腹の御子を守らせ給へ

 大物主神の神言よ二柱の
  神を守りてまさきくありませ

 河守の比女の真言に貴の御子
  生れます神世となりにけらしな

 日向河中に拓かむ北の国
  天地真澄の清所となさばや

 いざさらば館を守る神々よ
  吾は進まむ北方の国へ』

と謡ひ終り駒の頭を立て直し一鞭あてて鈴の音も勇ましくシヤンコシヤンコと立ち出で給ふ。
 顕津男の神は別れを惜しみて御歌詠まし給ふ。
『勇ましく真澄の神は出でましぬ
  館の神に心のこしつ

 朝夕に我を守りし神々の
  其大方は出で立ちましぬる

 四柱の神は遥けく出でまして
  何か淋しき此の館かも

 北の国に真澄の神の出でまさば
  頓に栄えむ山も大野も

 駿馬に鞭ち立たす御姿は
  日向の河の早瀬に似たるも

 我言葉反き給はず四柱は
  先を争ひ出でましにける』

 世司比女の神は御歌詠まし給ふ。
『四柱の神の立たせし此館は
  うら淋しもよ風もしづみて

 やがて今美しき国を造り終へ
  かがやき給はむ日こそ待たるる』

 大物主の神は御歌詠ひ給ふ。
『比古神に従ひてこし五柱の
  神四柱は出でましにけり

 四柱の神に別れて吾は今
  近く仕へむ二柱の神に

 東雲の国は今日より弥栄に
  拓け栄えて果しなからむ』

 河守比女の神は又謡ひ給ふ。
『四柱の神勇ましく出でましぬ
  此の国原を拓かむとして

 此館に豊に太豊に鎮まりて
  国造りませ瑞の御霊よ』

(昭和八・一〇・一八 旧八・二九 於水明閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki