王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第75巻 天祥地瑞 寅の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総説よみ(新仮名遣い)そうせつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
太虚の中、⦿(ス)の言玉が鳴り鳴りて、皇神国(すめらみくに)と皇(すめらぎ)の極限を成就した。

この極限の⦿(ス)を明らかに知ろうとするなら、

朝夕、斎戒沐浴して身を屈して謹慎し、

智慧証覚を満天に満たし、

智慧の力によって至大天球をひと呑みにし、

それを腹の中に収めて真空之定(ヲヒ)に入り、

そして三日三夜の間観察し、

三日三夜の間空中の言を聞き、

三日三夜の間空気を嗅ぎ、

そうして精神を練り鍛える。

すると、愚者でもそれ相応の智慧の光をえることができる。その智慧正覚の光をもとにすれば、⦿(ス)のいわれを聞いて理解することができる。

撒霧(さぎり)に撒霧った状態の⦿(ス)が、一極に集まりきって、これ以上ないくらい大きく力充ちて安定しているときに、その両極に、自然と対照力(タタノチカラ)が起こった。

これが、天之峯火夫の神が、もろ手を差し出して対照にとなった形である。億々兆々万里の距離を、両手で貫き保っている、ということである。

同時に、北と南の両極端にもこの対照力が起こり、突き通るような勢いで、四方八方あらゆる方向の両極端に、同じ対照力が起こり、⦿(ス)の外面は、対照力で張り詰めた。

このとき初めて、球の形が現れた。タマの二声の霊は、対照力がすべてに張り詰めて成り定まった、という意味である。

この至大天球中に張り詰めた、数限りない対照力は、その中間(ナカゴ)を、極微点(コゴコ)の連珠糸(サヌキ)で掛け貫き保っている。これを言い表して、対照(タ)、掛貫力(カ)、全く張り詰め玉と成る(マ)、という。

この至大天球は、極めて微小な点であり、珠を連ねる糸でつながった「神霊分子」を充実させて、活動の機関とし、活気臨々として活きている。この状態を、神霊活機臨々(ガ)と言うのである。

また、それが膨張してこれ以上ないくらいに広がった様を、至大凞々(ハ)と言う。

また、その造化の仕組みが運行循環している様を表して、循環運行(ラ)と言う。

だから、タカマガハラという六言の神霊のしくみを明らかに解き明かすと、天地の始まりの秩序を親しく目撃したようで、それを聞いた人の心の中は確乎として愉快に感得するようになる。

このように、球の形が備わるときは、その中心部に不動の力が備わって、自ずと定まる力と、一点に向かって引き締まる力が起こるのである。

至大天球が成り定まったとき、その内部は極微点(コゴコ)の連珠糸(サヌキ)がきちんと縒り合わされ、つらなって機糸よりもただしく組織された状態で現れつつ、広大に満ち満ちて安定した状態で充実し、神々霊々、活機臨々として極まっている。

この事実を十四声に縮めて、タカマガハラニカミツマリマス、と言うのである(至大天球之中(タカマガハラ)、神々霊々活機臨々兮極微点連珠糸(カミ)、充実実相而(ツマリ)、在矣(マス))。

続いて、⦿(ス)の大神、天之峯火夫の神の御神名の起源、御活動、御名義の略解。

ア:大本初頭の言霊があわられ出て、世界の中心となり、⦿(ス)の本質と生り出でた言霊。無にして有、天にして地である活用。

マ:全く備わり、一の位にある。一乃精体(アノイキミ)にして廻り囲む言霊。

ノ:天性のまま伸び延び、支障のない。産霊の言霊。

ミ:ミは霊にして体。玉となり、屈伸自在である。産霊の形をあらわす。モイの結晶点である言霊。

ネ:ネは声音。納まり極まり、根本にして一切を収める言霊。

ヒ:光り輝く。最初大本という意味であり、霊魂の本体である。太陽の元素となり、月の息となる言霊。

オ:興し助ける言霊、大気大成の活用がある。先天の気であり、億兆の分子を保ち、出入自在である、という意味。

これによって、天之峯火夫の神の御神格がどのようなものか、推測して知ることができる。その他、神々の御名からそのご活動を伺い知るためには、言霊学の知識でなければできないのである。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年11月03日(旧09月16日) 口述場所水明閣 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年2月3日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 288頁 修補版 校定版3頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm750002
本文の文字数1681
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大虚中に⦿の言霊鳴り鳴りて、遂に皇神国と皇の極元を成就し給へり。吾人が此の極元の⦿を明に知り得むと欲する時は、朝夕斎戒沐浴して鞠躬謹慎しつつ、可成的智慧証覚を満天に豊満せしめて、智慧の力を以て至大天球を一呑し、以て之を腹中に収めて真空之定に入り、而して観じ見る事三日三夜、空中の言を聴く事三日三夜、空気を嗅ぐ事三日三夜、以て精神を練り鍛ふ時は、如何なる愚者と雖も応分の智慧光を得べし。其智慧証覚光を資力として、以て⦿の謂れを聴く事を得べきなり。
 故れ撒霧に撒霧たる⦿の機の一極に純窒て、至大浩々恒々たるの時に当りて、其両極端に於て自然の理として対照力を起すなり。実に天之峯火夫の神が雙手を等しく差出して対照し給ふ形なり。誠に億々兆々万里の距離を両掌に貫き保ちたるの義なり。是と同時に北と南の両極端にも此の対照力が起りつつ、衝々に六合八角八荒皆悉く其両極端に等しく此の対照力を起して、至大浩々恒々の至大気海浩々の外面を全く対照力にて張り詰むるなり。而して此時始めて球の形顕はるる也。蓋し球と言ふ二声の霊は、対照力が全く張り詰めて成り定まりたりと言ふの義なり。
 復た此の至大天球を全く張り詰めたる億兆劫々数の限りの対照力は、皆悉く両々相対照して其の中間を極微点の連珠糸にて掛け貫き保ち居るなり。此の義を声に顕はして「対照」「掛貫力」「全く張り詰め玉と成る」といふなり。故れ此の至大天球は極微点の連珠糸なる神霊分子を充実して以て機関とし、活機臨々乎として活きて居る也。此の義を称して一言に「神霊活機臨々」と言ふ也。復た其膨脹焉として至大熈々たる真相を一言に「至大熈々」と言ふ也。復た其造化の機が運行循環しつつ居る義を称して一言に「循環運行」と言ふ也。故に此のタカマガハラと言ふ六言の神霊機を明に説き明かす時は、天地開闢の秩序を親しく目撃したる如く聞く者の心中確乎として愉快に感得するに至るべし。嗚呼言霊の幸ふ国、言霊の照り渡る国、言霊の生くる国よ。故れ斯の如く球の形備はる時は、其中心部に不動力備はり、自定力と約力起り来るなり。
 故れ斯く至大天球成り定まりて、其内部は極微点の連珠糸が綸々として比々聊々誠に正しく織機よりも真整しく組織実相しつつ、浩々湛々恒々として充実しつつ、神々霊々活機臨々として極乎たる也。此の事実を僅に十四声に約示て、タカマガハラニカミツマリマスと言ふ也。此の十四声の意義は、「至大天球之中」に「神々霊々活機臨々兮極微点連珠糸」「充実実相而」「在矣」と言ふ也。故に此の十四声の言霊を詳細に説明する時は、義理判然として誠に愉快極まり無きなり。
 天祥地瑞第三巻寅の巻口述の初頭に当りて、吾人は爰に⦿の大神天之峯火夫の神の御神命の起原と御活動と御名義に就て略解を試み、読者の参考に資せむとするなり。

天之峯火夫の神 アマノミネヒオ

アは大本初頭の言霊と顕はれ出で、世の中心となり⦿の本質と生り出づる言霊なり。又無にして有なり、天にして地なりの言霊活用なり。
マは全く備はりて一の位に当り、一之精体にして廻り囲む言霊なり。
ノは天賦の儘に伸び延び支障無く、産霊の言霊なり。
ミは霊にして又体なり、玉となり、屈伸自在なり、産霊の形を現はし、モイの結晶点なる言霊なり。
ネは声音にして納まり極まり、根本にして一切を収むる言霊なり。
ヒは光り暉き、最初大本の意にして、霊魂の本体なり。太陽の元素となり、月の息となる言霊なり。
オは興し助くる言霊にして大気大成の活用あり。先天の気にして億兆の分子を保ち出入自在なる義なり。
 之に依りて、天之峯火夫の神の如何なる神格を具有し給ふかを推知すべきなり。その他神々の御名によりその御活動の情態を伺ひ知るには、何れも言霊学の知識に依らざるべからず。
 吾人は今後の物語に於て、次ぎ次ぎに言霊学の大要を示さむとするなり。

   昭和八年十一月一日 旧九月十四日
      於水明閣 口述者識
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki