王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻
文献名2第1篇 春風駘蕩よみ(新仮名遣い)しゅんぷうたいとう
文献名3第1章 高宮参拝〔1918〕よみ(新仮名遣い)たかみやさんぱい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ太元顕津男の神が、国生み御子生みの御神業のために、高地秀(たかちほ)の宮(東の宮)をただ一人出立したそのあと(八年後)、残された八柱の御樋代神たちは、天津高宮に詣でて宮の司となる神の降臨を願い出た。主の大神はそれに応えて、鋭敏鳴出(うなりづ)の神、天津女雄(あまつめを)の神、二柱を降して宮仕えを命じた。顕津男の神の妻神・高野比女は天津高宮の大前に、感謝の歌をささげた。それに対して、鋭敏鳴出の神、天津女雄の神の二神は、顕津男の神の後任として高地秀の宮司として仕える抱負を歌った。高野比女に仕える侍女神たちは、宮司の神の降臨に、祝いの神楽を催すように進言する。高野比女は喜んで、鋭敏鳴出・天津女雄の二神に、白幣(しろにぎて)・青幣(あおにぎて)、そして二振りの五百鳴(いほなり)の鈴を授けた。二柱の宮司神は大地を踏み鳴らし、五百鳴の鈴をさやさやと響かせて、右手に持った白幣・青幣を打ち振りながら舞い踊った。それを見た天津高宮に仕える百の神たちは、天地が一度に開けたような心地がして、喜び勇んだ。鳥たちは微妙の声で御神楽の拍子に合わせて歌い、天と人が和楽する境界を現した。主の大神も、天津高宮の扉を内側から押し開け、この光景をご覧になった。侍女神たちはこの様を喜び、御神楽をたたえ、主の神への感謝と喜びを歌った。神々はそれぞれ歌を歌い、大御前に祝詞を奏上すると、天津高宮に仕える神々に別れを告げて、高地秀の宮に帰っていった。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所水明閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月23日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 491頁 修補版 校定版135頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7601
本文の文字数5938
本文のヒット件数全 1 件/花子比女の神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  紫微天界に於ける神政樹立の根元地なる高地秀の山の山麓に、宮柱太敷立て高天原に千木高知りて、四方に輝きたまふ高地秀の宮一名東の宮を後にして、思し召すことありとて、太元顕津男の神は、八柱の御樋代神を後に残し、一柱の供神をも連れ給はず立出で給ひければ、茲に八柱の御樋代神は天津高宮に詣で給ひて、主の大神の神宣を乞ひ給ひ、宮の司たるべき神を降し給へと祈らせ給へば、主の大神は、その願事を諾ひ給ひて、茲に鋭敏鳴出の神、天津女雄の神の二柱を降し給ひて、朝な夕なの宮仕へを言依さし給ひしこそ畏けれ。
 高野比女の神は天津高宮の大前に願事白し給ふ、その御言葉。
『久方の天津高宮に詣で来て
  われはいのりぬ禊をさめて

 禊してはろばろ此処に八柱の
  女神は真心ささげて祈るも

 久方の天の高地秀の宮司
  顕津男の神を守らせたまへ

 朝夕に高地秀の宮居に仕へつつ
  なほ真心の足らぬを悔ゆるも

 国土を生み国魂神を生まさむと
  出でます岐美に恙あらすな

 天地の中に一人の岐美ゆゑに
  われは一入恋ふしみおもふ

 わが岐美は何れの果にましますか
  こころ許なく朝夕いのるも

 主の神の恵かしこし二柱の
  宮居の司をくだしたまひぬ

 鋭敏鳴出の神はかしこき宮司
  高地秀の宮居は今より栄えむ

 天津女雄の神の面ざし眺むれば
  瑞の御霊に似ましつるかも』

 鋭敏鳴出の神は答の御歌詠ませ給ふ。
『高野比女神の神言の御歌聞きて
  足らはぬ吾を恥かしみおもふ

 わが力及ばざれども村肝の
  心をつくして仕へまつらむ

 東の宮居に今より仕へむと
  思へばうれしこころ栄ゆも

 顕津男の神の力に比ぶれば
  天と地との差別ありけり

 力なき吾にはあれど真心の
  あらむ限りを仕へむと思ふ

 八柱の御樋代神を守りつつ
  東の宮居を守りまつらむ

 八柱の御樋代神を主とし
  仕へむとおもふ朝な夕なを

 天地のあらむ限りは主の神の
  御樋代なりと思へばかしこし

 国土未だ稚かる紫微の天界に
  為すべき神業は限りなく多し

 大宮居を守りまつりて主の神の
  神業に仕ふとおもへば楽し

 今日よりは吾をいたはり給ひつつ
  仕はせたまへ御樋代女神よ』

 天津女雄の神は御歌詠ませ給ふ。
『鋭敏鳴出の神の司の添柱と
  選まれし吾の今日のうれしさ

 幾万里東の国土の高地秀の
  宮居に仕ふと思へばいさまし

 御樋代の神の御供に仕へつつ
  いざやすすまむ東の宮居に

 国土稚き紫微天界の大宮居に
  仕ふるわが身の魂は栄えつ

 永久の栄えと喜び満たせつつ
  進みて行かむ高地秀の宮居に

 八柱の御樋代神ははろばろと
  これの聖所に来ませる尊さ

 優しくて雄々しくいます八柱の
  御樋代神は御魂ひかれり

 顕津男の神は光明と現はれて
  四方の雲霧別け明したまふ

 顕津男の神の仕へし貴の宮居に
  仕ふるわれを愧づかしみおもふ

 光明なき吾身ながらも主の神の
  神言なりせばかしこみ仕へむ

 鋭敏鳴出の神を補けて八柱の
  御樋代神に仕へむとおもふ

 八柱の御樋代比女神今日よりは
  わが足らはぬを補ひ給はれ』

 梅咲比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『白梅の花咲きにほふ天界に
  生れしわれは御樋代神ぞや

 非時に梅咲比女の神なれば
  宮居の庭を清め仕へむ

 主の神の恵み畏し二柱
  東の宮居の司たまひぬ

 果しなき稚国原を旅立たす
  わが岐美の上に災あらすな

 吾岐美は光明の神にましませば
  醜の曲津もさやらざるべし

 岐美立ちし日より八年を経につれど
  雁の便りだにも聞かなく

 吾岐美よ何処の果にお在すらむ
  こころ許なく朝夕をおもふ

 久方の天津高宮の清庭に
  宣る言霊は澄みきらひたり

 言霊に森羅万象は生るなり
  唯ままならぬは岐美の水火なり

 凡神の誹りあざけり思ひはかり
  つれなく岐美は出でましにけり

 国魂の神を生まむと朝夕に
  祈れど甲斐なし水火合はねば

 徒に若き月日を経ぬるかと
  おもひて朝夕われは泣くなり

 いざさらば此の宮居に感謝言
  白して東の宮居に帰らむ』

 香具比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『八柱の御樋代神はいたづらに
  東の宮居に年を経にけり

 主の神の御前に復命白すべき
  功績なき吾をかなしみ思ふも

 雄心の大和心を奮り起し
  想像妊娠む岐美の御水火を

 天高く地また広く定まりて
  この天界は栄え初めたり

 非時の香具の木の実より生れしてふ
  御樋代のわれ世に生きて淋しも

 水火の限り高地秀山の神霊に
  仕へて天界を照らさむと思ふ

 吾岐美の光明を御魂に充たしつつ
  紫微天界を明し行くべし

 神に仕へ岐美を偲びて朝夕を
  高地秀の峰に年経りにけり

 掛巻も畏き天津高宮に
  別れて言葉慎み宣らむ

 宮司二柱神を得し今日は
  天地開けし心地するかも

 東の宮居に帰らむ御樋代神よ
  これの清庭に神楽をかなでよ』

 茲に高野比女の神は、各比女神の神言の提言を甚く悦び諾ひたまひ、鋭敏鳴出の神、天津女雄の神二柱神に、白幣青幣及び二振の五百鳴の鈴を授け給へば、二神は天津高宮の聖所に地踏み鳴らし、白衣長袖しとやかに踊らせ給へば、八柱の御樋代比女神を始め、天津高宮に仕へ奉る百の神達も異口同音に祝ひの御歌詠ませ給ふ。
 その御歌。
『天晴れ天晴れ目出度き言のかぎりかも
 タータータラリ タラリーラー アガリララーリトー チリーヤ タラリ ララリトー』
 茲に二柱の宮司神は大地を踏みならし、五百鳴の鈴をさやさやに響かせ、右手に白幣青幣を打振り給ひつつ舞ひ踊り給へば、百の神等は天地一度に開けし心地して、歓ぎ喜び勇み給ふ。百鳥は微妙の声を放ちて、御神楽の拍子に和して、弥々茲に天人和楽の境を現出せり。主の大神は天津高宮の扉を内より押し開け給ひ、此の光景を御覧はすこそ畏けれ。
 茲に寿々子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『主の神の光明に吾は照らされて
  まなこくらみぬこの清庭に

 次々に吾眼界は光りつつ
  今日の祝ひの神楽見しはや

 二柱神の仕ふる神楽の舞の
  清しき姿にとけ入りにける

 主の神も諾ひ給ふか御扉を
  細目に開きて覗かせ給へり

 今日よりは東の宮居も賑しく
  かがやきわたらむ宮司を得て

 わが岐美のいまさぬ宮居の淋しさも
  わすれて御苑の神楽見しかや

 御樋代の神と依さし給ひし八柱の
  女神もいまだ神業つかへず

 朝夕を高地秀の宮の清庭に
  立ちて御空の月を仰ぎつ

 天渡る月の鏡を仰ぎつつ
  岐美の安否を思ひわづらふ

 曇りたる月をし見れば一入に
  思ふは岐美の上なりにけり

 瑞々しき月の鏡を仰ぐ夜は
  岐美の御幸を思ひて楽しむ

 我岐美は遠く行きませども仰ぎ見る
  月の姿に心なぐさむ』

 宇都子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『はろばろと東の宮居を立ち出でて
  主の神います宮居に詣でつ

 西東皇大神の永久に
  鎮まりいます宮居は明らけし

 八柱の御樋代比女神ははろばろと
  今日の吉日を西宮に詣でつ

 久方の天之道立神司
  今日の神姿の荘厳なるも

 道立の神永久に仕へます
  天津高宮の荘厳なるも

 四方八方に雲霧立ちし稚国土を
  固めむとして岐美は出でませり

 吾も亦高地秀の宮居に朝夕を
  仕へて神を勇めむとおもふ

 天界は愛と信との神国なれば
  真言と祈りを要と思へり

 天界に住みて尊き神業は
  厳の言霊と禊なりけり

 朝夕を玉の泉に禊して
  百神等の幸を祈らむ

 百鳥の声も爽かに響くなり
  天津高宮の庭の百樹に

 昼月の光ほのぼのと見えながら
  御空にさやる雲影もなし

 主の神の御水火に生れし天津日の
  光はますます冴えわたりつつ

 天津日は光の限りを光りつつ
  われ等の暗き魂を照すも

 月も日も並びてかがよふ天界に
  仕へてわれは何を歎かむ

 或は盈ち或ひは虧くる大空の
  月に悟りぬ世のありさまを

 日を重ねうつろひて行く月影の
  定まらぬ世を吾悟りけるかも

 いざさらば二柱神を伴ひて
  共に帰らむ高地秀の宮居へ』

 狭別比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『有難し天津高宮の清庭に
  吾は清しき神楽見しはや

 天地も一度に開く心地して
  この清庭に神楽見しはや

 鈴の音もいとさやさやに響かひつ
  紫微天界はいよよあかるし

 白梅は非時香り鶯は
  弥生の春をすがしくうたふ

 常磐樹の松の梢に巣ぐひたる
  鶴は十二の卵を産めり

 真鶴の千歳をうたふ声の色の
  すがしく響きて栄ゆる天界よ

 我岐美の行衛は今に知らねども
  御空の月を仰ぎてなぐさむ

 御空行く月の鏡の清き夜は
  岐美の栄えを思ひて楽しむ

 いざさらば高日の宮居を拝みて
  いそぎ帰らむ東の宮居に

 久方の天之道立神司
  厳の教はたふとかりけり

 厳御霊瑞の御霊の御教は
  世界を十字に踏みならす太元かも

 火と水と土の力に天界は
  今あきらけく固まりにける』

 花子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『白梅の花の粧ひ眺むれば
  瑞の御霊の岐美のここちす

 非時に匂ふ神苑の百千花も
  手折りささげむ神の御前に

 白梅の一枝を手折りて黒髪の
  簪となさばや花子比女われは

 花の香り松の響も清しけれ
  主の神います宮居の庭は

 東の宮居の司を伴ひて
  歓ぎ帰らむ日とはなりけり

 いざさらば神の御前に感謝言
  うまらにつばらに宣りて帰らむ

 高地秀の峰ははろけしさりながら
  駒の蹄のためらひもなし』

 小夜子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『瑞御霊高地秀の宮居を出でしより
  御樋代われは淋しく年を経し

 神をあがめ岐美を恋ひつつ鶏の尾の
  長き月日を暮れにけるかな

 高地秀の山の松風朝夕に
  響けど岐美の音信はなし

 高地秀の峰の尾の上に見る月も
  変らず思へばたふとかりける

 小夜更けて仰ぐ月光冴え渡り
  もの言はすげに思はするかな

 月見れば岐美の霊よと思ひつつ
  ながき別れをなぐさめしはや

 久々にこの高宮に詣で来て
  わが魂線はよみがへりつつ

 八柱の御樋代神は朝夕を
  睦み和みて宮居に仕へつ

 怨み妬みなき真心に仕へ行く
  宮居の聖所に雲霧もなし

 いざさらば主の大神に拝礼して
  はろばろ東の宮居に帰らな』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『主の神の宮居に始めて詣でけり
  高地秀の宮居にあるここちして

 真心を筑紫の宮居の清庭に
  国土の始めの神楽見しはや

 西の宮居筑紫の宮居は主の神の
  光明も一入つよかりにける

 御樋代神と選まれし吾はためらはず
  岐美のみあとをまぎて行くべし

 いたづらに待ちて月日を送るよりも
  すすみて行かむ御子生みの旅に

 主の神の御前に誓ひ白すべし
  われは進みて神業に仕へむ

 いざさらば筑紫の宮居を後にして
  ともに帰らむ東の宮居へ』

 各神々は御歌詠ませ給ひつつ、大御前に御声も爽けく祝詞を奏上し、天津高宮に仕へます百神等に別れを告げ、各自天の斑駒の背に跨り、高地秀の宮居をさして急がせ給ふぞ畏けれ。
(昭和八・一二・五 旧一〇・一八 於水明閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki